Archives

  • [—]2021 (1)
  • [+]2020 (461)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (248)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

SUPER FORMULA LIGHTS

SFL:第17戦富士決勝 宮田莉朋が今季12勝目を上げ有終の美

 全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権第17戦は20日、富士スピードウェイで決勝を行い、ポールポジションからスタートした宮田莉朋(COROLLA CHUKYO Kuo TOM'S 320)が今季12勝目で、有終の美を飾った。

15周の決勝がスタートした 山本左近と本山哲の争い 優勝した宮田莉朋(COROLLA CHUKYO Kuo TOM\'S 320) 決勝2位の阪口晴南(Buzz Racing with B-MAX) 決勝3位の小高一斗(COROLLA CHUKYO Kuo TOM\'S 320) マスタークラスで優勝したDRAGON(TEAM DRAGON SFL)

 決勝は12時35分、快晴で太陽も高く上り気温、路面温度とも上がる中フォーメーションラップが始まった。

 スタートではポールポジションの宮田莉朋(COROLLA CHUKYO Kuo TEAM TOM'S)の蹴り出しが悪く、予選2位の阪口晴南(Buzz Racing with B-MAX)と予選3位の小高一斗(COROLLA CHUKYO Kuo TOM'S 320)に挟まれる形でこの2台の先行を許し1コーナーに向かう。しかし宮田は冷静にクロスラインを取りインにマシンを向けると、2コーナーでこの2台をパスし、一気にトップに躍り出た。2位には阪口が、3位には小高が続く。

 トップに立った宮田はここから2位の阪口を背後に従えてレースは推移するが、6周目あたりからは、徐々に阪口を引き離し、15周を回って今季最後の優勝を飾った。2位には阪口が、3位には小高が入った。

 4位争いは名取鉄平(TODA FIGHTEX)と河野駿佑(RS FINE K&N 320)の2人で繰り広げられていたが、名取が逃げ切り4位、5位には河野が入った。6位に入山翔(Albirex-RT)が続いた。

 注目の本山哲(REBELLION Buzz 320)と山本左近(REBELLION Buzz 320)は、本山が7周を回ってピットインしリタイア。7位の山本はルッカ・アレン(Albirex-RT)を従えての苦しい争いとなったが、最後まで押さえきり元F1ドライバーの貫禄を見せた。アレンは8位でレースを終えている。

 マスタークラスは総合でも9位に入ったDRAGON(TEAM DRAGON SFL)が優勝した。

優勝した宮田莉朋(COROLLA CHUKYO Kuo TEAM TOM\'S) 表彰式

 これで今シーズンの全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権はすべて終了。来シーズンは2021年4月3日、富士スピードウェイで開幕する予定だ。

Text: Yoshinori OHNISHI
Photo: Hiroyuki MINAMI


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース