Archives

  • [—]2021 (3)
  • [+]2020 (461)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (248)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

FORMULA REGIONAL JAPANESE CHAMPIONSHIP

FIA-FR:2020年度シリーズチャンピオン・阪口晴南「決勝ではぼくの方に経験があった」

 今シーズンから始まったフォーミュラリージョナルは12日、全シリーズをオートポリスで終了した。全レース終了後にシリーズチャンピオンを獲得した阪口晴南に聞いた。

今シーズンを振り返って

 「序盤はクルマも速くて経験のアドバンテージもあったので後ろも引き離せたし、いいレースができました。後半は失速気味で追われる立場になりました。ぼくとしてはぶっちぎりのレースをしたかったんですが、そうならなかったので悔しいです。今回も予選は負けたので悔しかったですね。周りからは『楽勝でしょ』と言われますが、やってる本人はつらいレースでした。その中で、負けられないというプレッシャーを力に変えられたんではないかと思います。最終戦もトラブルなく全レースチェッカーを受けられたのでいいシーズンでした。チームに感謝しています。課題はあり、克服できたのもできないのもありました。古谷選手も1年をとおしてすごく成長してきましたが、決勝に関してはぼくの方が経験もあって、負けたくない気持ちももってるので、退けることができました」

初めてのシリーズチャンピオン

 「4輪に上がって始めてのシリーズチャンピオンです。FIA-F4にデビューしたのがSUTEKINA RACINGなので感慨深いものがあります。チームもアットホームで、昔から知ってる人たちなので、レースウィーク通して楽しかったです」

FIA-FRについて

 「FIA-F4のグリップが上がってパワーがあるレースです。SFライツはエンジン競争もありますが、こちらはイコールなので、若手にとってはいいシリーズだと思います。ぼくも若手なのでステップアップしてリージョナルがいい選手権だと証明したと思います」

来シーズンについて

 「来年のことはもう年末なのに何も決まっていません。来週はまだSFライツがあるので、リージョナルのチャンピオンとして3連勝できるように頑張ります」

Text & Photo: Yoshinori OHNISHI


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース