Archives

  • [—]2021 (3)
  • [+]2020 (461)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (248)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

SUPER FORMULA LIGHTS

SFL:第16戦富士決勝 小高一斗、涙の初優勝

 全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権第16戦は20日、富士スピードウェイで決勝を行い、予選3位からスタートした小高一斗(COROLLA CHUKYO Kuo TOM'S 320)が初優勝を飾った。

13周の決勝がスタートした 優勝した小高一斗(COROLLA CHUKYO Kuo TOM\'S 320) 決勝2位の阪口晴南(Buzz Racing with B-MAX) 決勝3位の宮田莉朋(COROLLA CHUKYO Kuo TOM\'S 320) マスタークラスで優勝した今田信宏(JMS RACING with B-MAX ) 優勝した小高一斗(COROLLA CHUKYO Kuo TEAM TOM\'S) マスタークラスで優勝した今田信宏(EAGLE SPORT) マスタークラスで優勝した今田信宏とDRAGON 表彰式

 決勝レースは早朝午前8時10分からフォーメーションラップが始まった。上空は晴れ渡り朝日が場内に差し込む。

 フォーメーションラップは2周行われたが、その1周目にルッカ・アレン(Albirex-RT)がダンロップコーナーでスピン。アレンが通常のグリッドに戻ったため、スタートディレイとなった。改めてフォーメーションラップ2周が行われ周回数は13周に減算された。

 好スタートを切ったのは予選2位の宮田莉朋(COROLLA CHUKYO Kuo TOM'S 320)。しかし宮田は1コーナーでブレーキをロックさせ、オーバーラン。ポールポジションの阪口晴南(Buzz Racing with B-MAX)もオーバーランして、そのインから予選3位の小高一斗(COROLLA CHUKYO Kuo TOM'S 320)が2コーナー立ち上がりでトップに立った。2位には阪口が、3位には宮田が続く。

 トップに立った小高は、1周目に2位の阪口を1秒1引き離してストレートに戻ってくると、2周目にはその差を2秒5、3周目には2秒6まで広げた。

 ここから阪口はこの時点でのファステストラップを記録して、小高との差を徐々に縮め始める。7周目には1秒5まで迫るが、ここから小高も粘る。この差は最終ラップまで縮まらず、小高は13周を回ってうれしい初優勝を飾った。2位には阪口が、3位には宮田が入った。

 河野駿佑(RS FINE K&N 320)と名取鉄平(TODA FIGHTEX)は4位争いを繰り広げてきたが、7周目に河野をパスした名取が4位、河野は5位でレースを終えた。6位には入山翔(Albirex-RT)が入った。

 マスタークラスは終始トップを譲らなかった今田信宏(JMS RACING with B-MAX)が初優勝を飾った。

 注目の本山哲(REBELLION Buzz 320)と山本左近(REBELLION Buzz 320)はオープニングラップで接触。本山はリタイア、山本は8位でレースを終えた。

 最終第17戦決勝は本日午後12時35分より15周で行われる。

Text: Yoshinori OHNISHI
Photo: Hiroyuki MINAMI
Yoshinori OHNISHI


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース