Archives

  • [—]2021 (114)
  • [+]2020 (461)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (248)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

スーパー耐久

S耐:第5戦オートポリス公式予選 ST-Xクラスの星野敏/藤井誠暢/近藤翼組が総合のポールポジション

 スーパー耐久レース第5戦「TKUスーパー耐久レースinオートポリス」は12日、大分県のオートポリスで公式予選を行い、ST-Xクラスの星野敏/藤井誠暢/近藤翼組(D'station Vantage GT3)が総合のポールポジションを獲得した。

総合&ST-Xクラスポールポジションの星野敏/藤井誠暢/近藤翼組(D\'station Vantage GT3) ST-Zクラスポールポジションの飯田太陽/加藤寛規/高橋一穂組(ケーズフロンティアSYNTIUM KTM) ST-TCRクラスポールポジションの植松忠雄/井出有冶/川端伸太朗組(F・Link Home CIVIC TCR) ST-1クラスポールポジションの蒲生尚弥/豊田大輔/小倉康宏/河野駿佑組(ROOKIE Racing GR SUPRA) ST-2クラスポールポジションの井口卓人/佐々木雅弘/MORIZO組(ROOKIE Racing GR YARIS) ST-3クラスポールポジションの服部尚貴/吉田広樹/川合孝汰/平沼貴之組(埼玉トヨペットGBクラウンRS) ST-4クラスポールポジションの久保凜太郎/細川慎弥/坪井翔組(GR Garage水戸インターGR86) ST-5クラスポールポジションの橋本陸/勝木崇文/カルロス本田/小原康二組(odula AVANTECHロードスター)

 公式予選は午前9時40分より、曇り空の肌寒い中で行われた。Aドライバー、Bドライバーともグループ2(ST-4・ST-5クラス)、グループ1(ST-Z・ST-TCR・ST-2・ST-3クラス)、グループX(ST-X・ST-1クラス)の順で50分間ずつ行われ、A、Bドライバーの合算タイムで明日決勝のグリッドが決定する。

 5チームが参加したST-Xクラスは、777号車・星野敏/藤井誠暢/近藤翼組(D'station Vantage GT3)のAドライバー、星野敏が2位以下を0秒780上回りトップタイムを記録。Bドライバーの藤井はトップから0秒479差の5位にとどまったものの、合算タイムでポールポジションを獲得した。2位には31号車・永井秀貴/嵯峨宏紀/小高一斗/永井宏明組(DENSO LEXUS RC F GT3)が、3位には888号車・山脇大輔/ショウン・トン/根本悠生組(HIRIX GOOD DAY RACING AMG GT3)が付けた。

 8チームが参加したST-Zクラスは、Aドライバーの飯田、Bドライバーの加藤ともトップタイムを記録した2号車・飯田太陽/加藤寛規/高橋一穂組(ケーズフロンティアSYNTIUM KTM)が文句なしのポールポジション。2位には47号車・星野辰也/織戸学/篠原拓朗/浜健二組(D'station Vantage GT4)が、3位には500号車・大塚隆一郎/青木孝行/坂本祐也 /大滝拓也組(5ZIGEN AMG GT4)が続いた。

 4チームが参加したST-TCRクラスは、Aドライバー・植松がトップタイム、Bドライバー・井出は3位にとどまったものの合算タイムで290号車・植松忠雄/井出有冶/川端伸太朗組(F・Link Home CIVIC TCR)がポールポジションを獲得。2位には22号車・KIZUNA/千代勝正/安田裕信/大草りき組(WAIMARAMA KIZUNA Audi RS 3 LMS)、3位には65号車・松井猛敏/加藤正将/下山征人/塚田利郎組(REBELLION Mars Audi RS3 LMS)が続いた。

 1チームのみ参加の蒲生尚弥/豊田大輔/小倉康宏/河野駿佑組(ROOKIE Racing GR SUPRA)は総合でも11位につけ、ポールポジションを獲得した。

 5チームが参加したST-2クラスは、Aドライバーの井口、Bドライバーの佐々木ともトップタイムの井口卓人/佐々木雅弘/MORIZO組(ROOKIE Racing GR YARIS)が文句なしのポールポジション。2位には6号車・冨桝朋広/菊地靖/大橋正澄組(新菱オート☆NeoGlobe☆DXLエボX)が、3位には7号車・成澤正人/安斎景介/藤井芳樹/八巻渉組(新菱オート☆VARIS☆DXLエボX)が付けてた。

 4チームが参加したST-3クラスは、Aドライバーの服部、Bドライバーの吉田ともトップタイムの52号車・服部尚貴/吉田広樹/川合孝汰/平沼貴之組(埼玉トヨペットGBクラウンRS)がポールポジション。2位には39号車・大島和也/冨林勇佑/石井宏尚組(エアーバスターWINMAX RC 350 TWS)が、3位には244号車・田中徹/田中哲也/三宅淳詞組(QUEEN EYES 34Z)が付けた。

 6チームが参加したST-4クラスは、Aドライバーの久保がトップタイム、Bドライバーの細川が2位に付けた310号車・久保凜太郎/細川慎弥/坪井翔組(GR Garage水戸インターGR86)がポールポジション。2位には884号車・平中克幸/国本雄資/ヒロ・ハヤシ/石川京侍組(林テレンプSHADE RACING 86)が、3位には18号車・浅野武夫/藤原大輝/土屋武士/西村和則組(Weds Sport 86)が付けた。

 13チームが参加したST-5クラスは、Aドライバーの橋本、Bドライバーの勝木が2位に付けた456号車・橋本陸/勝木崇文/カルロス本田/小原康二組(odula AVANTECHロードスター)がポールポジション。2位には、66号車・武地孝幸/中島功/ヒロボン/太田達也組(odula TONE Idiaロードスター) が、3位には102号車・佐々木孝太/吉田綜一郎/大崎悠悟/加藤潤平組(ヒロマツデミオマツダ2)が続いた。

 決勝レースは明日13日、午前10時45分より5時間レースとして行われる。

Text: Yoshinori OHNISHI
Photo: Keiichiro TAKESHITA


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース