Archives

  • [—]2021 (128)
  • [+]2020 (461)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (248)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

SUPER FORMULA LIGHTS

SFL:第17戦決勝記者会見 優勝・宮田莉朋「ステップアップしたいという気持ちしかない」

優勝 宮田莉朋(COROLLA CHUKYO Kuo TEAM TOM'S)
決勝記者会見: 優勝した宮田莉朋(COROLLA CHUKYO Kuo TEAM TOM\'S)  「スタートは加速が鈍ってしまって、イン側を守っていましたがスリーワイドになり、一番危険な真ん中だったので当たらなくて良かったです。1コーナーの出口ではトップに立てました。序盤はタイヤのグリップが来なくてペースが悪く思いのほか攻めきれませんでした。ニュータイヤの阪口選手がいいペースで来ていたので、タイヤのマージン分で詰められるかなと思っていました。そんな中でもファステストも取れましたし、最後までいいペースで走れたと思っています。SFLは卒業したいですね。いままでのレーシングキャリアでは、チャンピオンを取ってももう1年とかありました。今回もしっかり走れて後ろも離せ、ぼくらしいレースができたので、そこをしっかり見て欲しいです。SFも何回か走らせていただいて予選でもトップタイムを出しているので、ステップアップしたいという気持ちしかないです。ぼくもしっかり発信してチームに売り込んでいきたいと思います」
2位 阪口晴南(Buzz Racing with B-MAX)
決勝記者会見: 2位の阪口晴南(B-MAX RACING TEAM)  「朝のレースはスタートでやられてしまったので、やり返そうと思っていました。クラッチミートは悪くなかったんですが、トムスの2台、小高選手が速くてやばいなと思いました。ニュータイヤは1台だけで、序盤に抜かなきゃマージンが取れないと思ったので、リスクを冒して1コーナーに行きました。宮田選手も小高選手もクリーンでよけてくれました。2人とは長くレースをやっているので、お互いの呼吸が分かっていなかったら、ああいうバトルもできないと思います。行き過ぎてクロスラインを取られたのは仕方がないですね。序盤の2、3、4周くらいはいいペースで、宮田選手に迫る場面もあったんですが、セクター3で明らかにぼくの方が劣っていて、ストレートが速くても1コーナーではチャンスがなかったです。ニュータイヤのメリットも序盤だけで、中盤から後半はそろってしまいました。今週通してセクター3の改善ができなかったのは自分の力不足でした」
3位 小高一斗(COROLLA CHUKYO Kuo TOM'S 320)
決勝記者会見: 3位の小高一斗(COROLLA CHUKYO Kuo TEAM TOM\'S)  「スタートはこの3レースの中で一番決まったと思います。1コーナーで宮田選手の横まで並びかけることができ、2位に上がったと思ったんですが、ポジションを下げてしまいました。もう少しいい判断ができたら2人を抜けていたと思います。スタートはシーズンの中盤から後半にかけて速くできるようになったので、来年に向けて継続できるようにしたいと思います」
Text & Photo: Yoshinori OHNISHI


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース