アーカイブ

SUPER FORMULA

2024年
07月21日(日)

「ミスがなければいけた……と思います」福住仁嶺

 ポールポジションからトップを快走しながらも、14周目のタイヤ交換で大きくタイムロス。終盤追い上げたものの、優勝した坪井翔(VANTELIN TOM'S SF23)から、11秒6遅れの4位に終わった福住仁嶺(Kids com KCMG Elyse SF23)。もしミスがなければ勝機はあったのだろうか […]続きを読む »
2024年
07月21日(日)

「スタートに関するチーム力は決して高くない」岩佐歩夢

 フロントロースタートながらエンジンストールで大きく出遅れ、スタートの瞬間に優勝のチャンスを失ってしまった岩佐歩夢(Red Bull MOTUL MUGEN SF23)は、レース後も硬い表情のままだった。  「ドライバーはエンジニアの指示通りの手順を踏んでスタートするわけですが、開幕戦からそこが決ま […]続きを読む »
2024年
07月21日(日)

第4戦富士決勝 坪井翔が今季初優勝 ランキングも2位に浮上

 全日本スーパーフォーミュラ選手権第4戦は21日、静岡県の富士スピードウェイで決勝を行い、予選4位からスタートした坪井翔(VANTELIN TOM'S SF23)が今季初優勝を飾った。  決勝は午後3時3分にフォーメーションラップが始まった。太田格之進(DOCOMO DANDELION M6Y SF […]続きを読む »
2024年
07月21日(日)

第4戦富士決勝結果

1.坪井翔 2.大湯都史樹 3.野尻智紀 4.福住仁嶺 5.牧野任祐 6.国本雄資 7.佐藤蓮 8.小林可夢偉 9.平良響 10.山本尚貴 11.岩佐歩夢 12.笹原右京 13.山下健太 14.大津弘樹 15.木村偉織 16.大嶋和也 17.小高一斗 18.三宅淳詞 19.ジュジュ -.阪口晴南 -.太田格之進 [...] 続きを読む »
2024年
07月21日(日)

初の「瑶子女王杯」に際し女王殿下がサーキットを来訪

 今大会は、「瑶子女王杯」を冠し「第1回瑶子女王杯 全日本スーパーフォーミュラ選手権 第4戦富士大会」として行われることになったが、週末は瑶子女王殿下も富士スピードウェイに足を運ばれ、ドライバーとの懇談や記者会見に臨まれた。  瑶子女王殿下は、これまでも東京モーターショーやジャパンモビリティーショー […]続きを読む »
2024年
07月21日(日)

第4戦富士フリー走行2回目 坪井翔がトップタイム

 7月21日、全日本スーパーフォーミュラ選手権第3戦決勝日。富士スピードウェイは、やや雲は多いものの、朝から強い日差しが照りつける夏の天候となった。  午前9時20分から行われたフリー走行2回目では、坪井翔(VANTELIN TOM'S SF23)がトップタイムとなる1分25秒258をマーク。4番グ […]続きを読む »
2024年
07月21日(日)

第4戦富士フリー走行2回目結果

1.坪井翔 2.三宅淳詞 3.小林可夢偉 4.太田格之進 5.笹原右京 6.平良響 7.小高一斗 8.牧野任祐 9.佐藤蓮 10.阪口晴南 11.山下健太 12.大津弘樹 13.大嶋和也 14.大湯都史樹 15.福住仁嶺 16.国本雄資 17.山本尚貴 18.野尻智紀 19.岩佐歩夢 20.木村偉織 21.ジュジュ [...] 続きを読む »
2024年
07月20日(土)

JRPサタデーミーティング(「瑶子女王杯」の経緯とKYOJOカップの併催)

土曜日午後に行われた、恒例のJRPサタデーミーティングでは、新たな試み二点について、スーパーフォーミュラを運営する日本レースプロモーション(JRP)近藤会長、上野社長からその経緯などについて話があった。 ■「第1回瑶子女王杯」の開催、瑶子女王殿下の来訪について 近藤会長「女王殿下はレースにとても詳し […]続きを読む »
2024年
07月20日(土)

第4戦富士公式予選 福住仁嶺がチームに初のポールポジションをもたらす

 全日本スーパーフォーミュラ選手権第4戦の予選が、7月20日、静岡県・富士スピードウェイで行われ、福住仁嶺(Kids com KCMG Elyse SF23)が、岩佐歩夢(Red Bull MOTUL MUGEN SF23)を退けて、自身今シーズン初、チームKCMGにとっては初のポールポジションを獲 […]続きを読む »
2024年
07月20日(土)

第4戦富士公式予選結果

1.福住仁嶺 2.岩佐歩夢 3.大湯都史樹 4.坪井翔 5.太田格之進 6.牧野任祐 7.野尻智紀 8.山下健太 9.山本尚貴 10.小高一斗 11.笹原右京 12.阪口晴南 13.小林可夢偉 14.佐藤蓮 15.平良響 16.国本雄資 17.木村偉織 18.大嶋和也 19.大津弘樹 20.三宅淳詞 21.ジュジュ [...] 続きを読む »
2024年
07月20日(土)

第4戦富士ノックアウトQ2結果

1.福住仁嶺 2.岩佐歩夢 3.大湯都史樹 4.坪井翔 5.太田格之進 6.牧野任祐 7.野尻智紀 8.山下健太 9.山本尚貴 10.小高一斗 11.笹原右京 12.阪口晴南 [...] 続きを読む »
2024年
07月20日(土)

第4戦富士ノックアウトQ1結果

1.岩佐歩夢 2.牧野任祐 3.山本尚貴 4.阪口晴南 5.笹原右京 6.小高一斗 7.小林可夢偉 8.平良響 9.木村偉織 10.大津弘樹 [...] 続きを読む »
2024年
07月20日(土)

第4戦富士フリー走行1回目 牧野任祐がトップタイム

 7月20日、全日本スーパーフォーミュラ選手権第4戦が、静岡県・富士スピードウェイで開幕した。午前中に行われたフリー走行1回目では、牧野任祐(DOCOMO DANDELION M5S SF23)がトップタイムをマークした。  今大会を迎えるにあたって、ドライバーの確定していなかった2チームからアナウ […]続きを読む »
2024年
07月20日(土)

第4戦富士フリー走行1回目結果

1.牧野任祐 2.大湯都史樹 3.福住仁嶺 4.坪井翔 5.岩佐歩夢 6.山下健太 7.笹原右京 8.太田格之進 9.山本尚貴 10.平良響 11.木村偉織 12.阪口晴南 13.国本雄資 14.野尻智紀 15.小林可夢偉 16.佐藤蓮 17.大嶋和也 18.小高一斗 19.大津弘樹 20.三宅淳詞 21.ジュジュ [...] 続きを読む »
2024年
07月19日(金)

第4戦富士 公式予選Q1グループ分け

7月20日(土)午後2時から行われるノックアウト方式の予選Q1のグループ分けは、以下のとおり。各グループの上位6台がQ2に進むことができ、その12台はQ2の順位でグリッドが決定する。 Group A(10台) No.4 小高一斗(REALIZE Corporation KONDO SF23) No. […]続きを読む »
2024年
07月11日(木)

第2回公式テスト富士 最終セッションは5番手、手応えを掴んでテストを終える(B-Max)

 San-Ei Gen with B-Max(チーム代表 宮田雅史)は、7月7~8日、富士スピードウェイで行われた全日本スーパーフォーミュラ選手権の公式テストに参加しました。両日ともに予定したプログラムをこなし、最終セッションでは5番手のタイムを記録するなど、充実したテストになりました。  ここまで […]続きを読む »
2024年
07月08日(月)

公式テスト富士2日目 午前は山下健太、午後は坪井翔がトップタイム

 7月7日、全日本スーパーフォーミュラ選手権公式テスト(2日目)が、富士スピードウェイで行われ、比較的コンディションの良かった午前は山下健太(REALIZE Corporation KONDO SF23)が、日差しの強くなった午後は、坪井翔(VANTELIN TOM'S SF23)が開始早々にマーク […]続きを読む »
2024年
07月08日(月)

第2回公式テスト富士総合結果

1.山下健太 2.牧野任祐 3.岩佐歩夢 4.坪井翔 5.山本尚貴 6.佐藤蓮 7.大湯都史樹 8.野尻智紀 9.阪口晴南 10.小高一斗 11.木村偉織 12.太田格之進 13.平良響 14.大嶋和也 15.福住仁嶺 16.国本雄資 17.笹原右京 18.大津弘樹 19.大草りき 20.小林可夢偉 21.三宅淳詞 22.ジュジュ [...] 続きを読む »
2024年
07月08日(月)

第2回公式テスト富士4回目結果

1.坪井翔 2.山本尚貴 3.佐藤蓮 4.野尻智紀 5.木村偉織 6.牧野任祐 7.大湯都史樹 8.山下健太 9.福住仁嶺 10.太田格之進 11.国本雄資 12.笹原右京 13.大嶋和也 14.平良響 15.阪口晴南 16.小高一斗 17.大草りき 18.小林可夢偉 19.三宅淳詞 20.岩佐歩夢 21.ジュジュ [...] 続きを読む »
2024年
07月08日(月)

第2回公式テスト富士3回目結果

1.山下健太 2.岩佐歩夢 3.佐藤蓮 4.坪井翔 5.大湯都史樹 6.野尻智紀 7.阪口晴南 8.小高一斗 9.木村偉織 10.平良響 11.牧野任祐 12.大嶋和也 13.福住仁嶺 14.太田格之進 15.国本雄資 16.山本尚貴 17.笹原右京 18.大草りき 19.小林可夢偉 20.三宅淳詞 21.ジュジュ [...] 続きを読む »
2024年
07月07日(日)

公式テスト富士1日目 牧野任祐が両セッションでトップタイム

 7月7日、全日本スーパーフォーミュラ選手権公式テスト(1日目)が、富士スピードウェイで行われ、牧野任祐(DOCOMO DANDELION M5S SF23)が両セッションともトップタイムをマークした。  テストウィークになって、2つのチームからドライバー起用についての発表があった。  1つは、TE […]続きを読む »
2024年
07月07日(日)

第2回公式テスト富士2回目結果

1.牧野任祐 2.山下健太 3.太田格之進 4.岩佐歩夢 5.阪口晴南 6.坪井翔 7.野尻智紀 8.小高一斗 9.大湯都史樹 10.福住仁嶺 11.佐藤蓮 12.山本尚貴 13.大嶋和也 14.国本雄資 15.大津弘樹 16.笹原右京 17.木村偉織 18.平良響 19.小林可夢偉 20.三宅淳詞 21.ジュジュ [...] 続きを読む »
2024年
07月07日(日)

第2回公式テスト富士1回目結果

1.牧野任祐 2.坪井翔 3.福住仁嶺 4.佐藤蓮 5.野尻智紀 6.大湯都史樹 7.阪口晴南 8.太田格之進 9.山下健太 10.大嶋和也 11.山本尚貴 12.平良響 13.岩佐歩夢 14.小高一斗 15.笹原右京 16.大津弘樹 17.三宅淳詞 18.国本雄資 19.木村偉織 20.小林可夢偉 21.ジュジュ [...] 続きを読む »
2024年
07月02日(火)

第3戦SGUO 悪天候のレースで初のポイントを獲得

 San-Ei Gen with B-Max(チーム代表 宮田雅史)は、6月22~23日、スポーツランドSUGOで行われた、全日本スーパーフォーミュラ選手権第3戦に参戦し、木村偉織選手は予選でQ1を突破、悪天候の決勝では9位入賞と、目標としていたポイント獲得を果たしました。  「魔物が棲む」と言われ […]続きを読む »
2024年
06月28日(金)

第3戦SUGO決勝 相次いだクラッシュで赤旗終了、各ドライバーのコメント

 スポーツランドSUGOで6月23日に行われた全日本スーパーフォーミュラ選手権は、朝のフリー走行から雨に見舞われた。  午前9時10分から行われたフリー走行では開始早々、岩佐歩夢(TEAM MUGEN)がストレートでスピンしてウォールにヒットしたため、中断。天候は回復することなく、このままセッション […]続きを読む »
2024年
06月23日(日)

第3戦SUGO決勝記者会見 優勝・野尻智紀「いつコースアウトするか不安だった」

優勝 野尻智紀(TEAM MUGEN)  「この内容なので、SUGOでの10年ぶりの優勝はいい形ではありません。ただ、シリーズのポイントを考えると大事な1勝ですが、複雑です。スリッピーなコンディションで、グリップしなかったし、先頭だったので、ぎりぎり走れたんだと思います。雨量とかコース上の水の量とか […]続きを読む »
2024年
06月23日(日)

第3戦SUGO決勝優勝チーム監督記者会見 田中洋克氏「まだまだ安定感と精度が足らない」

優勝チーム監督 田中洋克氏(TEAM MUGEN)  「昨日の予選で野尻選手がポールで、岩佐選手が2位、チームとして1-2でした。この結果を持って今日はいいレースをできればいいなと思っていました。午前中のフリー走行で岩佐選手がクラッシュしましたが、雨の見た目以上に、かなり雨量が多かったです。野尻選手 […]続きを読む »
2024年
06月23日(日)

第3戦SUGO決勝 悪天候でレースは途中終了、野尻が今季2勝目を飾る

 全日本スーパーフォーミュラ選手権第3戦の決勝が、6月23日、宮城県・スポーツランドSUGOで行われた。悪天候でクラッシュが相次いだレースは、予定された51周の約4分の1で終了。ポールポジションスタートの野尻智紀(Red Bull MOTUL MUGEN SF23)が今季2勝目を飾った。  決勝日は […]続きを読む »
2024年
06月23日(日)

第3戦SUGO決勝結果

1.野尻智紀 2.岩佐歩夢 3.坪井翔 4.牧野任祐 5.大湯都史樹 6.山下健太 7.国本雄資 8.小高一斗 9.木村偉織 10.小林可夢偉 11.佐藤蓮 12.阪口晴南 13.福住仁嶺 14.太田格之進 15.三宅淳詞 16.笹原右京 17.平良響 18.ジュジュ 19.松下信治 -.大嶋和也 -.山本尚貴 [...] 続きを読む »
2024年
06月23日(日)

第3戦SUGOフリー走行2回目 雨が強くなりアクシデントで中断、終了

 6月23日、全日本スーパーフォーミュラ選手権第3戦決勝日。宮城県・スポーツランドSUGOは夜半から雨に見舞われた。  雨が降り続くなか、午前9時55分から行われたフリー走行2回目は、開始早々に岩佐歩夢(Red Bull MOTUL MUGEN SF23)がストレートでスピン。ピットウォールに車両を […]続きを読む »
2024年
06月23日(日)

第3戦SUGOフリー走行2回目結果

1.木村偉織 2.太田格之進 3.笹原右京 4.松下信治 5.ジュジュ 6.野尻智紀 7.小林可夢偉 8.阪口晴南 9.大湯都史樹 10.岩佐歩夢 11.山下健太 12.小高一斗 13.牧野任祐 14.福住仁嶺 15.三宅淳詞 16.大嶋和也 17.平良響 18.国本雄資 19.坪井翔 20.山本尚貴 21.佐藤蓮 [...] 続きを読む »
2024年
06月22日(土)

第3戦SUGOルーキー記者会見 平良響「人生で最大のキーポイント」

 今回、チームインパルから初参戦を果たした平良響が、フリー走行終了後に記者会見を行った。平良は、昨年までスーパーフォーミュラ・ライツ(SFL)に3年間参戦し、最終年にランキング2位で終えたが、今年はGT300への参戦は継続したもののフォーミュラのシートは失った。今回晴れてスーパーフォーミュラに搭乗す […]続きを読む »
2024年
06月22日(土)

第3戦SUGO公式予選記者会見 PP・野尻智紀「追い込まれたことが起爆剤」

ポールポジション 野尻智紀(TEAM MUGEN)  「前戦は歩夢選手がポールでぼくが5番手だったので、チームメートに差をつけられました。ものすごく悔しくて、心が折れていてレースに向き合えないメンタルでした。でも義務感もあって、レースも近づいて来て、チームのスタッフと会話をしながらメンタルを積み上げ […]続きを読む »
2024年
06月22日(土)

第3戦スポーツランドSUGO公式予選 野尻智紀が今季初ポールポジション、チーム無限フロントロー独占

 全日本スーパーフォーミュラ選手権第3戦の予選が、6月22日、宮城県・スポーツランドSUGOで行われ、野尻智紀(Red Bull MOTUL MUGEN SF23)が、今シーズン初ポールポジションを獲得した。岩佐歩夢(Red Bull MOTUL MUGEN SF23)も2番手につけ、チーム無限がフ […]続きを読む »
2024年
06月22日(土)

第3戦SUGO公式予選結果

1.野尻智紀 2.岩佐歩夢 3.坪井翔 4.牧野任祐 5.大湯都史樹 6.山下健太 7.太田格之進 8.大嶋和也 9.国本雄資 10.小高一斗 11.木村偉織 12.阪口晴南 13.佐藤蓮 14.山本尚貴 15.小林可夢偉 16.福住仁嶺 17.三宅淳詞 18.笹原右京 19.平良響 20.ジュジュ 21.松下信治 [...] 続きを読む »
2024年
06月22日(土)

第3戦SUGOノックアウトQ2結果

1.野尻智紀 2.岩佐歩夢 3.坪井翔 4.牧野任祐 5.大湯都史樹 6.山下健太 7.太田格之進 8.大嶋和也 9.国本雄資 10.小高一斗 11.木村偉織 12.阪口晴南 [...] 続きを読む »
2024年
06月22日(土)

第3戦SUGOノックアウトQ1結果

1.野尻智紀 2.坪井翔 3.太田格之進 4.大湯都史樹 5.木村偉織 6.山下健太 7.佐藤蓮 8.小林可夢偉 9.三宅淳詞 10.平良響 11.松下信治 [...] 続きを読む »
2024年
06月22日(土)

第3戦SUGOフリー走行1回目 大湯都史樹がトップタイム

 6月22日、全日本スーパーフォーミュラ選手権第3戦が開催されている宮城県・スポーツランドSUGOは朝から好天に恵まれた。午前中に行われたフリー走行1回目では、昨年もSUGOでポールポジションを奪っている大湯都史樹(VERTEX CERUMO・INGING SF23)がトップタイムをマークした。   […]続きを読む »
2024年
06月22日(土)

第3戦SUGOフリー走行1回目結果

1.大湯都史樹 2.福住仁嶺 3.岩佐歩夢 4.山下健太 5.山本尚貴 6.坪井翔 7.笹原右京 8.牧野任祐 9.小高一斗 10.佐藤蓮 11.阪口晴南 12.大嶋和也 13.松下信治 14.国本雄資 15.野尻智紀 16.平良響 17.小林可夢偉 18.三宅淳詞 19.木村偉織 20.ジュジュ 21.太田格之進 [...] 続きを読む »
2024年
05月24日(金)

第2戦オートポリス 悔やまれる予選、決勝は速さを見せて14位完走(B-Max)

 San-Ei Gen with B-Max(チーム代表 宮田雅史)は、5月18~19日、オートポリスで行われた、全日本スーパーフォーミュラ選手権第2戦に参戦し、デビュー2戦目となる木村偉織選手は14位で完走を果たしました。  開幕戦から2か月というやや長いインターバルを経て、舞台は大分県・オートポ […]続きを読む »
2024年
05月23日(木)

第2戦オートポリス決勝後のコメント 三宅淳詞「原因はダウンフォース不足」

 先日富士スピードウェイで行われたスーパーGT第2戦では、GT500にステップアップしてわずか2戦目にして優勝を成し遂げた三宅淳詞(ThreeBond Drago CORSE SF23)。  このオートポリスでも2022年に初の表彰台を獲得しており、活躍が大いに期待され、本人も開幕戦後にモチベーショ […]続きを読む »
2024年
05月23日(木)

第2戦オートポリス決勝後のコメント 大湯都史樹「今はまだついていける、というレベル」

 開幕戦でポールポジションを獲得し、決勝ペースにおいてもオートポリス大会においては大きな改善が見られたという阪口晴南(VERTEX CERUMO・INGING SF23)とは対照的に、ここまで苦戦の続いている大湯都史樹(VERTEX CERUMO・INGING SF23)。今回も予選11位、決勝15 […]続きを読む »
2024年
05月23日(木)

第2戦オートポリス決勝後のコメント 阪口晴南「この状態でもまだ足りないんだ?って驚いた」

 開幕戦の鈴鹿で自身初のポールポジションを獲得した阪口晴南(VERTEX CERUMO・INGING SF23)。しかし決勝ペースに関しては課題を残しており、本人もフリー走行の段階で「走り出してすぐに(優勝は)ないな、と感じた」と語っていた。  しかしオートポリス大会においては大幅な改善を実感してお […]続きを読む »
2024年
05月22日(水)

第2戦オートポリス決勝後のコメント 野尻智紀「走り出しから後手後手に回った」

 開幕戦の鈴鹿ではスタートでトップに立ち、独走状態でレースを制した野尻智紀(Red Bull MOTUL MUGEN SF23)。しかしながら今大会では状況が一転。予選5番手、決勝はポジションを落として9位と今一つの結果に終わっている。野尻とチーム無限に何が起きていたのか。レース後に話を聞いた。   […]続きを読む »
2024年
05月21日(火)

第2戦オートポリス決勝後のコメント 太田格之進「最大限の仕事はできたと思う」

 第2戦決勝を予選7番手からスタートした太田格之進(DOCOMO DANDELION M6Y SF23)は順位を一つ上げて6位でコントロールラインに戻ってくると、ほぼミニマムの10周目に、それまで2位を走行していた山本尚貴(PONOS NAKAJIMA RACING SF23)とともにピットイン。早 […]続きを読む »
2024年
05月21日(火)

第2戦オートポリス決勝後のコメント ベン・バーニコート「これまで乗った中で一番速いクルマだった」

 テオ・プルシェールの突然の離脱によって急遽代役探しをする羽目に陥ったITOCHU ENEX TEAM IMPUL。そこで19号車のドライバーに抜擢されたのがベン・バーニコートだった。  バーニコートは1996年12月20日生まれのイギリス人。2013年にフォーミュラ・ルノーで四輪レースにデビューし […]続きを読む »
2024年
05月21日(火)

第2戦オートポリス決勝 運命の24周目 牧野と岩佐の明暗を分けたもの

 牧野任祐(DOCOMO DANDELION M5S SF23)の初優勝で幕を閉じた全日本スーパーフォーミュラ選手権第2戦オートポリス大会。  デビュー2戦目にして初のポールポジションを獲得した岩佐歩夢(Red Bull MOTUL MUGEN SF23)は2位。両者の勝敗を分けたのはなんだったのか […]続きを読む »
2024年
05月19日(日)

第2戦オートポリス決勝会見 牧野任祐「意外なほど涙が出てきて止まらなかった」

第2戦優勝 牧野任祐(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)  「初優勝するまで長かったですし、チームメイトがどんどん勝っていく中で自分自身も辛かったし、落ち込むことが多かったですけど、やっと僕も初優勝の気持ちを味わうことができて、本当に嬉しいです」  「ゴールした時は意外なほど […]続きを読む »
2024年
05月19日(日)

第2戦オートポリス優勝監督会見 村岡潔「最後の3周ぐらいは涙でモニターが見えなかった」

優勝チーム監督 村岡潔(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)  「本当に長かったですね、牧野くんが勝つまで。見守る期間が長かったので、本当に長かったので、牧野くんの1勝は本当に嬉しい。ラスト3周ぐらいは涙でモニターが見えないぐらいでした。本当にこの瞬間を待ってましたので、本当に […]続きを読む »
2024年
05月19日(日)

第2戦オートポリス決勝 牧野任祐、涙の初優勝!

 全日本スーパーフォーミュラ選手権第2戦の決勝が、5月19日、大分県・オートポリスで行われ、牧野任祐(DOCOMO DANDELION M5S SF23)がスタートでトップに立ち独走で初優勝を飾った。  決勝日は、晴れたものの風があり、予選日の暑さが嘘のように過ごしやすい天候となった。  レースは、 […]続きを読む »

検索

SUPER FORMULA 最新ニュース