Archives

  • [—]2021 (630)
  • [+]2020 (461)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (248)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

2020年12月

SUPER FORMULA

SF:公式&ルーキーテスト富士 福住仁嶺がトップタイム 2位に移籍?の山本尚貴

 全日本スーパーフォーミュラ選手権(SF)は22日と23日の両日、富士スピードウェイでルーキーテストを兼ねた合同公式テストを行った。両日で4セッション行われ、トータルでは福住仁嶺(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)が1分20秒120でトップタイムを記録した。

エナム・アーメド(B-MAX RACING TEAM) 今田信宏(B-MAX RACING TEAM) 阪口晴南(JMS P.MU/CERUMO・INGING) 河野駿佑(ROOKIE RACING) 今田信宏(B-MAX RACING TEAM) 山本尚貴(TCS NAKAJIMA RACING) 宮田莉朋(VANTELIN TEAM TOM’S) 山本尚貴(TCS NAKAJIMA RACING) 河野駿佑(ROOKIE RACING) 宮田莉朋(VANTELIN TEAM TOM’S) 阪口晴南(JMS P.MU/CERUMO・INGING) エナム・アーメド(B-MAX RACING TEAM) DRAGON(B-MAX RACING TEAM) 山本尚貴(TCS NAKAJIMA RACING) 大湯都史樹(TCS NAKAJIMA RACING) DRAGON(B-MAX RACING TEAM) 福住仁嶺(DOCOMO TEAM DANDELION RACING) 野尻智紀(TEAM MUGEN)

 テストは22日と23日のそれぞれ午前と午後に4セッション行われた。

 このテストでも最終戦に引き続きホンダエンジン勢が好調、総合で5位までを占めた。トップには3回目のタイム1分20秒120で福住仁嶺(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)が立った。

 福住はレギュラーシーズンでドライブした6号車ではなく山本尚貴の5号車をドライブ。その山本は今回TCS NAKAJIMA RACINGから出走し総合2位に付けた。NAKAJIMA RACINGは山本がルーキーイヤーに所属したチーム。移籍したNAKAJIMA RACINGでもチャンピオンを目指すことになるようだ。

 総合3位には野尻智紀(TEAM MUGEN)が、4位には大湯都史樹(TCS NAKAJIMA RACING)が続いている。

 松下信治(B-MAX RACING TEAM)は23日のみ出走し総合5位。B-MAX RACING TEAMは外国人ドライバーの起用を示唆しており、松下の去就は不透明のようだ。

 トヨタ勢のトップに入ってきたのは最終戦で優勝した坪井翔(JMS P.MU/CERUMO・INGING)で総合6位。これに7位・阪口晴南(JMS P.MU/CERUMO・INGING)、8位・宮田莉朋(VANTELIN TEAM TOM’S)が続く。阪口と宮田は今季スポット参戦をしており、坪井とのタイムも僅差なのでそのままレギュラードライバーに収まりそうだ。

 昨年全日本F3に参戦したエナム・アーメド(B-MAX RACING TEAM)は総合17位。周囲の評価は高いようで来季参戦が濃厚だ。

 SF初ドライブの河野駿佑(ROOKIE RACING)は大嶋和也とマシンをシェアし総合18位。スーパー耐久でも同チームから参戦しており、来季参戦ならこのチームからとなるだろう。

 スーパーフォーミュラ・ライツのマスタークラスに参戦していたDRAGON(B-MAX RACING TEAM)と今田信宏(同)もテストに参加した。DRAGONはチーム代表としてマシンを把握するためのドライブ。今田は昨年のフォーミュラ・エンジョイ(FE)アワードを獲得、今シーズンから始まったフォーミュラ・リージョナルに参戦し、マスタークラス初代チャンピオンを獲得、スーパーフォーミュラ・ライツのマスタークラスでも先日優勝した。1年でFEからSFにステップアップした驚異のスーパージェントルマンだ。両者とも来季の参戦は予定されていないものと思われる。

 来シーズンのSFはここ富士スピードウェイで4月3日に開幕する。世代交代も進みつつあり、新たなヒーローも誕生しそうで、大いに楽しみである。

Text: Yoshinori OHNSIHI
Photo: Hiroyuki MINAMI

SUPER FORMULA

SF:公式&ルーキーテスト富士総合結果

公式&ルーキーテスト -RIJ- (2020/12/25) Total Testing Weather: Course:
2020 SUPER FORMULA Round 101 富士スピードウェイ 4.563km

PosNoDriverTeam
Engine
Session1
Session2
Session3
Session4
TimeBehind
15福住 仁嶺DOCOMO TEAM DANDELION RACING
Honda M-TEC HR-417E
1'20.706
1'20.487
*1'20.120
1'20.247
1'20.120-
264山本 尚貴TCS NAKAJIMA RACING
Honda M-TEC HR-417E
*1'20.338
1'20.954
1'20.507
1'20.713
1'20.338 0.218
316野尻 智紀TEAM MUGEN
Honda M-TEC HR-417E
*1'20.501
1'20.802
1'20.914
1'20.820
1'20.501 0.381
465大湯 都史樹TCS NAKAJIMA RACING
Honda M-TEC HR-417E
1'20.962
1'20.648
1'21.145
*1'20.505
1'20.505 0.385
551松下 信治B-MAX RACING TEAM
Honda M-TEC HR-417E
-
-
*1'20.755
1'21.026
1'20.755 0.635
639坪井 翔JMS P.MU/CERUMO・INGING
TOYOTA TRD01F
1'20.973
1'20.838
1'20.844
*1'20.757
1'20.757 0.637
738阪口 晴南JMS P.MU/CERUMO・INGING
TOYOTA TRD01F
1'21.393
1'21.441
1'21.308
*1'20.816
1'20.816 0.696
81宮田 莉朋VANTELIN TEAM TOM’S
TOYOTA TRD01F
1'21.853
*1'20.850
1'21.348
1'20.887
1'20.850 0.730
912タチアナ・カルデロンThreeBond Drago CORSE
Honda M-TEC HR-417E
1'21.588
*1'20.935
1'21.205
1'21.428
1'20.935 0.815
104サッシャ・フェネストラズKONDO RACING
TOYOTA TRD01F
1'22.013
1'21.520
1'21.010
*1'20.981
1'20.981 0.861
1120平川 亮ITOCHU ENEX TEAM IMPUL
TOYOTA TRD01F
1'21.404
1'21.252
*1'21.061
1'21.183
1'21.061 0.941
123山下 健太KONDO RACING
TOYOTA TRD01F
1'21.588
1'21.592
1'21.659
*1'21.082
1'21.082 0.962
1336中嶋 一貴VANTELIN TEAM TOM’S
TOYOTA TRD01F
1'21.380
1'21.433
1'21.294
*1'21.127
1'21.127 1.007
147
18
小林 可夢偉carrozzeria Team KCMG
TOYOTA TRD01F
1'22.704
1'22.010
1'21.397
*1'21.190
1'21.190 1.070
1514大嶋 和也ROOKIE RACING
TOYOTA TRD01F
-
*1'21.434
1'21.845
1'21.567
1'21.434 1.314
1618
7
国本 雄資carrozzeria Team KCMG
TOYOTA TRD01F
1'22.108
*1'21.560
1'21.645
1'21.896
1'21.560 1.440
1750エナム・アーメドB-MAX RACING TEAM
Honda M-TEC HR-417E
1'23.389
1'22.186
*1'22.117
1'23.502
1'22.117 1.997
1814河野 駿佑ROOKIE RACING
TOYOTA TRD01F
1'23.003
-
-
*1'22.542
1'22.542 2.422
1951今田 信宏B-MAX RACING TEAM
Honda M-TEC HR-417E
*1'24.571
-
-
-
1'24.571 4.451
2051DRAGONB-MAX RACING TEAM
Honda M-TEC HR-417E
-
*1'25.580
-
-
1'25.580 5.460

SUPER FORMULA

SF:公式&ルーキーテスト富士4回目結果

公式&ルーキーテスト -RIJ- (2020/12/23) Official Testing 4 Weather:Fine Course:Dry
2020 SUPER FORMULA Official Testing 富士スピードウェイ 4.563km

PosDriverTeam
Engine
TimeBehindGapkm/h
15福住 仁嶺DOCOMO TEAM DANDELION RACING
Honda M-TEC HR-417E
1'20.247--204.703
265大湯 都史樹TCS NAKAJIMA RACING
Honda M-TEC HR-417E
1'20.505 0.258 0.258204.047
364山本 尚貴TCS NAKAJIMA RACING
Honda M-TEC HR-417E
1'20.713 0.466 0.208203.521
439坪井 翔JMS P.MU/CERUMO・INGING
TOYOTA TRD01F
1'20.757 0.510 0.044203.410
538阪口 晴南JMS P.MU/CERUMO・INGING
TOYOTA TRD01F
1'20.816 0.569 0.059203.262
616野尻 智紀TEAM MUGEN
Honda M-TEC HR-417E
1'20.820 0.573 0.004203.252
71宮田 莉朋VANTELIN TEAM TOM’S
TOYOTA TRD01F
1'20.887 0.640 0.067203.083
84サッシャ・フェネストラズKONDO RACING
TOYOTA TRD01F
1'20.981 0.734 0.094202.848
951松下 信治B-MAX RACING TEAM
Honda M-TEC HR-417E
1'21.026 0.779 0.045202.735
103山下 健太KONDO RACING
TOYOTA TRD01F
1'21.082 0.835 0.056202.595
1136中嶋 一貴VANTELIN TEAM TOM’S
TOYOTA TRD01F
1'21.127 0.880 0.045202.483
1220平川 亮ITOCHU ENEX TEAM IMPUL
TOYOTA TRD01F
1'21.183 0.936 0.056202.343
137小林 可夢偉carrozzeria Team KCMG
TOYOTA TRD01F
1'21.190 0.943 0.007202.325
1412タチアナ・カルデロンThreeBond Drago CORSE
Honda M-TEC HR-417E
1'21.428 1.181 0.238201.734
1514大嶋 和也ROOKIE RACING
TOYOTA TRD01F
1'21.567 1.320 0.139201.390
1618国本 雄資carrozzeria Team KCMG
TOYOTA TRD01F
1'21.896 1.649 0.329200.581
1714河野 駿佑ROOKIE RACING
TOYOTA TRD01F
1'22.542 2.295 0.646199.011
1850エナム・アーメドB-MAX RACING TEAM
Honda M-TEC HR-417E
1'23.502 3.255 0.960196.723

SUPER FORMULA

SF:公式&ルーキーテスト富士3回目結果

公式&ルーキーテスト -RIJ- (2020/12/23) Official Testing 3 Weather:Fine Course:Dry
2020 SUPER FORMULA Official Testing 富士スピードウェイ 4.563km

PosDriverTeam
Engine
TimeBehindGapkm/h
15福住 仁嶺DOCOMO TEAM DANDELION RACING
Honda M-TEC HR-417E
1'20.120--205.027
264山本 尚貴TCS NAKAJIMA RACING
Honda M-TEC HR-417E
1'20.507 0.387 0.387204.042
351松下 信治B-MAX RACING TEAM
Honda M-TEC HR-417E
1'20.755 0.635 0.248203.415
439坪井 翔JMS P.MU/CERUMO・INGING
TOYOTA TRD01F
1'20.844 0.724 0.089203.191
516野尻 智紀TEAM MUGEN
Honda M-TEC HR-417E
1'20.914 0.794 0.070203.016
64サッシャ・フェネストラズKONDO RACING
TOYOTA TRD01F
1'21.010 0.890 0.096202.775
720平川 亮ITOCHU ENEX TEAM IMPUL
TOYOTA TRD01F
1'21.061 0.941 0.051202.647
865大湯 都史樹TCS NAKAJIMA RACING
Honda M-TEC HR-417E
1'21.145 1.025 0.084202.438
912タチアナ・カルデロンThreeBond Drago CORSE
Honda M-TEC HR-417E
1'21.205 1.085 0.060202.288
1036中嶋 一貴VANTELIN TEAM TOM’S
TOYOTA TRD01F
1'21.294 1.174 0.089202.067
1138阪口 晴南JMS P.MU/CERUMO・INGING
TOYOTA TRD01F
1'21.308 1.188 0.014202.032
121宮田 莉朋VANTELIN TEAM TOM’S
TOYOTA TRD01F
1'21.348 1.228 0.040201.932
137小林 可夢偉carrozzeria Team KCMG
TOYOTA TRD01F
1'21.397 1.277 0.049201.811
1418国本 雄資carrozzeria Team KCMG
TOYOTA TRD01F
1'21.645 1.525 0.248201.198
153山下 健太KONDO RACING
TOYOTA TRD01F
1'21.659 1.539 0.014201.163
1614大嶋 和也ROOKIE RACING
TOYOTA TRD01F
1'21.845 1.725 0.186200.706
1750エナム・アーメドB-MAX RACING TEAM
Honda M-TEC HR-417E
1'22.117 1.997 0.272200.041

SUPER FORMULA LIGHTS

SFL:公式テスト富士 チャンピオンの宮田莉朋がトップタイム 2位に三宅淳詞が入る

 全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権(SFL)は21日と22日の両日、富士スピードウェイで来シーズンに向けた3回の公式合同テストを行った。総合では今シーズンのSFLチャンピオン宮田莉朋(COROLLA CHUKYO Kuo TEAM TOM'S)がトップタイムを記録、2回目にトップタイムを記録した三宅淳詞(Rn-sports)が総合でも2位に付けた。

公式テスト富士: 宮田莉朋(COROLLA CHUKYO Kuo TEAM TOM\'S) 公式テスト富士: 平木玲次(B-MAX ENGINEERING ) 公式テスト富士: 佐藤蓮(TODA RACING) 公式テスト富士: 河野駿佑(RS FINE) 公式テスト富士: 佐藤セルゲイビッチ(RS FINE) 公式テスト富士: 小高一斗と宮田莉朋(COROLLA CHUKYO Kuo TEAM TOM\'S) 公式テスト富士: 三宅淳詞(Rn-sports) 公式テスト富士: 平良響(COROLLA CHUKYO Kuo TEAM TOM\'S) 公式テスト富士: 佐藤蓮(TODA RACING) 公式テスト富士: 佐々木大樹(B-MAX RACING TEAM ) 公式テスト富士: 平木玲次(B-MAX ENGINEERING ) 公式テスト富士: 金丸ユウ(B-MAX RACING TEAM) 公式テスト富士: 三宅淳詞(Rn-sports) 公式テスト富士: 佐藤セルゲイビッチ(RS FINE) 公式テスト富士: 平良響(COROLLA CHUKYO Kuo TEAM TOM\'S)

 公式合同テストは21日に2セッション、22日に1セッションが行われた。

 今シーズンのシリーズチャンピオンを獲得した宮田莉朋(COROLLA CHUKYO Kuo TEAM TOM'S)は、1回目と3回目に参加。3回目のタイム1分32秒360で総合トップに立った。宮田は22日、23日に行われるスーパーフォーミュラ(SF)のテストにも参加しており、来シーズンはこのSFにステップアップするものと思われる。

 このテストで周囲を驚かせたのはSFL初ドライブの三宅淳詞(Rn-sports)。宮田が欠席した2回目にはトップタイムを記録。1回目と3回目も宮田に次ぐ2位に付けた。三宅は三重県伊勢市出身の21歳。2018年に鈴鹿レーシングスクール・フォーミュラ(SRS-F)を首席で卒業、2019年はFIA-F4選手権でライキング2位を獲得。今シーズンはマックスレーシングからスーパーGT300クラスに参戦していた。来シーズンのSFL参戦に向け大きく前進した。

 総合3位には金丸悠(B-MAX RACING TEAM)が入った。金丸は一昨年にも前身の全日本F3に参戦し、ランキング5位。来シーズンの復帰に期待したい。

 総合4位には20日にSFL初優勝を果たした小高 一斗(COROLLA CHUKYO Kuo TEAM TOM'S)が入った。来リーズンも継続参加すると思われ、チャンピオン候補に上げられるだろう。

 総合5位には河野駿佑(RS FINE)。SFのテストにも搭乗しており、SFL継続参戦かSFにステップアップするか注目だ。

 総合6位は今シーズンFIA-F4を圧倒してチャンピオンを獲得した平良響(COROLLA CHUKYO Kuo TEAM TOM'S)が入った。SFL参戦は確実と思われる。

 スーパーGT500に参戦する佐々木大樹(B-MAX RACING TEAM)は7位、今シーズンFIA-F4で2勝を飾った平木玲次(B-MAX ENGINEERING)は8位、一昨年のFIA-F4チャンピオンで今シーズンはフランスFIA-F4に参戦していた佐藤蓮(TODA RACING)は9位に入った。佐々木はテストでの搭乗と思われ、平木と佐藤蓮の参戦は濃厚と思われる。

 今シーズン後半からSFLをドライブした今田信宏(B-MAX RACING TEAM)と、今シーズンFIA-F4インディペンデントカップチャンピオンの佐藤セルゲイビッチ(RS FINE)もテストに参加。そえれぞれ総合10位と11位でテストを終えている。

 来シーズンのSFLはここ富士スピードウェイで4月3日に開幕する予定だ。

Text: Yoshinori OHNSIHI
Photo: Hiroyuki MINAMI

SUPER FORMULA

SF:公式&ルーキーテスト富士2回目結果

公式&ルーキーテスト -RIJ- (2020/12/22) Official Testing 2 Weather:Fine Course:Dry
2020 SUPER FORMULA Official Testing 富士スピードウェイ 4.563km

PosDriverTeam
Engine
TimeBehindGapkm/h
15福住 仁嶺DOCOMO TEAM DANDELION RACING
Honda M-TEC HR-417E
1'20.487--204.093
265大湯 都史樹TCS NAKAJIMA RACING
Honda M-TEC HR-417E
1'20.648 0.161 0.161203.685
316野尻 智紀TEAM MUGEN
Honda M-TEC HR-417E
1'20.802 0.315 0.154203.297
439坪井 翔JMS P.MU/CERUMO・INGING
TOYOTA TRD01F
1'20.838 0.351 0.036203.206
51宮田 莉朋VANTELIN TEAM TOM’S
TOYOTA TRD01F
1'20.850 0.363 0.012203.176
612タチアナ・カルデロンThreeBond Drago CORSE
Honda M-TEC HR-417E
1'20.935 0.448 0.085202.963
764山本 尚貴TCS NAKAJIMA RACING
Honda M-TEC HR-417E
1'20.954 0.467 0.019202.915
820平川 亮ITOCHU ENEX TEAM IMPUL
TOYOTA TRD01F
1'21.252 0.765 0.298202.171
936中嶋 一貴VANTELIN TEAM TOM’S
TOYOTA TRD01F
1'21.433 0.946 0.181201.722
1014大嶋 和也ROOKIE RACING
TOYOTA TRD01F
1'21.434 0.947 0.001201.719
1138阪口 晴南JMS P.MU/CERUMO・INGING
TOYOTA TRD01F
1'21.441 0.954 0.007201.702
124サッシャ・フェネストラズKONDO RACING
TOYOTA TRD01F
1'21.520 1.033 0.079201.506
1318国本 雄資carrozzeria Team KCMG
TOYOTA TRD01F
1'21.560 1.073 0.040201.408
143山下 健太KONDO RACING
TOYOTA TRD01F
1'21.592 1.105 0.032201.329
157小林 可夢偉carrozzeria Team KCMG
TOYOTA TRD01F
1'22.010 1.523 0.418200.302
1650エナム・アーメドB-MAX RACING TEAM
Honda M-TEC HR-417E
1'22.186 1.699 0.176199.873
1751DRAGONB-MAX RACING TEAM
Honda M-TEC HR-417E
1'25.580 5.093 3.394191.947

SUPER FORMULA LIGHTS

SFL:公式合同テスト富士総合結果

公式テスト -RIJ- (2020/12/21-22) Total Testing Weather:Fine Course:Dry
2020 全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権 Round 102 富士スピードウェイ 4.563km

PosNoDriverTeamEngineSession1
Session2
Session3
Session4
TimeBehind
137A宮田 莉朋COROLLA CHUKYO Kuo TEAM TOM'STOYOTA
TOM'S TAZ31
1'32.587
-
*1'32.360
1'32.360-
210A三宅 淳詞Rn-sportsSPIESS
A41
1'32.754
1'32.595
*1'32.502
1'32.502 0.142
350金丸 ユウB-MAX RACING TEAMSPIESS
A41
1'32.996
1'32.780
*1'32.710
1'32.710 0.350
436B小高 一斗COROLLA CHUKYO Kuo TEAM TOM'STOYOTA
TOM'S TAZ31
1'33.061
*1'32.746
1'32.980
1'32.746 0.386
535A河野 駿佑RS FINETOYOTA
TOM'S TAZ31
1'33.069
1'33.305
*1'32.829
1'32.829 0.469
637C平良 響COROLLA CHUKYO Kuo TEAM TOM'STOYOTA
TOM'S TAZ31
1'34.154
1'33.227
*1'32.846
1'32.846 0.486
751B佐々木 大樹B-MAX RACING TEAMSPIESS
A41
1'33.439
*1'32.899
1'33.061
1'32.899 0.539
813平木 玲次B-MAX ENGINEERING SPIESS
A41
1'33.659
1'33.275
*1'33.161
1'33.161 0.801
92佐藤 蓮TODA RACINGTODA
TR-F301
1'33.446
*1'33.177
0'00.000
1'33.177 0.817
1051A今田 信宏B-MAX RACING TEAMSPIESS
A41
1'35.166
*1'34.126
1'34.212
1'34.126 1.766
1135B佐藤 セルゲイビッチRS FINETOYOTA
TOM'S TAZ31
1'36.102
1'35.223
*1'34.935
1'34.935 2.575

SUPER FORMULA LIGHTS

SFL:公式合同テスト富士3回目結果

公式テスト -RIJ- (2020/12/22) Official Testing 3 Weather:Fine Course:Dry
2020 全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権 Official Testing 富士スピードウェイ 4.563km

PosNoDriverTeamEngine TimeBehindGapkm/h
137A宮田 莉朋COROLLA CHUKYO Kuo TEAM TOM'STOYOTA
TOM'S TAZ31
1'32.360--177.856
210A三宅 淳詞Rn-sportsSPIESS
A41
1'32.502 0.142 0.142177.583
350金丸 ユウB-MAX RACING TEAMSPIESS
A41
1'32.710 0.350 0.208177.185
435A河野 駿佑RS FINETOYOTA
TOM'S TAZ31
1'32.829 0.469 0.119176.958
537C平良 響COROLLA CHUKYO Kuo TEAM TOM'STOYOTA
TOM'S TAZ31
1'32.846 0.486 0.017176.925
636B小高 一斗COROLLA CHUKYO Kuo TEAM TOM'STOYOTA
TOM'S TAZ31
1'32.980 0.620 0.134176.670
751B佐々木 大樹B-MAX RACING TEAMSPIESS
A41
1'33.061 0.701 0.081176.516
813平木 玲次B-MAX ENGINEERING SPIESS
A41
1'33.161 0.801 0.100176.327
951A今田 信宏B-MAX RACING TEAMSPIESS
A41
1'34.212 1.852 1.051174.360
1035B佐藤 セルゲイビッチRS FINETOYOTA
TOM'S TAZ31
1'34.935 2.575 0.723173.032

SUPER FORMULA

SF:公式&ルーキーテスト富士1回目結果

公式&ルーキーテスト -RIJ- (2020/12/22) Official Testing 1 Weather:Fine Course:Dry
2020 SUPER FORMULA Official Testing 富士スピードウェイ 4.563km

PosDriverTeam
Engine
TimeBehindGapkm/h
164山本 尚貴TCS NAKAJIMA RACING
Honda M-TEC HR-417E
1'20.338--204.471
216野尻 智紀TEAM MUGEN
Honda M-TEC HR-417E
1'20.501 0.163 0.163204.057
35福住 仁嶺DOCOMO TEAM DANDELION RACING
Honda M-TEC HR-417E
1'20.706 0.368 0.205203.539
465大湯 都史樹TCS NAKAJIMA RACING
Honda M-TEC HR-417E
1'20.962 0.624 0.256202.895
539坪井 翔JMS P.MU/CERUMO・INGING
TOYOTA TRD01F
1'20.973 0.635 0.011202.868
636中嶋 一貴VANTELIN TEAM TOM’S
TOYOTA TRD01F
1'21.380 1.042 0.407201.853
738阪口 晴南JMS P.MU/CERUMO・INGING
TOYOTA TRD01F
1'21.393 1.055 0.013201.821
820平川 亮ITOCHU ENEX TEAM IMPUL
TOYOTA TRD01F
1'21.404 1.066 0.011201.794
912タチアナ・カルデロンThreeBond Drago CORSE
Honda M-TEC HR-417E
1'21.588 1.250 0.184201.338
103山下 健太KONDO RACING
TOYOTA TRD01F
1'21.588 1.250 0.000201.338
111宮田 莉朋VANTELIN TEAM TOM’S
TOYOTA TRD01F
1'21.853 1.515 0.265200.687
124サッシャ・フェネストラズKONDO RACING
TOYOTA TRD01F
1'22.013 1.675 0.160200.295
1318国本 雄資carrozzeria Team KCMG
TOYOTA TRD01F
1'22.108 1.770 0.095200.063
147小林 可夢偉carrozzeria Team KCMG
TOYOTA TRD01F
1'22.704 2.366 0.596198.622
1514河野 駿佑ROOKIE RACING
TOYOTA TRD01F
1'23.003 2.665 0.299197.906
1650エナム・アーメドB-MAX RACING TEAM
Honda M-TEC HR-417E
1'23.389 3.051 0.386196.990
1751今田 信宏B-MAX RACING TEAM
Honda M-TEC HR-417E
1'24.571 4.233 1.182194.237

SUPER FORMULA LIGHTS

SFL:公式合同テスト富士2回目結果

公式テスト -RIJ- (2020/12/21) Official Testing 2 Weather:Fine Course:Dry
2020 全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権 Official Testing 富士スピードウェイ 4.563km

PosNoDriverTeamEngine TimeBehindGapkm/h
110A三宅 淳詞Rn-sportsSPIESS
A41
1'32.595--177.405
236B小高 一斗COROLLA CHUKYO Kuo TEAM TOM'STOYOTA
TOM'S TAZ31
1'32.746 0.151 0.151177.116
350金丸 ユウB-MAX RACING TEAMSPIESS
A41
1'32.780 0.185 0.034177.051
451B佐々木 大樹B-MAX RACING TEAMSPIESS
A41
1'32.899 0.304 0.119176.824
52佐藤 蓮TODA RACINGTODA
TR-F301
1'33.177 0.582 0.278176.297
637C平良 響COROLLA CHUKYO Kuo TEAM TOM'STOYOTA
TOM'S TAZ31
1'33.227 0.632 0.050176.202
713平木 玲次B-MAX ENGINEERING SPIESS
A41
1'33.275 0.680 0.048176.111
835A河野 駿佑RS FINETOYOTA
TOM'S TAZ31
1'33.305 0.710 0.030176.055
951A今田 信宏B-MAX RACING TEAMSPIESS
A41
1'34.126 1.531 0.821174.519
1035B佐藤 セルゲイビッチCOROLLA CHUKYO Kuo TEAM TOM'STOYOTA
TOM'S TAZ31
1'35.223 2.628 1.097172.509

SUPER FORMULA LIGHTS

SFL:公式合同テスト富士1回目結果

公式テスト -RIJ- (2020/12/21) Official Testing 1 Weather:Fine Course:Dry
2020 全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権 Official Testing 富士スピードウェイ 4.563km

PosNoDriverTeamEngine TimeBehindGapkm/h
137A宮田 莉朋COROLLA CHUKYO Kuo TEAM TOM'STOYOTA
TOM'S TAZ31
1'32.587--177.420
210A三宅 淳詞Rn-sportsSPIESS
A41
1'32.754 0.167 0.167177.101
350金丸 ユウB-MAX RACING TEAMSPIESS
A41
1'32.996 0.409 0.242176.640
436B小高 一斗COROLLA CHUKYO Kuo TEAM TOM'STOYOTA
TOM'S TAZ31
1'33.061 0.474 0.065176.516
535A河野 駿佑RS FINETOYOTA
TOM'S TAZ31
1'33.069 0.482 0.008176.501
651B佐々木 大樹B-MAX RACING TEAMSPIESS
A41
1'33.439 0.852 0.370175.802
72佐藤 蓮TODA RACINGTODA
TR-F301
1'33.446 0.859 0.007175.789
813平木 玲次B-MAX ENGINEERING SPIESS
A41
1'33.659 1.072 0.213175.389
937C平良 響COROLLA CHUKYO Kuo TEAM TOM'STOYOTA
TOM'S TAZ31
1'34.154 1.567 0.495174.467
1051A今田 信宏B-MAX RACING TEAMSPIESS
A41
1'35.166 2.579 1.012172.612
1135B佐藤 セルゲイビッチRS FINETOYOTA
TOM'S TAZ31
1'36.102 3.515 0.936170.931

SUPER FORMULA

SF:第7戦富士決勝 坪井翔が今季2勝目 山本尚貴が3度目のチャンピオンに輝く

 全日本スーパーフォーミュラ選手権第7戦は20日、富士スピードウェイで決勝を行い、予選2位からスタートした坪井翔(JMS P.MU/CERUMO・INGING SF19)が今季2勝目を飾った。また、5位に入った山本尚貴(DOCOMO DANDELION M5S SF19)が3度目のシリーズチャンピオンを獲得した。(観客: 9,700人)

ポールポジションからスタートした野尻智紀だったがトラブルでリタイア レース終盤の坪井翔、大湯都史樹、松下信治の争い 優勝は坪井翔(JMS P.MU/CERUMO・INGING SF19) 決勝2位は大湯都史樹(TCS NAKAJIMA RACING SF19) 決勝3位は松下信治(Buzz Racing SF19) 5位に入ってドライバーズチャンピオンを決めた山本尚貴(DOCOMO DANDELION M5S SF19) 優勝した坪井翔(JMS P.MU/CERUMO・INGING) 2020年度のドライバーズチャンピオンを獲得した山本尚貴(DOCOMO TEAM DANDELION RACING) 表彰式

 レース前に行われたウォームアップでは関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL SF19)のマシンが最終コーナーで炎上。このマシンの回収のため、フォーメーションラップは22分遅れの午後2時47分から行われた。2周行われたフォーメーションラップでは、タチアナ・カルデロン(ThreeBond Drago CORSE SF19)がスタートできず、さらに、シャルル・ミレッシ(Goldex Racing SF19)がスピンアウトしてマシンを降り、関口もグリッドに付けなかったため、17台でのスタートが切られた。

 スタートでは蹴り出しの良かった予選2位の坪井翔(JMS P.MU/CERUMO・INGING SF19)がトップで1コーナーに向かう。素晴らしいスタートを切ったのは予選4位の松下信治(Buzz Racing SF19)で、3位に上がるとポールポジションの野尻智紀(TEAM MUGEN SF19)をコカコーラーコーナーでアウトから捉え2位に躍り出た。3位には野尻が、4位には山本尚貴(DOCOMO DANDELION M5S SF19)、5位には笹原右京(TEAM MUGEN SF19)、そして6位にはチャンピオンがかかってる平川亮(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL SF19)が予選8位から上がってきた。

 4周目、平川は笹原をパスして5位に上がり、チャンピオン争いをしている4位の山本を追う。

 タイヤ交換が可能となる10周目には3位の野尻がピットイン。この周から11周目にかけて多くのドライバーもピットインしてタイヤ交換を行った。

 15周目には山本がピットイン、先にピットインしていた平川の前でピットアウトするが、タイヤが冷えていたため、100Rからヘアピンにかけて平川の先行を許すこととなった。

 しかしこのチャンピオンを賭けた直接対決は、オーバーテークシステムを使った山本が17周目の1コーナーで平川をパス、再び前に出ることに成功した。

 この時点でピットに入ってないのはトップの坪井と、最後尾スタートながら他車のピットインで2位に上がってきたニック・キャシディ(VANTELIN KOWA TOM’S SF19)の2台のみ。

 坪井は16周目にピットインすると、実質トップの2位でコースインした。

 29周目には4位を走っていた野尻がタイヤトラブルによりヘアピンでマシンを止めリタイアした。

 コースにとどまったキャシディはようやく30周目にピットイン。山本と平川の間に割り込む形でコースに復帰した。これで坪井は再び名実ともにトップに立ち、2位には松下が、3位には後方から追い上げてきた大湯都史樹(TCS NAKAJIMA RACING SF19)が続く。

 34周目、キャシディがコカコーラコーナーで山本をパスして4位に浮上。35周目には大湯も松下をパスして2位に上がり、トップ坪井を追う。

 トップ坪井は、残り周回も2位大湯の追撃を許さず、40周を走って今季2勝目を飾った。2位は大湯、3位には松下が入った。最後尾から追い上げたキャシディは4位に入った。

 5位には山本が入り3度目のシリーズチャンピオンを決めた。山本を追い切れなかった平川は6位でレースを終えた。

 また2位に入った大湯は、前戦での優勝なども評価されルーキーオブザイヤーを獲得した。

シリーズ表彰式 シリーズチャンピオンを獲得した山本尚貴(DOCOMO TEAM DANDELION RACING) シリーズ2位の平川亮(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL) シリーズ3位の坪井翔(JMS P.MU/CERUMO・INGING) ルーキーオブザイヤーを獲得した大湯都史樹(TCS NAKAJIMA RACING) チームチャンピオンを獲得したVANTELIN TEAM TOM’S

 来シーズンは、ここ富士スピードウェイで4月3日に開幕。各サーキットを転戦し7戦が行われる予定だ。来シーズンも熱い戦いを期待したい。

Text: Yoshinori OHNISHI
Photo: Hiroyuki MINAMI

SUPER FORMULA

SF:第7戦富士決勝結果

SUPER FORMULA Rd.7 -RIJ- (2020/12/20) Final Race Weather:Fine Course:Dry
2020 SUPER FORMULA Round 7 富士スピードウェイ 4.563km

PosNoDriverCar
Team
Engine LapTimeBehindGap
139坪井 翔JMS P.MU/CERUMO・INGING SF19
JMS P.MU/CERUMO・INGING
TOYOTA
TRD01F
4056'13.803--
265大湯 都史樹TCS NAKAJIMA RACING SF19
TCS NAKAJIMA RACING
Honda
M-TEC HR-417E
4056'14.490 0.687 0.687
350松下 信治Buzz Racing SF19
Buzz Racing with B-Max
Honda
M-TEC HR-417E
4056'15.325 1.522 0.835
41ニック・キャシディVANTELIN KOWA TOM’S SF19
VANTELIN TEAM TOM’S
TOYOTA
TRD01F
4056'16.071 2.268 0.746
55山本 尚貴DOCOMO DANDELION M5S SF19
DOCOMO TEAM DANDELION RACING
Honda
M-TEC HR-417E
4056'20.164 6.361 4.093
620平川 亮ITOCHU ENEX TEAM IMPUL SF19
ITOCHU ENEX TEAM IMPUL
TOYOTA
TRD01F
4056'21.353 7.550 1.189
715笹原 右京TEAM MUGEN SF19
TEAM MUGEN
Honda
M-TEC HR-417E
4056'22.344 8.541 0.991
84サッシャ・フェネストラズORIENTALBIO KONDO SF19
KONDO RACING
TOYOTA
TRD01F
4056'38.54024.73716.196
936中嶋 一貴VANTELIN KOWA TOM’S SF19
VANTELIN TEAM TOM’S
TOYOTA
TRD01F
4056'39.16325.360 0.623
103山下 健太ORIENTALBIO KONDO SF19
KONDO RACING
TOYOTA
TRD01F
4056'39.58825.785 0.425
117小林 可夢偉KCMG Elyse SF19
carrozzeria Team KCMG
TOYOTA
TRD01F
4056'43.37229.569 3.784
1238石浦 宏明JMS P.MU/CERUMO・INGING SF19
JMS P.MU/CERUMO・INGING
TOYOTA
TRD01F
4056'44.29930.496 0.927
1364大津 弘樹TCS NAKAJIMA RACING SF19
TCS NAKAJIMA RACING
Honda
M-TEC HR-417E
4056'44.76930.966 0.470
1414大嶋 和也ROOKIE Racing PONOS SF19
ROOKIE Racing
TOYOTA
TRD01F
4056'54.29640.493 9.527
1518国本 雄資KCMG Elyse SF19
carrozzeria Team KCMG
TOYOTA
TRD01F
4056'55.12241.319 0.826
166福住 仁嶺DOCOMO DANDELION M6Y SF19
DOCOMO TEAM DANDELION RACING
Honda
M-TEC HR-417E
4057'17.7461'03.94322.624
1712タチアナ・カルデロンThreeBond Drago CORSE SF19
ThreeBond Drago CORSE
Honda
M-TEC HR-417E
3957'31.7801Lap 1Lap
---- 以上規定周回数完走 ----
-16野尻 智紀TEAM MUGEN SF19
TEAM MUGEN
Honda
M-TEC HR-417E
2839'39.79712Laps11Laps
-19関口 雄飛ITOCHU ENEX TEAM IMPUL SF19
ITOCHU ENEX TEAM IMPUL
TOYOTA
TRD01F
D.N.S--
-51シャルル・ミレッシGoldex Racing SF19
Buzz Racing with B-Max
Honda
M-TEC HR-417E
D.N.S--
  • Fastest Lap: CarNo.6 福住仁嶺(DOCOMO DANDELION M6Y SF19) 1'21.391 (40/40) 201.826km/h

SUPER FORMULA LIGHTS

SFL:第17戦決勝記者会見 優勝・宮田莉朋「ステップアップしたいという気持ちしかない」

優勝 宮田莉朋(COROLLA CHUKYO Kuo TEAM TOM'S)
決勝記者会見: 優勝した宮田莉朋(COROLLA CHUKYO Kuo TEAM TOM\'S)  「スタートは加速が鈍ってしまって、イン側を守っていましたがスリーワイドになり、一番危険な真ん中だったので当たらなくて良かったです。1コーナーの出口ではトップに立てました。序盤はタイヤのグリップが来なくてペースが悪く思いのほか攻めきれませんでした。ニュータイヤの阪口選手がいいペースで来ていたので、タイヤのマージン分で詰められるかなと思っていました。そんな中でもファステストも取れましたし、最後までいいペースで走れたと思っています。SFLは卒業したいですね。いままでのレーシングキャリアでは、チャンピオンを取ってももう1年とかありました。今回もしっかり走れて後ろも離せ、ぼくらしいレースができたので、そこをしっかり見て欲しいです。SFも何回か走らせていただいて予選でもトップタイムを出しているので、ステップアップしたいという気持ちしかないです。ぼくもしっかり発信してチームに売り込んでいきたいと思います」
2位 阪口晴南(Buzz Racing with B-MAX)
決勝記者会見: 2位の阪口晴南(B-MAX RACING TEAM)  「朝のレースはスタートでやられてしまったので、やり返そうと思っていました。クラッチミートは悪くなかったんですが、トムスの2台、小高選手が速くてやばいなと思いました。ニュータイヤは1台だけで、序盤に抜かなきゃマージンが取れないと思ったので、リスクを冒して1コーナーに行きました。宮田選手も小高選手もクリーンでよけてくれました。2人とは長くレースをやっているので、お互いの呼吸が分かっていなかったら、ああいうバトルもできないと思います。行き過ぎてクロスラインを取られたのは仕方がないですね。序盤の2、3、4周くらいはいいペースで、宮田選手に迫る場面もあったんですが、セクター3で明らかにぼくの方が劣っていて、ストレートが速くても1コーナーではチャンスがなかったです。ニュータイヤのメリットも序盤だけで、中盤から後半はそろってしまいました。今週通してセクター3の改善ができなかったのは自分の力不足でした」
3位 小高一斗(COROLLA CHUKYO Kuo TOM'S 320)
決勝記者会見: 3位の小高一斗(COROLLA CHUKYO Kuo TEAM TOM\'S)  「スタートはこの3レースの中で一番決まったと思います。1コーナーで宮田選手の横まで並びかけることができ、2位に上がったと思ったんですが、ポジションを下げてしまいました。もう少しいい判断ができたら2人を抜けていたと思います。スタートはシーズンの中盤から後半にかけて速くできるようになったので、来年に向けて継続できるようにしたいと思います」
Text & Photo: Yoshinori OHNISHI

SUPER FORMULA LIGHTS

SFL:第17戦富士決勝 宮田莉朋が今季12勝目を上げ有終の美

 全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権第17戦は20日、富士スピードウェイで決勝を行い、ポールポジションからスタートした宮田莉朋(COROLLA CHUKYO Kuo TOM'S 320)が今季12勝目で、有終の美を飾った。

15周の決勝がスタートした 山本左近と本山哲の争い 優勝した宮田莉朋(COROLLA CHUKYO Kuo TOM\'S 320) 決勝2位の阪口晴南(Buzz Racing with B-MAX) 決勝3位の小高一斗(COROLLA CHUKYO Kuo TOM\'S 320) マスタークラスで優勝したDRAGON(TEAM DRAGON SFL)

 決勝は12時35分、快晴で太陽も高く上り気温、路面温度とも上がる中フォーメーションラップが始まった。

 スタートではポールポジションの宮田莉朋(COROLLA CHUKYO Kuo TEAM TOM'S)の蹴り出しが悪く、予選2位の阪口晴南(Buzz Racing with B-MAX)と予選3位の小高一斗(COROLLA CHUKYO Kuo TOM'S 320)に挟まれる形でこの2台の先行を許し1コーナーに向かう。しかし宮田は冷静にクロスラインを取りインにマシンを向けると、2コーナーでこの2台をパスし、一気にトップに躍り出た。2位には阪口が、3位には小高が続く。

 トップに立った宮田はここから2位の阪口を背後に従えてレースは推移するが、6周目あたりからは、徐々に阪口を引き離し、15周を回って今季最後の優勝を飾った。2位には阪口が、3位には小高が入った。

 4位争いは名取鉄平(TODA FIGHTEX)と河野駿佑(RS FINE K&N 320)の2人で繰り広げられていたが、名取が逃げ切り4位、5位には河野が入った。6位に入山翔(Albirex-RT)が続いた。

 注目の本山哲(REBELLION Buzz 320)と山本左近(REBELLION Buzz 320)は、本山が7周を回ってピットインしリタイア。7位の山本はルッカ・アレン(Albirex-RT)を従えての苦しい争いとなったが、最後まで押さえきり元F1ドライバーの貫禄を見せた。アレンは8位でレースを終えている。

 マスタークラスは総合でも9位に入ったDRAGON(TEAM DRAGON SFL)が優勝した。

優勝した宮田莉朋(COROLLA CHUKYO Kuo TEAM TOM\'S) 表彰式

 これで今シーズンの全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権はすべて終了。来シーズンは2021年4月3日、富士スピードウェイで開幕する予定だ。

Text: Yoshinori OHNISHI
Photo: Hiroyuki MINAMI

SUPER FORMULA LIGHTS

SFL:第17戦富士決勝結果

レべリオン全日本SFL選手権第15・16・17戦 -RIJ- (2020/12/20) Final Race Weather:Fine Course:Dry
2020 全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権 Round 17 富士スピードウェイ 4.563km

PosNoClsCls
Pos
DriverCar
Team
Engine LapTimeBehindGap
136宮田 莉朋COROLLA CHUKYO Kuo TOM'S 320
COROLLA CHUKYO Kuo TEAM TOM'S
TOYOTA
TOM'S TAZ31
1523'15.334--
250阪口 晴南Buzz Racing with B-MAX
B-MAX RACING TEAM
SPIESS
A41
1523'19.995 4.661 4.661
337小高 一斗COROLLA CHUKYO Kuo TOM'S 320
COROLLA CHUKYO Kuo TEAM TOM'S
TOYOTA
TOM'S TAZ31
1523'23.849 8.515 3.854
42名取 鉄平TODA FIGHTEX
TODA RACING
TODA
TR-F301
1523'32.28216.948 8.433
535河野 駿佑RS FINE K&N 320
RS FINE
TOYOTA
TOM'S TAZ31
1523'32.62617.292 0.344
65入山 翔Albirex-RT
ALBIREX RACING TEAM
TOMEI
TB14F3 2020
1523'34.60419.270 1.978
752山本 左近REBELLION Buzz 320
B-MAX RACING TEAM
SPIESS
A41
1523'46.27330.93911.669
83ルッカ・アレンAlbirex-RT
ALBIREX RACING TEAM
TOMEI
TB14F3 2020
1523'46.58031.246 0.307
930M1DRAGONTEAM DRAGON SFL
B-MAX ENGINEERING
SPIESS
A41
1523'56.73841.40410.158
1051M2今田 信宏JMS RACING with B-MAX
B-MAX RACING TEAM
SPIESS
A41
1523'57.23741.903 0.499
---- 以上規定周回数(90% - 13Laps)完走 ----
-13本山 哲REBELLION Buzz 320
B-MAX ENGINEERING
SPIESS
A41
711'27.8028Laps8Laps
-10M-植田 正幸Rnsports320
Rn-sports
SPIESS
A41
12'29.61014Laps6Laps
  • Fastest Lap: CarNo.36 宮田莉朋(COROLLA CHUKYO Kuo TOM'S 320) 1'32.569 (8/15) 177.455km/h

SUPER FORMULA

SF:第7戦富士公式予選記者会見 PP・野尻智紀「チャンピオンって何なのか理解できないので、自分の力を出し切れそう」

予選記者会見: トップ3のドライバーたち

ポールポジション 野尻智紀(TEAM MUGEN)
 「昨日から調子が良くて、ただ、朝走り出したらコンディションが変ったところがあって、少し調子を崩したところがありました。Q2はぎりぎりでQ3に進めて、アジャストもうまくいきましたし、クルマを信じて攻めるだけでした。クルマも答えてくれ、チームの皆さんもばたばたとたくさん仕事があった中、ノーミスでクリアしてくれました。チームの力を出し切れた予選だったのかと思います。セクター3を重視してましたが、走った感じではあまりよくなく、タイヤのグリップに任せた感じでしたね。チャンピオンって何なのか自分の中で、理解できていないんです。そんなに意識したくてもできないような感じもあって、普通のいつものレースみたいな感覚でいるので、自分の力をうまく出し切れそうです」
2位 坪井翔(JMS P.MU/CERUMO・INGING)
 「昨日からトップを取れるとかという次元ではなかったので、この結果は驚いています。19秒台が出るとは思っていませんでしたが、アタック自体はミス無くできました。練習から予選に向けてのアジャストはいい方向に進んでいたんだと感じています。ホンダ勢に食い込めていいアタックができたと思います」
3位 山本尚貴(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)
 「Q3に向けていい組み立てができたと思います。今週末から走り始めてチーム無限は頭一つ二つ抜けてるような好調さが見えたので、彼らに追いつくことは難しいなと感じていました。終わってみれば勝つことはできませんでしたが、笹原選手の前には出られたので、ダンディライアンとしてはいいリカバリーができたのかと思います。野尻選手のポールをとる力は本当にすごですね。負けた悔しさを決勝でぶつけたいと思います。後ろからスタートするよりは前からスタートした方がいいんですが、前にいるからこそ身動きが取れないこともあるし、後ろに平川選手、ニック選手がいますけど、彼らが勝負権がないかというと、そのポジションだからできることもあるので、その辺もしっかり見ていきます。でも、野尻選手、坪井選手を抜いて、チャンピオンを取るより勝ちたいですね」
Text & Photo: Yoshinori OHNISHI

SUPER FORMULA

SF:第7戦富士公式予選 驚速・野尻智紀が1分19秒台でポールポジション

 全日本スーパーフォーミュラ選手権第7戦は20日、富士スピードウェイで公式予選を行い、野尻智紀(TEAM MUGEN SF19)が1分20秒を切る1分19秒972でポールポジションを獲得した。

ポールポジションを獲得した野尻智紀(TEAM MUGEN)

 公式予選は10時55分よりノックアウト方式で行われた。Q1は2グループに分けられ各上位7台がQ2に進出、Q2に通過した14台からさらに上位8台がQ3に進出し、そのタイム順で午後から行わる決勝のグリッドが決定する。

 野尻智紀(TEAM MUGEN SF19)はBグループに振り分けられたQ1を2位で通過、Q2を5位で通過すると、Q3で快足ぶりを発揮。なんと1分20秒を切る、1分19秒972でポールポジションを獲得した。

 ホンダエンジン勢優位の中、苦戦を強いられていたトヨタ勢だが、坪井翔(JMS P.MU/CERUMO・INGING SF19)が孤軍奮闘。Q3では野尻に次ぐ1分20秒切りの1分19秒台で2位に食い込んだ。

 3位に入ったのはポイントリーダーの山本尚貴(DOCOMO DANDELION M5S SF19)。3度目のチャンピオンに向けて好位置に付けた。

 4位には松下信治(Buzz Racing SF19)が、5位には笹原右京(TEAM MUGEN SF19)、6位には福住仁嶺(DOCOMO DANDELION M6Y SF19)、7位には大湯都史樹(TCS NAKAJIMA RACING SF19)とホンダ勢が続く。

 山本と同ポイントでチャンピオンを狙う平川亮(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL SF19)は8位と出遅れた。

 また、チャンピオンの可能性を残すニック・キャシディ(VANTELIN KOWA TOM’S SF19)はQ1で走路外のペナルティーを科せられ敗退、後方からの追い上げを強いられることとなった。

 決勝レースは午後2時25分より40周で争われ、今シーズンのシリーズチャンピオンが決定する。

Text: Yoshinori OHNISHI
Photo: Hiroyuki MINAMI

SUPER FORMULA

SF:第7戦富士ノックアウトQ3結果

SUPER FORMULA Rd.7 -RIJ- (2020/12/20) Knock Out Q3 Weather:Fine Course:Dry
2020 SUPER FORMULA Round 7 富士スピードウェイ 4.563km

PosNoDriverCar
Team
Engine TimeBehindGapkm/h
116野尻 智紀TEAM MUGEN SF19
TEAM MUGEN
Honda
M-TEC HR-417E
1'19.972--205.407
239坪井 翔JMS P.MU/CERUMO・INGING SF19
JMS P.MU/CERUMO・INGING
TOYOTA
TRD01F
1'19.989 0.017 0.017205.363
35山本 尚貴DOCOMO DANDELION M5S SF19
DOCOMO TEAM DANDELION RACING
Honda
M-TEC HR-417E
1'20.155 0.183 0.166204.938
450松下 信治Buzz Racing SF19
Buzz Racing with B-Max
Honda
M-TEC HR-417E
1'20.185 0.213 0.030204.861
515笹原 右京TEAM MUGEN SF19
TEAM MUGEN
Honda
M-TEC HR-417E
1'20.192 0.220 0.007204.843
66福住 仁嶺DOCOMO DANDELION M6Y SF19
DOCOMO TEAM DANDELION RACING
Honda
M-TEC HR-417E
1'20.340 0.368 0.148204.466
765大湯 都史樹TCS NAKAJIMA RACING SF19
TCS NAKAJIMA RACING
Honda
M-TEC HR-417E
1'20.516 0.544 0.176204.019
820平川 亮ITOCHU ENEX TEAM IMPUL SF19
ITOCHU ENEX TEAM IMPUL
TOYOTA
TRD01F
1'20.719 0.747 0.203203.506

SUPER FORMULA

SF:第7戦富士ノックアウトQ2結果

SUPER FORMULA Rd.7 -RIJ- (2020/12/20) Knock Out Q2 Weather:Fine Course:Dry
2020 SUPER FORMULA Round 7 富士スピードウェイ 4.563km

PosNoDriverCar
Team
Engine TimeBehindGapkm/h
150松下 信治Buzz Racing SF19
Buzz Racing with B-Max
Honda
M-TEC HR-417E
1'20.337--204.474
265大湯 都史樹TCS NAKAJIMA RACING SF19
TCS NAKAJIMA RACING
Honda
M-TEC HR-417E
1'20.473 0.136 0.136204.128
35山本 尚貴DOCOMO DANDELION M5S SF19
DOCOMO TEAM DANDELION RACING
Honda
M-TEC HR-417E
1'20.543 0.206 0.070203.951
439坪井 翔JMS P.MU/CERUMO・INGING SF19
JMS P.MU/CERUMO・INGING
TOYOTA
TRD01F
1'20.739 0.402 0.196203.456
516野尻 智紀TEAM MUGEN SF19
TEAM MUGEN
Honda
M-TEC HR-417E
1'20.807 0.470 0.068203.284
620平川 亮ITOCHU ENEX TEAM IMPUL SF19
ITOCHU ENEX TEAM IMPUL
TOYOTA
TRD01F
1'20.831 0.494 0.024203.224
76福住 仁嶺DOCOMO DANDELION M6Y SF19
DOCOMO TEAM DANDELION RACING
Honda
M-TEC HR-417E
1'20.965 0.628 0.134202.888
815笹原 右京TEAM MUGEN SF19
TEAM MUGEN
Honda
M-TEC HR-417E
1'21.033 0.696 0.068202.717
---- 以上Q3進出 ----
914大嶋 和也ROOKIE Racing PONOS SF19
ROOKIE Racing
TOYOTA
TRD01F
1'21.125 0.788 0.092202.488
1019関口 雄飛ITOCHU ENEX TEAM IMPUL SF19
ITOCHU ENEX TEAM IMPUL
TOYOTA
TRD01F
1'21.128 0.791 0.003202.480
1136中嶋 一貴VANTELIN KOWA TOM’S SF19
VANTELIN TEAM TOM’S
TOYOTA
TRD01F
1'21.144 0.807 0.016202.440
1238石浦 宏明JMS P.MU/CERUMO・INGING SF19
JMS P.MU/CERUMO・INGING
TOYOTA
TRD01F
1'21.287 0.950 0.143202.084
134サッシャ・フェネストラズORIENTALBIO KONDO SF19
KONDO RACING
TOYOTA
TRD01F
1'21.298 0.961 0.011202.057
143山下 健太ORIENTALBIO KONDO SF19
KONDO RACING
TOYOTA
TRD01F
1'21.311 0.974 0.013202.024

SUPER FORMULA

SF:第7戦富士ノックアウトQ1結果

■Aグループ

SUPER FORMULA Rd.7 -RIJ- (2020/12/20) Knock Out Q1 Weather:Fine Course:Dry
2020 SUPER FORMULA Round 7 富士スピードウェイ 4.563km

PosNoDriverCar
Team
Engine TimeBehindGapkm/h
115笹原 右京TEAM MUGEN SF19
TEAM MUGEN
Honda
M-TEC HR-417E
1'20.802--203.297
265大湯 都史樹TCS NAKAJIMA RACING SF19
TCS NAKAJIMA RACING
Honda
M-TEC HR-417E
1'20.864 0.062 0.062203.141
35山本 尚貴DOCOMO DANDELION M5S SF19
DOCOMO TEAM DANDELION RACING
Honda
M-TEC HR-417E
1'20.923 0.121 0.059202.993
438石浦 宏明JMS P.MU/CERUMO・INGING SF19
JMS P.MU/CERUMO・INGING
TOYOTA
TRD01F
1'21.010 0.208 0.087202.775
54サッシャ・フェネストラズORIENTALBIO KONDO SF19
KONDO RACING
TOYOTA
TRD01F
1'21.466 0.664 0.456201.640
619関口 雄飛ITOCHU ENEX TEAM IMPUL SF19
ITOCHU ENEX TEAM IMPUL
TOYOTA
TRD01F
1'21.501 0.699 0.035201.553
714大嶋 和也ROOKIE Racing PONOS SF19
ROOKIE Racing
TOYOTA
TRD01F
1'21.524 0.722 0.023201.496
---- 以上Q2進出 ----
851シャルル・ミレッシGoldex Racing SF19
Buzz Racing with B-Max
Honda
M-TEC HR-417E
1'21.782 0.980 0.258200.861
918国本 雄資KCMG Elyse SF19
carrozzeria Team KCMG
TOYOTA
TRD01F
1'22.311 1.509 0.529199.570
101ニック・キャシディVANTELIN KOWA TOM’S SF19
VANTELIN TEAM TOM’S
TOYOTA
TRD01F
1'24.710 3.908 2.399193.918

Bグループ

SUPER FORMULA Rd.7 -RIJ- (2020/12/20) Knock Out Q1 Weather:Fine Course:Dry
2020 SUPER FORMULA Round 7 富士スピードウェイ 4.563km

PosNoDriverCar
Team
Engine TimeBehindGapkm/h
120平川 亮ITOCHU ENEX TEAM IMPUL SF19
ITOCHU ENEX TEAM IMPUL
TOYOTA
TRD01F
1'20.698--203.559
216野尻 智紀TEAM MUGEN SF19
TEAM MUGEN
Honda
M-TEC HR-417E
1'20.824 0.126 0.126203.242
339坪井 翔JMS P.MU/CERUMO・INGING SF19
JMS P.MU/CERUMO・INGING
TOYOTA
TRD01F
1'20.838 0.140 0.014203.206
46福住 仁嶺DOCOMO DANDELION M6Y SF19
DOCOMO TEAM DANDELION RACING
Honda
M-TEC HR-417E
1'20.954 0.256 0.116202.915
536中嶋 一貴VANTELIN KOWA TOM’S SF19
VANTELIN TEAM TOM’S
TOYOTA
TRD01F
1'21.125 0.427 0.171202.488
63山下 健太ORIENTALBIO KONDO SF19
KONDO RACING
TOYOTA
TRD01F
1'21.158 0.460 0.033202.405
750松下 信治Buzz Racing SF19
Buzz Racing with B-Max
Honda
M-TEC HR-417E
1'21.214 0.516 0.056202.266
---- 以上Q2進出 ----
864大津 弘樹TCS NAKAJIMA RACING SF19
TCS NAKAJIMA RACING
Honda
M-TEC HR-417E
1'21.267 0.569 0.053202.134
97小林 可夢偉KCMG Elyse SF19
carrozzeria Team KCMG
TOYOTA
TRD01F
1'21.418 0.720 0.151201.759
1012タチアナ・カルデロンThreeBond Drago CORSE SF19
ThreeBond Drago CORSE
Honda
M-TEC HR-417E
1'21.674 0.976 0.256201.126

TCR JAPAN SUNDAY

TCRJ-SUN:第6戦富士決勝結果

SUPER FORMULA Rd.7 -RIJ- (2020/12/20) Final Race Weather:Fine Course:Dry
2020 TCR JAPAN SUNDAY Series Round 6 富士スピードウェイ 4.563km

PosNoClsCls
Pos
DriverCar
Maker Model
Team
LapTimeBehindGap
121篠原 拓朗
Audi RS3 LMS
Audi Team Hitotsuyama
1123'02.127--
219Brnz1ヒロボン
CUPRA TCR
バースレーシングプロジェクト【BRP】
1123'06.529 4.402 4.402
325松本 武士
Volkswagen Golf GTI TCR
Volkswagen RT with TEAMWAKAYAMA
1123'13.36511.238 6.836
462Brnz2塩谷 烈州
Honda CIVIC TCR
全薬工業with TEAM G/MOTION’
1123'14.43712.310 1.072
534Brnz3下野 璃央
Honda CIVIC TCR
Drago CORSE
1123'14.93012.803 0.493
673Brnz4大蔵 峰樹
Alfa Romeo Giulietta Veloce TCR
M-PROTOTYPING Team STILE CORSE
1123'15.57813.451 0.648
717Brnz5鈴木 建自
Audi RS3 LMS
バースレーシングプロジェクト【BRP】
1123'37.35235.22521.774
855Brnz6Mototino
Alfa Romeo Giulietta RF TCR
55MOTO with J'S RACING
1123'43.65641.529 6.304
97Brnz7牧野 淳
Audi RS3 LMS
麻布ワコーズEDニルズNGK
1124'12.6491'10.52228.993
---- 以上規定周回数(75% - 8Laps)完走 ----
-69Brnz-梅本 淳一
Alfa Romeo Giulietta RF TCR
55MOTO with J'S RACING
39'12.7598Laps8Laps
  • Fastest Lap: CarNo.21 篠原拓朗(Audi RS3 LMS) 1'47.360 (3/11) 153.007kim/h

SUPER FORMULA LIGHTS

SFL:第16戦富士決勝記者会見 優勝・小高一斗「苦しくてレースも好きじゃなくなっていました」

優勝 小高一斗(COROLLA CHUKYO Kuo TOM'S 320)
決勝記者会見: 優勝した小高一斗(COROLLA CHUKYO Kuo TEAM TOM\'S)  「(涙声で)2年間F3をやらせてもらって悩んだりして苦しかったです。レースも好きじゃ無くなっていました。みなさんとチームの支えがあって……。本当にうれしいです。オイルが出ていて1コーナーでトップに立てたり急にいろんなことがうまくいって……。スタートもしっかり決めることができて、1コーナーでまさか2人の前に出られると思ってなかったんですが、結果的に前に出られて良かったです。トップに立ってからはここで勝てなかったら終わってしまうと思って、死ぬ気で走りました。これが最後のレースなら良かったですが、最後のレースもしっかりがんばります」
2位 阪口晴南(Buzz Racing with B-MAX)
決勝記者会見: 2位の阪口晴南(B-MAX RACING TEAM)  「ポールからだったので優勝を狙っていました。スタートは悪くなかったんですが、この3台だと攻めたスタートを切らないといいスタートとはいえないんだと感じました。反省しています。1コーナーを2番手で回れたのは不幸中の幸いでした。その後は、小高選手のペースも良かったので素直に負けを認めたいと思います。次のレースはニュータイヤを残しているので2番手からですが勝てるようにがんばります」
3位 宮田莉朋(COROLLA CHUKYO Kuo TEAM TOM'S)
決勝記者会見: 3位の宮田莉朋(COROLLA CHUKYO Kuo TEAM TOM\'S)  「タイヤも暖まってなくて、昨日のレースからストレートスピードも遅かったので、みんなに相談してクルマを仕上げたんですが、それが裏目に出て、ぼくも合わせきれなかったです。攻めきって負けてしまったので、勉強になり自分のためになったレースでした。最後はいいレースをしてベストな結果で終わりたいです」
Text & Photo: Yoshinori OHNISHI

SUPER FORMULA LIGHTS

SFL:第16戦富士決勝 小高一斗、涙の初優勝

 全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権第16戦は20日、富士スピードウェイで決勝を行い、予選3位からスタートした小高一斗(COROLLA CHUKYO Kuo TOM'S 320)が初優勝を飾った。

13周の決勝がスタートした 優勝した小高一斗(COROLLA CHUKYO Kuo TOM\'S 320) 決勝2位の阪口晴南(Buzz Racing with B-MAX) 決勝3位の宮田莉朋(COROLLA CHUKYO Kuo TOM\'S 320) マスタークラスで優勝した今田信宏(JMS RACING with B-MAX ) 優勝した小高一斗(COROLLA CHUKYO Kuo TEAM TOM\'S) マスタークラスで優勝した今田信宏(EAGLE SPORT) マスタークラスで優勝した今田信宏とDRAGON 表彰式

 決勝レースは早朝午前8時10分からフォーメーションラップが始まった。上空は晴れ渡り朝日が場内に差し込む。

 フォーメーションラップは2周行われたが、その1周目にルッカ・アレン(Albirex-RT)がダンロップコーナーでスピン。アレンが通常のグリッドに戻ったため、スタートディレイとなった。改めてフォーメーションラップ2周が行われ周回数は13周に減算された。

 好スタートを切ったのは予選2位の宮田莉朋(COROLLA CHUKYO Kuo TOM'S 320)。しかし宮田は1コーナーでブレーキをロックさせ、オーバーラン。ポールポジションの阪口晴南(Buzz Racing with B-MAX)もオーバーランして、そのインから予選3位の小高一斗(COROLLA CHUKYO Kuo TOM'S 320)が2コーナー立ち上がりでトップに立った。2位には阪口が、3位には宮田が続く。

 トップに立った小高は、1周目に2位の阪口を1秒1引き離してストレートに戻ってくると、2周目にはその差を2秒5、3周目には2秒6まで広げた。

 ここから阪口はこの時点でのファステストラップを記録して、小高との差を徐々に縮め始める。7周目には1秒5まで迫るが、ここから小高も粘る。この差は最終ラップまで縮まらず、小高は13周を回ってうれしい初優勝を飾った。2位には阪口が、3位には宮田が入った。

 河野駿佑(RS FINE K&N 320)と名取鉄平(TODA FIGHTEX)は4位争いを繰り広げてきたが、7周目に河野をパスした名取が4位、河野は5位でレースを終えた。6位には入山翔(Albirex-RT)が入った。

 マスタークラスは終始トップを譲らなかった今田信宏(JMS RACING with B-MAX)が初優勝を飾った。

 注目の本山哲(REBELLION Buzz 320)と山本左近(REBELLION Buzz 320)はオープニングラップで接触。本山はリタイア、山本は8位でレースを終えた。

 最終第17戦決勝は本日午後12時35分より15周で行われる。

Text: Yoshinori OHNISHI
Photo: Hiroyuki MINAMI
Yoshinori OHNISHI

SUPER FORMULA LIGHTS

SFL:第16戦富士決勝結果

レべリオン全日本SFL選手権第15・16・17戦 -RIJ- (2020/12/20) Final Race Weather:Fine Course:Dry
2020 全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権 Round 16 富士スピードウェイ 4.563km

PosNoClsCls
Pos
DriverCar
Team
Engine LapTimeBehindGap
137小高 一斗COROLLA CHUKYO Kuo TOM'S 320
COROLLA CHUKYO Kuo TEAM TOM'S
TOYOTA
TOM'S TAZ31
1320'08.071--
250阪口 晴南Buzz Racing with B-MAX
B-MAX RACING TEAM
SPIESS
A41
1320'09.784 1.713 1.713
336宮田 莉朋COROLLA CHUKYO Kuo TOM'S 320
COROLLA CHUKYO Kuo TEAM TOM'S
TOYOTA
TOM'S TAZ31
1320'10.368 2.297 0.584
42名取 鉄平TODA FIGHTEX
TODA RACING
TODA
TR-F301
1320'24.62516.55414.257
535河野 駿佑RS FINE K&N 320
RS FINE
TOYOTA
TOM'S TAZ31
1320'25.38417.313 0.759
65入山 翔Albirex-RT
ALBIREX RACING TEAM
TOMEI
TB14F3 2020
1320'29.68921.618 4.305
73ルッカ・アレンAlbirex-RT
ALBIREX RACING TEAM
TOMEI
TB14F3 2020
1320'36.55928.488 6.870
852山本 左近REBELLION Buzz 320
B-MAX RACING TEAM
SPIESS
A41
1320'48.33240.26111.773
951M1今田 信宏JMS RACING with B-MAX
B-MAX RACING TEAM
SPIESS
A41
1320'54.28646.215 5.954
1010M2植田 正幸Rnsports320
Rn-sports
SPIESS
A41
1321'10.4551'02.38416.169
1130M3DRAGONTEAM DRAGON SFL
B-MAX ENGINEERING
SPIESS
A41
1321'10.8331'02.762 0.378
---- 以上規定周回数(90% - 11Laps)完走 ----
-13本山 哲REBELLION Buzz 320
B-MAX ENGINEERING
SPIESS
A41
0 0.00013Laps13Laps
  • Fastest Lap: CarNo.36 宮田莉朋(COROLLA CHUKYO Kuo TOM'S 320) 1'32.223 (6/13) 178.120km/h

SUPER FORMULA

SF:第7戦富士フリー走行結果 野尻智紀がトップタイム

 全日本スーパーフォーミュラ選手権は19日、富士スピードウェイでフリー走行を行い、野尻智紀(TEAM MUGEN SF19)がトップタイムを記録した。

 朝の占有走行に続き、午後3時より1時間のフリー走行が行われた。雲間からは太陽も顔を出すようになり幾分気温も上がり気味で、雨や雪の心配は無くなった。

 開始10分でトップに立ったのは1分21秒607で野尻智紀(TEAM MUGEN SF19)。これを開始20分過ぎに21秒465を出した平川亮(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL SF19)が逆転。

 開始30分には、午前の占有走行でトップタイムを記録した好調、笹原右京(TEAM MUGEN SF19)が1分20秒791でトップを奪取。

 その笹原は、残り13分となったところでコースアウト、赤旗が提示される。

 セッションは延長され3時52分から残り10分で再開された。ここから上位陣の順位はめまぐるしく変り、最終的には1分20秒708をたたき出した野尻が再びトップに立ちセッションを終えた。

 30分時点のタイムで笹原が2位。3位にはタイムを伸ばした平川が、4位には坪井翔(JMS P.MU/CERUMO・INGING SF19)が、5位には大湯都史樹(TCS NAKAJIMA RACING SF19)が、6位には中嶋一貴(VANTELIN KOWA TOM’S SF19)が入り、トヨタエンジン勢もホンダ勢に割って入るようになった。

 明日は午前9時45分からノックアウト方式で公式予選が行われる。1分20秒を切る驚速のタイムが出るかどうかに注目したい。

Text: Yoshinori OHNISHI

SUPER FORMULA LIGHTS

SFL:第15戦富士決勝記者会見 優勝・宮田莉朋「あしたもベストを尽くします」

優勝 宮田莉朋(COROLLA CHUKYO Kuo TEAM TOM'S)
決勝記者会見: 優勝した宮田莉朋(COROLLA CHUKYO Kuo TEAM TOM\'S)  「予選は理想的なウォームアップができず、スリップも使えず、ストレートスピードも遅かったのでいいタイムが出せませんでした。15戦はポールを取れたので勝ちたかったし、その通りになり良かったです。ファステストラップもしっかり取れました。暑い時期と違って毎周全力でのプッシュでしたので体力的にきつかったです。明日の朝は2番手からのスタートで、富士は抜けるというものの僅差なので抜きづらいと思います。スタートが重要なのできっちり決めないといけないですね。午後のレースはポールなので今回のレースのようにベストを尽くしたいと思います」
2位 阪口晴南(Buzz Racing with B-MAX)
決勝記者会見: 2位の阪口晴南(B-MAX RACING TEAM)  「練習からこの路面温度が低いコンディションに合わせられませんでしたが、金曜日にはいい兆しが見えてきました。予選でセカンドベストが取れたのは良かったと思います。決勝のスタートでは想定外に順位を上げることができました。序盤は自分のクルマのペースが良かったので、2番手まで行けました。宮田選手のタイムを聞きながら周回していましたが、中盤以降からは宮田選手のペースが上がっていたので、あしたに向けて改善したいと思います。あしたは周回数が少なくて序盤のペースはいいので悲観的な結果ではなかったと思います」
3位 小高一斗(COROLLA CHUKYO Kuo TOM'S 320)
決勝記者会見: 3位の小高一斗(COROLLA CHUKYO Kuo TEAM TOM\'S)  「予選ではタイヤトラブルがあってトップ2とはタイム差ができてしまいました。自分では得意としているコースですがうまく走れませんでした。レースに向けて対策をしていましたが、それがうまく反映されず、ペースも良くありませんでしたが、序盤、ペースが速い名取選手や河野選手を押さえられたのは良かったと思います。前の2人と比べるとレベルが低く、もっとしっかり走りたいと思います。あしたは今週1周も自分の思い通りに走れてないので、最後は気持ちよく終わりたいと思います」
Text & Photo: Yoshinori OHNISHI

SUPER FORMULA LIGHTS

SFL:第15戦富士決勝 宮田莉朋が今季11勝目を飾る 注目の本山哲は7位

 全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権第15戦は、富士スピードウェイで決勝を行い、ポールポジションからスタートした宮田莉朋(COROLLA CHUKYO Kuo TOM'S 320)が今季11勝目を飾った。

21周の決勝がスタートした 優勝は宮田莉朋(COROLLA CHUKYO Kuo TOM\'S 320) 決勝2位は阪口晴南(Buzz Racing with B-MAX) 決勝3位は小高一斗(COROLLA CHUKYO Kuo TOM\'S 320) マスタークラス優勝はDRAGON(TEAM DRAGON SFL ) 優勝した宮田莉朋(COROLLA CHUKYO Kuo TEAM TOM\'S)

 決勝は午後1時50分にフォーメーションラップが始まった。相変わらず曇り空で肌寒い。

 スタートを制したのはポールシッターの宮田莉朋(COROLLA CHUKYO Kuo TOM'S 320)でトップで1コーナーへ向かう。以下、グリッド順通りに小高一斗(COROLLA CHUKYO Kuo TOM'S 320)、河野駿佑(RS FINE K&N 320)と続く。

 エンジン交換のため5グリッド降格のペナルティーを科され、7番グリッドからスタートした阪口晴南(Buzz Racing with B-MAX)は1周目には早くも4位まで上がってきた。

 阪口はさらに2周目に河野を、3周目に小高をそれぞれ1コーナーでかわし2位まで順位アップ。

 この3周目の時点でトップ宮田と2位阪口の差は2秒8。宮田は2位に上がった阪口の追撃を許さず、0秒2ほど早いタイムで差を広げ始める。

 宮田は最終ラップにはこのレースのファステストラップをたたき出すと21周を回り、6秒6差で独走優勝を飾った。

 宮田を追い切れなかった阪口は2位。3位には小高が入った。

 4位には5周目、1コーナーで河野をパスした名取鉄平(TODA FIGHTEX)が、6位にはチームメートバトルを制したルッカ・アレン(Albirex-RT)が続いた。

 注目の山本左近(REBELLION Buzz 320)と本山哲(REBELLION Buzz 320)は、山本が8位、本山が9位を走行していたが、山本がアレンと入山翔(Albirex-RT)のチームメート同士の争いに追いついたところで、ダンロップコーナーで入山をパスしようとして接触。山本は30秒のペナルティーを科され降格することとなった。本山は繰り上がり7位でチェッカーを受けた。

 マスタークラスは総合で9位に入ったDRAGON(TEAM DRAGON SFL)が優勝した。

表彰式 マスタークラスの表彰式

 第16戦決勝は、明日午前8時10分より15周で、第17戦決勝はこのレースの順位でグリッドを決定し午後12時35分より15周で行われる。

Text: Yoshinori OHNISHI
Photo: Hiroyuki MINAMI

SUPER FORMULA

SF:第7戦富士フリー走行結果

SUPER FORMULA Rd.7 -RIJ- (2020/12/19) Free Practice Weather:Fine Course:Dry
2020 SUPER FORMULA Round 7 富士スピードウェイ 4.563km

PosNoDriverCar
Team
Engine TimeBehindGapkm/h
116野尻 智紀TEAM MUGEN SF19
TEAM MUGEN
Honda
M-TEC HR-417E
1'20.708--203.534
215笹原 右京TEAM MUGEN SF19
TEAM MUGEN
Honda
M-TEC HR-417E
1'20.791 0.083 0.083203.325
320平川 亮ITOCHU ENEX TEAM IMPUL SF19
ITOCHU ENEX TEAM IMPUL
TOYOTA
TRD01F
1'20.947 0.239 0.156202.933
439坪井 翔JMS P.MU/CERUMO・INGING SF19
JMS P.MU/CERUMO・INGING
TOYOTA
TRD01F
1'20.988 0.280 0.041202.830
565大湯 都史樹TCS NAKAJIMA RACING SF19
TCS NAKAJIMA RACING
Honda
M-TEC HR-417E
1'20.996 0.288 0.008202.810
636中嶋 一貴VANTELIN KOWA TOM’S SF19
VANTELIN TEAM TOM’S
TOYOTA
TRD01F
1'21.025 0.317 0.029202.737
71ニック・キャシディVANTELIN KOWA TOM’S SF19
VANTELIN TEAM TOM’S
TOYOTA
TRD01F
1'21.047 0.339 0.022202.682
86福住 仁嶺DOCOMO DANDELION M6Y SF19
DOCOMO TEAM DANDELION RACING
Honda
M-TEC HR-417E
1'21.217 0.509 0.170202.258
919関口 雄飛ITOCHU ENEX TEAM IMPUL SF19
ITOCHU ENEX TEAM IMPUL
TOYOTA
TRD01F
1'21.237 0.529 0.020202.208
107小林 可夢偉KCMG Elyse SF19
carrozzeria Team KCMG
TOYOTA
TRD01F
1'21.431 0.723 0.194201.727
113山下 健太ORIENTALBIO KONDO SF19
KONDO RACING
TOYOTA
TRD01F
1'21.449 0.741 0.018201.682
1218国本 雄資KCMG Elyse SF19
carrozzeria Team KCMG
TOYOTA
TRD01F
1'21.617 0.909 0.168201.267
1351シャルル・ミレッシGoldex Racing SF19
Buzz Racing with B-Max
Honda
M-TEC HR-417E
1'21.691 0.983 0.074201.085
1438石浦 宏明JMS P.MU/CERUMO・INGING SF19
JMS P.MU/CERUMO・INGING
TOYOTA
TRD01F
1'21.750 1.042 0.059200.939
154サッシャ・フェネストラズORIENTALBIO KONDO SF19
KONDO RACING
TOYOTA
TRD01F
1'21.857 1.149 0.107200.677
1664大津 弘樹TCS NAKAJIMA RACING SF19
TCS NAKAJIMA RACING
Honda
M-TEC HR-417E
1'21.940 1.232 0.083200.474
1714大嶋 和也ROOKIE Racing PONOS SF19
ROOKIE Racing
TOYOTA
TRD01F
1'22.050 1.342 0.110200.205
1850松下 信治Buzz Racing SF19
Buzz Racing with B-Max
Honda
M-TEC HR-417E
1'22.088 1.380 0.038200.112
1912タチアナ・カルデロンThreeBond Drago CORSE SF19
ThreeBond Drago CORSE
Honda
M-TEC HR-417E
1'22.118 1.410 0.030200.039
205山本 尚貴DOCOMO DANDELION M5S SF19
DOCOMO TEAM DANDELION RACING
Honda
M-TEC HR-417E
1'22.161 1.453 0.043199.934

SUPER FORMULA LIGHTS

SFL:第15戦富士決勝結果

レべリオン全日本SFL選手権第15・16・17戦 -RIJ- (2020/12/19) Final Race Weather:Cloudy Course:Dry
2020 全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権 Round 15 富士スピードウェイ 4.563km

PosNoClsCls
Pos
DriverCar
Team
Engine LapTimeBehindGap
136宮田 莉朋COROLLA CHUKYO Kuo TOM'S 320
COROLLA CHUKYO Kuo TEAM TOM'S
TOYOTA
TOM'S TAZ31
2132'30.172--
250阪口 晴南Buzz Racing with B-MAX
B-MAX RACING TEAM
SPIESS
A41
2132'36.776 6.604 6.604
337小高 一斗COROLLA CHUKYO Kuo TOM'S 320
COROLLA CHUKYO Kuo TEAM TOM'S
TOYOTA
TOM'S TAZ31
2132'48.52618.35411.750
42名取 鉄平TODA FIGHTEX
TODA RACING
TODA
TR-F301
2132'51.96421.792 3.438
535河野 駿佑RS FINE K&N 320
RS FINE
TOYOTA
TOM'S TAZ31
2132'52.78222.610 0.818
63ルッカ・アレンAlbirex-RT
ALBIREX RACING TEAM
TOMEI
TB14F3 2020
2133'13.69143.51920.909
713本山 哲REBELLION Buzz 320
B-MAX ENGINEERING
SPIESS
A41
2133'15.52645.354 1.835
85入山 翔Albirex-RT
ALBIREX RACING TEAM
TOMEI
TB14F3 2020
2133'22.61152.439 7.085
930M1DRAGONTEAM DRAGON SFL
B-MAX ENGINEERING
SPIESS
A41
2133'28.99558.823 6.384
1051M2今田 信宏JMS RACING with B-MAX
B-MAX RACING TEAM
SPIESS
A41
2133'29.53859.366 0.543
1110M3植田 正幸Rnsports320
Rn-sports
SPIESS
A41
2133'41.3941'11.22211.856
12*52山本 左近REBELLION Buzz 320
B-MAX RACING TEAM
SPIESS
A41
2133'44.8731'14.701 3.479
---- 以上規定周回数(90% - 18Laps)完走 ----
  • Fastest Lap: CarNo.36 宮田莉朋(COROLLA CHUKYO Kuo TOM'S 320) 1'32.399 (21/21) 177.781km/h
  • CarNo.52は、シリーズ規則15条1.(他者への衝突)により、競技結果に対し30秒加算のペナルティーを科した。

TCR JAPAN SATURDAY

TCRJ-SAT:第6戦富士決勝 篠原拓朗が今季5勝目

 TCRジャパンシリーズは19日、富士スピードウェイでサタデーシリーズ第6戦の決勝を行い、ポールポジションからスタートした篠原拓朗(Audi Team Hitotsuyama)が独走で11周を回り優勝した。ブロンズクラスは総合でも2位に入ったヒロボン(バースレーシングプロジェクト【BRP】)が優勝した。

 第6戦の決勝は、ときおりみぞれが舞う極寒のコンディションの中、午後12時45分にフォーメーションラップが始まった。WET宣言が出され、低気温のためフォーメーションラップは2周を回ることになったが、1周目の最終コーナーで予選3位の大蔵峰樹(M-PROTOTYPING Team STILE CORSE)がスピン、最後尾にまわることとなった。

 スタートではポールポジションの篠原拓朗(Audi Team Hitotsuyama)が蹴り出しよくトップで1コーナーに向かう。2位には予選4位から松本武士(Volkswagen RT with TEAMWAKAYAMA)が上がるが、コカコーラコーナーで予選2位のヒロボン(バースレーシングプロジェクト【BRP】)にパスされ3位に落ちる。4位には塩谷烈州(全薬工業with TEAM G/MOTION’)が、5位には下野璃央(Drago CORSE)が続く。

 トップ立った篠原は盤石。1周目に2位のヒロボンを2秒7離してコントロールラインに戻ってくると以後も0秒7前後のギャップを築きつつ後続を突き放す。最終的には11周を回って2位以下を9秒弱ちぎり、独走優勝を飾った。

 2位のヒロボンはトップ篠原に及ばなかったが、3位以下よりペースが良く、単独走行でそのままゴールを迎えた。

 3位の松本はペースが上がらず、徐々に4位・塩谷の接近を許すことになる。9周目のコカコーラコーナーでは立ち上がりで2台が併走。2人とも一歩も譲らす、2台ともコースアウトしながら塩谷は松本をパスして3位に上がった。

 さらにその2人の直後、5位につけていた下野に最後尾から追い上げてきた大蔵が接近。大蔵は9周目から10周目のストレートで下野をパスして5位に上がることに成功した。

 11周を回って3位には塩谷が、4位には大蔵が、5位には下野が入った。

 サンデーシリーズ第6戦決勝は、明日20日午前9時5分より20分+1周で行われる。

Text: Yoshinori OHNISHI

TCR JAPAN SATURDAY

TCRJ-SAT:第6戦富士決勝結果

SUPER FORMULA Rd.7 -RIJ- (2020/12/19) Final Race Weather:Cloudy Course:Dry
2020 TCR JAPAN SATURDAY Series Round 6 富士スピードウェイ 4.563km

PosNoClsCls
Pos
DriverMaker Model
Team
LapTimeBehindGap
121篠原 拓朗Audi RS3 LMS
Audi Team Hitotsuyama
1123'07.672--
219Brnz1ヒロボンCUPRA TCR
バースレーシングプロジェクト【BRP】
1123'16.507 8.835 8.835
362Brnz2塩谷 烈州Honda CIVIC TCR
全薬工業with TEAM G/MOTION’
1123'24.82317.151 8.316
425松本 武士Volkswagen Golf GTI TCR
Volkswagen RT with TEAMWAKAYAMA
1123'25.96718.295 1.144
573Brnz3大蔵 峰樹Alfa Romeo Giulietta Veloce TCR
M-PROTOTYPING Team STILE CORSE
1123'26.72519.053 0.758
634Brnz4下野 璃央Honda CIVIC TCR
Drago CORSE
1123'26.98819.316 0.263
717Brnz5鈴木 建自Audi RS3 LMS
バースレーシングプロジェクト【BRP】
1123'54.59546.92327.607
855Brnz6MototinoAlfa Romeo Giulietta RF TCR
55MOTO with J'S RACING
1124'01.73454.062 7.139
97Brnz7牧野 淳Audi RS3 LMS
麻布ワコーズEDニルズNGK
1124'41.6161'33.94439.882
---- 以上規定周回数(75% - 8Laps)完走 ----
-69Brnz-梅本 淳一Alfa Romeo Giulietta RF TCR
55MOTO with J'S RACING
D.N.S--
  • Fastest Lap: CarNo.21 篠原拓朗(Audi RS3 LMS) 1'47.723 (4/11) 152.491km/h

SUPER FORMULA

SF:第7戦富士占有走行 笹原右京がトップタイム ホンダエンジンユーザーがトップ6を独占

 全日本スーパーフォーミュラ選手権は19日、富士スピードウェイで占有走行を行い、笹原右京(TEAM MUGEN SF19)トップタイムを記録した。

 占有走行は午前9時から雲が低く垂れ込め寒々としたなか、1時間で行われた。

 開始10分までにトップタイムを記録したのは1分21秒471で笹原右京(TEAM MUGEN SF19)。このタイムはすでにコースレコードの22秒572を上回るものだ。笹原は開始20分前にはさらにタイムを21秒329まで削る。

 終了20分前には最終セクションに雨が落ち始める。このままタイム更新はならずと思われたが、終了前には雨もやみ、笹原はタイムを1分20秒863まで縮めトップでこのセッションを終えた。

 終了直前には福住仁嶺(DOCOMO DANDELION M6Y SF19)が2位に食い込み、3位にはチャンピオンを争っている山本尚貴(DOCOMO DANDELION M5S SF19)が入った。前戦優勝の大湯都史樹(TCS NAKAJIMA RACING SF19)が4位に、野尻智紀(TEAM MUGEN SF19)が5位に、松下信治(Buzz Racing SF19)が6位に入り、ホンダエンジンユーザーがトップ6を独占した。

 この後、午後3時より1時間でフリー走行が行われる。

Text: Yoshinori OHNISHI

SUPER FORMULA LIGHTS

SFL:第15,16戦戦富士公式予選結果 第15戦は宮田莉朋が、第16戦は阪口晴南がポールポジション

 全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権第15戦、第16戦は19日、富士スピードウェイで公式予選を行い、第15戦は宮田莉朋(COROLLA CHUKYO Kuo TOM'S 320)が、第16戦は阪口晴南(Buzz Racing with B-MAX)と2人がそれぞれポールポジションを分け合った。

 第15戦および第16戦公式予選は曇り空の冷え込む気温の下、午前9時20分より30分間で行われた。ベストタイムで第15戦の、セカンドベストタイムで第16戦のグリッドが決定する。

 路面温度が低いため各車、数周をまわってタイムアタックを開始。まずは宮田莉朋(COROLLA CHUKYO Kuo TOM'S 320)が5周目に、全日本F3時代でのコースレコード1分33秒309を上回る、32秒185でトップに立つ。宮田はこのタイムを31秒912まで縮め1セット目のタイヤでのアタックをトップで終えた。2位には阪口晴南(Buzz Racing with B-MAX)が、3位には小高一斗(COROLLA CHUKYO Kuo TOM'S 320)が付けた。

 各車ピットイン後、ニュータイヤに履き替えた2セット目のアタックでは、宮田がさらにタイムを1分31秒564と伸ばしトップを維持。しかし、阪口がこのタイムを上回る31秒543と僅差で逆転トップ。宮田も負けじと31秒370までタイムを縮めこのセッションを逆転トップで切りあげた。

 阪口はタイムを1分31秒542と千分の1秒縮めるが及ばず2位。3位には小高が入った。しかし、阪口は練習で壊れたエンジンを乗せ替えているため5グリッド降下のペナルティーを科されることが決まっている。

 セカンドタイムで決まる第16戦は速いタイムを並べた阪口がポールポジション、2位には宮田が、3位には小高が付けている。

 スポット参戦で注目された山本左近(REBELLION Buzz 320)と本山哲(同)は、第15戦は9位、10位、第16戦は8位、9位の結果となっている。

 第15戦決勝は本日19日午後1時25分より21周で、第16戦決勝は明日20日午前8時10分より15周で行われる。

Text: Yoshinori OHNISHI

SUPER FORMULA

SF:第7戦富士占有走行結果

SUPER FORMULA Rd.7 -RIJ- (2020/12/19) Ocupancy Session Weather:Cloudy Course:Dry
2020 SUPER FORMULA Round 7 富士スピードウェイ 4.563km

PosNoDriverCar
Team
Engine TimeBehindGapkm/h
115笹原 右京TEAM MUGEN SF19
TEAM MUGEN
Honda
M-TEC HR-417E
1'20.863--203.144
26福住 仁嶺DOCOMO DANDELION M6Y SF19
DOCOMO TEAM DANDELION RACING
Honda
M-TEC HR-417E
1'21.573 0.710 0.710201.375
35山本 尚貴DOCOMO DANDELION M5S SF19
DOCOMO TEAM DANDELION RACING
Honda
M-TEC HR-417E
1'21.645 0.782 0.072201.198
465大湯 都史樹TCS NAKAJIMA RACING SF19
TCS NAKAJIMA RACING
Honda
M-TEC HR-417E
1'21.692 0.829 0.047201.082
516野尻 智紀TEAM MUGEN SF19
TEAM MUGEN
Honda
M-TEC HR-417E
1'21.720 0.857 0.028201.013
650松下 信治Buzz Racing SF19
Buzz Racing with B-Max
Honda
M-TEC HR-417E
1'21.767 0.904 0.047200.898
720平川 亮ITOCHU ENEX TEAM IMPUL SF19
ITOCHU ENEX TEAM IMPUL
TOYOTA
TRD01F
1'21.952 1.089 0.185200.444
839坪井 翔JMS P.MU/CERUMO・INGING SF19
JMS P.MU/CERUMO・INGING
TOYOTA
TRD01F
1'22.047 1.184 0.095200.212
93山下 健太ORIENTALBIO KONDO SF19
KONDO RACING
TOYOTA
TRD01F
1'22.092 1.229 0.045200.102
1038石浦 宏明JMS P.MU/CERUMO・INGING SF19
JMS P.MU/CERUMO・INGING
TOYOTA
TRD01F
1'22.169 1.306 0.077199.915
1164大津 弘樹TCS NAKAJIMA RACING SF19
TCS NAKAJIMA RACING
Honda
M-TEC HR-417E
1'22.198 1.335 0.029199.844
1212タチアナ・カルデロンThreeBond Drago CORSE SF19
ThreeBond Drago CORSE
Honda
M-TEC HR-417E
1'22.280 1.417 0.082199.645
1351シャルル・ミレッシGoldex Racing SF19
Buzz Racing with B-Max
Honda
M-TEC HR-417E
1'22.361 1.498 0.081199.449
1418国本 雄資KCMG Elyse SF19
carrozzeria Team KCMG
TOYOTA
TRD01F
1'22.373 1.510 0.012199.420
151ニック・キャシディVANTELIN KOWA TOM’S SF19
VANTELIN TEAM TOM’S
TOYOTA
TRD01F
1'22.443 1.580 0.070199.250
164サッシャ・フェネストラズORIENTALBIO KONDO SF19
KONDO RACING
TOYOTA
TRD01F
1'22.450 1.587 0.007199.233
1719関口 雄飛ITOCHU ENEX TEAM IMPUL SF19
ITOCHU ENEX TEAM IMPUL
TOYOTA
TRD01F
1'22.496 1.633 0.046199.122
1836中嶋 一貴VANTELIN KOWA TOM’S SF19
VANTELIN TEAM TOM’S
TOYOTA
TRD01F
1'22.579 1.716 0.083198.922
1914大嶋 和也ROOKIE Racing PONOS SF19
ROOKIE Racing
TOYOTA
TRD01F
1'22.689 1.826 0.110198.658
207小林 可夢偉KCMG Elyse SF19
carrozzeria Team KCMG
TOYOTA
TRD01F
1'22.714 1.851 0.025198.598

SUPER FORMULA LIGHTS

SFL:第16戦富士公式予選結果

レべリオン全日本SFL選手権第15・16・17戦 -RIJ- (2020/12/19) Qualifying Weather:Cloudy Course:Dry
2020 全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権 Round 16 富士スピードウェイ 4.563km

PosNoClsCls
Pos
DriverCar
Team
Engine TimeBehindGapkm/h
150阪口 晴南Buzz Racing with B-MAX
B-MAX RACING TEAM
SPIESS
A41
1'31.543--179.444
236宮田 莉朋COROLLA CHUKYO Kuo TOM'S 320
COROLLA CHUKYO Kuo TEAM TOM'S
TOYOTA
TOM'S TAZ31
1'31.564 0.021 0.021179.402
337小高 一斗COROLLA CHUKYO Kuo TOM'S 320
COROLLA CHUKYO Kuo TEAM TOM'S
TOYOTA
TOM'S TAZ31
1'32.294 0.751 0.730177.983
435河野 駿佑RS FINE K&N 320
RS FINE
TOYOTA
TOM'S TAZ31
1'32.638 1.095 0.344177.322
52名取 鉄平TODA FIGHTEX
TODA RACING
TODA
TR-F301
1'32.926 1.383 0.288176.773
63ルッカ・アレンAlbirex-RT
ALBIREX RACING TEAM
TOMEI
TB14F3 2020
1'33.200 1.657 0.274176.253
75入山 翔Albirex-RT
ALBIREX RACING TEAM
TOMEI
TB14F3 2020
1'33.221 1.678 0.021176.214
851M1今田 信宏JMS RACING with B-MAX
B-MAX RACING TEAM
SPIESS
A41
1'33.636 2.093 0.415175.433
952山本 左近REBELLION Buzz 320
B-MAX RACING TEAM
SPIESS
A41
1'33.801 2.258 0.165175.124
1013本山 哲REBELLION Buzz 320
B-MAX ENGINEERING
SPIESS
A41
1'33.992 2.449 0.191174.768
1110M2植田 正幸Rnsports320
Rn-sports
SPIESS
A41
1'34.268 2.725 0.276174.256
1230M3DRAGONTEAM DRAGON SFL
B-MAX ENGINEERING
SPIESS
A41
1'34.479 2.936 0.211173.867
---- 以上基準タイム予選通過 ----

SUPER FORMULA LIGHTS

SFL:第15戦富士公式予選結果

レべリオン全日本SFL選手権第15・16・17戦 -RIJ- (2020/12/19) Qualifying Weather:Fine Course:Dry
2020 全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権 Round 15 富士スピードウェイ 4.563km

PosNoClsCls
Pos
DriverCar
Team
Engine TimeBehindGapkm/h
136宮田 莉朋COROLLA CHUKYO Kuo TOM'S 320
COROLLA CHUKYO Kuo TEAM TOM'S
TOYOTA
TOM'S TAZ31
1'31.370--179.783
2*50阪口 晴南Buzz Racing with B-MAX
B-MAX RACING TEAM
SPIESS
A41
1'31.542 0.172 0.172179.446
337小高 一斗COROLLA CHUKYO Kuo TOM'S 320
COROLLA CHUKYO Kuo TEAM TOM'S
TOYOTA
TOM'S TAZ31
1'32.073 0.703 0.531178.411
435河野 駿佑RS FINE K&N 320
RS FINE
TOYOTA
TOM'S TAZ31
1'32.423 1.053 0.350177.735
55入山 翔Albirex-RT
ALBIREX RACING TEAM
TOMEI
TB14F3 2020
1'32.774 1.404 0.351177.063
62名取 鉄平TODA FIGHTEX
TODA RACING
TODA
TR-F301
1'32.847 1.477 0.073176.923
73ルッカ・アレンAlbirex-RT
ALBIREX RACING TEAM
TOMEI
TB14F3 2020
1'33.169 1.799 0.322176.312
851M1今田 信宏JMS RACING with B-MAX
B-MAX RACING TEAM
SPIESS
A41
1'33.496 2.126 0.327175.695
952山本 左近REBELLION Buzz 320
B-MAX RACING TEAM
SPIESS
A41
1'33.538 2.168 0.042175.616
1013本山 哲REBELLION Buzz 320
B-MAX ENGINEERING
SPIESS
A41
1'33.662 2.292 0.124175.384
1110M2植田 正幸Rnsports320
Rn-sports
SPIESS
A41
1'34.249 2.879 0.587174.292
1230M3DRAGONTEAM DRAGON SFL
B-MAX ENGINEERING
SPIESS
A41
1'34.343 2.973 0.094174.118
---- 以上基準タイム予選通過 ----
  • CarNo.50は、エンジン交換のため、決勝のグリッドを5グリッド降格とする。

TCR JAPAN SUNDAY

TCRJ-SUN:第6戦富士公式予選結果

SUPER FORMULA Rd.7 -RIJ- (2020/12/19) Qualifying Weather:Fine Course:Dry
2020 TCR JAPAN SUNDAY Series Round 6 富士スピードウェイ 4.563km

PosNoClsCls
Pos
DriverMaker Model
Team
TimeBehindGapkm/h
121篠原 拓朗Audi RS3 LMS
Audi Team Hitotsuyama
1'46.116--154.800
219Brnz1ヒロボンCUPRA TCR
バースレーシングプロジェクト【BRP】
1'46.947 0.831 0.831153.598
325松本 武士Volkswagen Golf GTI TCR
Volkswagen RT with TEAMWAKAYAMA
1'47.169 1.053 0.222153.279
462Brnz2塩谷 烈州Honda CIVIC TCR
全薬工業with TEAM G/MOTION’
1'48.001 1.885 0.832152.099
534Brnz3下野 璃央Honda CIVIC TCR
Drago CORSE
1'48.339 2.223 0.338151.624
673Brnz4大蔵 峰樹Alfa Romeo Giulietta Veloce TCR
M-PROTOTYPING Team STILE CORSE
1'48.409 2.293 0.070151.526
755Brnz5MototinoAlfa Romeo Giulietta RF TCR
55MOTO with J'S RACING
1'49.403 3.287 0.994150.149
817Brnz6鈴木 建自Audi RS3 LMS
バースレーシングプロジェクト【BRP】
1'50.583 4.467 1.180148.547
97Brnz7牧野 淳Audi RS3 LMS
麻布ワコーズEDニルズNGK
1'51.658 5.542 1.075147.117
---- 以上基準タイム予選通過 ----
-69Brnz-梅本 淳一Alfa Romeo Giulietta RF TCR
55MOTO with J'S RACING
no time---

TCR JAPAN SATURDAY

TCRJ-SAT:第6戦富士公式予選結果

SUPER FORMULA Rd.7 -RIJ- (2020/12/19) Qualifying Weather:Fine Course:Dry
2020 TCR JAPAN SATURDAY Series Round 6 富士スピードウェイ 4.563km

PosNoClsCls
Pos
DriverMaker Model
Team
TimeBehindGapkm/h
121篠原 拓朗Audi RS3 LMS
Audi Team Hitotsuyama
1'45.962--155.025
219Brnz1ヒロボンCUPRA TCR
バースレーシングプロジェクト【BRP】
1'46.941 0.979 0.979153.606
373Brnz2大蔵 峰樹Alfa Romeo Giulietta Veloce TCR
M-PROTOTYPING Team STILE CORSE
1'47.494 1.532 0.553152.816
425松本 武士Volkswagen Golf GTI TCR
Volkswagen RT with TEAMWAKAYAMA
1'47.651 1.689 0.157152.593
562Brnz3塩谷 烈州Honda CIVIC TCR
全薬工業with TEAM G/MOTION’
1'47.936 1.974 0.285152.190
634Brnz4下野 璃央Honda CIVIC TCR
Drago CORSE
1'48.040 2.078 0.104152.044
717Brnz5鈴木 建自Audi RS3 LMS
バースレーシングプロジェクト【BRP】
1'48.916 2.954 0.876150.821
855Brnz6MototinoAlfa Romeo Giulietta RF TCR
55MOTO with J'S RACING
1'49.669 3.707 0.753149.785
97Brnz7牧野 淳Audi RS3 LMS
麻布ワコーズEDニルズNGK
1'52.170 6.208 2.501146.446
---- 以上基準タイム予選通過 ----
-69Brnz-梅本 淳一Alfa Romeo Giulietta RF TCR
55MOTO with J'S RACING
no time---

スーパー耐久

S耐:第5戦オートポリス決勝 ST-Xクラスの星野敏/藤井誠暢/近藤翼組が総合優勝 ST-2クラスは井口卓人/佐々木雅弘/MORIZO組がチャンピオンを決める

グループ1のスタートシーン グループ2のスタートシーン

 スーパー耐久レース第5戦「TKUスーパー耐久レースinオートポリス」は13日、大分県のオートポリスで決勝を行い、ST-Xクラスの星野敏/藤井誠暢/近藤翼組(D'station Vantage GT3)が154周・5時間1分33秒486で総合優勝を飾った。また、ST-2クラスでは優勝した井口卓人/佐々木雅弘/MORIZO組(ROOKIE Racing GR YARIS)が最終戦を待たずにクラスチャンピオンを獲得した。(入場者数: 3,050人)

ST-Xクラス優勝は星野敏/藤井誠暢/近藤翼組(D\'station Vantage GT3) ST-Zクラス優勝は内田優大/山内英輝/高橋翼組(ENDLESS AMG GT4) ST-TCRクラス優勝は遠藤光博/中野信治/小出峻組(Racerホンダカーズ桶川DOME CIVIC) ST-1クラス優勝は蒲生尚弥/豊田大輔/小倉康宏/河野駿佑組(ROOKIE Racing GR SUPRA) ST-2クラス優勝は蒲生尚弥/豊田大輔/小倉康宏/河野駿佑組(ROOKIE Racing GR SUPRA) ST-3クラス優勝は服部尚貴/吉田広樹/川合孝汰/平沼貴之組(埼玉トヨペットGBクラウンRS) ST-4クラス優勝は久保凜太郎/細川慎弥/坪井翔組(GR Garage水戸インターGR86) ST-5クラス優勝は橋本陸/勝木崇文/カルロス本田/小原康二組(odula AVANTECHロードスター)

 レースは午前10時45分に気温5度、路面温度10度と冷え込んだ中、ローリングラップが始まった。1周を回ってレースが始まったが、低い路面温度のためセーフティーカー先導でさらに2周を回って3周目からレースが開始。

 トップに立ったのは、ポールシッター777号車・星野敏/藤井誠暢/近藤翼組(D'station Vantage GT3)の星野敏。2位には888号車・山脇大輔/ショウン・トン/根本悠生組(HIRIX GOOD DAY RACING AMG GT3)の根本が、3位には31号車・永井秀貴/嵯峨宏紀/小高一斗/永井宏明組(DENSO LEXUS RC F GT3)の永井秀貴が続く。

 2位の根本は5周目にトップの星野敏をパスするが、反則スタートのペナルティーを取られ後退。トップには星野が、2位には永井秀貴が続き3位にはジョー・シンドウ/柴田優作/影山正美/井上恵一/富田竜一郎組(MP Racing GT-R)のシンドウが上がる。根本は4位に落ちた。

 ペナルティーを消化した根本は前を走るシンドウをパスすると17周目には永井秀貴を、19周目には星野敏をも抜き去れ再びトップに浮上することに成功する。

 777号車と9号車は30周目にピットインしドライバーをそれぞれ近藤と影山に交代。888号車は引っ張って43周目に山脇に交代するが、山脇のペースが上がらなかったため、近藤がトップに浮上。2位には影山が続き、3位には81号車・大八木信行/星野一樹/⼤⼋⽊⿓⼀郎/藤波清斗組(DAISHIN GT3 GT-R)の藤波が上がってきた。

 9号車は68周目に、81号車は71周目に、888号車は73周目に777号車は77周目にピットインし、それぞれドライバーを柴田、星野一樹、トン、藤井に交代。トップは777号車、2位9号車、3位81号車と順位は変らす。

 さらに9号車と81号車は100周目に、888号車は116周目に、777号車は117周目にピットインしてそれぞれアンカーの富田、藤波、根本、近藤に交代。777号車・近藤は2位の9号車・富田を100秒近く離してコースインした。

 この後、777号車・近藤は大きなマージがあったため悠々と154周を走って優勝。チームに今季2勝目をもたらした。2位には9号車が、3位には81号車が入った。

 8チームが参加したST-Zクラスは、序盤からポールシッターの2号車・飯田太陽/加藤寛規/高橋一穂組(ケーズフロンティアSYNTIUM KTM)の加藤と47号車・星野辰也/織戸学/篠原拓朗/浜健二組(D'station Vantage GT4)のバトルで始まる。

 加藤は17周目にトップに立つと、織戸は2回目のFCY中にピットインしたため60秒のペナルティーストップを受け後退。2号車も中盤、高橋がドライブ中にコースアウトを喫するなどして、順位を落とすと、代わって3号車・内田優大/山内英輝/高橋翼/菅波冬悟組(ENDLESS AMG GT4)がトップに浮上した。

 3号車はこのまま走りきり今季3勝目を飾った。2位にはペナルティーから追い上げた47号車が入り、3位には2号車が入った。

 4チームが参加したST-TCRクラスは、序盤290号車・植松忠雄/井出有冶/川端伸太朗組(F・Link Home CIVIC TCR)が独走。しかしトラブルでリタイア。中盤からは22号車・キズナ/千代勝正/安田裕信/大草りき組(WAIMARAMA KIZUNA Audi RS 3 LMS)がトップに浮上するも、終盤に遠藤光博/中野信治/小出峻組(Racerホンダカーズ桶川DOME CIVIC)がパスしてそのまま優勝した。2位には22号車が、3位には65号車・松井猛敏/加藤正将/下山征人/塚田利郎組(REBELLION Mars Audi RS3 LMS)が入った。

 1チームのみ参加の28号車は・蒲生尚弥/豊田大輔/小倉康宏/河野駿佑組(ROOKIE Racing GR SUPRA)は総合16位で完走して優勝を飾った。

 5チームが参加したST-2クラスは、各チームがトラブル、ペナルティーに見舞われた。唯一トラブルフリーの32号車・井口卓人/佐々木雅弘/MORIZO組(ROOKIE Racing GR YARIS)が序盤から悠々とレースをリード。MORIZOことトヨタ自動車社長・豊田章男氏は第2スティントとチェッカードライバーの第4スティントを担当。最後は、ST-1クラスの28号車で最終スティントを担当した長男の豊田大輔とランデブーしてゴールを迎えた。また、この優勝で最終戦を待たずしてROOKIE RACINGがクラスチャンピオンを獲得。このクラスは7年連続で59号車・大澤学/後藤比東至/石坂瑞基組(DAMD MOTUL ED WRX STI)がチャンピオンに君臨していたが、ついにチャンピオンの座から陥落した。

 2位にはトラブルのためスロー走行でゴールした7号車・成澤正人/安斎景介/藤井芳樹/八巻渉組(新菱オート☆VARIS☆DXLエボX)が、3位には59号車が入った。

 4チームが参加したST-3クラスは、序盤から52号車・服部尚貴/吉田広樹/川合孝汰/平沼貴之組(埼玉トヨペットGBクラウンRS)が独走。そのまま優勝を飾った。2位には39号車・大島和也/冨林勇佑/石井宏尚組(エアーバスターWINMAX RC 350 TWS)が、3位には15号車・長島正明/小松一臣/たしろじゅん組(岡部自動車RECAROフェアレディーZ)が入った。

 6チームが参加したST-4クラスは、序盤から310号車・久保凜太郎/細川慎弥/坪井翔組(GR Garage水戸インターGR86)がレースをリード。中盤には追い上げてきた884号車・平中克幸/国本雄資/ヒロ・ハヤシ/石川京侍組(林テレンプSHADE RACING 86)とのトップ争いとなるが、終盤には310号車が突き放して優勝を飾った。2位には884号車が、3位には18号車・浅野武夫/藤原大輝/土屋武士/西村和則組(Weds Sport 86)が入った。

 13チームが参加したST-5クラスは、序盤から456号車・橋本陸/勝木崇文/カルロス本田/小原康二組(odula AVANTECHロードスター)がレースをリード。中盤順位を落とす場面もあったが、終盤は2位以下を大きくリード。燃料に不安があったため念のため給油を行う余裕も見せ、今季2勝目を飾った。2位には72号車・小松寛子/猪爪杏奈/岡原達也/金井亮忠組(ナチュラルチューニング☆クスコ☆NATS)が、3位には69号車・梅田真祐/久保田英夫/窪田俊浩組(J'S RACING☆FIT)が入った。

ST-Xクラスの表彰式 ST-Zクラスの表彰式 ST-TCRクラスの表彰式 ST-1クラスの表彰式 ST-2クラスの表彰式 ST-X3クラスの表彰式 ST-4クラスの表彰式 ST-5クラスの表彰式

 最終第6戦は鈴鹿サーキットに舞台を移し、年越しの2021年1月23日に決勝が行われる。

Text: Yoshinori OHNISHI
Photo: Keiichiro TAKESHITA

スーパー耐久

S耐:第5戦オートポリス決勝結果

TKUスーパー耐久レースinオートポリス -RIJ- (2020/12/13) Final Race Weather:Fine Course:Dry
2020 PIRELLI Super Taikyu Series Round 5 オートポリス 4.674km

PosNoClsCls
Pos
DriverCar
Maker Model
Team
WhLapTimeBehindGap
1777ST-X1星野 敏
藤井 誠暢
近藤 翼
D'station Vantage GT3
Aston Martin Vantage AMR GT3
D'station Racing
301545:01'33.486--
29ST-X2ジョー・シンドウ
柴田 優作
影山 正美
井上 恵一
富田 竜一郎
MP Racing GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
MP Racing
101545:02'34.7121'01.2261'01.226
381ST-X3大八木 信行
星野 一樹
⼤⼋⽊ ⿓⼀郎
藤波 清斗
DAISHIN GT3 GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
GTNET MOTOR SPORTS
201535:01'40.6561Lap 1Lap
4*888ST-X4山脇 大輔
ショウン・トン
根本 悠生
HIRIX GOOD DAY RACING AMG GT3
Mercedes-AMG GT3
Mercedes-AMG Team HIRIX Racing
101535:02'37.7841Lap 57.128
531ST-X5永井 秀貴
嵯峨 宏紀
小高 一斗
永井 宏明
DENSO LEXUS RC F GT3
TOYOTA LEXUS RC-F GT3
apr
1485:01'34.6136Laps5Laps
63ST-Z1内田 優大
山内 英輝
高橋 翼
菅波 冬悟
ENDLESS AMG GT4
Mercedes-Benz AMG GT4
ENDLESS SPORTS
501455:02'09.6539Laps3Laps
7*47ST-Z2星野 辰也
織戸 学
篠原 拓朗
浜 健二
D'station Vantage GT4
Aston Martin Vantage AMR GT3
D'station Racing
401455:02'34.4589Laps24.805
82ST-Z3飯田 太陽
加藤 寛規
高橋 一穂
ケーズフロンティアSYNTIUM KTM
KTM X-Bow GT4
KTMカーズジャパン
101445:02'02.00410Laps1Lap
997ST-TCR1遠藤 光博
中野 信治
小出 峻
Racerホンダカーズ桶川DOME CIVIC
Honda CIVIC TCR
Racer DOME Racing
1445:02'12.78810Laps10.784
10500ST-Z4大塚 隆一郎
青木 孝行
坂本 祐也
大滝 拓也
5ZIGEN AMG GT4
Mercedes-Benz AMG GT4
TEAM 5ZIGEN
351445:02'31.07410Laps18.286
1122ST-TCR2KIZUNA
千代 勝正
安田 裕信
大草 りき
WAIMARAMA KIZUNA Audi RS 3 LMS
Audi RS 3 LMS TCR
WAIMARAMA KIZUNA RACING
101445:02'45.42210Laps14.348
1223ST-Z5DAISUKE
元嶋 佑弥
森山 鉄也
ハマダ タカアキ
TKRI松永建設AMG GT4
Mercedes-Benz AMG GT4
TKRI
1445:02'57.75210Laps12.330
1319ST-Z6福田 幸平
松本 武士
塩津 佑介
奥村 浩一
BRP★SUNRISE-Blvd718GT4MR
Porsche 718 GT4 MR
バースレーシングプロジェクト【BRP】
151445:03'25.01810Laps27.266
14*20ST-Z7鈴木 宏和
木下 隆之
砂子 塾長
荒 聖治
SS/YZ Studie BMW
BMW M4GT4
SS/YZ RACING with Studie
1435:02'08.51411Laps1Lap
1565ST-TCR3松井 猛敏
加藤 正将
下山 征人
塚田 利郎
REBELLION Mars Audi RS3 LMS
Audi RS 3 LMS TCR
Audi Team Mars
1425:02'32.98112Laps1Lap
1628ST-11蒲生 尚弥
豊田 大輔
小倉 康宏
河野 駿佑
ROOKIE Racing GR SUPRA
TOYOTA SUPRA
ROOKIE RACING
301425:02'42.79312Laps 9.812
1721ST-Z8東風谷 高史
眞田 拓海
高橋 裕史
STP with Studie BMW M4GT4
BMW M4GT4
Teamサントメ・プリンシペwith Studie
1425:03'33.76512Laps50.972
1852ST-31服部 尚貴
吉田 広樹
川合 孝汰
平沼 貴之
埼玉トヨペットGBクラウンRS
TOYOTA クラウンRS
埼玉トヨペットGreen Brave
1415:01'42.51513Laps1Lap
1939ST-32大島 和也
冨林 勇佑
石井 宏尚
エアーバスターWINMAX RC 350 TWS
TOYOTA LEXUS RC 350
TRACY SPORTS
201415:02'17.13713Laps34.622
2015ST-33長島 正明
小松 一臣
たしろ じゅん
岡部自動車RECAROフェアレディーZ
NISSAN Fairlady Z Ver.NISMO
OKABE JIDOSHA motorsport
1415:02'53.92713Laps36.790
21244ST-34田中 徹
田中 哲也
三宅 淳詞
QUEEN EYES 34Z
NISSAN Fairlady Z Ver.NISMO
Max Racing
1415:03'30.75813Laps36.831
2232ST-21井口 卓人
佐々木 雅弘
MORIZO
ROOKIE Racing GR YARIS
TOYOTA GR YARIS
ROOKIE RACING
251405:02'42.74814Laps1Lap
23310ST-41久保 凜太郎
細川 慎弥
坪井 翔
GR Garage水戸インターGR86
TOYOTA 86
C.S.I Racing
301385:03'08.02416Laps2Laps
24*884ST-42平中 克幸
国本 雄資
ヒロ・ハヤシ
石川 京侍
林テレンプSHADE RACING 86
TOYOTA 86
林テレンプSHADE RACING
501375:02'34.86317Laps1Lap
2518ST-43浅野 武夫
藤原 大輝
土屋 武士
西村 和則
Weds Sport 86
TOYOTA 86
浅野レーシングサービス
101355:03'00.92219Laps2Laps
2654ST-44加藤 彰彬
石井 鋼一
地頭所 光
首藤 哲也
TC CORSE iRacing ROADSTER
MAZDA ROADSTER
TC CORSE
1345:02'31.49220Laps1Lap
27456ST-51橋本 陸
勝木 崇文
カルロス 本田
小原 康二
odula AVANTECHロードスター
MAZDA ROADSTER
OVER DRIVE
251295:02'49.69225Laps5Laps
2872ST-52小松 寛子
猪爪 杏奈
岡原 達也
金井 亮忠
ナチュラルチューニング☆クスコ☆NATS
MAZDA ROADSTER
日本自動車大学校
1295:03'14.06825Laps24.376
2969ST-53梅田 真祐
久保田 英夫
窪田 俊浩
J'S RACING☆FIT
Honda FIT RS
J'S RACING
301295:03'36.37625Laps22.308
30102ST-54佐々木 孝太
吉田 綜一郎
大崎 悠悟
加藤 潤平
ヒロマツデミオマツダ2
MAZDA 2
H.M.RACERS
51285:02'11.73026Laps1Lap
314ST-55太田 侑弥
伊藤 裕士
松尾 充晃
三浦 康司
THE BRIDE FIT
Honda FIT RS
チームBRIDE
151285:03'06.67126Laps54.941
3266ST-56武地 孝幸
中島 功
ヒロボン
太田 達也
odula TONE Idiaロードスター
MAZDA ROADSTER
OVER DRIVE
1245:01'42.26530Laps4Laps
33120ST-57杉野 治彦
前⽥ 育男
脇谷 猛
村上モータースMAZDAロードスター
MAZDA ROADSTER
村上モータース
1225:02'43.32432Laps2Laps
3437ST-58井尻 薫
吉岡 一成
関 豊
大谷 飛雄
DXLワコーズNOPROデミオSKY-D
MAZDA DEMIO XD
TEAM NOPRO
1225:03'07.01632Laps23.692
357ST-22成澤 正人
安斎 景介
藤井 芳樹
八巻 渉
新菱オート☆VARIS☆DXLエボX
MITSUBISHI LANCER EVOLUTION X
シンリョウレーシングチーム
1225:03'30.70232Laps23.686
36*78ST-59藤井 順子
加藤 沙也⾹
Jco IINUMA
LOVEDRIVEロードスター
MAZDA ROADSTER
LOVEDRIVE RACING
1215:02'16.10233Laps1Lap
3788ST-510村上 博幸
中島 保典
谷川 達也
村上モータースMAZDAロードスター
MAZDA ROADSTER
村上モータース
101135:01'51.19341Laps8Laps
3859ST-23大澤 学
後藤 比東至
石坂 瑞基
DAMD MOTUL ED WRX STI
SUBARU WRX STI
TOWA INTEC Racing
351135:02'01.71941Laps10.526
39225ST-45野中 誠太
平良 響
翁長 実希
KTMS 86
TOYOTA 86
KTMS KOBE TOYOPET MOTORSPORTS
1045:03'28.46450Laps9Laps
---- 以上規定周回数完走 ----
-*182ST-5-谷岡 力
大崎 達也
猪股 京介
西尾 和早
CLOSE UP RACING R's FIT3
Honda FIT RS
クローズアップレーシング
1264:57'50.39428Laps-22Laps
-111ST-5-檜井 保孝
古谷 悠河
HIROSHIMA+Vitz
TOYOTA Vitz RS
HIROSHIMA TOYOPET RACING
885:03'14.40866Laps38Laps
-60ST-4-塩谷 烈州
瀬戸 貴巨
志賀 卓弥
松波 太郎
全薬工業アルージェインテグラ
Honda INTEGRA TYPE-R
TEAM G/MOTION'
795:01'53.47475Laps9Laps
-6ST-2-冨桝 朋広
菊地 靖
大橋 正澄
新菱オート☆NeoGlobe☆DXLエボX
MITSUBISHI LANCER EVOLUTION X
シンリョウレーシングチーム
522:05'46.220102Laps27Laps
-50ST-5-山西 康司
佐藤 朱伊
松村 浩之
篠田 義仁
LOVEDRIVEロードスター
MAZDA ROADSTER
LOVEDRIVE RACING
381:29'55.119116Laps14Laps
-290ST-TCR-植松 忠雄
井出 有冶
川端 伸太朗
F・Link Home CIVIC TCR
Honda CIVIC TCR
Floral Racing with UEMATSU
202555'27.072129Laps13Laps
  • Fastest Lap: CarNo.81 大八木信行/星野一樹/⼤⼋⽊ ⿓⼀郎/藤波清斗(DAISHIN GT3 GT-R) 1'49.436 (31/153) 153.756km/h

FORMULA REGIONAL JAPANESE CHAMPIONSHIP

FIA-FR:第13、14戦オートポリス 12年ぶりにフォーミュラカーをドライブしたレジェンド本山哲「みなさんに喜んでもらえたと思う」

 今回、最終大会第13戦、第14戦のフォーミュラリージョナルには、フォーミュラ・ニッポンで4度、スーパーGT500で3度のチャンピオンを獲得した本山哲が参戦した。第13戦のスターティンググリッドではスーパー耐久に参加しているニッサン系のドライバーなどが本山を囲んで記念撮影を行う場面もあった。

 レースでは、フォーミュラをドライブするのは12年ぶりというものの徐々に感を取り戻し、自身2戦目では若手に匹敵する速さを披露。一時は3位を走る健闘をみせ、来場したファンは本山の走りを楽しんだ。レース後、話を聞いた。

参戦の経緯

 「レースは好きなので機会があればフォーミュラでもツーリングカーでもカートでも参戦したいと思っていました。コロナ禍でタイミングが合ってこの機会をもらえました。郷さんは以前から親しくしていて機会があったら一緒にやりたいねと話していました。カラーリングもチーム郷カラーです。このカラーはアメリカでは走ってますが、日本では初で、チーム郷ファンの方には喜んでもらえたと思います」

レースについて

 「幸いにも注目を集めていただき、それがいい意味でプレッシャーになりました。ぼく自身も純粋にレースを楽しめましたし、趣味の範囲なんですが新鮮でした。フォーミュラでは監督をしていて金丸選手とか阪口選手に教えていますが、今週は生徒たちに教えてもらいました。思ったよりうまく走れましたね。最後のレースでは走る感覚とかクルマのセットアップとか進められました。もっと速く走ろうと思ってプッシュしたらプッシュしすぎて飛び出してしまいましたが、ゆっくり走って完走するよりもいいでしょう。セルブスのチームスタッフと郷さんには感謝しています。ぼくが走ることによってみなさんに喜んでもらえたと思います。来年も機会があれば参加して盛り上げたいと思います」

FIA-FRについて

 「クルマ的にはすごくマイルドで幅広い人が乗れると思います。ステップアップを目指す若者からジェントルマンの人まで安全に楽しめるクルマですね」

Text & Photo: Yoshinori OHNISHI

FORMULA REGIONAL JAPANESE CHAMPIONSHIP

FIA-FR:2020年度シリーズチャンピオン・阪口晴南「決勝ではぼくの方に経験があった」

 今シーズンから始まったフォーミュラリージョナルは12日、全シリーズをオートポリスで終了した。全レース終了後にシリーズチャンピオンを獲得した阪口晴南に聞いた。

今シーズンを振り返って

 「序盤はクルマも速くて経験のアドバンテージもあったので後ろも引き離せたし、いいレースができました。後半は失速気味で追われる立場になりました。ぼくとしてはぶっちぎりのレースをしたかったんですが、そうならなかったので悔しいです。今回も予選は負けたので悔しかったですね。周りからは『楽勝でしょ』と言われますが、やってる本人はつらいレースでした。その中で、負けられないというプレッシャーを力に変えられたんではないかと思います。最終戦もトラブルなく全レースチェッカーを受けられたのでいいシーズンでした。チームに感謝しています。課題はあり、克服できたのもできないのもありました。古谷選手も1年をとおしてすごく成長してきましたが、決勝に関してはぼくの方が経験もあって、負けたくない気持ちももってるので、退けることができました」

初めてのシリーズチャンピオン

 「4輪に上がって始めてのシリーズチャンピオンです。FIA-F4にデビューしたのがSUTEKINA RACINGなので感慨深いものがあります。チームもアットホームで、昔から知ってる人たちなので、レースウィーク通して楽しかったです」

FIA-FRについて

 「FIA-F4のグリップが上がってパワーがあるレースです。SFライツはエンジン競争もありますが、こちらはイコールなので、若手にとってはいいシリーズだと思います。ぼくも若手なのでステップアップしてリージョナルがいい選手権だと証明したと思います」

来シーズンについて

 「来年のことはもう年末なのに何も決まっていません。来週はまだSFライツがあるので、リージョナルのチャンピオンとして3連勝できるように頑張ります」

Text & Photo: Yoshinori OHNISHI

FORMULA REGIONAL JAPANESE CHAMPIONSHIP

FIA-FR:第14戦オートポリス決勝 阪口晴南が11勝目、有終の美を飾る 注目の本山哲は3位浮上も痛恨のコースアウト

 フォーミュラリージョナル日本選手権は大分県のオートポリスで第14戦の決勝を行い、予選2位からスタートした阪口晴南(Sutekina #3)が17周29分25秒667で優勝した。坂口はここまで出場した11戦すべてで優勝、有終の美を飾った。

決勝レースがスタートした 優勝は阪口晴南(Sutekina #3) 決勝2位は古谷悠河(TOM\'S YOUTH) 決勝3位は金丸ユウ(Sutekina #5) 優勝した阪口晴南(SUTEKINA RACING TEAM) 表彰式

 最終第14戦は午後3時20分にフォーメーションラップが始まった。太陽も顔を出しいくぶん暖かくなってきた。

 スタートでは第13戦に続いてまたしてもポールポジションの古谷悠河(TOM'S YOUTH)が出遅れる。トップに立ったのは予選2位の阪口晴南(Sutekina #3)で、3位には金丸ユウ(Sutekina #5)が付ける。

 阪口は1周目に2位の金丸を3秒5離して早くも独走状態に持ち込む。この序盤の差がこのレースの趨勢を決めることとなる。

 3位の古谷は3周目の1コーナーで金丸を捉え2位に浮上。ここからトップの阪口を追う。

 「絶対に来ると思っていた」という阪口に10周目あたりから古谷が急接近。13周目には1秒を切るもここから「タイヤをセーブしていた」という阪口が最後の力を振り絞りプッシュ。古谷も追撃はならず、阪口が逃げ切り優勝した。阪口はスーパーGTとのバッティングで欠場した以外、すべてのレースで優勝。シーズンを圧倒してチャンピオン獲得に華を添えた。

 一方、3位に落ちた金丸には、自身2戦目で往年の勘を取り戻しつつある4位の本山哲(Team Goh #55)が徐々に迫ってきた。4周目にはテールトゥノーズとなり、ここから2人の争いが始まる。決め手がなく膠着状態だったが10周目に入ったストレートで金丸のスリップに入った本山が満を持して1コーナーで金丸をパス、3位に浮上した。

 さらに本山は金丸との差を広げ始めるが、「もっと行けると思った」というものの勢い余って12週目の第2ヘアピンでコースアウト。これで金丸は3位に復帰、このままの順位でレースを終えた。

 4位には池島実紅(Sutekina #8)が、再スタートを切った本山が5位で続いた。

 これで今シーズンのフォーミュラリージョナルはすべて終了。来季は6月26日の岡山国際サーキットで開幕、全13戦が予定されており、最終大会はF1日本グランプリのサポートレースとして鈴鹿サーキットで行われる予定だ。

Text: Yoshinori OHNISHI
Photo: Hiroy1uki MINAMI
Yoshinori OHNISHI

FORMULA REGIONAL JAPANESE CHAMPIONSHIP

FIA-FR:第13戦オートポリス決勝 阪口晴南が10勝目、チャンピオンを決める

 フォーミュラリージョナル日本選手権は大分県のオートポリスで第13戦の決勝を行い、予選3位からスタートした阪口晴南(Sutekina #3)が14周24分32秒719で優勝した。坂口はここまで出場した10戦すべてで優勝。今シーズン同選手権のドライバーズチャンピオンも決めた。

 最終大会は九州のオートポリスに舞台を移し第13、14戦が開催された。参加ドライバーは5名と寂しい最終戦となった。早朝に行われた予選では、両戦とも古谷悠河(TOM'S YOUTH)今シーズン初のポールポジションを獲得。ポイントリーダの阪口晴南(Sutekina #3)は、第13戦3位、第14戦2位。スポット参戦の金丸ユウ(Sutekina #5)は第13戦2位、第14戦3位に付けた。

 この大会注目を集めたのは12年ぶりのフォーミュラ参戦となる本山哲(Team Goh #55)。両戦とも予選は4位で終えている。

 また、今回はマスタークラスのドライバーが出場しなかったため、この時点で同クラスポイントリーダーの今田信宏がチャンピオンを決めている。

優勝した阪口晴南(Sutekina #3) 決勝2位の古谷悠河(TOM\'S YOUTH) 決勝3位の金丸ユウ(Sutekina #5) 優勝した阪口晴南(SUTEKINA RACING TEAM) 優勝した阪口晴南(SUTEKINA RACING TEAM) 表彰式

 第13戦決勝は、午後12時15分にフォーメーションラップが始まった。曇り空で気温、路面温度とも9度と肌寒い。

 スタートではポールポジションの古谷がストール、最後尾まで順位を落としてしまう。トップに立ったのは予選2位の金丸で、2位には同3位の阪口が続く。阪口は第1ヘアピン立ち上がりで金丸に並びかけるが、金丸もこれを押さえきり、逆に1周目には阪口を1秒強離してコントロールラインに戻ってきた。

 3周目には金丸は阪口の差を1秒7とするが、ここからペースが上がらず、徐々に阪口の接近を許すこととなる。

 一方、スタートで最後尾に落ちた古谷は、1周目に池島実紅(Sutekina #8)をパスすると、2周目にはジェットコースタストレートで本山に並びかけ、続くコーナーで3位に浮上。3周目にはこのレースのファステストラップとなる1分43秒789をたたきだし、ここからトップ2台をに急接近を始めた。

 6周目からはトップ・金丸、2位・阪口、3位・古谷とのバトルが勃発。9周目に入った1コーナーでは阪口が金丸にアウトから並びかけ、併走しながら続くコーナーでトップに浮上した。

 12周目、金丸は1コーナーで古谷にもかわされ3位に落ちる。

 ここから2位に浮上した古谷は阪口を追い詰めるが、残り周回数も少なく14周を回って阪口が古谷を押さえきり、今季10勝目を飾った。阪口は出場したレースすべてで優勝。最終第14戦を待たずに今シーズンのシリーズチャンピオンを決めた。

 3位には金丸が、本山は4位、池島は5位でレースを終えた。

 第14戦は本日12日、午後3時20分より17周で行われる。

Text: Yoshinori OHNISHI
Photo: Hiroy1uki MINAMI
Yoshinori OHNISHI

スーパー耐久

S耐:第5戦オートポリス公式予選 ST-Xクラスの星野敏/藤井誠暢/近藤翼組が総合のポールポジション

 スーパー耐久レース第5戦「TKUスーパー耐久レースinオートポリス」は12日、大分県のオートポリスで公式予選を行い、ST-Xクラスの星野敏/藤井誠暢/近藤翼組(D'station Vantage GT3)が総合のポールポジションを獲得した。

総合&ST-Xクラスポールポジションの星野敏/藤井誠暢/近藤翼組(D\'station Vantage GT3) ST-Zクラスポールポジションの飯田太陽/加藤寛規/高橋一穂組(ケーズフロンティアSYNTIUM KTM) ST-TCRクラスポールポジションの植松忠雄/井出有冶/川端伸太朗組(F・Link Home CIVIC TCR) ST-1クラスポールポジションの蒲生尚弥/豊田大輔/小倉康宏/河野駿佑組(ROOKIE Racing GR SUPRA) ST-2クラスポールポジションの井口卓人/佐々木雅弘/MORIZO組(ROOKIE Racing GR YARIS) ST-3クラスポールポジションの服部尚貴/吉田広樹/川合孝汰/平沼貴之組(埼玉トヨペットGBクラウンRS) ST-4クラスポールポジションの久保凜太郎/細川慎弥/坪井翔組(GR Garage水戸インターGR86) ST-5クラスポールポジションの橋本陸/勝木崇文/カルロス本田/小原康二組(odula AVANTECHロードスター)

 公式予選は午前9時40分より、曇り空の肌寒い中で行われた。Aドライバー、Bドライバーともグループ2(ST-4・ST-5クラス)、グループ1(ST-Z・ST-TCR・ST-2・ST-3クラス)、グループX(ST-X・ST-1クラス)の順で50分間ずつ行われ、A、Bドライバーの合算タイムで明日決勝のグリッドが決定する。

 5チームが参加したST-Xクラスは、777号車・星野敏/藤井誠暢/近藤翼組(D'station Vantage GT3)のAドライバー、星野敏が2位以下を0秒780上回りトップタイムを記録。Bドライバーの藤井はトップから0秒479差の5位にとどまったものの、合算タイムでポールポジションを獲得した。2位には31号車・永井秀貴/嵯峨宏紀/小高一斗/永井宏明組(DENSO LEXUS RC F GT3)が、3位には888号車・山脇大輔/ショウン・トン/根本悠生組(HIRIX GOOD DAY RACING AMG GT3)が付けた。

 8チームが参加したST-Zクラスは、Aドライバーの飯田、Bドライバーの加藤ともトップタイムを記録した2号車・飯田太陽/加藤寛規/高橋一穂組(ケーズフロンティアSYNTIUM KTM)が文句なしのポールポジション。2位には47号車・星野辰也/織戸学/篠原拓朗/浜健二組(D'station Vantage GT4)が、3位には500号車・大塚隆一郎/青木孝行/坂本祐也 /大滝拓也組(5ZIGEN AMG GT4)が続いた。

 4チームが参加したST-TCRクラスは、Aドライバー・植松がトップタイム、Bドライバー・井出は3位にとどまったものの合算タイムで290号車・植松忠雄/井出有冶/川端伸太朗組(F・Link Home CIVIC TCR)がポールポジションを獲得。2位には22号車・KIZUNA/千代勝正/安田裕信/大草りき組(WAIMARAMA KIZUNA Audi RS 3 LMS)、3位には65号車・松井猛敏/加藤正将/下山征人/塚田利郎組(REBELLION Mars Audi RS3 LMS)が続いた。

 1チームのみ参加の蒲生尚弥/豊田大輔/小倉康宏/河野駿佑組(ROOKIE Racing GR SUPRA)は総合でも11位につけ、ポールポジションを獲得した。

 5チームが参加したST-2クラスは、Aドライバーの井口、Bドライバーの佐々木ともトップタイムの井口卓人/佐々木雅弘/MORIZO組(ROOKIE Racing GR YARIS)が文句なしのポールポジション。2位には6号車・冨桝朋広/菊地靖/大橋正澄組(新菱オート☆NeoGlobe☆DXLエボX)が、3位には7号車・成澤正人/安斎景介/藤井芳樹/八巻渉組(新菱オート☆VARIS☆DXLエボX)が付けてた。

 4チームが参加したST-3クラスは、Aドライバーの服部、Bドライバーの吉田ともトップタイムの52号車・服部尚貴/吉田広樹/川合孝汰/平沼貴之組(埼玉トヨペットGBクラウンRS)がポールポジション。2位には39号車・大島和也/冨林勇佑/石井宏尚組(エアーバスターWINMAX RC 350 TWS)が、3位には244号車・田中徹/田中哲也/三宅淳詞組(QUEEN EYES 34Z)が付けた。

 6チームが参加したST-4クラスは、Aドライバーの久保がトップタイム、Bドライバーの細川が2位に付けた310号車・久保凜太郎/細川慎弥/坪井翔組(GR Garage水戸インターGR86)がポールポジション。2位には884号車・平中克幸/国本雄資/ヒロ・ハヤシ/石川京侍組(林テレンプSHADE RACING 86)が、3位には18号車・浅野武夫/藤原大輝/土屋武士/西村和則組(Weds Sport 86)が付けた。

 13チームが参加したST-5クラスは、Aドライバーの橋本、Bドライバーの勝木が2位に付けた456号車・橋本陸/勝木崇文/カルロス本田/小原康二組(odula AVANTECHロードスター)がポールポジション。2位には、66号車・武地孝幸/中島功/ヒロボン/太田達也組(odula TONE Idiaロードスター) が、3位には102号車・佐々木孝太/吉田綜一郎/大崎悠悟/加藤潤平組(ヒロマツデミオマツダ2)が続いた。

 決勝レースは明日13日、午前10時45分より5時間レースとして行われる。

Text: Yoshinori OHNISHI
Photo: Keiichiro TAKESHITA

FORMULA REGIONAL JAPANESE CHAMPIONSHIP

FIA-FR:第14戦オートポリス決勝結果

TKUスーパー耐久レースinオートポリス -RIJ- (2020/12/12) Final Race Weather:Fine Course:Dry
2020 FORMULA REGIONAL JAPANESE CHAMPIONSHIP Round 14 オートポリス 4.674km

PosNoDriverCar
Team
LapTimeBehindGap
13阪口 晴南Sutekina #3
SUTEKINA RACING TEAM
1729'25.677--
228古谷 悠河TOM'S YOUTH
TOM'S YOUTH
1729'26.345 0.668 0.668
35金丸 ユウSutekina #5
SUTEKINA RACING TEAM
1730'05.14939.47238.804
48池島 実紅Sutekina #8
SUTEKINA RACING TEAM
1730'09.21243.535 4.063
555本山 哲Team Goh #55
TEAM GOH
1530'32.1912Laps2Laps
---- 以上規定周回数(90% - 15Laps)完走 ----
  • Fastest Lap: CarNo.28 古谷悠河(TOM'S YOUTH) 1'43.165 (10/17) 163.102km/h

FORMULA REGIONAL JAPANESE CHAMPIONSHIP

FIA-FR:第13戦オートポリス決勝結果

TKUスーパー耐久レースinオートポリス -RIJ- (2020/12/12) Final Race Weather:Fine Course:Dry
2020 FORMULA REGIONAL JAPANESE CHAMPIONSHIP Round 13 オートポリス 4.674km

PosNoDriverCar
Team
LapTimeBehindGap
13阪口 晴南Sutekina #3
SUTEKINA RACING TEAM
1424'32.719--
228古谷 悠河TOM'S YOUTH
TOM'S YOUTH
1424'33.167 0.448 0.448
35金丸 ユウSutekina #5
SUTEKINA RACING TEAM
1424'37.293 4.574 4.126
455本山 哲Team Goh #55
TEAM GOH
1424'45.76513.046 8.472
58池島 実紅Sutekina #8
SUTEKINA RACING TEAM
1424'52.80620.087 7.041
  • Fastest Lap: CarNo.28 古谷悠河(TOM'S YOUTH) 1'43.789 (3/14) 162.121km/h

スーパー耐久

S耐:第5戦オートポリス公式予選結果

TKUスーパー耐久レースinオートポリス -RIJ- (2020/12/12) A&B Total Qualify Weather: Course:
2020 PIRELLI Super Taikyu Series Round 5 オートポリス 4.674km

PosNoClsCls
Pos
DriverCar
Model
Team
WHAdriver
Bdriver
Total
Time
Behind
1777ST-X1星野 敏
藤井 誠暢
D'station Vantage GT3
Aston Martin Vantage AMR GT3
D'station Racing
301'49.400
1'48.121
3'37.521-
231ST-X2永井 秀貴
嵯峨 宏紀
DENSO LEXUS RC F GT3
TOYOTA LEXUS RC-F GT3
apr
1'50.201
1'47.725
3'37.926 0.405
3888ST-X3山脇 大輔
ショウン・トン
HIRIX GOOD DAY RACING AMG GT3
Mercedes-AMG GT3
Mercedes-AMG Team HIRIX Racing
101'50.180
1'47.848
3'38.028 0.507
49ST-X4ジョー・シンドウ
柴田 優作
MP Racing GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
MP Racing
101'50.982
1'47.642
3'38.624 1.103
581ST-X5大八木 信行
星野 一樹
DAISHIN GT3 GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
GTNET MOTOR SPORTS
201'54.145
1'47.718
3'41.863 4.342
62ST-Z1飯田 太陽
加藤 寛規
ケーズフロンティアSYNTIUM KTM
KTM X-Bow GT4
KTMカーズジャパン
101'55.940
1'54.324
3'50.26412.743
747ST-Z2星野 辰也
織戸 学
D'station Vantage GT4
Aston Martin Vantage AMR GT3
D'station Racing
401'56.978
1'55.549
3'52.52715.006
8500ST-Z3大塚 隆一郎
青木 孝行
5ZIGEN AMG GT4
Mercedes-Benz AMG GT4
TEAM 5ZIGEN
351'56.550
1'55.996
3'52.54615.025
93ST-Z4内田 優大
山内 英輝
ENDLESS AMG GT4
Mercedes-Benz AMG GT4
ENDLESS SPORTS
501'57.112
1'55.929
3'53.04115.520
1023ST-Z5DAISUKE
元嶋 佑弥
TKRI松永建設AMG GT4
Mercedes-Benz AMG GT4
TKRI
1'57.973
1'55.372
3'53.34515.824
1128ST-11蒲生 尚弥
豊田 大輔
ROOKIE Racing GR SUPRA
TOYOTA SUPRA
ROOKIE RACING
301'55.578
1'57.847
3'53.42515.904
12290ST-TCR1植松 忠雄
井出 有冶
F・Link Home CIVIC TCR
Honda CIVIC TCR
Floral Racing with UEMATSU
201'56.974
1'57.417
3'54.39116.870
1319ST-Z6福田 幸平
松本 武士
BRP★SUNRISE-Blvd718GT4MR
Porsche 718 GT4 MR
バースレーシングプロジェクト【BRP】
151'58.351
1'56.570
3'54.92117.400
1422ST-TCR2KIZUNA
千代 勝正
WAIMARAMA KIZUNA Audi RS 3 LMS
Audi RS 3 LMS TCR
WAIMARAMA KIZUNA RACING
101'58.765
1'56.848
3'55.61318.092
1521ST-Z7東風谷 高史
眞田 拓海
STP with Studie BMW M4GT4
BMW M4GT4
Teamサントメ・プリンシペwith Studie
1'58.387
1'57.277
3'55.66418.143
1665ST-TCR3松井 猛敏
加藤 正将
REBELLION Mars Audi RS3 LMS
Audi RS 3 LMS TCR
Audi Team Mars
1'58.114
1'57.858
3'55.97218.451
1720ST-Z8鈴木 宏和
木下 隆之
SS/YZ Studie BMW
BMW M4GT4
SS/YZ RACING with Studie
1'57.539
1'58.475
3'56.01418.493
1897ST-TCR4遠藤 光博
中野 信治
Racerホンダカーズ桶川DOME CIVIC
Honda CIVIC TCR
Racer DOME Racing
1'59.119
1'57.274
3'56.39318.872
1932ST-21井口 卓人
佐々木 雅弘
ROOKIE Racing GR YARIS
TOYOTA GR YARIS
ROOKIE RACING
251'58.706
1'58.115
3'56.82119.300
2052ST-31服部 尚貴
吉田 広樹
埼玉トヨペットGBクラウンRS
TOYOTA クラウンRS
埼玉トヨペットGreen Brave
2'00.591
1'59.565
4'00.15622.635
2139ST-32大島 和也
冨林 勇佑
エアーバスターWINMAX RC 350 TWS
TOYOTA LEXUS RC 350
TRACY SPORTS
202'00.803
2'00.897
4'01.70024.179
22244ST-33田中 徹
田中 哲也
QUEEN EYES 34Z
NISSAN Fairlady Z Ver.NISMO
Max Racing
2'01.244
2'00.526
4'01.77024.249
236ST-22冨桝 朋広
菊地 靖
新菱オート☆NeoGlobe☆DXLエボX
MITSUBISHI LANCER EVOLUTION X
シンリョウレーシングチーム
2'01.840
2'00.236
4'02.07624.555
2415ST-34長島 正明
小松 一臣
岡部自動車RECAROフェアレディーZ
NISSAN Fairlady Z Ver.NISMO
OKABE JIDOSHA motorsport
2'01.924
2'00.172
4'02.09624.575
257ST-23成澤 正人
安斎 景介
新菱オート☆VARIS☆DXLエボX
MITSUBISHI LANCER EVOLUTION X
シンリョウレーシングチーム
2'01.723
2'02.263
4'03.98626.465
26310ST-41久保 凜太郎
細川 慎弥
GR Garage水戸インターGR86
TOYOTA 86
C.S.I Racing
302'02.432
2'03.358
4'05.79028.269
27884ST-42平中 克幸
国本 雄資
林テレンプSHADE RACING 86
TOYOTA 86
林テレンプSHADE RACING
502'02.983
2'03.018
4'06.00128.480
2859ST-24大澤 学
後藤 比東至
DAMD MOTUL ED WRX STI
SUBARU WRX STI
TOWA INTEC Racing
352'01.744
2'05.770
4'07.51429.993
2918ST-43浅野 武夫
藤原 大輝
Weds Sport 86
TOYOTA 86
浅野レーシングサービス
102'04.647
2'04.473
4'09.12031.599
3054ST-44加藤 彰彬
石井 鋼一
TC CORSE iRacing ROADSTER
MAZDA ROADSTER
TC CORSE
2'05.223
2'07.755
4'12.97835.457
3160ST-45塩谷 烈州
瀬戸 貴巨
全薬工業アルージェインテグラ
Honda INTEGRA TYPE-R
TEAM G/MOTION'
2'05.967
2'07.782
4'13.74936.228
32456ST-51橋本 陸
勝木 崇文
odula AVANTECHロードスター
MAZDA ROADSTER
OVER DRIVE
252'10.455
2'11.212
4'21.66744.146
3366ST-52武地 孝幸
中島 功
odula TONE Idiaロードスター
MAZDA ROADSTER
OVER DRIVE
2'11.011
2'11.090
4'22.10144.580
34102ST-53佐々木 孝太
吉田 綜一郎
ヒロマツデミオマツダ2
MAZDA 2
H.M.RACERS
52'10.936
2'11.790
4'22.72645.205
3588ST-54村上 博幸
中島 保典
村上モータースMAZDAロードスター
MAZDA ROADSTER
村上モータース
102'11.676
2'12.625
4'24.30146.780
3650ST-55山西 康司
佐藤 朱伊
LOVEDRIVEロードスター
MAZDA ROADSTER
LOVEDRIVE RACING
2'11.805
2'13.053
4'24.85847.337
3737ST-56井尻 薫
吉岡 一成
DXLワコーズNOPROデミオSKY-D
MAZDA DEMIO XD
TEAM NOPRO
2'12.432
2'12.533
4'24.96547.444
38182ST-57谷岡 力
大崎 達也
CLOSE UP RACING R's FIT3
Honda FIT RS
クローズアップレーシング
2'13.466
2'11.749
4'25.21547.694
39111ST-58檜井 保孝
古谷 悠河
HIROSHIMA+Vitz
TOYOTA Vitz RS
HIROSHIMA TOYOPET RACING
2'13.029
2'12.362
4'25.39147.870
4072ST-59小松 寛子
猪爪 杏奈
ナチュラルチューニング☆クスコ☆NATS
MAZDA ROADSTER
日本自動車大学校
2'14.347
2'12.038
4'26.38548.864
414ST-510太田 侑弥
伊藤 裕士
THE BRIDE FIT
Honda FIT RS
チームBRIDE
152'13.462
2'13.182
4'26.64449.123
4269ST-511梅田 真祐
久保田 英夫
J'S RACING☆FIT
Honda FIT RS
J'S RACING
302'14.856
2'12.277
4'27.13349.612
43120ST-512杉野 治彦
前⽥ 育男
村上モータースMAZDAロードスター
MAZDA ROADSTER
村上モータース
2'15.902
2'15.152
4'31.05453.533
4478ST-513藤井 順子
加藤 沙也⾹
LOVEDRIVEロードスター
MAZDA ROADSTER
LOVEDRIVE RACING
2'19.115
2'16.718
4'35.83358.312
---- 以上基準タイム予選通過 ----
-225ST-4-野中 誠太
平良 響
KTMS 86
TOYOTA 86
KTMS KOBE TOYOPET MOTORSPORTS
no time
no time
--

スーパー耐久

S耐:第5戦オートポリスBドライバー公式予選結果

TKUスーパー耐久レースinオートポリス -RIJ- (2020/12/12) B Driver Qualifying Weather:Cloudy Course:Dry
2020 PIRELLI Super Taikyu Series Round 5 オートポリス 4.674km

PosNoClsCls
Pos
DriverCar
Maker Model
Team
WhTimeBehindGapkm/h
19ST-X1柴田 優作MP Racing GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
MP Racing
101'47.642--156.318
281ST-X2星野 一樹DAISHIN GT3 GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
GTNET MOTOR SPORTS
201'47.718 0.076 0.076156.208
331ST-X3嵯峨 宏紀DENSO LEXUS RC F GT3
TOYOTA LEXUS RC-F GT3
apr
1'47.725 0.083 0.007156.198
4888ST-X4ショウン・トンHIRIX GOOD DAY RACING AMG GT3
Mercedes-AMG GT3
Mercedes-AMG Team HIRIX Racing
101'47.848 0.206 0.123156.020
5777ST-X5藤井 誠暢D'station Vantage GT3
Aston Martin Vantage AMR GT3
D'station Racing
301'48.121 0.479 0.273155.626
62ST-Z1加藤 寛規ケーズフロンティアSYNTIUM KTM
KTM X-Bow GT4
KTMカーズジャパン
101'54.324 6.682 6.203147.182
723ST-Z2元嶋 佑弥TKRI松永建設AMG GT4
Mercedes-Benz AMG GT4
TKRI
1'55.372 7.730 1.048145.845
847ST-Z3織戸 学D'station Vantage GT4
Aston Martin Vantage AMR GT3
D'station Racing
401'55.549 7.907 0.177145.621
93ST-Z4山内 英輝ENDLESS AMG GT4
Mercedes-Benz AMG GT4
ENDLESS SPORTS
501'55.929 8.287 0.380145.144
10500ST-Z5青木 孝行5ZIGEN AMG GT4
Mercedes-Benz AMG GT4
TEAM 5ZIGEN
351'55.996 8.354 0.067145.060
1119ST-Z6松本 武士BRP★SUNRISE-Blvd718GT4MR
Porsche 718 GT4 MR
バースレーシングプロジェクト【BRP】
151'56.570 8.928 0.574144.346
1222ST-TCR1千代 勝正WAIMARAMA KIZUNA Audi RS 3 LMS
Audi RS 3 LMS TCR
WAIMARAMA KIZUNA RACING
101'56.848 9.206 0.278144.002
1397ST-TCR2中野 信治Racerホンダカーズ桶川DOME CIVIC
Honda CIVIC TCR
Racer DOME Racing
1'57.274 9.632 0.426143.479
1421ST-Z7眞田 拓海STP with Studie BMW M4GT4
BMW M4GT4
Teamサントメ・プリンシペwith Studie
1'57.277 9.635 0.003143.476
15290ST-TCR3井出 有冶F・Link Home CIVIC TCR
Honda CIVIC TCR
Floral Racing with UEMATSU
201'57.417 9.775 0.140143.305
1628ST-11豊田 大輔ROOKIE Racing GR SUPRA
TOYOTA SUPRA
ROOKIE RACING
301'57.84710.205 0.430142.782
1765ST-TCR4加藤 正将REBELLION Mars Audi RS3 LMS
Audi RS 3 LMS TCR
Audi Team Mars
1'57.85810.216 0.011142.768
1832ST-21佐々木 雅弘ROOKIE Racing GR YARIS
TOYOTA GR YARIS
ROOKIE RACING
251'58.11510.473 0.257142.458
1920ST-Z8木下 隆之SS/YZ Studie BMW
BMW M4GT4
SS/YZ RACING with Studie
1'58.47510.833 0.360142.025
2052ST-31吉田 広樹埼玉トヨペットGBクラウンRS
TOYOTA クラウンRS
埼玉トヨペットGreen Brave
1'59.56511.923 1.090140.730
2115ST-32小松 一臣岡部自動車RECAROフェアレディーZ
NISSAN Fairlady Z Ver.NISMO
OKABE JIDOSHA motorsport
2'00.17212.530 0.607140.019
226ST-22菊地 靖新菱オート☆NeoGlobe☆DXLエボX
MITSUBISHI LANCER EVOLUTION X
シンリョウレーシングチーム
2'00.23612.594 0.064139.945
23244ST-33田中 哲也QUEEN EYES 34Z
NISSAN Fairlady Z Ver.NISMO
Max Racing
2'00.52612.884 0.290139.608
2439ST-34冨林 勇佑エアーバスターWINMAX RC 350 TWS
TOYOTA LEXUS RC 350
TRACY SPORTS
202'00.89713.255 0.371139.180
257ST-23安斎 景介新菱オート☆VARIS☆DXLエボX
MITSUBISHI LANCER EVOLUTION X
シンリョウレーシングチーム
2'02.26314.621 1.366137.625
26884ST-41国本 雄資林テレンプSHADE RACING 86
TOYOTA 86
林テレンプSHADE RACING
502'03.01815.376 0.755136.780
27310ST-42細川 慎弥GR Garage水戸インターGR86
TOYOTA 86
C.S.I Racing
302'03.35815.716 0.340136.403
2818ST-43藤原 大輝Weds Sport 86
TOYOTA 86
浅野レーシングサービス
102'04.47316.831 1.115135.181
2959ST-24後藤 比東至DAMD MOTUL ED WRX STI
SUBARU WRX STI
TOWA INTEC Racing
352'05.77018.128 1.297133.787
3054ST-44石井 鋼一TC CORSE iRacing ROADSTER
MAZDA ROADSTER
TC CORSE
2'07.75520.113 1.985131.708
3160ST-45瀬戸 貴巨全薬工業アルージェインテグラ
Honda INTEGRA TYPE-R
TEAM G/MOTION'
2'07.78220.140 0.027131.681
3266ST-51中島 功odula TONE Idiaロードスター
MAZDA ROADSTER
OVER DRIVE
2'11.09023.448 3.308128.358
33456ST-52勝木 崇文odula AVANTECHロードスター
MAZDA ROADSTER
OVER DRIVE
252'11.21223.570 0.122128.238
34182ST-53大崎 達也CLOSE UP RACING R's FIT3
Honda FIT RS
クローズアップレーシング
2'11.74924.107 0.537127.716
35102ST-54吉田 綜一郎ヒロマツデミオマツダ2
MAZDA 2
H.M.RACERS
52'11.79024.148 0.041127.676
3672ST-55猪爪 杏奈ナチュラルチューニング☆クスコ☆NATS
MAZDA ROADSTER
日本自動車大学校
2'12.03824.396 0.248127.436
3769ST-56久保田 英夫J'S RACING☆FIT
Honda FIT RS
J'S RACING
302'12.27724.635 0.239127.206
38111ST-57古谷 悠河HIROSHIMA+Vitz
TOYOTA Vitz RS
HIROSHIMA TOYOPET RACING
2'12.36224.720 0.085127.124
3937ST-58吉岡 一成DXLワコーズNOPROデミオSKY-D
MAZDA DEMIO XD
TEAM NOPRO
2'12.53324.891 0.171126.960
4088ST-59中島 保典村上モータースMAZDAロードスター
MAZDA ROADSTER
村上モータース
102'12.62524.983 0.092126.872
4150ST-510佐藤 朱伊LOVEDRIVEロードスター
MAZDA ROADSTER
LOVEDRIVE RACING
2'13.05325.411 0.428126.464
424ST-511伊藤 裕士THE BRIDE FIT
Honda FIT RS
チームBRIDE
152'13.18225.540 0.129126.341
43120ST-512前⽥ 育男村上モータースMAZDAロードスター
MAZDA ROADSTER
村上モータース
2'15.15227.510 1.970124.500
4478ST-513加藤 沙也⾹LOVEDRIVEロードスター
MAZDA ROADSTER
LOVEDRIVE RACING
2'16.71829.076 1.566123.074
---- 以上基準タイム予選通過 ----
-225ST-4-平良 響KTMS 86
TOYOTA 86
KTMS KOBE TOYOPET MOTORSPORTS
no time---

検索

最新ニュース