Archives

  • [—]2019 (79)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

2018年6月

SUPER GT

SGT:第4戦チャン公式予選結果

■GT500 Class

Chang SUPER GT RACE -RIJ- (2018/06/30) Knock Out Qualify Weather:Rainy/Cloudy Course:Wet/Dry
2018 AUTOBACS SUPER GT Round 4 チャン国際サーキット 4.554km

PosNoDriverCar
Model
TireWhQ1Q2
116武藤 英紀
中嶋 大祐
MOTUL MUGEN NSX-GT
Honda NSX-GT
YH21'28.4051'23.341
217塚越 広大
小暮 卓史
KEIHIN NSX-GT
Honda NSX-GT
BS421'27.6511'23.458
339ヘイッキ・コバライネン
小林 可夢偉
DENSO KOBELCO SARD LC500
TOYOTA LEXUS LC500
BS301'28.5421'23.676
424ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ
高星 明誠
フォーラムエンジニアリングADVAN GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT500
YH141'27.1011'23.687
5100山本 尚貴
ジェンソン・バトン
RAYBRIG NSX-GT
Honda NSX-GT
BS641'28.3151'24.001
619国本 雄資
山下 健太
WedsSport ADVAN LC500
NISSAN GT-R NISMO GT500
YH41'28.4591'24.053
712佐々木 大樹
ヤン・マーデンボロー
カルソニックIMPUL GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT500
BS261'27.0151'24.146
88野尻 智紀
伊沢 拓也
ARTA NSX-GT
Honda NSX-GT
BS481'29.7301'24.359
93本山 哲
千代 勝正
CRAFT SPORTS MOTUL GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT500
MI181'30.228
1036中嶋 一貴
関口 雄飛
au TOM'S LC500
TOYOTA LEXUS LC500
BS281'30.653
116大嶋 和也
フェリックス・ローゼンクヴィスト
WAKO'S 4CR LC500
TOYOTA LEXUS LC500
BS281'30.811
121平川 亮
ニック・キャシディ
KeePer TOM'S LC500
TOYOTA LEXUS LC500
BS521'31.039
1338立川 祐路
石浦 宏明
ZENT CERUMO LC500
TOYOTA LEXUS LC500
BS361'31.064
1464ベルトラン・バゲット
松浦 孝亮
Epson Modulo NSX-GT
Honda NSX-GT
DL21'31.524
1523松田 次生
ロニー・クインタレッリ
MOTUL AUTECH GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT500
MI621'31.588

■GT300 Class

Chang SUPER GT RACE -RIJ- (2018/06/30) Knock Out Qualify Weather:Rainy/Cloudy Course:Wet/Dry
2018 AUTOBACS SUPER GT Round 4 チャン国際サーキット 4.554km

PosNoDriverCar
Model
TireWhQ1Q2
165黒澤 治樹
蒲生 尚弥
LEON CVSTOS AMG
Mercedes-Benz AMG GT3
BS401'42.1821'32.554
221リチャード・ライアン
富田 竜一郎
Hitotsuyama Audi R8 LMS
Audi R8 LMS GT3
DL21'42.0231'32.840
355高木 真一
ショーン・ウォーキンショー
ARTA BMW M6 GT3
BMW M6 GT3
BS521'42.4421'32.845
411平中 克幸
安田 裕信
GAINER TANAX GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
DL341'43.0041'33.011
596新田 守男
中山 雄一
K-tunes RC F GT3
TOYOTA LEXUS RC F GT3
BS421'43.5161'33.110
661井口 卓人
山内 英輝
SUBARU BRZ R&D SPORT
SUBARU BRZ GT300
DL221'43.4151'33.167
70谷口 信輝
片岡 龍也
グッドスマイル初音ミクAMG
Mercedes-Benz AMG GT3
YH241'42.8991'33.236
834道上 龍
大津 弘樹
Modulo KENWOOD NSX GT3
Honda NSX GT3
YH61'43.4941'33.398
987佐藤 公哉
元嶋 佑弥
リーガルフロンティアランボルギーニGT3
Lamborghini HURACAN GT3
YH1'43.0861'33.409
1032Maxime Jousse
Kantadhee Kusiri
est cola by AAS Motorsport
BENTLEY CONTINENTAL GT3
MI1'41.5751'33.607
1150加納 政樹
安岡 秀徒
EXE AMG GT3
Mercedes-Benz AMG GT3
YH21'43.5221'34.685
122高橋 一穂
加藤 寛規
シンティアム・アップル・ロータス
LOTUS EVORA MC
YH1'42.5731'36.810
139久保 凜太郎
石川 京侍
GULF NAC PORSCHE 911
Porsche 911 GT3 R
YH1'43.523
1431嵯峨 宏紀
平手 晃平
TOYOTA PRIUS apr GT
TOYOTA PRIUS
BS341'43.918
1560吉本 大樹
宮田 莉朋
SYNTIUM LMcorsa RC F GT3
TOYOTA LEXUS RC F GT3
YH201'43.934
167藤井 誠暢
スヴェン・ミューラー
D'station Porsche
Porsche 911 GT3 R
YH401'43.934
1735ナタウッド・ジャルーンスルカワッタナ
ナタポン・ホートンカム
arto RC F GT3
TOYOTA LEXUS RC F GT3
YH1'44.544
1825松井 孝允
坪井 翔
HOPPY 86 MC
TOYOTA 86 MC
YH521'44.585
1918中山 友貴
小林 崇志
UPGARAGE 86 MC
TOYOTA 86 MC
YH501'45.040
2030永井 宏明
佐々木 孝太
TOYOTA PRIUS apr GT
TOYOTA PRIUS
YH1'45.122
2152番場 琢
脇阪 薫一
埼玉トヨペットGreenBraveマークX MC
TOYOTA MARK X MC
YH1'46.116
*88平峰 一貴
アンドレア・カルダレッリ
マネパ ランボルギーニ GT3
Lamborghini HURACAN GT3
YH301'43.078失格
*10星野 一樹
吉田 広樹
GAINER TANAX triple a GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
YH21'43.447失格
  • No.88 Qualifying time disqualified(Appendix J 257A 5.2.2)
  • No.10 Qualifying time disqualified(2018 GTA Bulletin No.031-T)

SUPER GT

SGT:第4戦チャンノックアウトQ2結果

■GT500 Class

Chang SUPER GT RACE -RIJ- (2018/06/30) Knock Out Q2 GT500 Weather:Cloudy Course:Dry
2018 AUTOBACS SUPER GT Round 4 チャン国際サーキット 4.554km

PosNoDriverCar
Model
TireWHTimeDelayGapkm/h
116武藤 英紀MOTUL MUGEN NSX-GT
Honda NSX-GT
YH21'23.341--196.715
217小暮 卓史KEIHIN NSX-GT
Honda NSX-GT
BS421'23.458 0.117 0.117196.439
339ヘイッキ・コバライネンDENSO KOBELCO SARD LC500
TOYOTA LEXUS LC500
BS301'23.676 0.335 0.218195.927
424ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラフォーラムエンジニアリングADVAN GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT500
YH141'23.687 0.346 0.011195.901
5100ジェンソン・バトンRAYBRIG NSX-GT
Honda NSX-GT
BS641'24.001 0.660 0.314195.169
619国本 雄資WedsSport ADVAN LC500
NISSAN GT-R NISMO GT500
YH41'24.053 0.712 0.052195.048
712ヤン・マーデンボローカルソニックIMPUL GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT500
BS261'24.146 0.805 0.093194.833
88伊沢 拓也ARTA NSX-GT
Honda NSX-GT
BS481'24.359 1.018 0.213194.341

■GT300 Class

Chang SUPER GT RACE -RIJ- (2018/06/30) Knock Out Q2 GT500 Weather:Cloudy Course:Dry
2018 AUTOBACS SUPER GT Round 4 チャン国際サーキット 4.554km

PosNoDriverCar
Model
TireWHTimeDelayGapkm/h
165蒲生 尚弥LEON CVSTOS AMG
Mercedes-Benz AMG GT3
BS401'32.554--177.133
221リチャード・ライアンHitotsuyama Audi R8 LMS
Audi R8 LMS GT3
DL21'32.840 0.286 0.286176.588
355高木 真一ARTA BMW M6 GT3
BMW M6 GT3
BS521'32.845 0.291 0.005176.578
411平中 克幸GAINER TANAX GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
DL341'33.011 0.457 0.166176.263
596中山 雄一K-tunes RC F GT3
TOYOTA LEXUS RC F GT3
BS421'33.110 0.556 0.099176.076
661山内 英輝SUBARU BRZ R&D SPORT
SUBARU BRZ GT300
DL221'33.167 0.613 0.057175.968
70谷口 信輝グッドスマイル初音ミクAMG
Mercedes-Benz AMG GT3
YH241'33.236 0.682 0.069175.838
834道上 龍Modulo KENWOOD NSX GT3
Honda NSX GT3
YH61'33.398 0.844 0.162175.533
987元嶋 佑弥リーガルフロンティアランボルギーニGT3
Lamborghini HURACAN GT3
YH1'33.409 0.855 0.011175.512
1032Maxime Jousseest cola by AAS Motorsport
BENTLEY CONTINENTAL GT3
MI1'33.607 1.053 0.198175.141
1150加納 政樹EXE AMG GT3
Mercedes-Benz AMG GT3
YH21'34.685 2.131 1.078173.147
122高橋 一穂シンティアム・アップル・ロータス
LOTUS EVORA MC
YH1'36.810 4.256 2.125169.346
*88アンドレア・カルダレッリマネパ ランボルギーニ GT3
Lamborghini HURACAN GT3
YH30失格---
*10吉田 広樹GAINER TANAX triple a GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
YH2失格---
  • No.88 Qualifying time disqualified(Appendix J 257A 5.2.2)
  • No.10 Qualifying time disqualified(2018 GTA Bulletin No.031-T)

SUPER GT

SGT:第4戦チャンノックアウトQ1結果

■GT500 Class

Chang SUPER GT RACE -RIJ- (2018/06/30) Knock Out Q1 GT300 Weather:Rainy Course:Wet
2018 AUTOBACS SUPER GT Round 4 チャン国際サーキット 4.554km

PosNoDriverCar
Model
TireWHTimeDelayGapkm/h
112佐々木 大樹カルソニックIMPUL GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT500
BS261'27.015--188.409
224高星 明誠フォーラムエンジニアリングADVAN GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT500
YH141'27.101 0.086 0.086188.223
317塚越 広大KEIHIN NSX-GT
Honda NSX-GT
BS421'27.651 0.636 0.550187.042
4100山本 尚貴RAYBRIG NSX-GT
Honda NSX-GT
BS641'28.315 1.300 0.664185.636
516中嶋 大祐MOTUL MUGEN NSX-GT
Honda NSX-GT
YH21'28.405 1.390 0.090185.447
619山下 健太WedsSport ADVAN LC500
NISSAN GT-R NISMO GT500
YH41'28.459 1.444 0.054185.333
739小林 可夢偉DENSO KOBELCO SARD LC500
TOYOTA LEXUS LC500
BS301'28.542 1.527 0.083185.160
88野尻 智紀ARTA NSX-GT
Honda NSX-GT
BS481'29.730 2.715 1.188182.708
---- 以上Q2進出 ----
93本山 哲CRAFT SPORTS MOTUL GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT500
MI181'30.228 3.213 0.498181.700
1036中嶋 一貴au TOM'S LC500
TOYOTA LEXUS LC500
BS281'30.653 3.638 0.425180.848
116フェリックス・ローゼンクヴィストWAKO'S 4CR LC500
TOYOTA LEXUS LC500
BS281'30.811 3.796 0.158180.533
121平川 亮KeePer TOM'S LC500
TOYOTA LEXUS LC500
BS521'31.039 4.024 0.228180.081
1338石浦 宏明ZENT CERUMO LC500
TOYOTA LEXUS LC500
BS361'31.064 4.049 0.025180.032
1464ベルトラン・バゲットEpson Modulo NSX-GT
Honda NSX-GT
DL21'31.524 4.509 0.460179.127
1523松田 次生MOTUL AUTECH GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT500
MI621'31.588 4.573 0.064179.002
---- 以上基準タイム予選通過 ----

■GT300 Class

Chang SUPER GT RACE -RIJ- (2018/06/30) Knock Out Q1 GT300 Weather:Rainy Course:Wet
2018 AUTOBACS SUPER GT Round 4 チャン国際サーキット 4.554km

PosNoDriverCar
Model
TireWHTimeDelayGapkm/h
132Kantadhee Kusiriest cola by AAS Motorsport
BENTLEY CONTINENTAL GT3
MI1'41.575--161.402
221富田 竜一郎Hitotsuyama Audi R8 LMS
Audi R8 LMS GT3
DL21'42.023 0.448 0.448160.693
365黒澤 治樹LEON CVSTOS AMG
Mercedes-Benz AMG GT3
BS401'42.182 0.607 0.159160.443
455ショーン・ウォーキンショーARTA BMW M6 GT3
BMW M6 GT3
BS521'42.442 0.867 0.260160.036
52加藤 寛規シンティアム・アップル・ロータス
LOTUS EVORA MC
YH1'42.573 0.998 0.131159.832
60片岡 龍也グッドスマイル初音ミクAMG
Mercedes-Benz AMG GT3
YH241'42.899 1.324 0.326159.325
711安田 裕信GAINER TANAX GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
DL341'43.004 1.429 0.105159.163
888平峰 一貴マネパ ランボルギーニ GT3
Lamborghini HURACAN GT3
YH301'43.078 1.503 0.074159.048
987佐藤 公哉リーガルフロンティアランボルギーニGT3
Lamborghini HURACAN GT3
YH1'43.086 1.511 0.008159.036
1061井口 卓人SUBARU BRZ R&D SPORT
SUBARU BRZ GT300
DL221'43.415 1.840 0.329158.530
1110星野 一樹GAINER TANAX triple a GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
YH21'43.447 1.872 0.032158.481
1234大津 弘樹Modulo KENWOOD NSX GT3
Honda NSX GT3
YH61'43.494 1.919 0.047158.409
1396新田 守男K-tunes RC F GT3
TOYOTA LEXUS RC F GT3
BS421'43.516 1.941 0.022158.376
1450安岡 秀徒EXE AMG GT3
Mercedes-Benz AMG GT3
YH21'43.522 1.947 0.006158.366
---- 以上Q2進出 ----
159久保 凜太郎GULF NAC PORSCHE 911
Porsche 911 GT3 R
YH1'43.523 1.948 0.001158.365
1631平手 晃平TOYOTA PRIUS apr GT
TOYOTA PRIUS
BS341'43.918 2.343 0.395157.763
1760吉本 大樹SYNTIUM LMcorsa RC F GT3
TOYOTA LEXUS RC F GT3
YH201'43.934 2.359 0.016157.739
187藤井 誠暢D'station Porsche
Porsche 911 GT3 R
YH401'43.934 2.359 0.000157.739
1935ナタポン・ホートンカムarto RC F GT3
TOYOTA LEXUS RC F GT3
YH1'44.544 2.969 0.610156.818
2025坪井 翔HOPPY 86 MC
TOYOTA 86 MC
YH521'44.585 3.010 0.041156.757
2118中山 友貴UPGARAGE 86 MC
TOYOTA 86 MC
YH501'45.040 3.465 0.455156.078
2230佐々木 孝太TOYOTA PRIUS apr GT
TOYOTA PRIUS
YH1'45.122 3.547 0.082155.956
2352番場 琢埼玉トヨペットGreenBraveマークX MC
TOYOTA MARK X MC
YH1'46.116 4.541 0.994154.495
---- 以上基準タイム予選通過 ----

SUPER GT

SGT:第4戦チャン公式練習結果

■GT500クラス

Chang SUPER GT RACE -RIJ- (2018/06/30) Official Practice Weather:Fine Course:Dry
2018 AUTOBACS SUPER GT Round 4 GT500 class チャン国際サーキット 4.554km

PosNoDriverCar
Maker Model
TireWhTimeBehindGapkm/h
13本山 哲
千代 勝正
CRAFT SPORTS MOTUL GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT500
MI181'23.349--196.696
28野尻 智紀
伊沢 拓也
ARTA NSX-GT
Honda NSX-GT
BS481'23.479 0.130 0.130196.390
336中嶋 一貴
関口 雄飛
au TOM'S LC500
TOYOTA LEXUS LC500
BS281'23.508 0.159 0.029196.321
416武藤 英紀
中嶋 大祐
MOTUL MUGEN NSX-GT
Honda NSX-GT
YH21'23.654 0.305 0.146195.979
538立川 祐路
石浦 宏明
ZENT CERUMO LC500
TOYOTA LEXUS LC500
BS361'23.713 0.364 0.059195.841
624ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ
高星 明誠
フォーラムエンジニアリングADVAN GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT500
YH141'23.775 0.426 0.062195.696
764ベルトラン・バゲット
松浦 孝亮
Epson Modulo NSX-GT
Honda NSX-GT
DL21'23.782 0.433 0.007195.679
823松田 次生
ロニー・クインタレッリ
MOTUL AUTECH GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT500
MI621'23.932 0.583 0.150195.330
919国本 雄資
山下 健太
WedsSport ADVAN LC500
NISSAN GT-R NISMO GT500
YH41'24.009 0.660 0.077195.151
101平川 亮
ニック・キャシディ
KeePer TOM'S LC500
TOYOTA LEXUS LC500
BS521'24.084 0.735 0.075194.976
1112佐々木 大樹
ヤン・マーデンボロー
カルソニックIMPUL GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT500
BS261'24.116 0.767 0.032194.902
126大嶋 和也
フェリックス・ローゼンクヴィスト
WAKO'S 4CR LC500
TOYOTA LEXUS LC500
BS281'24.185 0.836 0.069194.743
1339ヘイッキ・コバライネン
小林 可夢偉
DENSO KOBELCO SARD LC500
TOYOTA LEXUS LC500
BS301'24.198 0.849 0.013194.712
14100山本 尚貴
ジェンソン・バトン
RAYBRIG NSX-GT
Honda NSX-GT
BS641'24.222 0.873 0.024194.657
1517塚越 広大
小暮 卓史
KEIHIN NSX-GT
Honda NSX-GT
BS421'24.728 1.379 0.506193.494

■GT300クラス

Chang SUPER GT RACE -RIJ- (2018/06/30) Official Practice Weather:Fine Course:Dry
2018 AUTOBACS SUPER GT Round 4 GT300 class チャン国際サーキット 4.554km

PosNoDriverCar
Maker Model
TireWhTimeBehindGapkm/h
12高橋 一穂
加藤 寛規
シンティアム・アップル・ロータス
LOTUS EVORA MC
YH1'32.475--177.285
265黒澤 治樹
蒲生 尚弥
LEON CVSTOS AMG
Mercedes-Benz AMG GT3
BS401'32.685 0.210 0.210176.883
360吉本 大樹
宮田 莉朋
SYNTIUM LMcorsa RC F GT3
TOYOTA LEXUS RC F GT3
YH201'32.703 0.228 0.018176.849
411平中 克幸
安田 裕信
GAINER TANAX GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
DL341'32.880 0.405 0.177176.512
525松井 孝允
坪井 翔
HOPPY 86 MC
TOYOTA 86 MC
YH521'32.882 0.407 0.002176.508
632Maxime Jousse
Kantadhee Kusiri
est cola by AAS Motorsport
BENTLEY CONTINENTAL GT3
MI1'32.903 0.428 0.021176.468
721リチャード・ライアン
富田 竜一郎
Hitotsuyama Audi R8 LMS
Audi R8 LMS GT3
DL21'32.909 0.434 0.006176.457
87藤井 誠暢
スヴェン・ミューラー
D'station Porsche
Porsche 911 GT3 R
YH401'32.983 0.508 0.074176.316
910星野 一樹
吉田 広樹
GAINER TANAX triple a GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
YH21'33.014 0.539 0.031176.257
1096新田 守男
中山 雄一
K-tunes RC F GT3
TOYOTA LEXUS RC F GT3
BS421'33.116 0.641 0.102176.064
1134道上 龍
大津 弘樹
Modulo KENWOOD NSX GT3
Honda NSX GT3
YH61'33.178 0.703 0.062175.947
1231嵯峨 宏紀
平手 晃平
TOYOTA PRIUS apr GT
TOYOTA PRIUS
BS341'33.402 0.927 0.224175.525
130谷口 信輝
片岡 龍也
グッドスマイル初音ミクAMG
Mercedes-Benz AMG GT3
YH241'33.432 0.957 0.030175.469
1455高木 真一
ショーン・ウォーキンショー
ARTA BMW M6 GT3
BMW M6 GT3
BS521'33.496 1.021 0.064175.349
159久保 凜太郎
石川 京侍
GULF NAC PORSCHE 911
Porsche 911 GT3 R
YH1'33.503 1.028 0.007175.336
1688平峰 一貴
アンドレア・カルダレッリ
マネパ ランボルギーニ GT3
Lamborghini HURACAN GT3
YH301'33.530 1.055 0.027175.285
1735ナタウッド・ジャルーンスルカワッタナ
ナタポン・ホートンカム
arto RC F GT3
TOYOTA LEXUS RC F GT3
YH1'33.584 1.109 0.054175.184
1861井口 卓人
山内 英輝
SUBARU BRZ R&D SPORT
SUBARU BRZ GT300
DL221'33.817 1.342 0.233174.749
1987佐藤 公哉
元嶋 佑弥
リーガルフロンティアランボルギーニGT3
Lamborghini HURACAN GT3
YH1'33.892 1.417 0.075174.609
2018中山 友貴
小林 崇志
UPGARAGE 86 MC
TOYOTA 86 MC
YH501'33.997 1.522 0.105174.414
2152番場 琢
脇阪 薫一
埼玉トヨペットGreenBraveマークX MC
TOYOTA MARK X MC
YH1'34.027 1.552 0.030174.358
2230永井 宏明
佐々木 孝太
TOYOTA PRIUS apr GT
TOYOTA PRIUS
YH1'34.146 1.671 0.119174.138
2350加納 政樹
安岡 秀徒
EXE AMG GT3
Mercedes-Benz AMG GT3
YH21'34.384 1.909 0.238173.699

Vitz関西

Vitz関西:第3戦鈴鹿 悔しい2位表彰台。3戦連続表彰台獲得 (AVANTECH)

 開幕戦鈴鹿は廣島選手2位、第2戦岡山は勝木選手3位、今回は、優勝、そしてワンツーフィニッシュを目標にしていました。

 参加台数54台、予選はAグループBグループに分かれ、AVANTECHの3台全員がAグループ、廣島選手がグループトップタイム、1年目の大井選手が5位、勝木選手が9位でした。

 廣島選手のトップタイムは狙い通りでしたが、勝木選手の9位は本人の焦りが走りに出てしまい、気合いが空回りする結果でした。大井選手5位にはチーム全員が驚きました! 前日の練習走行でもタイムが伸びず、20位前後で悩んでいましたが、彼の性格や思いを汲み取ったアドバイスがタイムにも反映されました。

 条件が違う予選Bグループでタイム更新があり、決勝2位からスタートになりましたが、グループトップタイムは上出来です。

 決勝レースは優勝と全車ポイント獲得が目標でした。スタートは2位を守り、前を追う展開。毎周抜くチャンスがあっても抜くことが出来ず、2位のままゴールしました。

 予選のコンマ2秒が敗因でしょう。これまでの予選もコンマ数秒で負けているので、予選も更に集中させる必要があります。

 昨年の最終戦が台風の影響でレース中止、開幕戦は途中でセーフティーカー導入、岡山では速さがあってもポジションを落とし、今回が初めてバトルしていたなと思いました。

 大井選手は10位でポイント獲得出来たことが今回一番嬉しかったです。予選と決勝で何かを見付け、まだ荒いですがこれから育てていきたいと思います。

 勝木選手は、予選の悪いところに気付き、決勝は走りは修正をしてポジションを上げました。引き続き、勝木選手の悪いところを修正し、良いところを伸ばして行きたいと思います。

2年計画で始まったヴィッツレース参戦

 昨年の開幕戦は全員が20位前後、トップ争いなんて遠い先、ポイント獲得すら見えませんでした。僕も初めての監督で何から手を付ければいいか、何をすればよいか分かっていませんでしたが、目標を定め、ミスを繰り返さず、間違いを見逃さずに間違いと伝えて戦ってきました。勝つために考え、ドライバー、チームと共に僕も成長してきました。

 今年は全戦表彰台獲得し、ヴィッツレースに新しい風をもちこんだと思います。まだ勝てていないので、勝つために何が必要なのか考え、10月14日の最終戦岡山に挑みたいと思います。応援宜しくお願い致します。

手動車椅子で富士登山

 とうとう再来週末に迫った富士登山ですが、無理せず取り組むことが何より重要なことだと考えています。富士山を登って何があるかは分かりませんが、ここに至るまでの活動にご協力いただいた皆様との経験が必ずこの先に活きてくると思っています。未知の挑戦ですが、7月7日7時から5号目富士吉田口から頂上を目指します。応援宜しくお願い致します。

株式会社アトリエロングハウス 代表取締役
ピロレーシング 代表
長屋宏和

スーパー耐久

S耐:第3戦富士 24時間レースの模様を7月6日23時よりBS TBSで放映

 スーパー耐久機構は21日、先日富士スピードウェイでは50年ぶり、日本では10年ぶりに行われた24時間レースのスーパー耐久第3戦・スーパーTEC富士24時間をテレビ放映すると発表した。詳細は以下のとおり。

スーパー耐久 富士24時間
~伝説よ、再び。 挑戦者たちの24時間~
7月6日(金)23時より BS TB S で放送決定。

 6月2・3日、富士スピードウェイとしては50年ぶり、シリーズとしては10年ぶりに24時間レースが帰ってきた。エントリー台数は50台。そこにはスーパーカーと言われる車両から街中で見かけるコンパクトカーまでが混走、そのスピード差は100km/hを越える。王者であっても勝利は遠い、それが耐久レース、それが24時間レースだ。好天に恵まれた週末、コースサイドには、多くのテントが張られた。BBQを楽しみながら目の前のレース車両に心を躍らせるこのライフスタイルに3万5000人を超える人々が集まった。チームもドライバーも観客も運営側も、そこにいるすべての人々がひとつになった2日間。そんな24時間に挑むさまざまな挑戦者たちの24時間が特別番組として放送される。ナレーションは俳優としても活躍、人間味溢れるナレーションで定評のある田口トモロヲ氏。

  • 【番組名】「 スーパー耐久 富士24時間 ~伝説よ、再び。挑戦者たちの24時間~」
  • 【放送局】 BS T BS  【放送時間】 7月6日(金)23:00 ~(54分)
  • 【ナレーション】 田口トモロヲ

スーパー耐久機構事務局

スーパー耐久

S耐:第3戦富士 「LM24プペルシビック」富⼠24時間レースでクラス8位を獲得! (LM24 Project)

 6⽉1⽇〜3⽇、PIRELLIスーパー耐久シリーズ2018第3戦富⼠SUPER TEC 24時間レースが静岡県富⼠スピードウェイで開催されました。#999えんとつ町のプペル GLORY FN2天川/⽩⽯/野間/下⼭組はST4クラスで予選11位からメカトラブルによるトランスミッション交換を経て24時間レースを完⾛しクラス8位を獲得いたしました。

■レース概要

  • ⼤会名 PIRELLIスーパー耐久シリーズ2018第3戦 富⼠SUPER TEC24時間レース
  • ⽇時 2018年6⽉1⽇(⾦)〜3⽇(⽇)
  • 場所 富⼠スピードウェイ 国際レーシングコース(静岡県)
  • ⼊場者数 6⽉2⽇(⼟)16,700⼈/6⽉3⽇(⽇)15,800⼈

■レース結果概要

  • ⾞名 999号⾞ えんとつ町のプペルGLORY FN2
  • ドライバー A:天川翔貴 B:⽩⽯勇樹 C:野間⼀ D:下⼭和寿
  • 予選 ST4クラス11位(13台中)
  • 決勝 ST4クラス8位(13台中)

6⽉1⽇ 予選

 6⽉1⽇(⾦)12:25から15分間のAドライバー予選2グループがスタート。#999 LM24プペルシビックは24時間レースということで、終始エンジンの回転を制限して予選に挑みます。Aドライバー天川選⼿は、今回が初のスーパー耐久参戦にもかかわらず落ち着いた⾛⾏を⾒せ、他⾞に引っかかりながらも計測6周⽬に2ʻ03.088を記録し、予選12位となりました。

 13:15から15分間のBドライバー予選2グループがスタート。#999 LM24プペルシビック ⽩⽯選⼿は積極的に早めからコースイン。エンジン回転数の制限を課せられながらもアタックを開始。計測4周⽬に⾃⼰ベストとなる1ʼ59.362を記録し、Bドライバー予選9位と健闘しました。

 A/Bドライバーの予選タイム合計で決定される予選順位は11位となりました。#999 LM24プペルシビックはこのレースに今季初参戦するという⽴場のため、ハンディキャップウェイト30kgを課せられていること、またエンジン温存のため回転数も制限していることを考えれば、⼗分に順調な滑り出しとなりました。

6⽉2⽇〜3⽇ 決勝

 今回の決勝レースは24時間レースとなりますが、メンテナンスタイムとしてレース20時間経過までに8分間以上のピットストップが2回義務付けられています。

 #999 LM24プペルシビックのスタートはCドライバー野間選⼿が担当。11番⼿グリッドからのスタートです。初夏を思わせる晴天のもと24時間レースのスタートが切られます。#999LM24プペルシビック野間選⼿は絶好のスタートを決めて9番⼿で1コーナーに⾶び込みます。1コーナー⽴ち上がりでは#18 wedssport86を抜き8番⼿、ダンロップコーナーまでに#13 ENDLESS86を抜き7番⼿で1周⽬をクリア。3周⽬には#884 林テレンプSHADE RACING 86 と#29 TʼS CONCEPT⼩倉クラッチ86を抜き5番⼿までジャンプアップします。さらに#27 Dʼstation FINAゴーゴーガレージSSR ings 86を抜き4番⼿まで浮上するものの、タイヤの消耗と燃料消費によるバランスの変化により勢いを失い、マシンの実⼒相応の7番⼿でピットに帰還します。

 続く第2スティントはDドライバー下⼭選⼿が担当。ベテランらしくマシンを労りながら安定感抜群の⾛りを⾒せ、3時間経過時点で8番⼿を⾛⾏します。

 第3スティントはAドライバー天川選⼿が担当。初のS耐決勝レースということで慎重に⾛りながらも、後⽅から迫る上位クラスのマシンに対して的確に進路を譲るなど、素晴らしい対応⼒を⾒せながら8番⼿をキープ。⽇も落ちた20:20ごろには、FCY(フルコースイエロー)が提⽰され、20:38ごろにはSC(セーフティカー)が導⼊されます。

 このSCが解除されたところでピットイン。第4スティント担当のBドライバー⽩⽯選⼿に交代します。この頃には路⾯温度も⼤きく下がり、スタートから継続して使⽤していたリヤタイヤの内圧が下がりバランスが悪化。ハンドリングが⼤きくオーバーステアになったため⼤事を取ってピットイン、タイヤ4輪交換でドライバー交代せず⽩⽯選⼿のまま再びコースイン。これで調⼦を取り戻した#999LM24プペルシビックは2ʼ01秒台を連発しながら追い上げます。⽩⽯選⼿はトータル3時間にせまるダブルスティントをこなしピットに帰還します。

 続いて再び野間選⼿が搭乗。気温も下がり戦況も安定したところで、2ʼ00秒台のハイペースで追い上げ、2時間近い⾛⾏を終えたところで6番⼿まで浮上し、予定通りピットイン。8分間のメンテナンスタイムを実施します。すると直後にセーフティカーが導⼊、さらに⾚旗が提⽰されます。⾚旗中もピット作業は継続できるため願ってもない幸運。最⼩限のロスでメンテナンスタイムを消化し、続く下⼭選⼿に交代します。

 スタートから12時間が経過した深夜3時、レースの折り返しを順調に6番⼿でむかえた#999LM24プペルシビック。しかし好事魔多し、最終コーナーの先で4速ギアが破損してしまい緊急ピットイン。修復に1時間半を要するも諦めることなく、⽩⽯選⼿に交代し再び11番⼿でコースへ。ここからはトラブルを避ける粘りの⾛りで、天川選⼿、下⼭選⼿、野間選⼿とつなぎ残り3時間の時点で10番⼿まで上がります。

 最終スティントはAドライバー天川選⼿が担当。#26 WAKOʼS TRUST Vitzを抜き9番⼿、#58 ウィンマックステインワコーズDC5がトラブルでリタイヤしたことで8番⼿まで上がり、24時間のレースを8位でフィニッシュすることとなりました。

チーム代表 天川翔貴
 今回の参戦にあたり、クラウドファンディングを始めとしたインターネットと⼈のつながりを軸とした形で⽀援を集め参戦いたしました。しかしレース直前に突然の資⾦難に直⾯し、タイムリミットまであと半⽇…というところで、カーガイ⽊村代表から⽀援のお申出をいただき参戦することができました。その際に⽊村代表から頂いたメッセージが、「えんとつ町のプペル」のテーマである「信じぬくんだ、たとえひとりになっても」というメッセージと共鳴し、諦めないチームを作ってくれたと思います。レースではサポート企業様によるケータリングや飲料⽔、栄養補助サプリ、マッサージ、コンディショニング、キャンピングカーのおかげで、ドライバーとスタッフの体調をベストに保つ事ができました。トラブルによるロスがありましたが、チーム全員がひとつの思いになれたことは、プロジェクトの未来を考えると⼤きな収穫だったと思います。ご⽀援いただきました皆様本当にありがとうございました。この勢いにのりルマンへ駆け抜けていきますので、これからもよろしくお願いします。

Le Mans 24h Project Team

S-FJ鈴鹿シリーズ

SFJ:第3戦鈴鹿決勝 三宅淳詩がぶっちぎりの初優勝

 スーパーFJ地方選手権鈴鹿シリーズ第3戦は17日、鈴鹿サーキットで決勝を行い、ポールポジションの三宅淳詩(KK-SⅡミスト制動屋)がスタートでトップに立つと後続を圧倒して、10周・22分50秒286で優勝した。

出場全ドライバーの集合写真

10周の決勝がスタートした

澤龍之介と岡本大地の2位争い

優勝は三宅淳詩(KK-SⅡミスト制動屋)

決勝2位は澤龍之介(TPS・KK-SⅡ・制動屋)

決勝3位は岡本大地(BITCOIN悟17J)

表彰式: 優勝・三宅淳詩、2位・澤龍之介、3位・岡本大地

 決勝は午後1時35分にフォーメーションラップが始まった。上空を覆う雲は厚くなったものの終始ドライコンディションでレースは行われた。

 ポールポジションの三宅淳詩(KK-SⅡミスト制動屋)は好スタートで1コーナーに向かう。2位には絶妙のクラッチミートを見せた予選3位の岡本大地(BITCOIN悟17J)が続き、3位には予選4位の宮島雄太(アキランド・イーグルスポーツ・KK-SⅡ)が上がってきた。予選2位の澤龍之介(TPS・KK-SⅡ・制動屋)はスタートを失敗し4位に落ちたが、ヘアピンで前を走る宮島をかわし3位に上がると2位を走る岡本を追う。宮島はさらに予選5位の吉田宣弘(DAYTONA☆KKS-Ⅱ☆MYST☆ED)にもかわされ5位に落ちた。

 トップに立った三宅は毎周2位以下より1秒前後速いラップタイムで後続を圧倒。終わってみれば2位を10秒近くを離し、予選後の宣言どおりぶっちぎりでの初優勝を飾った。

 このレースで観客の目を釘付けにしたのは岡本と澤の2位争い。2周目に岡本の背後に付けた澤が4周目のシケインで岡本をパス、2位に上がるが、抜かれた岡本もあきらめずに澤に食らいつく。このコース全周にわたるテールトゥノーズの争いは最終ラップまで続く。6周目には岡本が130Rでアウトから、9周目にはシケインでインから澤の前に出るが、いずれもストレートスピードに利のある澤が1コーナーで抜き返すという白熱のバトルを演じた。結局、澤が岡本の前でゴールして2位、岡本は3位でレースを終えた。

 4位争いも白熱した。オープニングラップで5位に落ちた宮島は2周目の1コーナーで吉田をかわし4位を奪い返す。ここからこの2人もバトルを演じるが9周目のダンロップコーナーで宮島のアウトにいた吉田が行き場がなくコースアウト、この争いに決着がついた。

 4位は宮島、5位には徳升広平(宮本電気工事社☆レプリ☆T-Style)が、6位には荒川鱗(Drago CORSE 10V)が、7位にはHIROSHI(ミスト・セキグチ・制動屋)が入った。吉田は8位でレースを終えたが、3位に入った岡本と並んでランキングトップをかろうじて守った。

 第4戦は西コースに舞台を移し9月26日に決勝が行われる。

Text: Yoshinori OHNISHI
Photo: Motorsports Forum
Yoshinori OHNISHI

S-FJ鈴鹿シリーズ

SFJ:第3戦鈴鹿決勝結果

鈴鹿クラブマンレース第3戦 -RIJ- (2018/06/17) Final Race Weather:Cloudy Course:Dry
2018 S-FJ鈴鹿シリーズ Round 3 鈴鹿サーキット 5.807km

PosNoDriverCar
Maker Model
TireLapTotal_Time
Behind
156三宅 淳詞KK-SⅡミスト制動屋
MYST KK-S2
YH1022'50.286
261澤 龍之介TPS・KK-SⅡ・制動屋
MYST KK-S2
YH109.866
318岡本 大地BITCOIN悟17J
WEST 17J
YH1010.087
429宮島 雄太アキランド・イーグルスポーツ・KK-SⅡ
MYST KK-S2
YH1019.783
570徳升 広平宮本電気工事社☆レプリ☆T-Style
MYST KK-S2
YH1021.133
677荒川 鱗Drago CORSE 10V
TOKYO R&D RD10V
YH1022.657
721HIROSHIミスト・セキグチ・制動屋
MYST KK-S2
YH1022.995
857吉田 宣弘DAYTONA☆KKS-Ⅱ☆MYST☆ED
MYST KK-S2
YH1029.028
926吉元 陵安藤商会オートパンサーNEO・KKSⅡ
MYST KK-S2
YH1034.821
1078八巻 渉中日本自動車短期大学MSE学科07J
WEST 07J
YH1036.686
118河合 優輝ファースト・ゼロ・FTK
MYST KK-S2
YH1038.795
1255坂倉 慎哉AMORE TOKYO☆表参道☆KKSⅡ
MYST KK-S2
YH1039.380
1443小林 良アイシンaw工業TAKE FIRST
TOKYO R&D RD10V
YH1041.847
1558村松 日向子Rn-Sports制動屋KK-SⅡ
MYST KK-S2
YH1045.766
1660石谷 豪志NAVY AUTO
MYST KK-S2
YH1047.698
1717ベンソン・リンBitcoin cash-17J
WEST 17J
YH1050.831
1825濱野 隆一スキルスピード・HTV 10V
TOKYO R&D RD10V
YH101'00.125
199上吹越 哲也ヤマダエスバイエルホームFTK
MYST KK-S2
YH101'01.426
2028依田 学嗣WEST 07J
WEST 07J
YH102'32.005
---- 以上規定周回数(90% - 9Laps)完走 ----
-5村瀬 和也ミスト・関口・制動屋・勝男武士号
MYST KK-S2
YH82Laps
-79岩井 正典中日本自動車短期大学MSE学科07J
WEST 07J
YH82Laps
-23元嶋 成弥MYST KK-SⅡ
MYST KK-S2
YH82Laps
-16キム・カン・ドゥCJ Racing Jr KKS-Ⅱ
MYST KK-S2
YH64Laps
-*1吉田 雄作VW車を買うならVW三重北で買ってね号
MYST KK-S2
YH失格
  • Fastest Lap: CarNo.56 三宅淳詩(KK-SⅡミスト制動屋) 2'16.694 (4/10) 152.93km/h
  • CarNo.1は、2018鈴鹿クラブマンレースシリーズ規則書第62条~1②(ピットレーンの速度)違反により、ドライビングスルーペナルティーを科したが不履行のため失格とした。

S-FJ鈴鹿シリーズ

SFJ:第3戦鈴鹿公式予選 三宅淳詩が2戦連続ポールポジション

 スーパーFJ地方選手権鈴鹿シリーズ第3戦は17日、鈴鹿サーキットで公式予選を行い、三宅淳詩(KK-SⅡミスト制動屋)が2分15秒224でポールポジションを獲得した。

 東海地方は月初めに梅雨入り宣言が出たが、空梅雨でまとまった雨は降らず、この日も早朝、小雨がぱらついたものの曇り空の下、公式予選は午前9時35分より20分間のドライコンディションで25人が参加して行われた。

 予選を圧倒したのは、前戦第2戦でもポールポジションを獲得した三宅淳詩(KK-SⅡミスト制動屋)。2周目には2分17秒672でタイミングモニターのトップに顔を出すと、その後もリーダーを譲らす徐々にタイムアップ。5周目には1分15秒224とこの時点で2位以下を1秒以上突き放すと「クルマは完璧、14秒台を狙っていた」とその後もこれに迫るタイムで周回。タイムアップは果たせなかったもののぶっちぎりでのポールポジションを獲得した。

 2位にはこのレースがデビューの澤龍之介(TPS・KK-SⅡ・制動屋)が2分15秒893と0秒6差で続き、3位にはさらに0秒8差の1分16秒647で前戦優勝の岡本大地(BITCOIN悟17J)が続いた。

 4位には宮島雄太(アキランド・イーグルスポーツ・KK-SⅡ)が、5位には現在ポイントリーダーの吉田宣弘(DAYTONA☆KKS-Ⅱ☆MYST☆ED)が、6位にはポイントランキング2位の徳升広平(宮本電気工事社☆レプリ☆T-Style)が付けた。

 初参戦から2戦連続ポールポジションの三宅は地元三重県伊勢市在住の19歳。全日本カートのOKクラスにも参戦、鈴鹿レーシングスクールも受講中だ。

 決勝は本日17日、午後1時35分より10周で争われる。「ぶっちぎりで勝ちたい」というPP三宅と2位澤の新人対決、また予選タイムが拮抗している3位以下の表彰台をかけた争いにも注目だ。

Text: Yoshinori OHNISHI

S-FJ鈴鹿シリーズ

SFJ:第3戦鈴鹿公式予選結果

鈴鹿クラブマンレース第3戦 -RIJ- (2018/06/17) Qualifying Weather:Cloudy Course:Dry
2018 S-FJ鈴鹿シリーズ Round 3 鈴鹿サーキット 5.807km

PosNoDriverCar
Maker Model
TireTimeBehindGapkm/h
156三宅 淳詞KK-SⅡミスト制動屋
MYST KK-S2
YH2'15.224--154.597
261澤 龍之介TPS・KK-SⅡ・制動屋
MYST KK-S2
YH2'15.893 0.669 0.669153.836
318岡本 大地BITCOIN悟17J
WEST 17J
YH2'16.647 1.423 0.754152.987
429宮島 雄太アキランド・イーグルスポーツ・KK-SⅡ
MYST KK-S2
YH2'16.739 1.515 0.092152.884
557吉田 宣弘DAYTONA☆KKS-Ⅱ☆MYST☆ED
MYST KK-S2
YH2'16.884 1.660 0.145152.722
670徳升 広平宮本電気工事社☆レプリ☆T-Style
MYST KK-S2
YH2'17.266 2.042 0.382152.297
777荒川 鱗Drago CORSE 10V
TOKYO R&D RD10V
YH2'17.367 2.143 0.101152.185
839高橋 武秀SANKOイーグル
MYST KK-S2
YH2'17.376 2.152 0.009152.175
916キム・カン・ドゥCJ Racing Jr KKS-Ⅱ
MYST KK-S2
YH2'17.518 2.294 0.142152.018
1021HIROSHIミスト・セキグチ・制動屋
MYST KK-S2
YH2'17.707 2.483 0.189151.809
1123元嶋 成弥MYST KK-SⅡ
MYST KK-S2
YH2'17.765 2.541 0.058151.745
1226吉元 陵安藤商会オートパンサーNEO・KKSⅡ
MYST KK-S2
YH2'17.903 2.679 0.138151.594
1360石谷 豪志NAVY AUTO
MYST KK-S2
YH2'17.934 2.710 0.031151.559
1458村松 日向子Rn-Sports制動屋KK-SⅡ
MYST KK-S2
YH2'18.164 2.940 0.230151.307
1543小林 良アイシンaw工業TAKE FIRST
TOKYO R&D RD10V
YH2'18.307 3.083 0.143151.151
168河合 優輝ファースト・ゼロ・FTK
MYST KK-S2
YH2'18.341 3.117 0.034151.114
171吉田 雄作VW車を買うならVW三重北で買ってね号
MYST KK-S2
YH2'18.499 3.275 0.158150.941
1855坂倉 慎哉AMORE TOKYO☆表参道☆KKSⅡ
MYST KK-S2
YH2'18.628 3.404 0.129150.801
1978八巻 渉中日本自動車短期大学MSE学科07J
WEST 07J
YH2'18.804 3.580 0.176150.609
2017ベンソン・リンBitcoin cash-17J
WEST 17J
YH2'18.815 3.591 0.011150.598
215村瀬 和也ミスト・関口・制動屋・勝男武士号
MYST KK-S2
YH2'18.863 3.639 0.048150.546
2225濱野 隆一スキルスピード・HTV 10V
TOKYO R&D RD10V
YH2'18.992 3.768 0.129150.406
2379岩井 正典中日本自動車短期大学MSE学科07J
WEST 07J
YH2'19.111 3.887 0.119150.277
249上吹越 哲也ヤマダエスバイエルホームFTK
MYST KK-S2
YH2'19.662 4.438 0.551149.684
2528依田 学嗣WEST 07J
WEST 07J
YH2'27.30212.078 7.640141.921
---- 以上基準タイム(130% - 2'57.000)予選通過 ----
  • CarNo.9は、2018鈴鹿クラブマンレースシリーズ規則書第62条~1②(ピットレーンの速度)違反により、決勝のグリッドを3グリッド降格とする。

S-FJもてぎシリーズ

SFJ:第3戦もてぎ 神晴也が開幕3連勝! 上田裕也も続いて、今季2度目の1-2フィニッシュを達成 (Le Beausset)

 ル・ボーセモータースポーツは原点でもあるカテゴリー、スーパーFJのもてぎシリーズ に今年も2台体制で、17歳の神晴也と、2年目で19歳の上田裕也を擁して挑む。

 ここまでの2戦は、神がいずれもポール・トゥ・ウィンを飾って、未だ負け知らず。上田も開幕戦では2位、第2戦では4位と連続入賞を果たしている。今回は遠征ドライバーもおり、そんな中でも強さを発揮できるかが、今まで以上に試される一戦となった。

予選 6月10日(日)天候/雨 コース状況/ウエット

 このレースウィークは金曜日から走行を開始。金曜日、土曜日は初夏を感じる天候で、今まで以上に気温・路温ともに高く、セッティングもさることながら、ドライバーたちはその状況に合わせた走りを意識して練習を重ねた。

 予選・決勝が行われる日曜日は、天候が一変。一気に梅雨時期の天気となり、気温もぐっと下がった。予選開始の30分前は、スリックタイヤでのアタックも可能な状況だったが、15分前になると霧雨から小雨となりコースを濡らし始めたことから、ウエットタイヤでコースに送り出す。

 練習時とは天候も路温も異なることから、神と上田はタイヤと周りの状況を見ながらそれぞれアタックを開始。神は計測4周目からのアタックで、一発で2分12秒551をマークしてトップに立つ。その後も予選時間終了まで神のタイムを上回る者は現れず、3戦連続のポールポジション獲得となった。

 上田は周回を重ねるごと徐々にタイムを縮めていって、神がベストタイムを記したのと、ほぼタイミングを同じくして2分12秒942をマークする。この時がタイヤのピークだったため、それ以上の更新はかなわなかったものの、2番手につけてチームメイトとのフロントロー独占に成功する。

決勝 6月10日(日)天候/雨 コース状況/ウエット

 雨脚は強くなかったものの、止むことはなく、全車ウエットタイヤを履いて決勝を迎えた。スタートで3番手に後退した神ではあったが、ヘアピンですぐ2番手に順位を戻し、1周目を終えたところで1秒1ほどあったトップとの差を、次の周にはコンマ7秒にまで詰める。その間に相手の苦手とするところを見定めていた神は、3周目のヘアピンで最初のチャージをかけて、その後の90度コーナーの立ち上がりの乾いた部分で車速を伸ばし、トップ奪還に成功する。

 その後の神は、ファステストラップを連発し、ここまでの2戦のように後続を引き離していく。最終ラップにもファステストラップ、2分12秒641を記した結果、2位に13秒もの大差をつけて開幕3連勝を飾ることとなった。

 一方、上田はスタートでほぼ最後尾まで後退したが、巻き返しも素早く2周目には7番手に浮上する。4周目からは1周1台ずつ抜いて、6周目に4番手に上がった後は、3台で2番手を争う格好に。前を行くのは岡山シリーズのポイントリーダーも含んだ、いずれも遠征ドライバー。その状況において上田はしっかり競り合い、9周目の1コーナーで3番手に、そして最終ラップの90度コーナーで2番手にまで順位を戻しゴールを果たした。

 今シーズン2回目の1-2フィニッシュを飾り、遠征のライバルにも負けることなく勝負ができた二人。次戦は9月となるが、更なる成長が期待される。

チーム監督 坪松唯夫(Tadao Tsubomatsu)COMMENT
 前日までの天候から大きく変ったことで、路面温度が低くグリップレベルの違いにドライバーがどのように対処出来るか見守ったが予選に関しては十分なほど落ち着いて走れていた。2人とも決勝の出だしが悪く後続に呑みこまれたが、それからのリカバーに成長の跡が見られた一戦だった。
Driver 神 晴也(Seiya Jin)COMMENT
 スタートはストールしてしまいました。でも、スタート以外、特に最後の方はここまでの2戦以上に、どんどんスピードを上げて行くことができ、理想的に走れました。スタートで抜かれた後も気持ちは落ち着いていてミスなく走れて、相手のどこが弱いのか探して、見抜いていたので、すぐ抜くことができました。これからもスタートは課題です。一からまた、やり直したいと思います。
Driver 上田裕也(Yuya Ueda)COMMENT
 スタートは完全に失敗してしまいました。ニュータイヤだったこともあって、思ったよりホイールスピンさせすぎてしまったのが原因です。雨の中の走りそのものは、以前よりも自信を持って行けたので、落ち着いていけば何とか戻せるかなと思っていて、実際そのとおりの結果にはなったのですが、今回は残念な2位という感じです。
Le Beausset Motorsports

スーパー耐久

S耐:第3戦富士 50年ぶりの「富士24時間」で、686周を走りきる。様々な局面を克服して、2位表彰台を獲得! (Le Beausset)

 ル・ボーセモータースポーツは、ピレリスーパー耐久シリーズのST-3クラスを「DENSO Le Beausset RC350」で戦う。その第3戦が6月1日(金)、2日(土)〜3日(日)に、富士スピードウェイ(静岡県)で「富士SUPER TEC 24時間レース」として開催された。

 ドライバーを6名まで登録できる長丁場のレースとあって、嵯峨宏紀と山下健太、そして今シーズンから加入の宮田莉朋といったレギュラーの3人に、石浦宏明と平手晃平を助っ人として加えたラインアップはドリームチームとも称され、大きな注目を集めた。加えて、「富士SUPER TEC」は参戦以来、負け知らずの3連覇中と非常に相性のいいレースとなっている。シリーズ一番の晴れ舞台で狙うは今シーズン初勝利、そして「富士SUPER TEC」の4連覇だ。

予選 6月1日(金)天候/晴れ コース状況/ドライ

 今回は土曜日の午後3時にスタートが切られ、日曜日の午後3時にゴールを迎える、24時間レースということもあって、予選は普段より1日早い金曜日に行われた。今回は普段のレース以上に一発の速さは必要とされず、決勝でのコンスタントラップを重視してセットが進められていたため、木曜日の専有走行でトップが1分53秒台を記録していたのに対し、1分54秒222がベストタイムとなっていたが、いざ予選となるとドライバー達は本領を発揮しスピードアップしていった。

 今回は山下が決勝からの合流とあってEドライバーとして登録され、代わりにBドライバーを宮田が務める。まずはAドライバーセッションに嵯峨が挑み、1分53秒715をマークして4番手につける。この時に嵯峨は穏やかなコンディションの割には路面状態の影響なのか、タイヤのウォームアップに違和感を覚えていたことから、宮田にいつも以上に入念にタイヤのウォームアップを行うよう指示を出す。これが功を奏して、続いて挑んだ宮田は最初のアタックで1分52秒968にまで短縮を果たして3番手につけ、合算タイムでもクラス3番グリッドを獲得する。

 続いて行われたCドライバーセッションでは石浦が1分53秒984を記してトップにつけ、Dドライバーセッションでは平手が1分55秒244で4番手につける。いずれもユーズドタイヤで周回を重ねることで、24時間の決勝レースへの確認も行い万全を期して臨むこととなった。

決勝 6月2日(土)~3日(日)天候/晴れ コース状況/ドライ

 国内レースとしても「十勝24時間」以来10年ぶり、「富士24時間」としては50年ぶりの開催となるため注目度は予想以上に高く、土曜日のスピードウェイには16,700人もの観客が訪れていた。いつものレースと異なるのは、スタンドよりコースサイドに多くの観客がキャンプ感覚でのレース観戦を楽しんでおり、随所にテントが設けられ、脇ではBBQを楽しんでいる様子は、日本のレース文化に新たな一章が加えられた感さえあった。

 決勝日の午前にはウォームアップが行われ、ここで初めて山下が走行を開始。マシンの状態を確認するため、まわりが抑え気味の中、攻め込んで走って1分53秒699をマークし、トップに躍り出る。

 今回は初めて宮田にスタートを託すこととなった。カート時代に手慣れたローリングスタートを宮田はそつなくこなし、「DENSO Le Beausst RC350」は4番手から24時間レースを開始する。もちろん前を行く3台から遅れをとることなく続いて、早くも6周目には3番手に返り咲く。

 そして、レースは始まって30分を経過して間もなく、いきなり動いた。1コーナーでアクシデントが発生したため、フルコースイエロー(FCY)からすぐにセーフティカー(SC)が導入される。約10分後にレースは再開、これで3番手との差が一気に詰まったこともあり、25周目に宮田は2番手に浮上することとなる。ただし、総合トップの車両よりSC導入時に#68-マークXだけが前を走っていたため、#68-マークXが1周稼ぐ格好となっていた。

 しかし、その#68-マークXが早めにドライバー交代を行なったこともあり、宮田は42周目からトップに浮上、スタートから1時間50分間ほど経過した54周目に山下と交代、給油とタイヤ4本の交換をしてコースに送り出す。

 これでいったんは3番手に後退するも、わずか3周後には#38-IS350を抜いて2番手に返り咲く。その先は、1時間50分間前後の間隔でドライバー交代が行われ、108周目から嵯峨が、156周目からは石浦が「DENSO Le Beausset RC350」をドライブしていた。

 あたりがすっかり夕闇に包まれ、スタートから5時間半ほど経過した166周目に、2度目のFCYが提示され、石浦をピットに呼び寄せ、給油を行う。ここでトップの#68-マークXもピットインし、今回の24時間レースで特別に規定された、8分間のメンテナンスタイム2回の義務の1回目を早くも行なっていたため、「DENSO Le Beausset RC350」は再びトップに躍り出る。

 213周目の平手への交代のピットインでは、タイヤ交換をフロント2本のみとして送り出し、トップをキープ。そして、レース開始から8時間45分、1/3を経過していたことから、260周目に最初のメンテナンスタイムが行われ、フロントハブ、ブレーキローター、ブレーキパッドを交換。更にエンジンオイル、ミッションオイルも交換。そして宮田がコースに乗り込んでいき、5番手で復帰するが、この時点でメンテナンスタイム1回目を消化しているのは#68-マークXと「DENSO Le Beausset RC350」のみとなる。

 315周目から再び嵯峨がコースインすると、13コーナーで大きなクラッシュが発生。SC導入後に直ぐに赤旗が提示され、ホームストレートで車両を停止すると、運よく総合トップ車両は直後におり、再開時には最後尾になるものの1周を加算して再スタートとなり、325周目には直前の#39-RC350をパスして3番手に浮上する。

 368周目からは石浦が担当。ST-4クラスの車両がトラブルでコース1周に渡ってオイルを撒く場面など荒れた展開に遭遇するも、石浦はタイヤを労わりながら安定したドライビングで周回を重ね夜明けを迎える。

 規定によりナイトセッションをEドライバーが走ることは認められていないため、あたりがすっかり明るくなった416周目、石浦のタイヤを労わる走りからタイヤ無交換を遂行して、いよいよ山下が走行を開始。この頃、他車が続々と1回目のメンテナンスタイムを実施し#68-マークXはまたも早々と2回目のメンテナンスタイムを行なっていたこともあり、434周目に山下は再びトップに浮上する。

 その後、462周目からの平手を間に挟んで、509周目に再び山下に交代するが、その直後にFCYが導入される。これに合わせて2回目のメンテナンスタイムを行うも、FCYは短い時間で終了となったため、絶対のマージンを生み出すまでには至らず。

 すでにトップ争いは一騎討ちの様相を呈していたが、555周目から石浦が、590周目からは山下の担当となり、それぞれ当初の予定よりプッシュし最初のSCランで築かれたトップ#68-マークXとの1周差を逆転するべく周回を重ねて行く。

 スタートから21時間を経過し、残り3時間を切ったところで3回目のSCランが行われた後に赤旗が出されて、レースが中断。#68-マークXは総合トップの前、それに対して「DENSO Le Beausset RC350」は後ろで、またも1周を失うことになる。

 再開後は宮田が614周目から走行し、残り1時間半を切った644周目から嵯峨が最後のドライブを担当する。タイヤ無交換でロスを最小限とし、一縷の望みを託したものの、勝利の女神は最後まで微笑んでくれず。「DENSO Le Beausset RC350」は686周を走りきり、2番手でチェッカーが振り下ろされることとなった。

 24時間もの長丁場のレースの中で、トラブルへの対応や戦略変更など様々な局面を、ドライバー、スタッフとも克服しならが、大きなミスひとつなくゴールできたことは、チームにとって大きな成長をさせてくれるレースとなった。シリーズポイントも3位と、シリーズチャンピオンに挑めるポジションをキープすることとなり、残る後半3レースも勝利を目標に臨む。

チーム監督 坪松唯夫(Tadao Tsubomatsu)COMMENT
 24時間をトップでゴールする戦略を持っていたが、幾つかの要因から実行出来ずに終わったことが自分たちのペースを狂わせ、相手に楽なレースをさせてしまった。チームはこの結果を受け止め更に強くなる必要がある。ドライバーラインナップは速く個性的なメンバーを揃えたことでバトンを繋ぐと言う意味で不安が無かったことではないが、自らル・ボーセのドライバーとして各パートを確実にこなしてくれ、高い次元でバランスの取れたチームになった。素晴らしい24時間レースを開催してくれた富士スピードウェイに感謝したい。
Driver 嵯峨宏紀(koki Saga)COMMENT
 運がこちらに向いてくれませんでした。最初のSCでいきなり1周遅れになりましたし、最後のSCも僕らにはいい方向にはいきませんでした。僕らはずっと戦略通りコンスタントにラップを刻み続けていたのですが、間のSCでうまくはまらないようになってしまいました。ドライバー全員ミスなく、コース上でのアクシデント回避や車両のトラブルなどが起きても局面毎にシッカリ対処し克服して、全力を出し切っての結果だったと思います。
Driver 山下健太(Kenta Yamashita)COMMENT
 僕自身このレースウィーク、しっかり練習はできなかったのですが、足を引っ張らずに済んだことにはホッとしています。登録上、スタートとナイトセッションを走ることができなかったので、夜が明けてから、精一杯プッシュして逆転を目指してトップを追い続けたのですが、最後のSC時にポジションが悪く追いつけなかったのは残念でした。シリーズチャンピオンを狙える位置にまだいるので、次のオートポリスから勝てるように頑張ります。
Driver 宮田莉朋(Ritomo Miyata)COMMENT
 スーパー耐久では初めてのスタート担当でしたが、長距離レースはフォーミュラと違ってリスクを負う必要もないし、特に今回は24時間レースということで、その先に何があるか分からないので、そこではあまり頑張りませんでした。むしろコンスタントなペース配分が大事だと思ったので、そこだけ意識しつつペース的には良かったので、すぐ2番手に上がれたこともあって、最初のスティントは順調に行けました。それ以降は運が悪かったですね、SCの場所だったり。ただ、ウエイトを積んでいるクルマの中ではトップでしたし、この結果をポジティブに受け止めて、次のレースも頑張りたいと思います。
Driver 石浦寛明(Hiroaki Ishiura)COMMENT
 序盤から展開には恵まれない感じがあって、そういうところで遅れたものを、自分たちが様々な条件下でもペースを上げて、けっこう高度なことをやりながら徐々に差を詰めて行ったんですが、結局また展開にやられ……という繰り返しで、24時間ずっとトップを追い続けたまま、終わってしまったという感じでしたね。勝てなかった悔しさと、24時間ずっと見えないところで競っていたという、24時間レースならの面白さと難しさは味わえました。いろんな作戦を立てましたし、臨機応変にペースも変えましたし、作戦も変えましたし。そういうチームワークで、いろんなトライをしたことは、ものすごい経験になったと思います。
Driver 平手晃平(Kohei Hirate)COMMENT
 僕にとって人生初めての24時間レースは、当初から自分で立てていた『とにかく襷はつなぐ』という目標は達成できて、チームに貢献はできたと思いますが、結果的には負けてしまいました。でも、やっぱり24時間レースはゴールすることにすごく意義があるから、チームのみんな、ドライバーもスタッフも頑張って、2位表彰台には立てたので、初レースにしては良かったと思っています。このレースを経験したことによって、勝つためには何が必要なのか、戦略であったり、クルマであったりをチームがデータ分析してくれると思いますので、また機会があれば出させてもらいたいと思っています。
Le Beausset Motorsports

OK

OK:第3,4戦本庄 第3戦は佐々木大樹、第4戦は名取鉄平が優勝

 2018年オートバックス全日本カート選手権OK部門の第3・4戦が6月2・3日、本庄サーキット(埼玉県)にて行われ、第3戦は佐々木大樹(TONYKART RACING TEAM JAPAN)が、名取鉄平が(TeamBirelART)が優勝した。

 今大会の開催地本庄サーキットは、全日本カート選手権の開催コース中、最もハイスピードなレイアウトだ。長いストレートはスリップストリームの効果が大きいうえ、広いコース幅によって走行ラインの自由度が高く、コース上のあちらこちらでオーバーテイクが見られる。混戦必至の本庄サーキットでは、最後の最後まで勝負の行方が分からないレースが繰り広げられる。

【第3戦】名門トニーカートが1-2フィニッシュ!!佐々木大樹、今季2勝目を飾る。

 土曜日に行われたタイムトライアルでは、0.2秒以内に9台が入るという緊迫のアタックが繰り広げられた。そんなタイムトライアルを制したのは佐藤蓮(Drago CORSE)で、開幕もてぎ大会に続いてのトップタイムとなった。2番手には佐々木、3番手には高橋悠之(TONYKART RACING TEAM JAPAN)と、トニーカートの2台が続いた。

 予選ヒートでは佐藤がレースをリードするも、6番手から順位を上げてきた名取がテールトゥノーズで襲いかかる。何とか名取を抑えきった佐藤が決勝ヒートのポールポジションを獲得した。

 ポール佐藤の好スタートによって25周に及ぶ決勝ヒートの火蓋が切られた。スタートダッシュを決めて逃げるかと思われた佐藤だったが、後続を突き放すことができずトップ集団に吸収されてしまう。変わって集団から抜け出したのは佐々木、高橋のトニーカート勢。2台は1-2体制のまま周回数を重ねていく。残り2周というところで高橋が仕掛けるも、佐々木が抑えきってトップチェッカー。今季2勝目をマークした。2番手には高橋が続き、名門トニーカートが1-2フィニッシュを飾った。3位には、ファイナルラップの混戦を制した佐藤が入った。

【第4戦】0.02秒差!!混戦を制した名取鉄平が今季初優勝!

 予選ヒートは、ポール佐藤が好スタートを決めるが、高橋、佐々木のトニーカート勢の先行を許してしまう。レース中盤までレースをリードした高橋だったが、その後ペースが上がらず順位を落としてしまう。変わってトップに立ったのは佐々木。続く佐藤はレース残りわずかというところで、エンジントラブルでリタイア。佐々木が決勝ヒートのポールポジションを獲得した。

 迎えた決勝ヒート。ホールショットを決めたのは佐々木。名取、水野皓稀(INTREPID JAPAN CORSE)と続く。佐々木と名取の2台はテールトゥノーズのままレースをリード。レース中盤に名取が前にでるも、両者の間隔は変わらない。レース終盤、佐々木がトップを奪い返すが、翌周には名取が再びトップに。そしてファイナルラップに突入した2台は、ラインをクロスしながらの激しい攻防を繰り広げ、ほぼ横並びでゴールラインへと飛び込んだ。僅か100分の2秒差という瞬きにも満たない差で勝利を掴み取ったのは名取で、今季初優勝。2番手佐々木は4戦連続表彰台でポイントランキングトップに。3番手には、ルーキーの森山冬星(TEAM WOLF)が入った。

Text & Photo: Hideshi KIKUYAMA

SUPER GT

SGT:第3戦富士 ミッションはチームポイント3点奪取!「鈴鹿有利不利作戦」発動 (Arnage)

 第3戦は鈴鹿サーキットで開催される300㎞レース。46年にわたって夏の風物詩「鈴鹿1000㎞」として親しまれてきた鈴鹿のロングレースが「鈴鹿10時間耐久レース(SUZUKA 10H)」に変わり、SUPER GTのレースは今年からは5月に「SUZUKA GT 300㎞ Fan Festival」として開催されることになった。 富士ラウンドではミスが積み重なり、完走はしたもののチームポイントは1点と、悔しいレースとなっていた。2016年より次年度に対するグループ分けが細分化され、チームが過酷なSUPER GTのサバイバルレースを生き残っていくには、少しでも多くのチームポイントを取って上位グループに勝ち上がっていかなければならない。GT300クラスの場合、優勝チームから1周遅れまで3ポイントが加算されるが、完走したとしても2周以上遅れてチェッカーを受けると1点のみ加算される仕組みとなっている。つまり、1周の距離が長く周回数に差のつきにくい鈴鹿サーキットの特性を活かせば、鈴鹿大会は3ポイントを取るには絶好のチャンスとも言える。しかも、コースが長いために、第1スティントをショートにしてピットインしても周回遅れになりにくく、青旗提示される可能性が低いために、安岡選手を第2スティントに持ってくる作戦が取れる。加えて、ハイスピードコースの割にエスケープゾーンが小さい鈴鹿サーキットはセーフティカーの入る可能性が高いため、セーフティカーによって上位グループに追いつける可能性もある。セーフティカーのタイミングは計算することができないが、加納選手をスタートドライバーにすることは、全てを有利に運ぶ作戦とも言える。

 富士ラウンドから2週間という短いインターバルの間に、ファクトリーではリアウイングを新品に交換し、傷んだカーボンパーツを補修して、チームは地元ファンの待つ鈴鹿サーキットに乗り込んだ。

May 19th Qualifying Day 晴れ/ドライ 気温:20℃→19℃ / 路面温度:26℃→31℃ 入場者:20,000人

予選の行われるこの日、前夜に降った雨は上がって青空となったものの、気温は前日よりも5度以上低く、鈴鹿サーキットは嵐のような強風が吹き荒れる天候となった。時折吹く突風のような風に煽られて、コース上に人工芝が飛ばされる場面もあり、波乱の幕開けが予想された。

 予定通り9時から公式練習が行われた。コースコンディションはドライ。チームは作戦通り、加納選手を決勝のスタートドライバーと想定し、冷えたタイヤでコースに送り出した。冷えたタイヤに苦手意識のあった加納選手だったが、慎重に数周回走行することによりタイヤの感触を掴んだ。チームはマシンを繰り返しピットイン、ピットアウトさせてセッティングを確認し、セッション中に出た赤旗のタイミング使って、ドライバーチェンジのシミュレーションも行った。EXE AMG GT3は公式練習の後のサファリの時間も含めて時間いっぱいを走行し、順調に土曜日の午前中のメニューをこなした。

 午後からの予選は予定どおり14時30分から、従来のノックダウン方式でスタートした。まずはQ1突破を目指して安岡選手がアタック。安岡選手は慎重にタイヤに熱を入れながらチャンスを狙い、5周目に1’58.642をレコード。更にワンチャンスあるかに見えたが、赤旗中断となって気を削がれたか、安岡選手はそこでアタックを終了。EXE AMG GT3は、22位とQ2進出を許されなかった。しかし安岡選手の気迫のアタックに、チームは明日のポジションアップを確信し、入念に決勝に向けてのメンテナンスを行った。

May 20th Race Day 曇/晴/ドライ 気温21℃→26℃ / 路面温度:34℃→36℃ 入場者:33,000人

 前日の強風は収まり、気温は低いながらも日差しの眩しい絶好のレース観戦日和に、大勢の観客がスタンドを埋めた。

 決勝前のウォームアップ走行は13時開始が予定されていたが、システム障害が原因で45分のディレイとなり、以降のスケジュールも45分遅れで進行される事となった。

 15時25分、いよいよ鈴鹿300㎞のレースが始まった。6年ぶりにスタートドライバーを任された加納選手が追い上げを開始した。加納選手は一旦前方の集団から離されてポジションを落としたが、2分4秒台前半のタイムで走行。前方を行くマシンのアクシデントなどもあって、EXE AMG GT3は徐々にスタート時のポジションにまで戻していった。

 スタート時に21℃だった気温は26℃にまで上がり、路面温度も40℃近くに上っている。ルーティンピットの15周目が近づいていた。ところが12周目に入った時、デグナーで500クラスのマシンがクラッシュ、セーフティカー導入となった。セーフティカーは5周にわたって走行し、これですべてのマシンのマージンがご破算となった。チームはセーフティカーが抜けた後のピットインラッシュを避けて、加納選手を18周まで引っ張り、19周目、見かけ上15位でマシンをピットに呼び戻した。タイヤ無交換作戦をとるチームが多かったが、チームは万全を期してリアタイヤ2輪を交換、非常に迅速なピットワークののち、加納選手からステアリングを託された安岡選手が27番手でコースに復帰した。安岡選手は安定した走行で徐々に順位を上げていく。全車がピットインを済ませる31周目には21位にまでポジションを戻していた。

 タイヤ無交換作戦をとったチームが苦戦する中、安岡選手は最後まで2分3秒台の安定したタイムで走行を続けた。前方チームのペースダウンやアクシデントなどもあり、安岡選手はさらにポジションをあげ、37周目、19位でチェッカーを受けた。チームの読みが当たったレース運びに、Arnage Racingは目標であったチームポイント3点を獲得し、ミスのないピットワークで前戦の雪辱を晴らすことができた。

ドライバー 加納政樹
 まずは、今回のミッションであったチームポイント3点が取れてよかったです。金曜にサーキット入りした段階で「スタートは加納さんだよ」と言われて、6年ぶりのスタートやったんですけど、久しぶりにドキドキして、ちょっとフレッシュな気持ちで臨むことができました。前回のレースが自分の中で、不甲斐ないところがたくさんあって、今回は一回頭をリセットして、自分がなすべきことをもう一回考えてレースがしたい気持ちがあった中でのスタートなんやと思って、なおの事ぐっと気持ちが入った部分がありました。鈴鹿はレースが荒れるだろうという読みが的中して、監督が考えたプランの中で、自分もやっすーも自分の仕事をして、本当にチーム力でこの3点をきちっと取れたのは嬉しかったです。こういう形を積み重ねて、当初から掲げてるように、チーム一丸で、これまでなし得てない全戦完走ができたらと思ってます。次戦は、自分にとっては2年ぶりのタイなんで、シミュレーターなりでもう一回見直しながら頑張っていきたいと思います。
ドライバー 安岡秀徒
 予選がまずまずだったのに、思ったよりも下位で、案の定レースペース的にその目をみはるものがなく淡々と進んで、富士戦に近いようなレースになった印象でした。ただ富士であったようなミスが全部取り除かれてたので、ある意味ではやりたかったようなレースではあったのですが、期待していたAMGとの相性がペース的にイマイチだったかなとも思います。あと、個人的には、練習走行で試したハードタイヤをレースで使えていれば無交換っていう選択もできたんじゃないかと思うと残念な部分もあります。もちろん結果的には交換してよかったのですが、無交換で行っていれば…という思いは残っていて、ちょっと微妙なところではあります。ただし、次のタイに向けては明るい材料があるそうなので、それを楽しみにしつつ、逆にプレッシャーだなとも思いつつ、ちょっと間が空くので、また夏のレースの準備をして行きたいなと思います。ありがとうございました。

 応援してくださった皆さまには深く感謝いたします。次戦タイラウンドは6月30日~7月1日にタイ国チャーンインターナショナルサーキットにて開催されます。何卒、引き続き応援のほど宜しくお願いいたします。

Arnage Racing
Facebook: http://www.facebook.com/arnage.racing
Twiter : https://twitter.com/arnage_racing
Instagram: https://www.instagram.com/sacracat_arnage/

SUPER FORMULA

SF:第3戦SUGOフォトギャラリー

フリー走行: ORIENTALBIO KONDO SF14 フリー走行: JMS P.MU/CERUMO・INGING SF14 フリー走行: ダニエル・ティクトゥム(TEAM MUGEN SF14) フリー走行: ジェームス・ロシター(VANTELIN TEAM TOM’S)
フリー走行: ニック・キャシディ(KONDO RACING) フリー走行: ピットオープンを待つドライバーたち フリー走行: トム・ディルマン(UOMO SUNOCO SF14) フリー走行: 国本雄資(JMS P.MU/CERUMO・INGING SF14)
フリー走行: ヘアピンを立ち上がるSFマシン フリー走行: 関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL SF14) フリー走行: 石浦宏明(JMS P.MU/CERUMO・INGING SF14) フリー走行: ダニエル・ティクトゥム(TEAM MUGEN SF14)
フリー走行: ナレイン・カーティケヤン(TCS NAKAJIMA RACING SF14) フリー走行: 大嶋和也(UOMO SUNOCO SF14) フリー走行: 千代勝正(B-Max Racing SF14) フリー走行: ヘアピンを立ち上がるSFマシン
フリー走行: ジェームス・ロシター(VANTELIN KOWA TOM’S SF14) フリー走行: 小林可夢偉(KCMG Elyse SF14) フリー走行: 山本尚貴(TEAM MUGEN SF14) フリー走行: S字でクラッシュした伊沢拓也のTCS NAKAJIMA RACING SF14
フリー走行: S字に進入するSFマシン フリー走行: ダニエル・ティクトゥム(TEAM MUGEN SF14) フリー走行: 松下信治(DOCOMO DANDELION M6Y SF14) フリー走行: 千代勝正(B-Max Racing SF14)
フリー走行: 小林可夢偉(KCMG Elyse SF14) フリー走行: トム・ディルマン(UOMO SUNOCO SF14) フリー走行: 松下信治(DOCOMO DANDELION M6Y SF14) ピットウォーク: レースクイーン
ピットウォーク: ダニエル・ティクトゥム(TEAM MUGEN) ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン
ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: 関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL) ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン
ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン
ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: JMS P.MU/CERUMO・INGING SF14のフロントウイング ピットウォーク: TEAM MUGEN SF14のサイドカウル ピットウォーク: レースクイーン
ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン 公式予選: 野尻智紀(DOCOMO TEAM DANDELION RACING) 公式予選: 松下信治(DOCOMO TEAM DANDELION RACING )
公式予選: 中嶋悟監督(TCS NAKAJIMA RACING) 公式予選: 金石勝智監督(REAL RACING) 公式予選: 野尻智紀(DOCOMO TEAM DANDELION RACING) 公式予選: 予選に向けピットを後にするドライバーたち
公式予選: ジェームス・ロシター(VANTELIN KOWA TOM’S SF14) 公式予選: 松下信治(DOCOMO DANDELION M6Y SF14) 公式予選: 関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL SF14) 公式予選: 塚越広大(REAL SF14)
公式予選: 関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL SF14) 公式予選: 小林可夢偉(KCMG Elyse SF14) 公式予選: 千代勝正(B-Max Racing SF14) 公式予選: 山下健太(ORIENTALBIO KONDO SF14)
公式予選: ダニエル・ティクトゥム(TEAM MUGEN SF14) 公式予選: 山本尚貴(TEAM MUGEN SF14) 公式予選: 平川亮(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL SF14) 公式予選: 野尻智紀(DOCOMO DANDELION M5S SF14)
公式予選: 記者会見後のフォトセッション キッズピットウォーク: レースクイーン キッズピットウォーク: レースクイーン キッズピットウォーク: レースクイーン
キッズピットウォーク: 関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL) キッズピットウォーク: レースクイーン キッズピットウォーク: ジェームス・ロシターと中嶋一貴(VANTELIN TEAM TOM’S) キッズピットウォーク: トム・ディルマン(UOMO SUNOCO TEAM LEMANS)
キッズピットウォーク: レースクイーン キッズピットウォーク: 救出訓練用のモノコックに乗り込む子ども キッズピットウォーク: 小林可夢偉(carrozzeria Team KCMG) キッズピットウォーク: 山下健太(KONDO RACING)
フリー走行: トム・ディルマン(UOMO SUNOCO SF14) 石浦宏明(JMS P.MU/CERUMO・INGING SF14) ジェームス・ロシター(VANTELIN KOWA TOM’S SF14) ナレイン・カーティケヤン(TCS NAKAJIMA RACING SF14)
SPコーナーを駆けるSFマシン 小林可夢偉(KCMG Elyse SF14) 伊沢拓也(TCS NAKAJIMA RACING SF14) 国本雄資(JMS P.MU/CERUMO・INGING SF14)
石浦宏明(JMS P.MU/CERUMO・INGING SF14) 場内を走行するホンダの燃料電池車 エンジョイホンダ: シビックTYPE-R エンジョイホンダ: S660
エンジョイホンダ: NSX エンジョイホンダ: NSX CONCEPT-GT エンジョイホンダ: Red Bull Toro Rosso Honda F1 エンジョイホンダ: CROSS CUB
ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: 平川亮(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL) ピットウォーク: レースクイーン
ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: ナカジマレーシングのキャップ ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: トヨタくま吉
ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: 片岡龍也監督(UOMO SUNOCO TEAM LEMANS) ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン
ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン
ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン ウォームアップ: 大嶋和也(UOMO SUNOCO TEAM LEMANS) ウォームアップ: 野尻智紀(DOCOMO DANDELION M5S SF14)
ウォームアップ: 国本雄資(JMS P.MU/CERUMO・INGING SF14) ウォームアップ: 平川亮(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL SF14) ニック・キャシディ(KONDO RACING) 決勝レース: スタートシーン
決勝レース: スタートシーン 決勝レース: ニック・キャシディ(ORIENTALBIO KONDO SF14) 決勝レース: 小林可夢偉(KCMG Elyse SF14) 決勝レース: 中嶋一貴(VANTELIN KOWA TOM’S SF14)
決勝レース: 山下健太(ORIENTALBIO KONDO SF14) 決勝レース: ダニエル・ティクトゥム(TEAM MUGEN SF14) 決勝レース: 伊沢拓也(TCS NAKAJIMA RACING SF14) 決勝レース: 野尻智紀(DOCOMO DANDELION M5S SF14)
決勝レース: 石浦宏明(JMS P.MU/CERUMO・INGING SF14) 決勝レース: 大嶋和也(UOMO SUNOCO SF14) 決勝レース: 石浦宏明(JMS P.MU/CERUMO・INGING SF14) 決勝レース: 山下健太(ORIENTALBIO KONDO SF14)
決勝レース: トム・ディルマン(UOMO SUNOCO SF14) 決勝レース: 松下信治(DOCOMO DANDELION M6Y SF14) 決勝レース: 山本尚貴(TEAM MUGEN SF14) 決勝レース: 松下信治(DOCOMO DANDELION M6Y SF14)
決勝レース: 中嶋一貴(VANTELIN KOWA TOM’S SF14) 決勝レース: 伊沢拓也(TCS NAKAJIMA RACING SF14) 決勝レース: 平川亮(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL SF14) 決勝レース: 塚越広大(REAL SF14)
決勝レース: 山本尚貴(TEAM MUGEN SF14) 決勝レース: トップでゴールする山本尚貴(TEAM MUGEN SF14) 決勝レース: 優勝した山本尚貴(TEAM MUGEN) 決勝レース: 優勝した山本尚貴(TEAM MUGEN)
決勝レース: 優勝した山本尚貴(TEAM MUGEN) 決勝レース: 優勝した山本尚貴(TEAM MUGEN) 決勝レース: 優勝した山本尚貴(TEAM MUGEN) 表彰式: 優勝した山本尚貴(TEAM MUGEN)
表彰式: 優勝した山本尚貴(TEAM MUGEN)
Photo: Katsuhiko KOBAYASHI

スーパー耐久

S耐:第3戦富士SUPER TEC 24時間レース決勝結果

富士SUPER TEC 24時間レース -RIJ- (2018/06/03) Final Race Weather:Fine Course:Dry
2018 PIRELLI Super Taikyu Series Round 3 富士スピードウェイ 4.563km

PosNoClsCls
Pos
DriverCar
Maker Model
WhLapTotal_Time
Behind
199ST-X1浜野 彰彦
星野 一樹
藤波 清斗
安田 裕信
スン ジェン
Y's distraction GTNET GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
3075924:00'27.319
283ST-X2Lim Keong Wee
マックス・ホファー
マーシー・リー
メルビン・モー
Phoenix Racing Asia R8
Audi R8 LMS GT3
7545Laps
3*81ST-X3ジェフリー・リー
アンドレ・クート
川端 伸太朗
Alessio Plcariello
J-Fly Racing R8
Audi R8 LMS GT3
74514Laps
4*244ST-X4GoMax
田中 哲也
佐藤 公哉
土屋 武士
MAX Racing RC-F
TOYOTA LEXUS RC F GT3
74415Laps
5*3ST-X5ユーク・タニグチ
山内 英輝
銘苅 翼
峰尾 恭輔
砂子 塾長
山田 真之亮
ENDLESS GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
73326Laps
647ST-11星野 辰也
織戸 学
富田 竜一郎
リー ジョンウ
浜 健二
小林 賢二
D'station Porsche cup
Porsche 911GT3 Cup
5070257Laps
768ST-31服部 尚貴
脇阪 薫一
平沼 貴之
菅波 冬悟
番場 琢
埼玉トヨペットGreen Brave GR SPORTマークX
TOYOTA Mark X
68871Laps
862ST-32嵯峨 宏紀
宮田 莉朋
石浦 宏明
平手 晃平
山下 健太
DENSO Le Beausset RC350
TOYOTA LEXUS RC 350
2068673Laps
9*38ST-33堀田 誠
阪口 良平
新田 守男
muta Racing ADVICS IS 350 TWS
TOYOTA LEXUS IS 350
4068376Laps
1075ST-TCR1塚田 利郎
蘇武 喜和
清瀧 雄二
松本 和之
山路 幸宏
渡辺 忠司
m-1 CARFACTORY RS3 LMS
Audi RS3 LMS
68376Laps
1139ST-34手塚 祐弥
下垣 和也
前嶋 秀司
近藤 説秀
ADVICS TRACY RC 350 TWS DPS
TOYOTA LEXUS RC 350
67980Laps
12*14ST-35甲野 将哉
市森 友明
輿水 敏明
山崎 学
大原 学
島澤 隆彦
エヴァRT弐号機岡部⾃動⾞Z34
NISSAN Fairlady Z
67782Laps
13*97ST-TCR2植松 忠雄
中野 信治
大津 弘樹
小林 崇志
石川 京侍
Modulo CIVIC TCR
Honda CIVIC TYPE R
5066198Laps
14*19ST-TCR3ヒロボン
YOSSY
秋吉 圭
奥村 浩一
山脇 大輔
古宮 正信
BRP★Audi Mie RS3 LMS
Audi RS3 LMS
1566099Laps
15*55ST-41たしろ じゅん
大井 貴之
三笠 雄一
伊藤 毅
田中 雅之
Sunoasis田中建築86
TOYOTA 86
10659100Laps
16*884ST-42平中 克幸
ヒロ・ハヤシ
吉田 広樹
国本 雄資
林テレンプSHADE RACING 86
TOYOTA 86
659100Laps
176ST-21冨桝 朋広
菊地 靖
大橋 正澄
成澤 正人
藤井 芳樹
古山 節夫
新菱オート☆DIXCELエボⅩ
MITSUBISHI LANCER EVOLUTION X
25658101Laps
18*45ST-TCR4竹田 直人
白坂 卓也
田ヶ原 章蔵
奥村 佳之
プリズマ☆イリヤRS3 LMS
Audi RS3 LMS
10658101Laps
199ST-36JOE SHINDO
井上 恵一
大野 尊久
高田 匠
NATSU
影山 正美
MP RacingワコーズEDニルズ
NISSAN Fairlady Z
650109Laps
20*29ST-43佐々木 雅弘
大嶋 和也
飯田 章
小山 美姫
豊田 大輔
小倉 康宏
T'S CONCEPT小倉クラッチ86
TOYOTA 86
648111Laps
2186ST-44松井 孝允
坪井 翔
中山 雄一
蒲生 尚弥
TOM'S SPIRIT 86
TOYOTA 86
30648111Laps
2251ST-Z1石原 将光
細川 慎弥
池田 大祐
坂本 祐也
余郷 敦
DIAMANGO Cayman
Porsche CaymanGT4
645114Laps
2377ST-45山田 英二
中島 保典
松井 猛敏
橋本 洋平
遠藤 浩二
CUSCO RACING 86
TOYOTA 86
644115Laps
2418ST-46浅野 武夫
井上 雅貴
芝 叔和
西村 元気
西村 和則
東風谷 高史
Wedssport 86
TOYOTA 86
644115Laps
2517ST-22谷川 達也
野上 達也
野上 敏彦
山田 弘樹
藤原 能成
DXLアラゴスタNOPROアクセラSKY-D
MAZDA AXELA Diesel Turbo
15642117Laps
26*98ST-TCR5飯田 太陽
加藤 寛規
濱口 弘
高橋 一穂
リチャード・ウィー
FLORAL CIVIC TCR
Honda CIVIC TYPE R
639120Laps
277ST-23八巻 渉
岡崎 善衛
廣田 築
面野 一
奥村 博文
GLocal☆新菱オートDXLエボX
MITSUBISHI LANCER EVOLUTION X
10638121Laps
28*27ST-47伊橋 勲
藤田 竜樹
廣田 秀機
馬場 優輝
D’station FINAゴーゴーガレージSSR Ings 86
TOYOTA 86
637122Laps
29*59ST-24大澤 学
後藤 比東至
井口 卓人
石坂 瑞基
DAMD MOTUL ED WRX STI
SUBARU WRX STI
50633126Laps
3088ST-51村上 博幸
雨宮 恵司
吉田 綜一郎
脇谷 猛
中根 邦憲
杉野 治彦
村上モータースMAZDAロードスター
MAZDA ROADSTER
5608151Laps
3137ST-52関 豊
井尻 薫
大谷 飛雄
加藤 芳皓
DXLワコーズNOPROデミオSKY-D
MAZDA DEMIO DIESEL TURBO
606153Laps
32*69ST-53梅本 淳一
蘭牟田 政治
久保田 英夫
妹尾 智充
Razak Ifwat
高橋 宏和
J'S RACING Moty's制動屋FIT
Honda FIT 3 RS
602157Laps
33*4ST-54黒須 聡一
太田 侑弥
伊藤 俊哉
見並 秀文
カルロス 本田
相原 誠司郎
THE BRIDE FIT
Honda FIT 3 RS
5598161Laps
34*2ST-55筒井 克彦
山西 康司
田中 貴洋
上村 優太
山下 潤一郎
田中 勝輝
TEAM221ロードスター
MAZDA ROADSTER
25597162Laps
35*15ST-37小松 一臣
檜井 保孝
藤原 誠
安宅 光徳
長島 正明
勝亦 勇雅
エヴァRT初号機岡部⾃動⾞Z34
NISSAN Fairlady Z
40595164Laps
36*48ST-56猪股 京介
大賀 裕介
河村 翔
笹尾 徹也
青野 誠之
Takamori 博士
DIJONホンダカーズ野崎エンドレスFIT
Honda FIT 3 RS
10595164Laps
37*66ST-57橋本 陸
霜野 誠友
武地 孝幸
西山 隆
井出 靖司
谷岡 力
odula Idia MAZDAデミオ15MB
COURAGE DEMIO
594165Laps
38999ST-48天川 翔貴
白石 勇樹
野間 一
下山 和寿
えんとつ町のプペルGLORY FN2
Honda CIVIC TYPE R EURO
30594165Laps
39*50ST-58岩岡 万梨恵
猪爪 杏奈
小松 寛子
加藤 沙也⾹
辻⽥ 慈
関崎 祐美子
LOVE DRIVE RACINGロードスター
MAZDA ROADSTER
590169Laps
4026ST-49松尾 充晃
吉岡 一成
東 貴史
三浦 康司
横尾 優一
木村 秀樹
WAKO'S TRUST隈元建設field WM HPI Vitz
TOYOTA Vitz GRMN Turbo
588171Laps
41*168ST-59藤井 潤
窪田 俊浩
梅田 真祐
伊藤 裕士
冴えカノレーシングWITH FCA
Honda FIT 3 RS
586173Laps
42*100ST-410平 優弥
田中 良平
ケニー・リー
山田 遼
松井 有紀夫
日比野 哲也
トレーシースポーツwith SPV 86
TOYOTA 86
545214Laps
4334ST-38加納 政樹
大草 りき
松原 怜史
大西 隆生
坂 直純
TECHNO FIRST RC350
TOYOTA LEXUS RC 350
541218Laps
4428ST-411東 徹次郎
DAISUKE
久保 隆
河野 駿佑
森山 鉄也
片岡 龍也
T's CONCEPT86
TOYOTA 86
529230Laps
45*65ST-TCR6今村 大輔
加藤 正将
石澤 浩紀
吉田 寿博
L&JR Mars Audi RS3 LMS
Audi RS3 LMS
10524235Laps
---- 以上規定周回数(70% - ST-X:531Laps / ST-Z:451Laps / ST-TCR:478Laps / ST-1:490Laps / ST-2:460Laps / ST-3:481Laps / ST-4:461Laps / ST-5:425Laps)完走 ----
-777ST-X-星野 敏
荒 聖治
近藤 翼
元嶋 佑弥
D'station Porsche
Porsche 911GT3R
4071247Laps
-*58ST-4-小林 康一
塩谷 烈州
瀬戸 貴巨
山田 隆行
坂野 将之
ウィンマックステインワコーズDC5☆KRP
Honda INTEGRA TYPE R
541218Laps
-10ST-TCR-フィリップ・デベサ
密山 祥吾
遠藤 光博
脇阪 寿一
Racingline PERFORMANCE GOLF TCR
Volkswagen GOLF GTI TCR
15321438Laps
-13ST-4-小河 諒
高橋 翼
花里 祐弥
中山 友貴
呉 良亮
小林 真一
ENDLESS 86
TOYOTA 86
15302457Laps
-82ST-X-アレックス・オー
ショーン・トン
アレックス・ユーン
フィリップ・エリス
Phoenix Racing Asia R8
Audi R8 LMS GT3
2015744Laps
  • CarNo.81,84は、国際モータースポーツ競技規則付則H項(黄旗2本振動区間での追い越し)違反により、ペナルティーストップ30秒を科す。
  • CarNo.65,168は、大会特別規則第24条3.(ピットレーン入口速度)違反により、ドライビングスルーペナルティーを科す。
  • CarNo.15は、国際モータースポーツ競技規則付則H項(SCリスタート中の追い越し行為)違反により、ドライビングスルーペナルティーを科す。
  • CarNo.55は、Super Taikyu Sporting Regulations第18条(14)(ピット作業違反)により、ドライビングスルーペナルティーを科す。
  • CarNo.4は、大会特別規則第28条3.(ピット滞在時間)違反により、ペナルティーストップ2秒を科す。
  • CarNo.82は、富士スピードウェイ一般競技規則第5章第16条5.(1)①(他車#59への衝突行為)により、ペナルティーストップ60秒を科すが、リタイヤにより留保する。
  • CarNo.65,100は、大会特別規則第24条3.(ピットレーン速度)違反により、ドライビングスルーペナルティーを科す。
  • CarNo.38は、国際モータースポーツ競技規則付則H項(黄旗振動区間での追い越し)違反により、ペナルティーストップ30秒を科す。
  • CarNo.14は、Super Taikyu Sporting Regulations第18条(2)(ピット作業)違反により、ドライビングスルーペナルティーを科す。
  • CarNo.29は、Super Taikyu Sporting Regulations第18条(2)(ピット作業)違反により、ドライビングスルーペナルティーを科す。
  • CarNo.50は、大会特別規則第24条3.(ピットレーン速度)違反により、ペナルティーストップ5秒を科す。
  • CarNo.45は、Super Taikyu Sporting Regulations第10条(4)付則3違反により、ペナルティーストップ30秒を科す。
  • CarNo.81は、大会特別規則第40条(フルコースイエロー中の追い越し)違反により、ペナルティーストップ60秒を科す。
  • CarNo.81は、大会特別規則第32条(セーフティーカー中のピットイン)違反により、ペナルティーストップ60秒を科す。
  • CarNo.244は、大会特別規則第32条(セーフティーカー中のピットイン)違反により、ペナルティーストップ60秒を科す。
  • CarNo.65は、Super Taikyu Sporting Regulations第18条(8)4)(タイヤ交換作業)違反により、ドライビングスルーペナルティーを科す。
  • CarNo.69は、Super Taikyu Sporting Regulations第18条(12)3)(給油装備)違反により、ドライビングスルーペナルティーを科す。
  • CarNo.66は、Super Taikyu Sporting Regulations第18条(11)(燃料補給中)違反により、ドライビングスルーペナルティーを科す。
  • CarNo.65は、Super Taikyu Sporting Regulations第10条(4)付則3違反により、ペナルティーストップ30秒を科す。
  • CarNo.98は、Super Taikyu Sporting Regulations第10条(4)付則3違反により、ペナルティーストップ30秒を科す。
  • CarNo.4は、Super Taikyu Sporting Regulations第18条(14)(ピット作業)違反により、ドライビングスルーペナルティーを科す。
  • CarNo.50は、Super Taikyu Sporting Regulations第18条(11)(燃料補給中)違反により、ドライビングスルーペナルティーを科す。
  • CarNo.168は、Super Taikyu Sporting Regulations第18条(12)1)(燃料補給作業)違反により、ドライビングスルーペナルティーを科す。
  • CarNo.48は、Super Taikyu Sporting Regulations第10条(4)付則3違反によりペナルティーストップ30秒を科す。
  • CarNo.50は、Super Taikyu Sporting Regulations第18条(2)(ピット作業)違反によりドライビングスルーペナルティーを科す。
  • CarNo.14は、国際モータースポーツ競技規則付則H項(黄旗区間での追い越し)違反により、ペナルティーストップ30秒を科す。
  • CarNo.19は国際モータースポーツ競技規則付則L項第4章第2条c)d)(ピット入口のホワイトラインカット)違反により、ドライビングスルーペナルティーを科す。
  • CarNo.59は、国際モータースポーツ競技規則付則H項(黄旗振動区間での追い越し)違反により、ペナルティーストップ30秒を科す。
  • CarNo.58は、Super Taikyu Sporting Regulations第10条(4)付則3違反により、ペナルティーストップ30秒を科す。
  • CarNo.88は、大開特別規則第28条3.(ピット滞在時間)違反により、ペナルティーストップ10秒を科す。
  • CarNo.15は、国際モータースポーツ競技規則付則H項(黄旗振動区間での追い越し)違反およびSuper Taikyu Sporting Regulations第10条(4)付則3違反により、ペナルティーストップ60秒を科す。
  • CarNo.884は、大会特別規則第42条1.(メンテナンスタイム滞在時間不足)により、ペナルティーストップ106秒を科す。
  • CarNo.884は、大会特別規則第42条1.(メンテナンスタイム滞在時間不足)により、ペナルティーストップ57秒を科す。
  • CarNo.98は、国際モータースポーツ競技規則付則H項(黄旗振動区間での追い越し)違反により、ペナルティーストップ30秒を科す。
  • CarNo.2は、Super Taikyu Sporting Regulations第18条(14)(ピット作業違反)により、ドライビングスルーペナルティーを科す。

スーパー耐久

S耐:第3戦富士24時間(FINISH)#99GT-Rに勝利の女神が微笑む、ハチロクは大どんでん返し

6月3日、国内で10年振りに開催された24時間レース「スーパーテック富士24時間レース」が静岡県・富士スピードウェイで行われ、粘りの走りを見せた#99Y's distraction GTNET GT-R(浜野/星野/藤波/安田/Zheng)が総合優勝を遂げた。

総合&ST-Xクラス優勝は浜野彰彦/星野一樹/藤波清斗/安田裕信/スンジェン組(Y's distraction GTNET GT-R) ST-Zクラス優勝は石原将光/細川慎弥/池田大祐/坂本祐也 /余郷敦組(DIAMANGO Cayman) ST-TCRクラス優勝は塚田利郎/蘇武喜和/清瀧雄二/松本和之/山路幸宏/渡辺忠司組(m-1 CARFACTORY RS3 LMS) ST-1クラス優勝は星野辰也/織戸学/富田竜一郎/リージョンウ/浜健二/小林賢二組(D'station Porsche cup) ST-2クラス優勝は冨桝朋広/菊地靖/大橋正澄/成澤正人/藤井芳樹/古山節夫組(新菱オート☆DIXCELエボⅩ) ST-3クラス優勝は服部尚貴/脇阪薫一/平沼貴之/菅波冬悟/番場琢組(埼玉トヨペットGreen Brave GR SPORTマークX) ST-4クラス優勝はたしろじゅん/大井貴之/三笠雄一/伊藤毅/田中雅之組(Sunoasis田中建築86) ST-5クラス優勝は村上博幸/雨宮恵司/吉田綜一郎/脇谷猛/中根邦憲/杉野治彦組(村上モータースMAZDAロードスター)

チェッカーまで残り3時間となってから、アクシデントが相次いだ。

残り3時間を切ってまもなく、ST-4クラス#58ウィンマックステインワコーズDC5☆KRPがオイル漏れを起こし、さらにそのオイルに引火して、火を引きずるような形でコカコーラコーナーのコースサイドに車を止めた。コース上のオイルに乗ってコースアウトする車両も出たため、処理のために赤旗が提示されレース中断となる。

再開後、残り2時間を切ったところで、総合10位で奮闘していた#51DIAMANGO Caymanが電気系トラブルでストップ。

さらに、トップを追っていた総合2位#83Phoenix Racing Asia R8がダンロップコーナーで#3ENDLESS GT-Rと接触。サスペンションを痛めてしまい、ピットで交換作業を行うことになってしまった。

これで#777D'station Porscheが2位に上がるが、その座も長くは続かず、残り1時間15分で突如エンジントラブルが発生しストップ。トップを追う立場のマシンにトラブルが相次ぎ、どうやら終盤になって勝利の女神は#99GT-Rに微笑んだようだ。

これで楽になった#99GT-Rはチェッカーに向け淡々と周回を重ね、新生なった富士24時間レースの記念すべきウィナーとなった。

最後の最後までドキドキ、ワクワクさせたのはST-4クラスの#55Sunoasis田中建築86。残り40分、トップを走る#884林テレンプ SHADE RACING 86が最後の給油でピットインし、逆転でトップに浮上。#55チームはドライバー交替の準備もしていたため、周囲は給油のためにピットインすると思っていたが、何と周囲を欺き、そのまま走り続けてチェッカーを受けてしまった。

白熱した各クラスの争いは、1台のみエントリーのST-1クラス#47D'station Porsche cupは安定した走りで総合7位フィニッシュ。ST-3クラスは#68埼玉トヨペットGreen Brave GR SPORTマークXが逃げ切って念願の初優勝。ST-TCRクラスはシビック勢の脱落もあり、#75m-1 CARFACTORY RS3 LMSが、ST-2クラスは#6新菱オート☆DIXCELエボⅩが独走で優勝。ST-5クラスは、#88村上モータースMAZDAロードスターが#37DXLワコーズNOPROデミオSKY-Dの追撃を振り切った。

ST-Xクラスの表彰式 ST-Zクラスの表彰式 ST-TCRクラスの表彰式 ST-1クラスの表彰式 ST-2クラスの表彰式 ST-3クラスの表彰式 ST-4クラスの表彰式 ST-5クラスの表彰式

Text: Shigeru KITAMICHI
Photo: Keiichiro TAKESHITA

スーパー耐久

S耐:第3戦富士決勝21時間経過

富士SUPER TEC 24時間レース -RIJ- (2018/06/03) After 21 hours Weather:Fine Course:Dry
2018 PIRELLI Super Taikyu Series Round 3 富士スピードウェイ 4.563km

PosNoClsCls
Pos
DriverCar
Maker Model
WhLapTotal_Time
Behind
199ST-X1浜野 彰彦
星野 一樹
藤波 清斗
安田 裕信
スン ジェン
Y's distraction GTNET GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
3067221:01'57.735
283ST-X2Lim Keong Wee
マックス・ホファー
マーシー・リー
メルビン・モー
Phoenix Racing Asia R8
Audi R8 LMS GT3
6702Laps
3777ST-X3星野 敏
荒 聖治
近藤 翼
元嶋 佑弥
D'station Porsche
Porsche 911GT3R
406684Laps
481ST-X4ジェフリー・リー
アンドレ・クート
川端 伸太朗
Alessio Plcariello
J-Fly Racing R8
Audi R8 LMS GT3
65715Laps
5244ST-X5GoMax
田中 哲也
佐藤 公哉
土屋 武士
MAX Racing RC-F
TOYOTA LEXUS RC F GT3
65715Laps
63ST-X6ユーク・タニグチ
山内 英輝
銘苅 翼
峰尾 恭輔
砂子 塾長
山田 真之亮
ENDLESS GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
64923Laps
747ST-11星野 辰也
織戸 学
富田 竜一郎
リー ジョンウ
浜 健二
小林 賢二
D'station Porsche cup
Porsche 911GT3 Cup
5061854Laps
868ST-31服部 尚貴
脇阪 薫一
平沼 貴之
菅波 冬悟
番場 琢
埼玉トヨペットGreen Brave GR SPORTマークX
TOYOTA Mark X
60864Laps
962ST-32嵯峨 宏紀
宮田 莉朋
石浦 宏明
平手 晃平
山下 健太
DENSO Le Beausset RC350
TOYOTA LEXUS RC 350
2060864Laps
1051ST-Z1石原 将光
細川 慎弥
池田 大祐
坂本 祐也
余郷 敦
DIAMANGO Cayman
Porsche CaymanGT4
60567Laps
1138ST-33堀田 誠
阪口 良平
新田 守男
muta Racing ADVICS IS 350 TWS
TOYOTA LEXUS IS 350
4060468Laps
1275ST-TCR1塚田 利郎
蘇武 喜和
清瀧 雄二
松本 和之
山路 幸宏
渡辺 忠司
m-1 CARFACTORY RS3 LMS
Audi RS3 LMS
60369Laps
1339ST-34手塚 祐弥
下垣 和也
前嶋 秀司
近藤 説秀
ADVICS TRACY RC 350 TWS DPS
TOYOTA LEXUS RC 350
59973Laps
1414ST-35甲野 将哉
市森 友明
輿水 敏明
山崎 学
大原 学
島澤 隆彦
エヴァRT弐号機岡部⾃動⾞Z34
NISSAN Fairlady Z
59874Laps
1597ST-TCR2植松 忠雄
中野 信治
大津 弘樹
小林 崇志
石川 京侍
Modulo CIVIC TCR
Honda CIVIC TYPE R
5058290Laps
166ST-21冨桝 朋広
菊地 靖
大橋 正澄
成澤 正人
藤井 芳樹
古山 節夫
新菱オート☆DIXCELエボⅩ
MITSUBISHI LANCER EVOLUTION X
2558290Laps
17*884ST-41平中 克幸
ヒロ・ハヤシ
吉田 広樹
国本 雄資
林テレンプSHADE RACING 86
TOYOTA 86
58191Laps
1819ST-TCR3ヒロボン
YOSSY
秋吉 圭
奥村 浩一
山脇 大輔
古宮 正信
BRP★Audi Mie RS3 LMS
Audi RS3 LMS
1558191Laps
1955ST-42たしろ じゅん
大井 貴之
三笠 雄一
伊藤 毅
田中 雅之
Sunoasis田中建築86
TOYOTA 86
1058191Laps
209ST-36JOE SHINDO
井上 恵一
大野 尊久
高田 匠
NATSU
影山 正美
MP RacingワコーズEDニルズ
NISSAN Fairlady Z
58092Laps
2145ST-TCR4竹田 直人
白坂 卓也
田ヶ原 章蔵
奥村 佳之
プリズマ☆イリヤRS3 LMS
Audi RS3 LMS
1057597Laps
2218ST-43浅野 武夫
井上 雅貴
芝 叔和
西村 元気
西村 和則
東風谷 高史
Wedssport 86
TOYOTA 86
572100Laps
2329ST-44佐々木 雅弘
大嶋 和也
飯田 章
小山 美姫
豊田 大輔
小倉 康宏
T'S CONCEPT小倉クラッチ86
TOYOTA 86
572100Laps
2486ST-45松井 孝允
坪井 翔
中山 雄一
蒲生 尚弥
TOM'S SPIRIT 86
TOYOTA 86
30569103Laps
2577ST-46山田 英二
中島 保典
松井 猛敏
橋本 洋平
遠藤 浩二
CUSCO RACING 86
TOYOTA 86
568104Laps
2617ST-22谷川 達也
野上 達也
野上 敏彦
山田 弘樹
藤原 能成
DXLアラゴスタNOPROアクセラSKY-D
MAZDA AXELA Diesel Turbo
15567105Laps
277ST-23八巻 渉
岡崎 善衛
廣田 築
面野 一
奥村 博文
GLocal☆新菱オートDXLエボX
MITSUBISHI LANCER EVOLUTION X
10566106Laps
28*98ST-TCR5飯田 太陽
加藤 寛規
濱口 弘
高橋 一穂
リチャード・ウィー
FLORAL CIVIC TCR
Honda CIVIC TYPE R
562110Laps
2927ST-47伊橋 勲
藤田 竜樹
廣田 秀機
馬場 優輝
D’station FINAゴーゴーガレージSSR Ings 86
TOYOTA 86
561111Laps
3059ST-24大澤 学
後藤 比東至
井口 卓人
石坂 瑞基
DAMD MOTUL ED WRX STI
SUBARU WRX STI
50557115Laps
3158ST-48小林 康一
塩谷 烈州
瀬戸 貴巨
山田 隆行
坂野 将之
ウィンマックステインワコーズDC5☆KRP
Honda INTEGRA TYPE R
540132Laps
3288ST-51村上 博幸
雨宮 恵司
吉田 綜一郎
脇谷 猛
中根 邦憲
杉野 治彦
村上モータースMAZDAロードスター
MAZDA ROADSTER
5536136Laps
3337ST-52関 豊
井尻 薫
大谷 飛雄
加藤 芳皓
DXLワコーズNOPROデミオSKY-D
MAZDA DEMIO DIESEL TURBO
535137Laps
3469ST-53梅本 淳一
蘭牟田 政治
久保田 英夫
妹尾 智充
Razak Ifwat
高橋 宏和
J'S RACING Moty's制動屋FIT
Honda FIT 3 RS
531141Laps
354ST-54黒須 聡一
太田 侑弥
伊藤 俊哉
見並 秀文
カルロス 本田
相原 誠司郎
THE BRIDE FIT
Honda FIT 3 RS
5528144Laps
36*2ST-55筒井 克彦
山西 康司
田中 貴洋
上村 優太
山下 潤一郎
田中 勝輝
TEAM221ロードスター
MAZDA ROADSTER
25526146Laps
3766ST-56橋本 陸
霜野 誠友
武地 孝幸
西山 隆
井出 靖司
谷岡 力
odula Idia MAZDAデミオ15MB
COURAGE DEMIO
524148Laps
3848ST-57猪股 京介
大賀 裕介
河村 翔
笹尾 徹也
青野 誠之
Takamori 博士
DIJONホンダカーズ野崎エンドレスFIT
Honda FIT 3 RS
10524148Laps
3926ST-49松尾 充晃
吉岡 一成
東 貴史
三浦 康司
横尾 優一
木村 秀樹
WAKO'S TRUST隈元建設field WM HPI Vitz
TOYOTA Vitz GRMN Turbo
521151Laps
4050ST-58岩岡 万梨恵
猪爪 杏奈
小松 寛子
加藤 沙也⾹
辻⽥ 慈
関崎 祐美子
LOVE DRIVE RACINGロードスター
MAZDA ROADSTER
519153Laps
41999ST-410天川 翔貴
白石 勇樹
野間 一
下山 和寿
えんとつ町のプペルGLORY FN2
Honda CIVIC TYPE R EURO
30518154Laps
4215ST-37小松 一臣
檜井 保孝
藤原 誠
安宅 光徳
長島 正明
勝亦 勇雅
エヴァRT初号機岡部⾃動⾞Z34
NISSAN Fairlady Z
40517155Laps
4328ST-411東 徹次郎
DAISUKE
久保 隆
河野 駿佑
森山 鉄也
片岡 龍也
T's CONCEPT86
TOYOTA 86
515157Laps
44168ST-59藤井 潤
窪田 俊浩
梅田 真祐
伊藤 裕士
冴えカノレーシングWITH FCA
Honda FIT 3 RS
515157Laps
4534ST-38加納 政樹
大草 りき
松原 怜史
大西 隆生
坂 直純
TECHNO FIRST RC350
TOYOTA LEXUS RC 350
509163Laps
4665ST-TCR6今村 大輔
加藤 正将
石澤 浩紀
吉田 寿博
L&JR Mars Audi RS3 LMS
Audi RS3 LMS
10503169Laps
47100ST-412平 優弥
田中 良平
ケニー・リー
山田 遼
松井 有紀夫
日比野 哲也
トレーシースポーツwith SPV 86
TOYOTA 86
499173Laps
4810ST-TCR7フィリップ・デベサ
密山 祥吾
遠藤 光博
脇阪 寿一
Racingline PERFORMANCE GOLF TCR
Volkswagen GOLF GTI TCR
15321351Laps
4913ST-413小河 諒
高橋 翼
花里 祐弥
中山 友貴
呉 良亮
小林 真一
ENDLESS 86
TOYOTA 86
15302370Laps
5082ST-X7アレックス・オー
ショーン・トン
アレックス・ユーン
フィリップ・エリス
Phoenix Racing Asia R8
Audi R8 LMS GT3
2015657Laps
  • CarNo.884は、大会特別規則第42条1.(メンテナンスタイム滞在時間不足)により、ペナルティーストップ106秒を科す。
  • CarNo.884は、大会特別規則第42条1.(メンテナンスタイム滞在時間不足)により、ペナルティーストップ57秒を科す。
  • CarNo.98は、国際モータースポーツ競技規則付則H項(黄旗振動区間での追い越し)違反により、ペナルティーストップ30秒を科す。
  • CarNo.2は、Super Taikyu Sporting Regulations第18条(14)(ピット作業違反)により、ドライビングスルーペナルティーを科す。

スーパー耐久

S耐:第3戦富士24時間(21時間経過)トップは#99GT-Rに、#59WRXトラブルに見舞われる

午前12時、レースもいよいよ残り3時間。天候に恵まれた24時間レースも締めくくりが近づいてきた。18~21時間の間で大きなアクシデントは起きていないが、マシンもピットクルーも疲労が積み重なっている。

残念だったのは、ST-2クラスの#59DAMD MOTUL ED WRX STIがマシントラブルに見舞われてしまったことだ。開始早々他車に突っ込まれ右側面を大きくヘコませたものの、メカニックの素早い作業でレースに復帰。クラス2位まで順位を回復していたものの、20時間17分経過時にマシントラブルでストップ。その後、修復したものの満身創痍となってしまった。

総合を争うST-Xクラスは、#99Y's distraction GTNET GT-Rがトップに立ち、徐々に2位以下を引き離している。レース折り返しではトップから5周のビハインドを背負っていたものの、底力を発揮し、2位#83Phoenix Racing Asia R8に2周、#777D'station Porscheに5周の差をつけている。

総合7位には、1台のみエントリーのST-1クラス#47D'station Porsche cupがコンスタントな走りで順位をキープしている。

総合8位、ST-3クラスのトップ争いは、#68埼玉トヨペットGreen Brave GR SPORTマークXと#62DENSO Le Beausset RC350の2台に絞られてきた。ディーラーチームとして奮闘する#68マークXは念願の優勝に向けてラストスパートをかけている。

総合10位は1台エントリーのST-Zクラス#51DIAMANGO Cayman。最高齢78歳の石原選手を擁するチームだ。

総合12位はST-TCRクラストップの#75m-1 CARFACTORY RS3 LMS。#97シビックの脱落により独走状態となっている。

総合16位は、ST-2クラストップの#6新菱オート☆DIXCELエボⅩ。こちらも独走態勢を続けている。

総合17位、混戦のST-4クラスは、#884林テレンプ SHADE RACING 86と#55Sunoasis田中建築86の競り合いが続いている。

総合32位、ST-5クラスは、#88村上モータースMAZDAロードスターを#37DXLワコーズNOPROデミオSKY-Dが1周遅れで追う展開が続いている。

Text:Shigeru KITAMICHI

スーパー耐久

S耐:第3戦富士決勝18時間経過

富士SUPER TEC 24時間レース -RIJ- (2018/06/03) After 18 hours Weather:Fine Course:Dry
2018 PIRELLI Super Taikyu Series Round 3 富士スピードウェイ 4.563km

PosNoClsCls
Pos
DriverCar
Maker Model
WhLapTotal_Time
Behind
183ST-X1Lim Keong Wee
マックス・ホファー
マーシー・リー
メルビン・モー
Phoenix Racing Asia R8
Audi R8 LMS GT3
57418:01'21.429
299ST-X2浜野 彰彦
星野 一樹
藤波 清斗
安田 裕信
スン ジェン
Y's distraction GTNET GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
305713Laps
381ST-X3ジェフリー・リー
アンドレ・クート
川端 伸太朗
Alessio Plcariello
J-Fly Racing R8
Audi R8 LMS GT3
5704Laps
4777ST-X4星野 敏
荒 聖治
近藤 翼
元嶋 佑弥
D'station Porsche
Porsche 911GT3R
405668Laps
5244ST-X5GoMax
田中 哲也
佐藤 公哉
土屋 武士
MAX Racing RC-F
TOYOTA LEXUS RC F GT3
55717Laps
63ST-X6ユーク・タニグチ
山内 英輝
銘苅 翼
峰尾 恭輔
砂子 塾長
山田 真之亮
ENDLESS GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
55024Laps
747ST-11星野 辰也
織戸 学
富田 竜一郎
リー ジョンウ
浜 健二
小林 賢二
D'station Porsche cup
Porsche 911GT3 Cup
5053836Laps
851ST-Z1石原 将光
細川 慎弥
池田 大祐
坂本 祐也
余郷 敦
DIAMANGO Cayman
Porsche CaymanGT4
51955Laps
968ST-31服部 尚貴
脇阪 薫一
平沼 貴之
菅波 冬悟
番場 琢
埼玉トヨペットGreen Brave GR SPORTマークX
TOYOTA Mark X
51757Laps
1062ST-32嵯峨 宏紀
宮田 莉朋
石浦 宏明
平手 晃平
山下 健太
DENSO Le Beausset RC350
TOYOTA LEXUS RC 350
2051658Laps
1138ST-33堀田 誠
阪口 良平
新田 守男
muta Racing ADVICS IS 350 TWS
TOYOTA LEXUS IS 350
4051460Laps
1275ST-TCR1塚田 利郎
蘇武 喜和
清瀧 雄二
松本 和之
山路 幸宏
渡辺 忠司
m-1 CARFACTORY RS3 LMS
Audi RS3 LMS
51361Laps
1339ST-34手塚 祐弥
下垣 和也
前嶋 秀司
近藤 説秀
ADVICS TRACY RC 350 TWS DPS
TOYOTA LEXUS RC 350
51064Laps
14*14ST-35甲野 将哉
市森 友明
輿水 敏明
山崎 学
大原 学
島澤 隆彦
エヴァRT弐号機岡部⾃動⾞Z34
NISSAN Fairlady Z
50866Laps
1565ST-TCR2今村 大輔
加藤 正将
石澤 浩紀
吉田 寿博
L&JR Mars Audi RS3 LMS
Audi RS3 LMS
1050371Laps
169ST-36JOE SHINDO
井上 恵一
大野 尊久
高田 匠
NATSU
影山 正美
MP RacingワコーズEDニルズ
NISSAN Fairlady Z
49579Laps
17884ST-41平中 克幸
ヒロ・ハヤシ
吉田 広樹
国本 雄資
林テレンプSHADE RACING 86
TOYOTA 86
49579Laps
186ST-21冨桝 朋広
菊地 靖
大橋 正澄
成澤 正人
藤井 芳樹
古山 節夫
新菱オート☆DIXCELエボⅩ
MITSUBISHI LANCER EVOLUTION X
2549579Laps
1955ST-42たしろ じゅん
大井 貴之
三笠 雄一
伊藤 毅
田中 雅之
Sunoasis田中建築86
TOYOTA 86
1049381Laps
20*19ST-TCR3ヒロボン
YOSSY
秋吉 圭
奥村 浩一
山脇 大輔
古宮 正信
BRP★Audi Mie RS3 LMS
Audi RS3 LMS
1549183Laps
2197ST-TCR4植松 忠雄
中野 信治
大津 弘樹
小林 崇志
石川 京侍
Modulo CIVIC TCR
Honda CIVIC TYPE R
5049084Laps
2217ST-22谷川 達也
野上 達也
野上 敏彦
山田 弘樹
藤原 能成
DXLアラゴスタNOPROアクセラSKY-D
MAZDA AXELA Diesel Turbo
1548886Laps
237ST-23八巻 渉
岡崎 善衛
廣田 築
面野 一
奥村 博文
GLocal☆新菱オートDXLエボX
MITSUBISHI LANCER EVOLUTION X
1048886Laps
24*59ST-24大澤 学
後藤 比東至
井口 卓人
石坂 瑞基
DAMD MOTUL ED WRX STI
SUBARU WRX STI
5048787Laps
2518ST-43浅野 武夫
井上 雅貴
芝 叔和
西村 元気
西村 和則
東風谷 高史
Wedssport 86
TOYOTA 86
48688Laps
2629ST-44佐々木 雅弘
大嶋 和也
飯田 章
小山 美姫
豊田 大輔
小倉 康宏
T'S CONCEPT小倉クラッチ86
TOYOTA 86
48589Laps
2745ST-TCR5竹田 直人
白坂 卓也
田ヶ原 章蔵
奥村 佳之
プリズマ☆イリヤRS3 LMS
Audi RS3 LMS
1048490Laps
2877ST-45山田 英二
中島 保典
松井 猛敏
橋本 洋平
遠藤 浩二
CUSCO RACING 86
TOYOTA 86
48193Laps
2986ST-46松井 孝允
坪井 翔
中山 雄一
蒲生 尚弥
TOM'S SPIRIT 86
TOYOTA 86
3048094Laps
3027ST-47伊橋 勲
藤田 竜樹
廣田 秀機
馬場 優輝
D’station FINAゴーゴーガレージSSR Ings 86
TOYOTA 86
47896Laps
3134ST-37加納 政樹
大草 りき
松原 怜史
大西 隆生
坂 直純
TECHNO FIRST RC350
TOYOTA LEXUS RC 350
47599Laps
3298ST-TCR6飯田 太陽
加藤 寛規
濱口 弘
高橋 一穂
リチャード・ウィー
FLORAL CIVIC TCR
Honda CIVIC TYPE R
470104Laps
33*58ST-48小林 康一
塩谷 烈州
瀬戸 貴巨
山田 隆行
坂野 将之
ウィンマックステインワコーズDC5☆KRP
Honda INTEGRA TYPE R
463111Laps
34*88ST-51村上 博幸
雨宮 恵司
吉田 綜一郎
脇谷 猛
中根 邦憲
杉野 治彦
村上モータースMAZDAロードスター
MAZDA ROADSTER
5455119Laps
3537ST-52関 豊
井尻 薫
大谷 飛雄
加藤 芳皓
DXLワコーズNOPROデミオSKY-D
MAZDA DEMIO DIESEL TURBO
454120Laps
3669ST-53梅本 淳一
蘭牟田 政治
久保田 英夫
妹尾 智充
Razak Ifwat
高橋 宏和
J'S RACING Moty's制動屋FIT
Honda FIT 3 RS
452122Laps
374ST-54黒須 聡一
太田 侑弥
伊藤 俊哉
見並 秀文
カルロス 本田
相原 誠司郎
THE BRIDE FIT
Honda FIT 3 RS
5449125Laps
382ST-55筒井 克彦
山西 康司
田中 貴洋
上村 優太
山下 潤一郎
田中 勝輝
TEAM221ロードスター
MAZDA ROADSTER
25448126Laps
3966ST-56橋本 陸
霜野 誠友
武地 孝幸
西山 隆
井出 靖司
谷岡 力
odula Idia MAZDAデミオ15MB
COURAGE DEMIO
447127Laps
4048ST-57猪股 京介
大賀 裕介
河村 翔
笹尾 徹也
青野 誠之
Takamori 博士
DIJONホンダカーズ野崎エンドレスFIT
Honda FIT 3 RS
10445129Laps
4150ST-58岩岡 万梨恵
猪爪 杏奈
小松 寛子
加藤 沙也⾹
辻⽥ 慈
関崎 祐美子
LOVE DRIVE RACINGロードスター
MAZDA ROADSTER
440134Laps
42168ST-59藤井 潤
窪田 俊浩
梅田 真祐
伊藤 裕士
冴えカノレーシングWITH FCA
Honda FIT 3 RS
438136Laps
4326ST-49松尾 充晃
吉岡 一成
東 貴史
三浦 康司
横尾 優一
木村 秀樹
WAKO'S TRUST隈元建設field WM HPI Vitz
TOYOTA Vitz GRMN Turbo
438136Laps
4428ST-410東 徹次郎
DAISUKE
久保 隆
河野 駿佑
森山 鉄也
片岡 龍也
T's CONCEPT86
TOYOTA 86
434140Laps
45999ST-411天川 翔貴
白石 勇樹
野間 一
下山 和寿
えんとつ町のプペルGLORY FN2
Honda CIVIC TYPE R EURO
30432142Laps
46*15ST-38小松 一臣
檜井 保孝
藤原 誠
安宅 光徳
長島 正明
勝亦 勇雅
エヴァRT初号機岡部⾃動⾞Z34
NISSAN Fairlady Z
40428146Laps
47100ST-412平 優弥
田中 良平
ケニー・リー
山田 遼
松井 有紀夫
日比野 哲也
トレーシースポーツwith SPV 86
TOYOTA 86
414160Laps
4810ST-TCR7フィリップ・デベサ
密山 祥吾
遠藤 光博
脇阪 寿一
Racingline PERFORMANCE GOLF TCR
Volkswagen GOLF GTI TCR
15321253Laps
4913ST-413小河 諒
高橋 翼
花里 祐弥
中山 友貴
呉 良亮
小林 真一
ENDLESS 86
TOYOTA 86
15302272Laps
5082ST-X7アレックス・オー
ショーン・トン
アレックス・ユーン
フィリップ・エリス
Phoenix Racing Asia R8
Audi R8 LMS GT3
2015559Laps
  • CarNo/14は、国際モータースポーツ競技規則付則H項(黄旗区間での追い越し)違反により、ペナルティーストップ30秒を科す。
  • CarNo.19は国際モータースポーツ競技規則付則L項第4章第2条c)d)(ピット入口のホワイトラインカット)違反により、ドライビングスルーペナルティーを科す。
  • CarNo.59は、国際モータースポーツ競技規則付則H項(黄旗振動区間での追い越し)違反により、ペナルティーストップ30秒を科す。
  • CarNo.58は、Super Taikyu Sporting Regulations第10条(4)付則3違反により、ペナルティーストップ30秒を科す。
  • CarNo.88は、大開特別規則第28条3.(ピット滞在時間)違反により、ペナルティーストップ10秒を科す。
  • CarNo.15は、国際モータースポーツ競技規則付則H項(黄旗振動区間での追い越し)違反およびSuper Taikyu Sporting Regulations第10条(4)付則3違反により、ペナルティーストップ60秒を科す。

スーパー耐久

S耐:第3戦富士24時間(18時間経過)ST-TCRクラスに変動あり、シビック後退、アウディクラッシュ

午前9時、富士スピードウェイは快晴。霊峰富士が美しい姿を見せている。レース開始から18時間が経過して、トラブルを抱えているマシンはあるものの、ほとんどが走り続けている。

この時間に順位変動があったのはST-TCRクラス。15時間を経過して間もなく、トップを快走していた#97Modulo CIVIC TCRの左フロントタイヤが外れるというアクシデントが発生。修理をして再びコースに送り出すのに1時間以上を要し、大きくポジションを落としてしまった。

これで#75m-1 CARFACTORY RS3 LMSがトップに立ち、2位は#65L&JR Mars Audi RS3 LMSと、アウディのワンツー態勢が整ったが、それも長くは続かず、17時間半を経過したところで、#65アウディRS3が、300Rでクラッシュ。足回りにダメージを負って動けず、車両撤去のためにフルコースイエロー(FCY)となった。

このFCYは、義務となっているメンテナンスタイム(20時間経過までに8分×2回)を消化していないチームにとっては絶好のタイミングとなった。

総合を争うST-Xクラスでは、#99Y's distraction GTNET GT-Rがクラッシュで左フロント部を痛めるが、メンテナンスタイムを使って修復。2周をロスしたが、アウディ2台とGT-Rの三つ巴の戦いが続いている。

ST-3クラスは、#68埼玉トヨペットGreen Brave GR SPORTマークX、#62DENSO Le Beausset RC350、#38muta Racing ADVICS IS 350 TWSの3台による争いが継続中。

ST-2クラスは、#6新菱オート☆DIXCELエボⅩが独走態勢。#17DXLアラゴスタNOPROアクセラSKY-Dを6ラップ引き離している。

ST-5クラスは、#88村上モータースMAZDAロードスターを#37DXLワコーズNOPROデミオSKY-Dが1周遅れで追っている。

Text:Shigeru KITAMICHI

スーパー耐久

S耐:第3戦富士24時間(15時間経過)夜明けにトラブルが相次ぐ、総合トップに#81アウディが浮上

夜が明けた富士スピードウェイ 夜が明けた富士スピードウェイ

午前6時になって空はすっかり明るくなった。天候には恵まれたものの、夜明けを迎える頃にトラブルが相次いだ。

13時間を経過して間もなく、ST-4のトップを快走していた#86TOM'S SPIRIT 86に魔の手が伸びる。リアから白煙を上げてスローダウンすると、そのままピットへ。どうやらデフトラブルのようだ。メカニックの必死の作業で30分を要してコースに復帰するが、再び白煙を上げてコースサイドにストップ。その後再修理したものの、勝負の権利は完全に失ってしまった。

これでST-4クラスは、#884林テレンプ SHADE RACING 86と#55Sunoasis田中建築86の一騎打ちの様相を呈してきた。

14時間30分を経過した頃、今度は総合トップを走る#3ENDLESS GT-Rが左フロント部から白煙を上げて緊急ピットイン。大きくタイムロスしてしまい、トップから10周遅れの総合6位まで後退してしまった。

#3GT-Rの脱落によって、ST-Xクラスによる総合優勝争いは、#83Phoenix Racing Asia R8と#81J-Fly Racing R8、2台のアウディR8と#99Y's distraction GTNET GT-Rの争いになった。

他のクラスは大きな順位変動はなく、ST-TCRは、#97Modulo CIVIC TCRが#75m-1 CARFACTORY RS3 LMSを1周リード。ST-3クラスは、#68埼玉トヨペットGreen Brave GR SPORTマークXがトップを守り、#38muta Racing ADVICS IS 350 TWS、そして#62DENSO Le Beausset RC350が追っている。

ST-2クラスは、#6新菱オート☆DIXCELエボⅩが順調に独走中。ST-5クラスは、#88村上モータースMAZDAロードスターがトップをキープ、#69J'S RACING Moty's制動屋FITが続いている。

Text: Shigeru KITAMICHI
Photo: Kazuhiro NOINE

スーパー耐久

S耐:第3戦富士決勝15時間経過

富士SUPER TEC 24時間レース -RIJ- (2018/06/03) After 15 hours Weather:Fine Course:Dry
2018 PIRELLI Super Taikyu Series Round 3 富士スピードウェイ 4.563km

PosNoClsCls
Pos
DriverCar
Maker Model
WhLapTotal_Time
Behind
181ST-X1ジェフリー・リー
アンドレ・クート
川端 伸太朗
Alessio Plcariello
J-Fly Racing R8
Audi R8 LMS GT3
47815:00'09.090
283ST-X2Lim Keong Wee
マックス・ホファー
マーシー・リー
メルビン・モー
Phoenix Racing Asia R8
Audi R8 LMS GT3
4771Lap
399ST-X3浜野 彰彦
星野 一樹
藤波 清斗
安田 裕信
スン ジェン
Y's distraction GTNET GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
304762Laps
4777ST-X4星野 敏
荒 聖治
近藤 翼
元嶋 佑弥
D'station Porsche
Porsche 911GT3R
4046810Laps
5244ST-X5GoMax
田中 哲也
佐藤 公哉
土屋 武士
MAX Racing RC-F
TOYOTA LEXUS RC F GT3
46612Laps
63ST-X6ユーク・タニグチ
山内 英輝
銘苅 翼
峰尾 恭輔
砂子 塾長
山田 真之亮
ENDLESS GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
46513Laps
747ST-11星野 辰也
織戸 学
富田 竜一郎
リー ジョンウ
浜 健二
小林 賢二
D'station Porsche cup
Porsche 911GT3 Cup
5044929Laps
897ST-TCR1植松 忠雄
中野 信治
大津 弘樹
小林 崇志
石川 京侍
Modulo CIVIC TCR
Honda CIVIC TYPE R
5043444Laps
968ST-31服部 尚貴
脇阪 薫一
平沼 貴之
菅波 冬悟
番場 琢
埼玉トヨペットGreen Brave GR SPORTマークX
TOYOTA Mark X
43246Laps
1038ST-32堀田 誠
阪口 良平
新田 守男
muta Racing ADVICS IS 350 TWS
TOYOTA LEXUS IS 350
4043147Laps
1175ST-TCR2塚田 利郎
蘇武 喜和
清瀧 雄二
松本 和之
山路 幸宏
渡辺 忠司
m-1 CARFACTORY RS3 LMS
Audi RS3 LMS
43147Laps
1251ST-Z1石原 将光
細川 慎弥
池田 大祐
坂本 祐也
余郷 敦
DIAMANGO Cayman
Porsche CaymanGT4
43048Laps
1365ST-TCR3今村 大輔
加藤 正将
石澤 浩紀
吉田 寿博
L&JR Mars Audi RS3 LMS
Audi RS3 LMS
1043048Laps
1462ST-33嵯峨 宏紀
宮田 莉朋
石浦 宏明
平手 晃平
山下 健太
DENSO Le Beausset RC350
TOYOTA LEXUS RC 350
2042949Laps
1514ST-34甲野 将哉
市森 友明
輿水 敏明
山崎 学
大原 学
島澤 隆彦
エヴァRT弐号機岡部⾃動⾞Z34
NISSAN Fairlady Z
42652Laps
1634ST-35加納 政樹
大草 りき
松原 怜史
大西 隆生
坂 直純
TECHNO FIRST RC350
TOYOTA LEXUS RC 350
42553Laps
1739ST-36手塚 祐弥
下垣 和也
前嶋 秀司
近藤 説秀
ADVICS TRACY RC 350 TWS DPS
TOYOTA LEXUS RC 350
42553Laps
186ST-21冨桝 朋広
菊地 靖
大橋 正澄
成澤 正人
藤井 芳樹
古山 節夫
新菱オート☆DIXCELエボⅩ
MITSUBISHI LANCER EVOLUTION X
2541563Laps
19884ST-41平中 克幸
ヒロ・ハヤシ
吉田 広樹
国本 雄資
林テレンプSHADE RACING 86
TOYOTA 86
41365Laps
2055ST-42たしろ じゅん
大井 貴之
三笠 雄一
伊藤 毅
田中 雅之
Sunoasis田中建築86
TOYOTA 86
1041266Laps
2127ST-43伊橋 勲
藤田 竜樹
廣田 秀機
馬場 優輝
D’station FINAゴーゴーガレージSSR Ings 86
TOYOTA 86
40969Laps
229ST-37JOE SHINDO
井上 恵一
大野 尊久
高田 匠
NATSU
影山 正美
MP RacingワコーズEDニルズ
NISSAN Fairlady Z
40870Laps
237ST-22八巻 渉
岡崎 善衛
廣田 築
面野 一
奥村 博文
GLocal☆新菱オートDXLエボX
MITSUBISHI LANCER EVOLUTION X
1040771Laps
2417ST-23谷川 達也
野上 達也
野上 敏彦
山田 弘樹
藤原 能成
DXLアラゴスタNOPROアクセラSKY-D
MAZDA AXELA Diesel Turbo
1540771Laps
2518ST-44浅野 武夫
井上 雅貴
芝 叔和
西村 元気
西村 和則
東風谷 高史
Wedssport 86
TOYOTA 86
40474Laps
2619ST-TCR4ヒロボン
YOSSY
秋吉 圭
奥村 浩一
山脇 大輔
古宮 正信
BRP★Audi Mie RS3 LMS
Audi RS3 LMS
1540375Laps
2758ST-45小林 康一
塩谷 烈州
瀬戸 貴巨
山田 隆行
坂野 将之
ウィンマックステインワコーズDC5☆KRP
Honda INTEGRA TYPE R
40276Laps
2859ST-24大澤 学
後藤 比東至
井口 卓人
石坂 瑞基
DAMD MOTUL ED WRX STI
SUBARU WRX STI
5040177Laps
2977ST-46山田 英二
中島 保典
松井 猛敏
橋本 洋平
遠藤 浩二
CUSCO RACING 86
TOYOTA 86
40177Laps
3029ST-47佐々木 雅弘
大嶋 和也
飯田 章
小山 美姫
豊田 大輔
小倉 康宏
T'S CONCEPT小倉クラッチ86
TOYOTA 86
39979Laps
3145ST-TCR5竹田 直人
白坂 卓也
田ヶ原 章蔵
奥村 佳之
プリズマ☆イリヤRS3 LMS
Audi RS3 LMS
1039880Laps
3286ST-48松井 孝允
坪井 翔
中山 雄一
蒲生 尚弥
TOM'S SPIRIT 86
TOYOTA 86
3039484Laps
3398ST-TCR6飯田 太陽
加藤 寛規
濱口 弘
高橋 一穂
リチャード・ウィー
FLORAL CIVIC TCR
Honda CIVIC TYPE R
38296Laps
3488ST-51村上 博幸
雨宮 恵司
吉田 綜一郎
脇谷 猛
中根 邦憲
杉野 治彦
村上モータースMAZDAロードスター
MAZDA ROADSTER
538098Laps
3569ST-52梅本 淳一
蘭牟田 政治
久保田 英夫
妹尾 智充
Razak Ifwat
高橋 宏和
J'S RACING Moty's制動屋FIT
Honda FIT 3 RS
376102Laps
3637ST-53関 豊
井尻 薫
大谷 飛雄
加藤 芳皓
DXLワコーズNOPROデミオSKY-D
MAZDA DEMIO DIESEL TURBO
376102Laps
37*48ST-54猪股 京介
大賀 裕介
河村 翔
笹尾 徹也
青野 誠之
Takamori 博士
DIJONホンダカーズ野崎エンドレスFIT
Honda FIT 3 RS
10372106Laps
384ST-55黒須 聡一
太田 侑弥
伊藤 俊哉
見並 秀文
カルロス 本田
相原 誠司郎
THE BRIDE FIT
Honda FIT 3 RS
5370108Laps
3966ST-56橋本 陸
霜野 誠友
武地 孝幸
西山 隆
井出 靖司
谷岡 力
odula Idia MAZDAデミオ15MB
COURAGE DEMIO
370108Laps
402ST-57筒井 克彦
山西 康司
田中 貴洋
上村 優太
山下 潤一郎
田中 勝輝
TEAM221ロードスター
MAZDA ROADSTER
25370108Laps
41*50ST-58岩岡 万梨恵
猪爪 杏奈
小松 寛子
加藤 沙也⾹
辻⽥ 慈
関崎 祐美子
LOVE DRIVE RACINGロードスター
MAZDA ROADSTER
365113Laps
42168ST-59藤井 潤
窪田 俊浩
梅田 真祐
伊藤 裕士
冴えカノレーシングWITH FCA
Honda FIT 3 RS
361117Laps
4326ST-49松尾 充晃
吉岡 一成
東 貴史
三浦 康司
横尾 優一
木村 秀樹
WAKO'S TRUST隈元建設field WM HPI Vitz
TOYOTA Vitz GRMN Turbo
360118Laps
4428ST-410東 徹次郎
DAISUKE
久保 隆
河野 駿佑
森山 鉄也
片岡 龍也
T's CONCEPT86
TOYOTA 86
365113Laps
45999ST-411天川 翔貴
白石 勇樹
野間 一
下山 和寿
えんとつ町のプペルGLORY FN2
Honda CIVIC TYPE R EURO
30351127Laps
4615ST-38小松 一臣
檜井 保孝
藤原 誠
安宅 光徳
長島 正明
勝亦 勇雅
エヴァRT初号機岡部⾃動⾞Z34
NISSAN Fairlady Z
40348130Laps
47100ST-412平 優弥
田中 良平
ケニー・リー
山田 遼
松井 有紀夫
日比野 哲也
トレーシースポーツwith SPV 86
TOYOTA 86
346132Laps
4810ST-TCR7フィリップ・デベサ
密山 祥吾
遠藤 光博
脇阪 寿一
Racingline PERFORMANCE GOLF TCR
Volkswagen GOLF GTI TCR
15321157Laps
4913ST-413小河 諒
高橋 翼
花里 祐弥
中山 友貴
呉 良亮
小林 真一
ENDLESS 86
TOYOTA 86
15302176Laps
5082ST-X7アレックス・オー
ショーン・トン
アレックス・ユーン
フィリップ・エリス
Phoenix Racing Asia R8
Audi R8 LMS GT3
2015463Laps
  • CarNo.48は、Super Taikyu Sporting Regulations第10条(4)付則3違反によりペナルティーストップ30秒を科す。
  • CarNo.50は、Super Taikyu Sporting Regulations第18条(2)(ピット作業)違反によりドライビングスルーペナルティーを科す。

スーパー耐久

S耐:第3戦富士24時間(12時間経過)#3GT-Rと#83アウディによるトップ争いが続く

レースは半分の12時間が経過した。日が落ちてから気温も下がり続け、午前3時現在17度、路面温度18度と、クルマには快適なものの観戦する人間にとってはかなり寒い。コースサイドでは深夜のバーベキューを楽しむ人もチラホラ見える。

日が暮れてサーキット上空に花火が打ち上がった 筒井克彦/山西康司/田中貴洋/上村優太/山下潤一郎/田中勝輝組(ST-5:TEAM221ロードスター) ユーク・タニグチ/山内英輝/銘苅翼/峰尾恭輔/砂子塾長/山田真之亮組(ST-X:ENDLESS GT-R) 冨桝朋広/菊地靖/大橋正澄/成澤正人/藤井芳樹/古山節夫組(ST-2:新菱オート☆DIXCELエボⅩ) 八巻渉/岡崎善衛/廣田築/面野一/奥村博文組(ST-2:GLocal☆新菱オートDXLエボX) フィリップ・デベサ/密山祥吾/遠藤光博/脇阪寿一組(ST-TCR:Racingline PERFORMANCE GOLF TCR) 小河諒/高橋翼/花里祐弥/中山友貴/呉良亮/小林真一組(ST-4:ENDLESS 86) 谷川達也/野上達也/野上敏彦/山田弘樹/藤原能成組(ST-2:DXLアラゴスタNOPROアクセラSKY-D) ヒロボン/YOSSY/秋吉圭/奥村浩一/山脇大輔/古宮正信組(ST-TCR:BRP★Audi Mie RS3 LMS) 佐々木雅弘/大嶋和也/飯田章/小山美姫/豊田大輔/小倉康宏組(ST-4:T'S CONCEPT小倉クラッチ86) 加納政樹/大草りき/松原怜史/大西隆生/坂直純組(ST-3:TECHNO FIRST RC350) 関豊/井尻薫/大谷飛雄/加藤芳皓組(ST-5:DXLワコーズNOPROデミオSKY-D) 手塚祐弥/下垣和也/前嶋秀司/近藤説秀組(ST-3:ADVICS TRACY RC 350 TWS DPS) 竹田直人/白坂卓也/田ヶ原章蔵/奥村佳之組(ST-TCR:プリズマ☆イリヤRS3 LMS) 星野辰也/織戸学/富田竜一郎/リージョンウ/浜健二/小林賢二組(ST-1:D'station Porsche cup) 石原将光/細川慎弥/池田大祐/坂本祐也 /余郷敦組(ST-Z:DIAMANGO Cayman) たしろじゅん/大井貴之/三笠雄一/伊藤毅/田中雅之組(ST-4:Sunoasis田中建築86) 大澤学/後藤比東至/井口卓人/石坂瑞基組(ST-2:DAMD MOTUL ED WRX STI) 服部尚貴/脇阪薫一/平沼貴之/菅波冬悟/番場琢組(ST-3:埼玉トヨペットGreen Brave GR SPORTマークX) 塚田利郎/蘇武喜和/清瀧雄二/松本和之/山路幸宏/渡辺忠司組(ST-TCR:m-1 CARFACTORY RS3 LMS) ジェフリー・リー/アンドレ・クート/川端伸太朗/Alessio Plcariello組(ST-X:J-Fly Racing R8) アレックス・オー/ショーン・トン/アレックス・ユーン/フィリップ・エリス組(ST-X:Phoenix Racing Asia R8) 村上博幸/雨宮恵司/吉田綜一郎/脇谷猛/中根邦憲/杉野治彦組(ST-5:村上モータースMAZDAロードスター) 植松忠雄/中野信治/大津弘樹/小林崇志/石川京侍組(ST-TCR:Modulo CIVIC TCR) 浜野彰彦/星野一樹/藤波清斗/安田裕信/スンジェン組(ST-TCR:Y's distraction GTNET GT-R) 星野敏/荒聖治/近藤翼/元嶋佑弥組(ST-X:D'station Porsche) 平中克幸/ヒロ・ハヤシ/吉田広樹/国本雄資組(ST-4:林テレンプSHADE RACING 86)

総合トップの座は、ST-Xクラスの#3ENDLESS GT-Rが死守している。2位には#83Phoenix Racing Asia R8が上がってきており、その差は1分10秒程度。アウディR8が追い上げを図っている。遅れること3周で繰り広げられる3位争いもGT-RとアウディR8の構図だ。#99Y's distraction GTNET GT-Rと#81J-Fly Racing R8がピットインで順位を入れ替えながら競っている。

ST-TCRクラスはシビックvsアウディ。#97Modulo CIVIC TCRが、#75m-1 CARFACTORY RS3 LMSを1周リードしている。TCRクラスとほぼ同じ速さを見せるST-3クラスは、トヨタ車による戦い。スタートからクラストップを走る#68埼玉トヨペットGreen Brave GR SPORTマークXが順調に周回を重ね、これを#38muta Racing ADVICS IS 350 TWSが同一周回で追っている。3位は本命と目される#62DENSO Le Beausset RC350が淡々と走っている。

これに遅れること7~8周で競り合うのがST-2とST-4クラスだ。

ST-4クラスでは、序盤から引き続き、本命#86TOM'S SPIRIT 86と#55Sunoasis田中建築86が競り合っている。これを追うのがST-2クラスの#6新菱オート☆DIXCELエボⅩ。こちらは独走で、2位#7GLocal☆新菱オートDXLエボXを5周ほど引き離している。開始早々アクシデントで遅れた#59DAMD MOTUL ED WRX STIもクラス4位ながら元気に走っている。

ST-5クラスは、#88村上モータースMAZDAロードスターがトップをキープ。これに#37DXLワコーズNOPROデミオSKY-D、#69J'S RACING Moty's制動屋FITが続いている。一時2位を走っていた女性ドライバーチーム#50LOVE DRIVE RACINGロードスターはクラス8位まで後退してしまった。

Text: Shigeru KITAMICHI
Photo: Kazuhiro NOINE

スーパー耐久

S耐:第3戦富士決勝12時間経過

富士SUPER TEC 24時間レース -RIJ- (2018/06/03) After 12 hours Weather:Fine Course:Dry
2018 PIRELLI Super Taikyu Series Round 3 富士スピードウェイ 4.563km

PosNoClsCls
Pos
DriverCar
Maker Model
WhLapTotal_Time
Behind
13ST-X1ユーク・タニグチ
山内 英輝
銘苅 翼
峰尾 恭輔
砂子 塾長
山田 真之亮
ENDLESS GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
38012:00'25.270
283ST-X2Lim Keong Wee
マックス・ホファー
マーシー・リー
メルビン・モー
Phoenix Racing Asia R8
Audi R8 LMS GT3
3801'10.096
381ST-X3ジェフリー・リー
アンドレ・クート
川端 伸太朗
Alessio Plcariello
J-Fly Racing R8
Audi R8 LMS GT3
3764Laps
499ST-X4浜野 彰彦
星野 一樹
藤波 清斗
安田 裕信
スン ジェン
Y's distraction GTNET GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
303755Laps
5777ST-X5星野 敏
荒 聖治
近藤 翼
元嶋 佑弥
D'station Porsche
Porsche 911GT3R
4037010Laps
6244ST-X6GoMax
田中 哲也
佐藤 公哉
土屋 武士
MAX Racing RC-F
TOYOTA LEXUS RC F GT3
36713Laps
747ST-11星野 辰也
織戸 学
富田 竜一郎
リー ジョンウ
浜 健二
小林 賢二
D'station Porsche cup
Porsche 911GT3 Cup
5035426Laps
897ST-TCR1植松 忠雄
中野 信治
大津 弘樹
小林 崇志
石川 京侍
Modulo CIVIC TCR
Honda CIVIC TYPE R
5034238Laps
968ST-31服部 尚貴
脇阪 薫一
平沼 貴之
菅波 冬悟
番場 琢
埼玉トヨペットGreen Brave GR SPORTマークX
TOYOTA Mark X
34238Laps
1038ST-32堀田 誠
阪口 良平
新田 守男
muta Racing ADVICS IS 350 TWS
TOYOTA LEXUS IS 350
4034139Laps
1175ST-TCR2塚田 利郎
蘇武 喜和
清瀧 雄二
松本 和之
山路 幸宏
渡辺 忠司
m-1 CARFACTORY RS3 LMS
Audi RS3 LMS
34040Laps
1262ST-33嵯峨 宏紀
宮田 莉朋
石浦 宏明
平手 晃平
山下 健太
DENSO Le Beausset RC350
TOYOTA LEXUS RC 350
2033941Laps
1339ST-34手塚 祐弥
下垣 和也
前嶋 秀司
近藤 説秀
ADVICS TRACY RC 350 TWS DPS
TOYOTA LEXUS RC 350
33842Laps
1451ST-Z1石原 将光
細川 慎弥
池田 大祐
坂本 祐也
余郷 敦
DIAMANGO Cayman
Porsche CaymanGT4
33842Laps
15*65ST-TCR3今村 大輔
加藤 正将
石澤 浩紀
吉田 寿博
L&JR Mars Audi RS3 LMS
Audi RS3 LMS
1033743Laps
1634ST-35加納 政樹
大草 りき
松原 怜史
大西 隆生
坂 直純
TECHNO FIRST RC350
TOYOTA LEXUS RC 350
33644Laps
1714ST-36甲野 将哉
市森 友明
輿水 敏明
山崎 学
大原 学
島澤 隆彦
エヴァRT弐号機岡部⾃動⾞Z34
NISSAN Fairlady Z
33644Laps
1886ST-41松井 孝允
坪井 翔
中山 雄一
蒲生 尚弥
TOM'S SPIRIT 86
TOYOTA 86
3032951Laps
1955ST-42たしろ じゅん
大井 貴之
三笠 雄一
伊藤 毅
田中 雅之
Sunoasis田中建築86
TOYOTA 86
1032852Laps
206ST-21冨桝 朋広
菊地 靖
大橋 正澄
成澤 正人
藤井 芳樹
古山 節夫
新菱オート☆DIXCELエボⅩ
MITSUBISHI LANCER EVOLUTION X
2532852Laps
219ST-37JOE SHINDO
井上 恵一
大野 尊久
高田 匠
NATSU
影山 正美
MP RacingワコーズEDニルズ
NISSAN Fairlady Z
32753Laps
22884ST-43平中 克幸
ヒロ・ハヤシ
吉田 広樹
国本 雄資
林テレンプSHADE RACING 86
TOYOTA 86
32753Laps
2327ST-44伊橋 勲
藤田 竜樹
廣田 秀機
馬場 優輝
D’station FINAゴーゴーガレージSSR Ings 86
TOYOTA 86
32753Laps
2419ST-TCR4ヒロボン
YOSSY
秋吉 圭
奥村 浩一
山脇 大輔
古宮 正信
BRP★Audi Mie RS3 LMS
Audi RS3 LMS
1532555Laps
2529ST-45佐々木 雅弘
大嶋 和也
飯田 章
小山 美姫
豊田 大輔
小倉 康宏
T'S CONCEPT小倉クラッチ86
TOYOTA 86
32555Laps
267ST-22八巻 渉
岡崎 善衛
廣田 築
面野 一
奥村 博文
GLocal☆新菱オートDXLエボX
MITSUBISHI LANCER EVOLUTION X
1032357Laps
2710ST-TCR5フィリップ・デベサ
密山 祥吾
遠藤 光博
脇阪 寿一
Racingline PERFORMANCE GOLF TCR
Volkswagen GOLF GTI TCR
1532159Laps
2817ST-23谷川 達也
野上 達也
野上 敏彦
山田 弘樹
藤原 能成
DXLアラゴスタNOPROアクセラSKY-D
MAZDA AXELA Diesel Turbo
1532159Laps
29999ST-46天川 翔貴
白石 勇樹
野間 一
下山 和寿
えんとつ町のプペルGLORY FN2
Honda CIVIC TYPE R EURO
3032060Laps
3077ST-47山田 英二
中島 保典
松井 猛敏
橋本 洋平
遠藤 浩二
CUSCO RACING 86
TOYOTA 86
32060Laps
3118ST-48浅野 武夫
井上 雅貴
芝 叔和
西村 元気
西村 和則
東風谷 高史
Wedssport 86
TOYOTA 86
31862Laps
3258ST-49小林 康一
塩谷 烈州
瀬戸 貴巨
山田 隆行
坂野 将之
ウィンマックステインワコーズDC5☆KRP
Honda INTEGRA TYPE R
31763Laps
3359ST-24大澤 学
後藤 比東至
井口 卓人
石坂 瑞基
DAMD MOTUL ED WRX STI
SUBARU WRX STI
5031466Laps
3445ST-TCR6竹田 直人
白坂 卓也
田ヶ原 章蔵
奥村 佳之
プリズマ☆イリヤRS3 LMS
Audi RS3 LMS
1030575Laps
3513ST-410小河 諒
高橋 翼
花里 祐弥
中山 友貴
呉 良亮
小林 真一
ENDLESS 86
TOYOTA 86
1530278Laps
3688ST-51村上 博幸
雨宮 恵司
吉田 綜一郎
脇谷 猛
中根 邦憲
杉野 治彦
村上モータースMAZDAロードスター
MAZDA ROADSTER
530080Laps
3737ST-52関 豊
井尻 薫
大谷 飛雄
加藤 芳皓
DXLワコーズNOPROデミオSKY-D
MAZDA DEMIO DIESEL TURBO
29783Laps
3869ST-53梅本 淳一
蘭牟田 政治
久保田 英夫
妹尾 智充
Razak Ifwat
高橋 宏和
J'S RACING Moty's制動屋FIT
Honda FIT 3 RS
29684Laps
3948ST-54猪股 京介
大賀 裕介
河村 翔
笹尾 徹也
青野 誠之
Takamori 博士
DIJONホンダカーズ野崎エンドレスFIT
Honda FIT 3 RS
1029585Laps
40*98ST-TCR7飯田 太陽
加藤 寛規
濱口 弘
高橋 一穂
リチャード・ウィー
FLORAL CIVIC TCR
Honda CIVIC TYPE R
29387Laps
4166ST-55橋本 陸
霜野 誠友
武地 孝幸
西山 隆
井出 靖司
谷岡 力
odula Idia MAZDAデミオ15MB
COURAGE DEMIO
29387Laps
42100ST-411平 優弥
田中 良平
ケニー・リー
山田 遼
松井 有紀夫
日比野 哲也
トレーシースポーツwith SPV 86
TOYOTA 86
29288Laps
43*4ST-56黒須 聡一
太田 侑弥
伊藤 俊哉
見並 秀文
カルロス 本田
相原 誠司郎
THE BRIDE FIT
Honda FIT 3 RS
529189Laps
442ST-57筒井 克彦
山西 康司
田中 貴洋
上村 優太
山下 潤一郎
田中 勝輝
TEAM221ロードスター
MAZDA ROADSTER
2529090Laps
45*50ST-58岩岡 万梨恵
猪爪 杏奈
小松 寛子
加藤 沙也⾹
辻⽥ 慈
関崎 祐美子
LOVE DRIVE RACINGロードスター
MAZDA ROADSTER
28595Laps
4626ST-412松尾 充晃
吉岡 一成
東 貴史
三浦 康司
横尾 優一
木村 秀樹
WAKO'S TRUST隈元建設field WM HPI Vitz
TOYOTA Vitz GRMN Turbo
28496Laps
47*168ST-59藤井 潤
窪田 俊浩
梅田 真祐
伊藤 裕士
冴えカノレーシングWITH FCA
Honda FIT 3 RS
28199Laps
4828ST-413東 徹次郎
DAISUKE
久保 隆
河野 駿佑
森山 鉄也
片岡 龍也
T's CONCEPT86
TOYOTA 86
268112Laps
4915ST-38小松 一臣
檜井 保孝
藤原 誠
安宅 光徳
長島 正明
勝亦 勇雅
エヴァRT初号機岡部⾃動⾞Z34
NISSAN Fairlady Z
40258122Laps
5082ST-X7アレックス・オー
ショーン・トン
アレックス・ユーン
フィリップ・エリス
Phoenix Racing Asia R8
Audi R8 LMS GT3
2015365Laps
  • CarNo.65は、Super Taikyu Sporting Regulations第10条(4)付則3違反により、ペナルティーストップ30秒を科す。
  • CarNo.98は、Super Taikyu Sporting Regulations第10条(4)付則3違反により、ペナルティーストップ30秒を科す。
  • CarNo.4は、Super Taikyu Sporting Regulations第18条(14)(ピット作業)違反により、ドライビングスルーペナルティーを科す。
  • CarNo.50は、Super Taikyu Sporting Regulations第18条(11)(燃料補給中)違反により、ドライビングスルーペナルティーを科す。
  • CarNo.168は、Super Taikyu Sporting Regulations第18条(12)1)(燃料補給作業)違反により、ドライビングスルーペナルティーを科す。

スーパー耐久

S耐:第3戦富士決勝9時間経過

富士SUPER TEC 24時間レース -RIJ- (2018/06/03) After 9 hours Weather:Fine Course:Dry
2018 PIRELLI Super Taikyu Series Round 3 富士スピードウェイ 4.563km

PosNoClsCls
Pos
DriverCar
Maker Model
WhLapTotal_Time
Behind
13ST-X1ユーク・タニグチ
山内 英輝
銘苅 翼
峰尾 恭輔
砂子 塾長
山田 真之亮
ENDLESS GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
2979:00'22.682
283ST-X2Lim Keong Wee
マックス・ホファー
マーシー・リー
メルビン・モー
Phoenix Racing Asia R8
Audi R8 LMS GT3
2961Lap
399ST-X3浜野 彰彦
星野 一樹
藤波 清斗
安田 裕信
スン ジェン
Y's distraction GTNET GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
302934Laps
4*81ST-X4ジェフリー・リー
アンドレ・クート
川端 伸太朗
Alessio Plcariello
J-Fly Racing R8
Audi R8 LMS GT3
2925Laps
5*244ST-X5GoMax
田中 哲也
佐藤 公哉
土屋 武士
MAX Racing RC-F
TOYOTA LEXUS RC F GT3
2898Laps
6777ST-X6星野 敏
荒 聖治
近藤 翼
元嶋 佑弥
D'station Porsche
Porsche 911GT3R
4028710Laps
747ST-11星野 辰也
織戸 学
富田 竜一郎
リー ジョンウ
浜 健二
小林 賢二
D'station Porsche cup
Porsche 911GT3 Cup
5027819Laps
810ST-TCR1フィリップ・デベサ
密山 祥吾
遠藤 光博
脇阪 寿一
Racingline PERFORMANCE GOLF TCR
Volkswagen GOLF GTI TCR
1527126Laps
9*65ST-TCR2今村 大輔
加藤 正将
石澤 浩紀
吉田 寿博
L&JR Mars Audi RS3 LMS
Audi RS3 LMS
1027027Laps
1097ST-TCR3植松 忠雄
中野 信治
大津 弘樹
小林 崇志
石川 京侍
Modulo CIVIC TCR
Honda CIVIC TYPE R
5026829Laps
1168ST-31服部 尚貴
脇阪 薫一
平沼 貴之
菅波 冬悟
番場 琢
埼玉トヨペットGreen Brave GR SPORTマークX
TOYOTA Mark X
26631Laps
1238ST-32堀田 誠
阪口 良平
新田 守男
muta Racing ADVICS IS 350 TWS
TOYOTA LEXUS IS 350
4026532Laps
1339ST-33手塚 祐弥
下垣 和也
前嶋 秀司
近藤 説秀
ADVICS TRACY RC 350 TWS DPS
TOYOTA LEXUS RC 350
26532Laps
1475ST-TCR4塚田 利郎
蘇武 喜和
清瀧 雄二
松本 和之
山路 幸宏
渡辺 忠司
m-1 CARFACTORY RS3 LMS
Audi RS3 LMS
26433Laps
1514ST-34甲野 将哉
市森 友明
輿水 敏明
山崎 学
大原 学
島澤 隆彦
エヴァRT弐号機岡部⾃動⾞Z34
NISSAN Fairlady Z
26334Laps
1662ST-35嵯峨 宏紀
宮田 莉朋
石浦 宏明
平手 晃平
山下 健太
DENSO Le Beausset RC350
TOYOTA LEXUS RC 350
2026235Laps
1751ST-Z1石原 将光
細川 慎弥
池田 大祐
坂本 祐也
余郷 敦
DIAMANGO Cayman
Porsche CaymanGT4
26136Laps
1834ST-36加納 政樹
大草 りき
松原 怜史
大西 隆生
坂 直純
TECHNO FIRST RC350
TOYOTA LEXUS RC 350
26037Laps
1986ST-41松井 孝允
坪井 翔
中山 雄一
蒲生 尚弥
TOM'S SPIRIT 86
TOYOTA 86
3025641Laps
20884ST-42平中 克幸
ヒロ・ハヤシ
吉田 広樹
国本 雄資
林テレンプSHADE RACING 86
TOYOTA 86
25641Laps
2155ST-43たしろ じゅん
大井 貴之
三笠 雄一
伊藤 毅
田中 雅之
Sunoasis田中建築86
TOYOTA 86
1025641Laps
2213ST-44小河 諒
高橋 翼
花里 祐弥
中山 友貴
呉 良亮
小林 真一
ENDLESS 86
TOYOTA 86
1525641Laps
236ST-21冨桝 朋広
菊地 靖
大橋 正澄
成澤 正人
藤井 芳樹
古山 節夫
新菱オート☆DIXCELエボⅩ
MITSUBISHI LANCER EVOLUTION X
2525641Laps
249ST-37JOE SHINDO
井上 恵一
大野 尊久
高田 匠
NATSU
影山 正美
MP RacingワコーズEDニルズ
NISSAN Fairlady Z
25542Laps
2527ST-45伊橋 勲
藤田 竜樹
廣田 秀機
馬場 優輝
D’station FINAゴーゴーガレージSSR Ings 86
TOYOTA 86
25542Laps
2617ST-22谷川 達也
野上 達也
野上 敏彦
山田 弘樹
藤原 能成
DXLアラゴスタNOPROアクセラSKY-D
MAZDA AXELA Diesel Turbo
1525443Laps
2758ST-46小林 康一
塩谷 烈州
瀬戸 貴巨
山田 隆行
坂野 将之
ウィンマックステインワコーズDC5☆KRP
Honda INTEGRA TYPE R
25443Laps
2818ST-47浅野 武夫
井上 雅貴
芝 叔和
西村 元気
西村 和則
東風谷 高史
Wedssport 86
TOYOTA 86
25344Laps
2929ST-48佐々木 雅弘
大嶋 和也
飯田 章
小山 美姫
豊田 大輔
小倉 康宏
T'S CONCEPT小倉クラッチ86
TOYOTA 86
25245Laps
30999ST-49天川 翔貴
白石 勇樹
野間 一
下山 和寿
えんとつ町のプペルGLORY FN2
Honda CIVIC TYPE R EURO
3025245Laps
317ST-23八巻 渉
岡崎 善衛
廣田 築
面野 一
奥村 博文
GLocal☆新菱オートDXLエボX
MITSUBISHI LANCER EVOLUTION X
1025146Laps
3277ST-410山田 英二
中島 保典
松井 猛敏
橋本 洋平
遠藤 浩二
CUSCO RACING 86
TOYOTA 86
24948Laps
3359ST-24大澤 学
後藤 比東至
井口 卓人
石坂 瑞基
DAMD MOTUL ED WRX STI
SUBARU WRX STI
5024948Laps
3419ST-TCR5ヒロボン
YOSSY
秋吉 圭
奥村 浩一
山脇 大輔
古宮 正信
BRP★Audi Mie RS3 LMS
Audi RS3 LMS
1524849Laps
3545ST-TCR6竹田 直人
白坂 卓也
田ヶ原 章蔵
奥村 佳之
プリズマ☆イリヤRS3 LMS
Audi RS3 LMS
1024354Laps
36*69ST-51梅本 淳一
蘭牟田 政治
久保田 英夫
妹尾 智充
Razak Ifwat
高橋 宏和
J'S RACING Moty's制動屋FIT
Honda FIT 3 RS
23562Laps
3769ST-52梅本 淳一
蘭牟田 政治
久保田 英夫
妹尾 智充
Razak Ifwat
高橋 宏和
J'S RACING Moty's制動屋FIT
Honda FIT 3 RS
23562Laps
3850ST-53岩岡 万梨恵
猪爪 杏奈
小松 寛子
加藤 沙也⾹
辻⽥ 慈
関崎 祐美子
LOVE DRIVE RACINGロードスター
MAZDA ROADSTER
23265Laps
3988ST-54村上 博幸
雨宮 恵司
吉田 綜一郎
脇谷 猛
中根 邦憲
杉野 治彦
村上モータースMAZDAロードスター
MAZDA ROADSTER
523166Laps
4015ST-38小松 一臣
檜井 保孝
藤原 誠
安宅 光徳
長島 正明
勝亦 勇雅
エヴァRT初号機岡部⾃動⾞Z34
NISSAN Fairlady Z
4022968Laps
4148ST-55猪股 京介
大賀 裕介
河村 翔
笹尾 徹也
青野 誠之
Takamori 博士
DIJONホンダカーズ野崎エンドレスFIT
Honda FIT 3 RS
1022968Laps
42*66ST-56橋本 陸
霜野 誠友
武地 孝幸
西山 隆
井出 靖司
谷岡 力
odula Idia MAZDAデミオ15MB
COURAGE DEMIO
22770Laps
434ST-57黒須 聡一
太田 侑弥
伊藤 俊哉
見並 秀文
カルロス 本田
相原 誠司郎
THE BRIDE FIT
Honda FIT 3 RS
522572Laps
4498ST-TCR7飯田 太陽
加藤 寛規
濱口 弘
高橋 一穂
リチャード・ウィー
FLORAL CIVIC TCR
Honda CIVIC TYPE R
22374Laps
452ST-58筒井 克彦
山西 康司
田中 貴洋
上村 優太
山下 潤一郎
田中 勝輝
TEAM221ロードスター
MAZDA ROADSTER
2522374Laps
46100ST-411平 優弥
田中 良平
ケニー・リー
山田 遼
松井 有紀夫
日比野 哲也
トレーシースポーツwith SPV 86
TOYOTA 86
22374Laps
47168ST-59藤井 潤
窪田 俊浩
梅田 真祐
伊藤 裕士
冴えカノレーシングWITH FCA
Honda FIT 3 RS
22176Laps
4826ST-412松尾 充晃
吉岡 一成
東 貴史
三浦 康司
横尾 優一
木村 秀樹
WAKO'S TRUST隈元建設field WM HPI Vitz
TOYOTA Vitz GRMN Turbo
21681Laps
4928ST-413東 徹次郎
DAISUKE
久保 隆
河野 駿佑
森山 鉄也
片岡 龍也
T's CONCEPT86
TOYOTA 86
19998Laps
5082ST-X7アレックス・オー
ショーン・トン
アレックス・ユーン
フィリップ・エリス
Phoenix Racing Asia R8
Audi R8 LMS GT3
2015282Laps
  • CarNo.81は、大会特別規則第40条(フルコースイエロー中の追い越し)違反により、ペナルティーストップ60秒を科す。
  • CarNo.81は、大会特別規則第32条(セーフティーカー中のピットイン)違反により、ペナルティーストップ60秒を科す。
  • CarNo.244は、大会特別規則第32条(セーフティーカー中のピットイン)違反により、ペナルティーストップ60秒を科す。
  • CarNo.65は、Super Taikyu Sporting Regulations第18条(8)4)(タイヤ交換作業)違反により、ドライビングスルーペナルティーを科す。
  • CarNo.69は、Super Taikyu Sporting Regulations第18条(12)3)(給油装備)違反により、ドライビングスルーペナルティーを科す。
  • CarNo.66は、Super Taikyu Sporting Regulations第18条(11)(燃料補給中)違反により、ドライビングスルーペナルティーを科す。

スーパー耐久

S耐:第3戦富士決勝6時間経過

富士SUPER TEC 24時間レース -RIJ- (2018/06/03) After 6 hours Weather:Fine Course:Dry
2018 PIRELLI Super Taikyu Series Round 3 富士スピードウェイ 4.563km

PosNoClsCls
Pos
DriverCar
Maker Model
WhLapTotal_Time
Behind
199ST-X1浜野 彰彦
星野 一樹
藤波 清斗
安田 裕信
スン ジェン
Y's distraction GTNET GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
301966:01'29.711
23ST-X2ユーク・タニグチ
山内 英輝
銘苅 翼
峰尾 恭輔
砂子 塾長
山田 真之亮
ENDLESS GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
19628.207
383ST-X3Lim Keong Wee
マックス・ホファー
マーシー・リー
メルビン・モー
Phoenix Racing Asia R8
Audi R8 LMS GT3
1951Lap
481ST-X4ジェフリー・リー
アンドレ・クート
川端 伸太朗
Alessio Plcariello
J-Fly Racing R8
Audi R8 LMS GT3
1933Laps
5244ST-X5GoMax
田中 哲也
佐藤 公哉
土屋 武士
MAX Racing RC-F
TOYOTA LEXUS RC F GT3
1924Laps
6777ST-X6星野 敏
荒 聖治
近藤 翼
元嶋 佑弥
D'station Porsche
Porsche 911GT3R
4018610Laps
747ST-11星野 辰也
織戸 学
富田 竜一郎
リー ジョンウ
浜 健二
小林 賢二
D'station Porsche cup
Porsche 911GT3 Cup
5018412Laps
810ST-TCR1フィリップ・デベサ
密山 祥吾
遠藤 光博
脇阪 寿一
Racingline PERFORMANCE GOLF TCR
Volkswagen GOLF GTI TCR
1518115Laps
9*65ST-TCR2今村 大輔
加藤 正将
石澤 浩紀
吉田 寿博
L&JR Mars Audi RS3 LMS
Audi RS3 LMS
1017818Laps
1097ST-TCR3植松 忠雄
中野 信治
大津 弘樹
小林 崇志
石川 京侍
Modulo CIVIC TCR
Honda CIVIC TYPE R
5017818Laps
1175ST-TCR4塚田 利郎
蘇武 喜和
清瀧 雄二
松本 和之
山路 幸宏
渡辺 忠司
m-1 CARFACTORY RS3 LMS
Audi RS3 LMS
17818Laps
1262ST-31嵯峨 宏紀
宮田 莉朋
石浦 宏明
平手 晃平
山下 健太
DENSO Le Beausset RC350
TOYOTA LEXUS RC 350
2017719Laps
1368ST-32服部 尚貴
脇阪 薫一
平沼 貴之
菅波 冬悟
番場 琢
埼玉トヨペットGreen Brave GR SPORTマークX
TOYOTA Mark X
17620Laps
1451ST-Z1石原 将光
細川 慎弥
池田 大祐
坂本 祐也
余郷 敦
DIAMANGO Cayman
Porsche CaymanGT4
17620Laps
1534ST-33加納 政樹
大草 りき
松原 怜史
大西 隆生
坂 直純
TECHNO FIRST RC350
TOYOTA LEXUS RC 350
17521Laps
16*38ST-34堀田 誠
阪口 良平
新田 守男
muta Racing ADVICS IS 350 TWS
TOYOTA LEXUS IS 350
4017521Laps
1739ST-35手塚 祐弥
下垣 和也
前嶋 秀司
近藤 説秀
ADVICS TRACY RC 350 TWS DPS
TOYOTA LEXUS RC 350
17521Laps
1815ST-36小松 一臣
檜井 保孝
藤原 誠
安宅 光徳
長島 正明
勝亦 勇雅
エヴァRT初号機岡部⾃動⾞Z34
NISSAN Fairlady Z
4017422Laps
19*14ST-37甲野 将哉
市森 友明
輿水 敏明
山崎 学
大原 学
島澤 隆彦
エヴァRT弐号機岡部⾃動⾞Z34
NISSAN Fairlady Z
17422Laps
209ST-38JOE SHINDO
井上 恵一
大野 尊久
高田 匠
NATSU
影山 正美
MP RacingワコーズEDニルズ
NISSAN Fairlady Z
17224Laps
216ST-21冨桝 朋広
菊地 靖
大橋 正澄
成澤 正人
藤井 芳樹
古山 節夫
新菱オート☆DIXCELエボⅩ
MITSUBISHI LANCER EVOLUTION X
2516927Laps
2255ST-41たしろ じゅん
大井 貴之
三笠 雄一
伊藤 毅
田中 雅之
Sunoasis田中建築86
TOYOTA 86
1016927Laps
2327ST-42伊橋 勲
藤田 竜樹
廣田 秀機
馬場 優輝
D’station FINAゴーゴーガレージSSR Ings 86
TOYOTA 86
16927Laps
24884ST-43平中 克幸
ヒロ・ハヤシ
吉田 広樹
国本 雄資
林テレンプSHADE RACING 86
TOYOTA 86
16927Laps
2513ST-44小河 諒
高橋 翼
花里 祐弥
中山 友貴
呉 良亮
小林 真一
ENDLESS 86
TOYOTA 86
1516927Laps
2686ST-45松井 孝允
坪井 翔
中山 雄一
蒲生 尚弥
TOM'S SPIRIT 86
TOYOTA 86
3016927Laps
2717ST-22谷川 達也
野上 達也
野上 敏彦
山田 弘樹
藤原 能成
DXLアラゴスタNOPROアクセラSKY-D
MAZDA AXELA Diesel Turbo
1516927Laps
2858ST-46小林 康一
塩谷 烈州
瀬戸 貴巨
山田 隆行
坂野 将之
ウィンマックステインワコーズDC5☆KRP
Honda INTEGRA TYPE R
16828Laps
2918ST-47浅野 武夫
井上 雅貴
芝 叔和
西村 元気
西村 和則
東風谷 高史
Wedssport 86
TOYOTA 86
16828Laps
30999ST-48天川 翔貴
白石 勇樹
野間 一
下山 和寿
えんとつ町のプペルGLORY FN2
Honda CIVIC TYPE R EURO
3016729Laps
3198ST-TCR5飯田 太陽
加藤 寛規
濱口 弘
高橋 一穂
リチャード・ウィー
FLORAL CIVIC TCR
Honda CIVIC TYPE R
16630Laps
32*29ST-49佐々木 雅弘
大嶋 和也
飯田 章
小山 美姫
豊田 大輔
小倉 康宏
T'S CONCEPT小倉クラッチ86
TOYOTA 86
16630Laps
3377ST-410山田 英二
中島 保典
松井 猛敏
橋本 洋平
遠藤 浩二
CUSCO RACING 86
TOYOTA 86
16630Laps
347ST-23八巻 渉
岡崎 善衛
廣田 築
面野 一
奥村 博文
GLocal☆新菱オートDXLエボX
MITSUBISHI LANCER EVOLUTION X
1016531Laps
3519ST-TCR6ヒロボン
YOSSY
秋吉 圭
奥村 浩一
山脇 大輔
古宮 正信
BRP★Audi Mie RS3 LMS
Audi RS3 LMS
1516234Laps
3659ST-24大澤 学
後藤 比東至
井口 卓人
石坂 瑞基
DAMD MOTUL ED WRX STI
SUBARU WRX STI
5016234Laps
3769ST-51梅本 淳一
蘭牟田 政治
久保田 英夫
妹尾 智充
Razak Ifwat
高橋 宏和
J'S RACING Moty's制動屋FIT
Honda FIT 3 RS
15739Laps
3888ST-52村上 博幸
雨宮 恵司
吉田 綜一郎
脇谷 猛
中根 邦憲
杉野 治彦
村上モータースMAZDAロードスター
MAZDA ROADSTER
515640Laps
394ST-53黒須 聡一
太田 侑弥
伊藤 俊哉
見並 秀文
カルロス 本田
相原 誠司郎
THE BRIDE FIT
Honda FIT 3 RS
515640Laps
40*50ST-54岩岡 万梨恵
猪爪 杏奈
小松 寛子
加藤 沙也⾹
辻⽥ 慈
関崎 祐美子
LOVE DRIVE RACINGロードスター
MAZDA ROADSTER
15541Laps
4137ST-55関 豊
井尻 薫
大谷 飛雄
加藤 芳皓
DXLワコーズNOPROデミオSKY-D
MAZDA DEMIO DIESEL TURBO
15442Laps
4248ST-56猪股 京介
大賀 裕介
河村 翔
笹尾 徹也
青野 誠之
Takamori 博士
DIJONホンダカーズ野崎エンドレスFIT
Honda FIT 3 RS
1015343Laps
43*45ST-TCR7竹田 直人
白坂 卓也
田ヶ原 章蔵
奥村 佳之
プリズマ☆イリヤRS3 LMS
Audi RS3 LMS
1015244Laps
4466ST-57橋本 陸
霜野 誠友
武地 孝幸
西山 隆
井出 靖司
谷岡 力
odula Idia MAZDAデミオ15MB
COURAGE DEMIO
14947Laps
452ST-58筒井 克彦
山西 康司
田中 貴洋
上村 優太
山下 潤一郎
田中 勝輝
TEAM221ロードスター
MAZDA ROADSTER
2514551Laps
46168ST-59藤井 潤
窪田 俊浩
梅田 真祐
伊藤 裕士
冴えカノレーシングWITH FCA
Honda FIT 3 RS
14353Laps
47*100ST-411平 優弥
田中 良平
ケニー・リー
山田 遼
松井 有紀夫
日比野 哲也
トレーシースポーツwith SPV 86
TOYOTA 86
13957Laps
4826ST-412松尾 充晃
吉岡 一成
東 貴史
三浦 康司
横尾 優一
木村 秀樹
WAKO'S TRUST隈元建設field WM HPI Vitz
TOYOTA Vitz GRMN Turbo
13660Laps
4928ST-413東 徹次郎
DAISUKE
久保 隆
河野 駿佑
森山 鉄也
片岡 龍也
T's CONCEPT86
TOYOTA 86
13264Laps
5082ST-X7アレックス・オー
ショーン・トン
アレックス・ユーン
フィリップ・エリス
Phoenix Racing Asia R8
Audi R8 LMS GT3
2015181Laps
  • CarNo.65,100は、大会特別規則第24条3.(ピットレーン速度)違反により、ドライビングスルーペナルティーを科す。
  • CarNo.38は、国際モータースポーツ競技規則付則H項(黄旗振動期間での追い越し)違反により、ペナルティーストップ30秒を科す。
  • CarNo.14は、Super Taikyu Sporting Regulations第18条(2)(ピット作業)違反により、ドライビングスルーペナルティーを科す。
  • CarNo.29は、Super Taikyu Sporting Regulations第18条(2)(ピット作業)違反により、ドライビングスルーペナルティーを科す。
  • CarNo.50は、大会特別規則第24条3.(ピットレーン速度)違反により、ペナルティーストップ5秒を科す。
  • CarNo.45は、Super Taikyu Sporting Regulations第10条(4)付則3違反により、ペナルティーストップ30秒を科す。

スーパー耐久

S耐:第3戦富士24時間(4時間経過)GT-R同士、僅差の戦いは続く

ユーク・タニグチ/山内英輝/銘苅翼/峰尾恭輔/砂子塾長/山田真之亮組(ENDLESS GT-R) Lim Keong Wee/マックス・ホファー/マーシー・リー/メルビン・モー組(Phoenix Racing Asia R8) 今村大輔/加藤正将/石澤浩紀/吉田寿博組(L&JR Mars Audi RS3 LMS) フィリップ・デベサ/密山祥吾/遠藤光博/脇阪寿一組(Racingline PERFORMANCE GOLF TCR) 星野辰也/織戸学/富田竜一郎/リージョンウ/浜健二/小林賢二組(D'station Porsche cup) 冨桝朋広/菊地靖/大橋正澄/成澤正人/藤井芳樹/古山節夫組(新菱オート☆DIXCELエボⅩ) 服部尚貴/脇阪薫一/平沼貴之/菅波冬悟/番場琢組(埼玉トヨペットGreen Brave GR SPORTマークX) 小河諒/高橋翼/花里祐弥/中山友貴/呉良亮/小林真一組(ENDLESS 86) 村上博幸/雨宮恵司/吉田綜一郎/脇谷猛/中根邦憲/杉野治彦組(村上モータースMAZDAロードスター) コースアウトするマシン 黄旗 セーフティーカーも導入される

時間の経過とともに夕闇が迫ってきた。各マシンはライトを点灯し、いよいよ24時間レースらしい雰囲気になってきた。

総合トップを争うST-Xクラスの2台のGT-Rは、4時間を経過してもその差は10秒余り。順調に周回を重ねるGT-Rに対し、総合3位を走行していた#777D'station Porscheは、3時間半を経過したところで他車と接触してスピン。エンジン始動に手間取りタイムロス。さらにピットに滑り込んでチェックを行うが、エンジン回りにトラブルが見つかったのか20分間作業が続き、6位まで後退してしまった。

ST-TCRクラスは、自力に勝る#98FLORAL CIVIC TCRがトップに浮上。これに、#10Racingline PERFORMANCE GOLF TCRが続き、速さはあるものの安定性に欠けるアウディ勢は徐々に後退している。

ST-3クラスは#68埼玉トヨペットGreen Brave GR SPORTマークXがハイペースでトップを堅持。これを本命#62DENSO Le Beausset RC350が追っている。#62RC350はピットストップ回数を少なくする作戦のようだ。この2台の争いは今後も目が離せない。

ST-4クラスは、本命#86TOM'S SPIRIT 86がトップを守っているが、2位には#13ENDLESS 86がジワジワと上がってきている。

ST-2クラスは、#6新菱オート☆DIXCELエボⅩがリードしているが、#6エボXを含めてこのクラスのラップタイムが2分00秒~02秒なのに対し、序盤のアクシデントで大きく遅れた#59DAMD MOTUL ED WRX STIが1分57~59秒のハイペースで追い上げている。トップとの差はまだ8周あるがこの追い上げには注目だ。

ST-5クラスは、#69J'S RACING Moty's制動屋FITが、トップをキープしているが、2位には女性ドライバーで固めた#50LOVE DRIVE RACINGロードスターが上がってきている。

Text: Shigeru KITAMICHI
Photo: Keiichiro TAKESHITA

スーパー耐久

S耐:第3戦富士決勝3時間経過

富士SUPER TEC 24時間レース -RIJ- (2018/06/02) After 3 hours Weather:Fine Course:Dry
2018 PIRELLI Super Taikyu Series Round 3 富士スピードウェイ 4.563km

Pos No Cls Cls
Pos
Driver Car
Maker Model
Wh Lap Total_Time
Behind
1 3 ST-X 1 ユーク・タニグチ
山内 英輝
銘苅 翼
峰尾 恭輔
砂子 塾長
山田 真之亮
ENDLESS GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
  99 3:00'21.124
2 99 ST-X 2 浜野 彰彦
星野 一樹
藤波 清斗
安田 裕信
スン ジェン
Y's distraction GTNET GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
30 99 9.119
3 777 ST-X 3 星野 敏
荒 聖治
近藤 翼
元嶋 佑弥
D'station Porsche
Porsche 911GT3R
40 99 59.932
4 83 ST-X 4 Lim Keong Wee
マックス・ホファー
マーシー・リー
メルビン・モー
Phoenix Racing Asia R8
Audi R8 LMS GT3
  98 1Lap
5 244 ST-X 5 GoMax
田中 哲也
佐藤 公哉
土屋 武士
MAX Racing RC-F
TOYOTA LEXUS RC F GT3
  97 2Laps
6 *81 ST-X 6 ジェフリー・リー
アンドレ・クート
川端 伸太朗
Alessio Plcariello
J-Fly Racing R8
Audi R8 LMS GT3
  97 2Laps
7 98 ST-TCR 1 飯田 太陽
加藤 寛規
濱口 弘
高橋 一穂
リチャード・ウィー
FLORAL CIVIC TCR
Honda CIVIC TYPE R
  92 7Laps
8 10 ST-TCR 2 フィリップ・デベサ
密山 祥吾
遠藤 光博
脇阪 寿一
Racingline PERFORMANCE GOLF TCR
Volkswagen GOLF GTI TCR
15 92 7Laps
9 *65 ST-TCR 3 今村 大輔
加藤 正将
石澤 浩紀
吉田 寿博
L&JR Mars Audi RS3 LMS
Audi RS3 LMS
10 92 7Laps
10 97 ST-TCR 4 植松 忠雄
中野 信治
大津 弘樹
小林 崇志
石川 京侍
Modulo CIVIC TCR
Honda CIVIC TYPE R
50 92 7Laps
11 45 ST-TCR 5 竹田 直人
白坂 卓也
田ヶ原 章蔵
奥村 佳之
プリズマ☆イリヤRS3 LMS
Audi RS3 LMS
10 92 7Laps
12 47 ST-1 1 星野 辰也
織戸 学
富田 竜一郎
リー ジョンウ
浜 健二
小林 賢二
D'station Porsche cup
Porsche 911GT3 Cup
50 92 7Laps
13 75 ST-TCR 6 塚田 利郎
蘇武 喜和
清瀧 雄二
松本 和之
山路 幸宏
渡辺 忠司
m-1 CARFACTORY RS3 LMS
Audi RS3 LMS
  90 9Laps
14 62 ST-3 1 嵯峨 宏紀
宮田 莉朋
石浦 宏明
平手 晃平
山下 健太
DENSO Le Beausset RC350
TOYOTA LEXUS RC 350
20 90 9Laps
15 68 ST-3 2 服部 尚貴
脇阪 薫一
平沼 貴之
菅波 冬悟
番場 琢
埼玉トヨペットGreen Brave GR SPORTマークX
TOYOTA Mark X
  90 9Laps
16 38 ST-3 3 堀田 誠
阪口 良平
新田 守男
muta Racing ADVICS IS 350 TWS
TOYOTA LEXUS IS 350
40 89 10Laps
17 34 ST-3 4 加納 政樹
大草 りき
松原 怜史
大西 隆生
坂 直純
TECHNO FIRST RC350
TOYOTA LEXUS RC 350
  89 10Laps
18 39 ST-3 5 手塚 祐弥
下垣 和也
前嶋 秀司
近藤 説秀
ADVICS TRACY RC 350 TWS DPS
TOYOTA LEXUS RC 350
  89 10Laps
19 *15 ST-3 6 小松 一臣
檜井 保孝
藤原 誠
安宅 光徳
長島 正明
勝亦 勇雅
エヴァRT初号機岡部⾃動⾞Z34
NISSAN Fairlady Z
40 89 10Laps
20 51 ST-Z 1 石原 将光
細川 慎弥
池田 大祐
坂本 祐也
余郷 敦
DIAMANGO Cayman
Porsche CaymanGT4
  88 11Laps
21 *14 ST-3 7 甲野 将哉
市森 友明
輿水 敏明
山崎 学
大原 学
島澤 隆彦
エヴァRT弐号機岡部⾃動⾞Z34
NISSAN Fairlady Z
  87 12Laps
22 9 ST-3 8 JOE SHINDO
井上 恵一
大野 尊久
高田 匠
NATSU
影山 正美
MP RacingワコーズEDニルズ
NISSAN Fairlady Z
  87 12Laps
23 86 ST-4 1 松井 孝允
坪井 翔
中山 雄一
蒲生 尚弥
TOM'S SPIRIT 86
TOYOTA 86
30 86 13Laps
24 884 ST-4 2 平中 克幸
ヒロ・ハヤシ
吉田 広樹
国本 雄資
林テレンプSHADE RACING 86
TOYOTA 86
  86 13Laps
25 6 ST-2 1 冨桝 朋広
菊地 靖
大橋 正澄
成澤 正人
藤井 芳樹
古山 節夫
新菱オート☆DIXCELエボⅩ
MITSUBISHI LANCER EVOLUTION X
25 86 13Laps
26 *55 ST-4 3 たしろ じゅん
大井 貴之
三笠 雄一
伊藤 毅
田中 雅之
Sunoasis田中建築86
TOYOTA 86
10 86 13Laps
27 13 ST-4 4 小河 諒
高橋 翼
花里 祐弥
中山 友貴
呉 良亮
小林 真一
ENDLESS 86
TOYOTA 86
15 86 13Laps
28 27 ST-4 5 伊橋 勲
藤田 竜樹
廣田 秀機
馬場 優輝
D’station FINAゴーゴーガレージSSR Ings 86
TOYOTA 86
  85 14Laps
29 17 ST-2 2 谷川 達也
野上 達也
野上 敏彦
山田 弘樹
藤原 能成
DXLアラゴスタNOPROアクセラSKY-D
MAZDA AXELA Diesel Turbo
15 85 14Laps
30 28 ST-4 6 東 徹次郎
DAISUKE
久保 隆
河野 駿佑
森山 鉄也
片岡 龍也
T's CONCEPT86
TOYOTA 86
  85 14Laps
31 58 ST-4 7 小林 康一
塩谷 烈州
瀬戸 貴巨
山田 隆行
坂野 将之
ウィンマックステインワコーズDC5☆KRP
Honda INTEGRA TYPE R
  85 14Laps
32 999 ST-4 8 天川 翔貴
白石 勇樹
野間 一
下山 和寿
えんとつ町のプペルGLORY FN2
Honda CIVIC TYPE R EURO
30 85 14Laps
33 7 ST-2 3 八巻 渉
岡崎 善衛
廣田 築
面野 一
奥村 博文
GLocal☆新菱オートDXLエボX
MITSUBISHI LANCER EVOLUTION X
10 85 14Laps
34 18 ST-4 9 浅野 武夫
井上 雅貴
芝 叔和
西村 元気
西村 和則
東風谷 高史
Wedssport 86
TOYOTA 86
  84 15Laps
35 29 ST-4 10 佐々木 雅弘
大嶋 和也
飯田 章
小山 美姫
豊田 大輔
小倉 康宏
T'S CONCEPT小倉クラッチ86
TOYOTA 86
  84 15Laps
36 77 ST-4 11 山田 英二
中島 保典
松井 猛敏
橋本 洋平
遠藤 浩二
CUSCO RACING 86
TOYOTA 86
  83 16Laps
37 69 ST-5 1 梅本 淳一
蘭牟田 政治
久保田 英夫
妹尾 智充
Razak Ifwat
高橋 宏和
J'S RACING Moty's制動屋FIT
Honda FIT 3 RS
  80 19Laps
38 50 ST-5 2 岩岡 万梨恵
猪爪 杏奈
小松 寛子
加藤 沙也⾹
辻⽥ 慈
関崎 祐美子
LOVE DRIVE RACINGロードスター
MAZDA ROADSTER
  79 20Laps
39 48 ST-5 3 猪股 京介
大賀 裕介
河村 翔
笹尾 徹也
青野 誠之
Takamori 博士
DIJONホンダカーズ野崎エンドレスFIT
Honda FIT 3 RS
10 78 21Laps
40 88 ST-5 4 村上 博幸
雨宮 恵司
吉田 綜一郎
脇谷 猛
中根 邦憲
杉野 治彦
村上モータースMAZDAロードスター
MAZDA ROADSTER
5 78 21Laps
41 *4 ST-5 5 黒須 聡一
太田 侑弥
伊藤 俊哉
見並 秀文
カルロス 本田
相原 誠司郎
THE BRIDE FIT
Honda FIT 3 RS
5 78 21Laps
42 2 ST-5 6 筒井 克彦
山西 康司
田中 貴洋
上村 優太
山下 潤一郎
田中 勝輝
TEAM221ロードスター
MAZDA ROADSTER
25 77 22Laps
43 69 ST-5 7 梅本 淳一
蘭牟田 政治
久保田 英夫
妹尾 智充
Razak Ifwat
高橋 宏和
J'S RACING Moty's制動屋FIT
Honda FIT 3 RS
  77 22Laps
44 37 ST-5 8 関 豊
井尻 薫
大谷 飛雄
加藤 芳皓
DXLワコーズNOPROデミオSKY-D
MAZDA DEMIO DIESEL TURBO
  76 23Laps
45 66 ST-5 9 橋本 陸
霜野 誠友
武地 孝幸
西山 隆
井出 靖司
谷岡 力
odula Idia MAZDAデミオ15MB
COURAGE DEMIO
  74 25Laps
46 19 ST-TCR 7 ヒロボン
YOSSY
秋吉 圭
奥村 浩一
山脇 大輔
古宮 正信
BRP★Audi Mie RS3 LMS
Audi RS3 LMS
15 74 25Laps
47 26 ST-4 12 松尾 充晃
吉岡 一成
東 貴史
三浦 康司
横尾 優一
木村 秀樹
WAKO'S TRUST隈元建設field WM HPI Vitz
TOYOTA Vitz GRMN Turbo
  73 26Laps
48 *168 ST-5 10 藤井 潤
窪田 俊浩
梅田 真祐
伊藤 裕士
冴えカノレーシングWITH FCA
Honda FIT 3 RS
  65 34Laps
49 100 ST-4 13 平 優弥
田中 良平
ケニー・リー
山田 遼
松井 有紀夫
日比野 哲也
トレーシースポーツwith SPV 86
TOYOTA 86
  58 41Laps
50 *82 ST-X 7 アレックス・オー
ショーン・トン
アレックス・ユーン
フィリップ・エリス
Phoenix Racing Asia R8
Audi R8 LMS GT3
20 15 84Laps
  • CarNo.81,84は、国際モータースポーツ競技規則付則H項(黄旗2本振動区間での追い越し)違反により、ペナルティーストップ30秒を科す。
  • CarNo.65,168は、大会特別規則第24条3.(ピットレーン入口速度)違反により、ドライビングスルーペナルティーを科す。
  • CarNo.15は、国際モータースポーツ競技規則付則H項(SCリスタート中の追い越し行為)違反により、ドライビングスルーペナルティーを科す。
  • CarNo.55は、Super Taikyu Sporting Regulations第18条(14)(ピット作業違反)により、ドライビングスルーペナルティーを科す。
  • CarNo.4は、大会特別規則第28条3.(ピット滞在時間)違反により、ペナルティーストップ2秒を科す。
  • CarNo.82は、富士スピードウェイ一般競技規則第5章第16条5.(1)①(他車#59への衝突行為)により、ペナルティーストップ60秒を科すが、リタイヤにより留保する。

スーパー耐久

S耐:第3戦富士24時間(2時間経過)序盤早くもアクシデント発生

グループ1のスタートシーン グループ2のスタートシーン

午後3時、ローリングスタートで24時間レースの幕が切って落とされた。

予想どおり#3ENDLESS GT-Rと#99Y's distraction GTNET GT-R、2台のGT-Rがランデブー走行で3位以下をジワジワと離していく。後方はほぼ予選順で周回を重ねていく。

27分経過時、1コーナーの進入で、総合3位を走っていたST-Xクラスの#82Phoenix Racing Asia R8が、ST-2クラスの#59DAMD MOTUL ED WRX STIに接触。このアクシデンで#82R8は足回りを痛めてコース上にストップ。早くもリタイアとなる。

一方、避けようのなかった突撃を食らった#59WRXは、右側面を大きくヘコませてピットイン。即座に修理にかかるが、ピットクルーは、パドックに停まっていたスタッフのノーマルWRXから右ドアを移植するという手術を施し、25分という短時間でコースに復帰させてしまった。

このアクシデントでレースはセーフティカー(SC)ランとなるが、42分経過時にレースが再開すると、SCランで間に入った下位クラスのマシンを利用して、#3GTRが#99GT-Rとの差を一気に開く。以後、両者は8秒の差を保ったままレースは進んでいく。

ST-TCRクラスは、#65L&JR Mars Audi RS3 LMSが大きくリード。2位に#75m-1 CARFACTORY RS3 LMSがつけ、アウディ勢がシビックを抑える形となっている。

ST-3クラスは#68埼玉トヨペットGreen Brave GR SPORTマークXが快調で、2位以下を引き離している。ST-4クラスは、本命#86TOM'S SPIRIT 86を#55Sunoasis田中建築86が追う展開となっている。

ST-5クラスは、#69J'S RACING Moty's制動屋FITが、#88村上モータースMAZDAロードスターとの差を少しずつ開きながら、トップを快走している

Text: Shigeru KITAMICHI
Photo: Keiichiro TAKESHITA

スーパー耐久

S耐:第3戦富士24時間ウォームアップ 上位クラスはアウディ勢が好調

「富士スーパーテック24時間レース」決勝日、午前10時10分から40分間のウォームアップ走行が行われ、各チーム、決勝に向けてのチェックを行った。

ウォームアップ: ST-XクラストップタイムはJ-Fly Racing R8 ウォームアップ: ST-ZクラストップタイムはDIAMANGO Cayman ウォームアップ: ST-TCRクラストップタイムはL&JR Mars Audi RS3 LMS ウォームアップ: ST-2クラストップタイムは新菱オート☆DIXCELエボⅩ ウォームアップ: ST-3クラストップタイムはDENSO Le Beausset RC350 ウォームアップ: ST-4クラストップタイムはTOM'S SPIRIT 86 ウォームアップ: ST-5クラストップタイムはDXLワコーズNOPROデミオSKY-D

予選ではGTR勢の後塵を拝したアウディR8だが、ここでは#81J-Fly Racing R8が総合のベストタイム。上位3台をR8が占め、これに#777D'station Porscheが続いた。2台のGTRはポールシッター#3ENDLESS GT-Rが5番手、予選2位の#99Y's distraction GTNET GT-Rは出走しなかった。

ST-TCRクラスもアウディ勢が好調。クラスPPの#65L&JR Mars Audi RS3 LMSを筆頭に4台のRS3がシビック勢を抑えた。

熾烈な戦いが予想される注目のST-3、ST-4クラスは、スーパーフォーミュラ、スーパーGTドライバーを揃えた豪華な布陣で臨む#62DENSO Le Beausset RC350(ST-3クラス)と、スーパーGT、F3ドライバーの乗る#86TOM'S SPIRIT 86(ST-4クラス)が他を大きく引き離すタイムをマーク。この2台はトヨタワークスともいえる存在だ。

国内では10年ぶり、富士スピードウェイでは50年振りとなる24時間レースの決勝は、午後3時にスタートを迎える。

Text:Shigeru KITAMICHI
Photo: Keiichiro TAKESHITA

スーパー耐久

S耐:第3戦富士ウォームアップ結果

富士SUPER TEC 24時間レース -RIJ- (2018/06/02) Warm Up 1 Weather:Cloudy Course:Dry
2018 PIRELLI Super Taikyu Series Round 3 富士スピードウェイ 4.563km

Pos No Cls Cls
Pos
Driver Car
Maker Model
Wh Time Behind km/h
1 81 ST-X 1 ジェフリー・リー
アンドレ・クート
川端 伸太朗
Alessio Plcariello
J-Fly Racing R8
Audi R8 LMS GT3
  1'41.507 - 161.829
2 83 ST-X 2 Lim Keong Wee
マックス・ホファー
マーシー・リー
メルビン・モー
Phoenix Racing Asia R8
Audi R8 LMS GT3
  1'42.634 1.127 160.052
3 82 ST-X 3 アレックス・オー
ショーン・トン
アレックス・ユーン
フィリップ・エリス
Phoenix Racing Asia R8
Audi R8 LMS GT3
20 1'43.052 1.545 159.403
4 777 ST-X 4 星野 敏
荒 聖治
近藤 翼
元嶋 佑弥
D'station Porsche
Porsche 911GT3R
40 1'43.197 1.690 159.179
5 3 ST-X 5 ユーク・タニグチ
山内 英輝
銘苅 翼
峰尾 恭輔
砂子 塾長
山田 真之亮
ENDLESS GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
  1'43.254 1.747 159.091
6 244 ST-X 6 GoMax
田中 哲也
佐藤 公哉
土屋 武士
MAX Racing RC-F
TOYOTA LEXUS RC F GT3
  1'44.433 2.926 157.295
7 65 ST-TCR 1 今村 大輔
加藤 正将
石澤 浩紀
吉田 寿博
L&JR Mars Audi RS3 LMS
Audi RS3 LMS
10 1'52.194 10.687 146.414
8 51 ST-Z 1 石原 将光
細川 慎弥
池田 大祐
坂本 祐也
余郷 敦
DIAMANGO Cayman
Porsche CaymanGT4
  1'52.493 10.986 146.025
9 75 ST-TCR 2 塚田 利郎
蘇武 喜和
清瀧 雄二
松本 和之
山路 幸宏
渡辺 忠司
m-1 CARFACTORY RS3 LMS
Audi RS3 LMS
  1'52.665 11.158 145.802
10 45 ST-TCR 3 竹田 直人
白坂 卓也
田ヶ原 章蔵
奥村 佳之
プリズマ☆イリヤRS3 LMS
Audi RS3 LMS
10 1'52.848 11.341 145.566
11 19 ST-TCR 4 ヒロボン
YOSSY
秋吉 圭
奥村 浩一
山脇 大輔
古宮 正信
BRP★Audi Mie RS3 LMS
Audi RS3 LMS
15 1'52.864 11.357 145.545
12 98 ST-TCR 5 飯田 太陽
加藤 寛規
濱口 弘
高橋 一穂
リチャード・ウィー
FLORAL CIVIC TCR
Honda CIVIC TYPE R
  1'53.641 12.134 144.550
13 62 ST-3 1 嵯峨 宏紀
宮田 莉朋
石浦 宏明
平手 晃平
山下 健太
DENSO Le Beausset RC350
TOYOTA LEXUS RC 350
20 1'53.699 12.192 144.476
14 10 ST-TCR 6 フィリップ・デベサ
密山 祥吾
遠藤 光博
脇阪 寿一
Racingline PERFORMANCE GOLF TCR
Volkswagen GOLF GTI TCR
15 1'53.817 12.310 144.326
15 97 ST-TCR 7 植松 忠雄
中野 信治
大津 弘樹
小林 崇志
石川 京侍
Modulo CIVIC TCR
Honda CIVIC TYPE R
50 1'54.516 13.009 143.445
16 34 ST-3 2 加納 政樹
大草 りき
松原 怜史
大西 隆生
坂 直純
TECHNO FIRST RC350
TOYOTA LEXUS RC 350
  1'54.630 13.123 143.303
17 68 ST-3 3 服部 尚貴
脇阪 薫一
平沼 貴之
菅波 冬悟
番場 琢
埼玉トヨペットGreen Brave GR SPORTマークX
TOYOTA Mark X
  1'55.438 13.931 142.300
18 38 ST-3 4 堀田 誠
阪口 良平
新田 守男
muta Racing ADVICS IS 350 TWS
TOYOTA LEXUS IS 350
40 1'55.501 13.994 142.222
19 15 ST-3 5 小松 一臣
檜井 保孝
藤原 誠
安宅 光徳
長島 正明
勝亦 勇雅
エヴァRT初号機岡部⾃動⾞Z34
NISSAN Fairlady Z
40 1'56.010 14.503 141.598
20 14 ST-3 6 甲野 将哉
市森 友明
輿水 敏明
山崎 学
大原 学
島澤 隆彦
エヴァRT弐号機岡部⾃動⾞Z34
NISSAN Fairlady Z
  1'56.427 14.920 141.091
21 39 ST-3 7 手塚 祐弥
下垣 和也
前嶋 秀司
近藤 説秀
ADVICS TRACY RC 350 TWS DPS
TOYOTA LEXUS RC 350
  1'56.983 15.476 140.420
22 6 ST-2 1 冨桝 朋広
菊地 靖
大橋 正澄
成澤 正人
藤井 芳樹
古山 節夫
新菱オート☆DIXCELエボⅩ
MITSUBISHI LANCER EVOLUTION X
25 1'58.796 17.289 138.277
23 86 ST-4 1 松井 孝允
坪井 翔
中山 雄一
蒲生 尚弥
TOM'S SPIRIT 86
TOYOTA 86
30 1'59.978 18.471 136.915
24 59 ST-2 2 大澤 学
後藤 比東至
井口 卓人
石坂 瑞基
DAMD MOTUL ED WRX STI
SUBARU WRX STI
50 2'00.170 18.663 136.696
25 9 ST-3 8 JOE SHINDO
井上 恵一
大野 尊久
高田 匠
NATSU
影山 正美
MP RacingワコーズEDニルズ
NISSAN Fairlady Z
  2'00.624 19.117 136.182
26 884 ST-4 2 平中 克幸
ヒロ・ハヤシ
吉田 広樹
国本 雄資
林テレンプSHADE RACING 86
TOYOTA 86
  2'00.690 19.183 136.107
27 55 ST-4 3 たしろ じゅん
大井 貴之
三笠 雄一
伊藤 毅
田中 雅之
Sunoasis田中建築86
TOYOTA 86
10 2'01.383 19.876 135.330
28 58 ST-4 4 小林 康一
塩谷 烈州
瀬戸 貴巨
山田 隆行
坂野 将之
ウィンマックステインワコーズDC5☆KRP
Honda INTEGRA TYPE R
  2'01.689 20.182 134.990
29 29 ST-4 5 佐々木 雅弘
大嶋 和也
飯田 章
小山 美姫
豊田 大輔
小倉 康宏
T'S CONCEPT小倉クラッチ86
TOYOTA 86
  2'02.252 20.745 134.368
30 27 ST-4 6 伊橋 勲
藤田 竜樹
廣田 秀機
馬場 優輝
D’station FINAゴーゴーガレージSSR Ings 86
TOYOTA 86
  2'02.367 20.860 134.242
31 18 ST-4 7 浅野 武夫
井上 雅貴
芝 叔和
西村 元気
西村 和則
東風谷 高史
Wedssport 86
TOYOTA 86
  2'02.981 21.474 133.572
32 7 ST-2 3 八巻 渉
岡崎 善衛
廣田 築
面野 一
奥村 博文
GLocal☆新菱オートDXLエボX
MITSUBISHI LANCER EVOLUTION X
10 2'03.934 22.427 132.545
33 17 ST-2 4 谷川 達也
野上 達也
野上 敏彦
山田 弘樹
藤原 能成
DXLアラゴスタNOPROアクセラSKY-D
MAZDA AXELA Diesel Turbo
15 2'04.102 22.595 132.365
34 999 ST-4 8 天川 翔貴
白石 勇樹
野間 一
下山 和寿
えんとつ町のプペルGLORY FN2
Honda CIVIC TYPE R EURO
30 2'04.298 22.791 132.157
35 28 ST-4 9 東 徹次郎
DAISUKE
久保 隆
河野 駿佑
森山 鉄也
片岡 龍也
T's CONCEPT86
TOYOTA 86
  2'04.612 23.105 131.824
36 100 ST-4 10 平 優弥
田中 良平
ケニー・リー
山田 遼
松井 有紀夫
日比野 哲也
トレーシースポーツwith SPV 86
TOYOTA 86
  2'06.043 24.536 130.327
37 13 ST-4 11 小河 諒
高橋 翼
花里 祐弥
中山 友貴
呉 良亮
小林 真一
ENDLESS 86
TOYOTA 86
15 2'06.462 24.955 129.895
38 26 ST-4 12 松尾 充晃
吉岡 一成
東 貴史
三浦 康司
横尾 優一
木村 秀樹
WAKO'S TRUST隈元建設field WM HPI Vitz
TOYOTA Vitz GRMN Turbo
  2'06.719 25.212 129.632
39 37 ST-5 1 関 豊
井尻 薫
大谷 飛雄
加藤 芳皓
DXLワコーズNOPROデミオSKY-D
MAZDA DEMIO DIESEL TURBO
  2'08.828 27.321 127.510
40 50 ST-5 2 岩岡 万梨恵
猪爪 杏奈
小松 寛子
加藤 沙也⾹
辻⽥ 慈
関崎 祐美子
LOVE DRIVE RACINGロードスター
MAZDA ROADSTER
  2'09.872 28.365 126.485
41 4 ST-5 3 黒須 聡一
太田 侑弥
伊藤 俊哉
見並 秀文
カルロス 本田
相原 誠司郎
THE BRIDE FIT
Honda FIT 3 RS
5 2'10.054 28.547 126.308
42 2 ST-5 4 筒井 克彦
山西 康司
田中 貴洋
上村 優太
山下 潤一郎
田中 勝輝
TEAM221ロードスター
MAZDA ROADSTER
25 2'10.306 28.799 126.063
43 88 ST-5 5 村上 博幸
雨宮 恵司
吉田 綜一郎
脇谷 猛
中根 邦憲
杉野 治彦
村上モータースMAZDAロードスター
MAZDA ROADSTER
5 2'10.388 28.881 125.984
44 69 ST-5 6 梅本 淳一
蘭牟田 政治
久保田 英夫
妹尾 智充
Razak Ifwat
高橋 宏和
J'S RACING Moty's制動屋FIT
Honda FIT 3 RS
  2'10.613 29.106 125.767
45 48 ST-5 7 猪股 京介
大賀 裕介
河村 翔
笹尾 徹也
青野 誠之
Takamori 博士
DIJONホンダカーズ野崎エンドレスFIT
Honda FIT 3 RS
10 2'11.018 29.511 125.378
46 77 ST-4 13 山田 英二
中島 保典
松井 猛敏
橋本 洋平
遠藤 浩二
CUSCO RACING 86
TOYOTA 86
  2'11.103 29.596 125.297
47 168 ST-5 8 藤井 潤
窪田 俊浩
梅田 真祐
伊藤 裕士
冴えカノレーシングWITH FCA
Honda FIT 3 RS
  2'22.660 41.153 115.147
48 66 ST-5 9 橋本 陸
霜野 誠友
武地 孝幸
西山 隆
井出 靖司
谷岡 力
odula Idia MAZDAデミオ15MB
COURAGE DEMIO
  2'26.141 44.634 112.404
- 47 ST-1 - 星野 辰也
織戸 学
富田 竜一郎
リー ジョンウ
浜 健二
小林 賢二
D'station Porsche cup
Porsche 911GT3 Cup
50 absence - -
- 99 ST-X - 浜野 彰彦
星野 一樹
藤波 清斗
安田 裕信
スン ジェン
Y's distraction GTNET GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
30 absence - -

スーパー耐久

S耐:第3戦富士公式予選 ENDLESS GT-Rが総合のポールポジション

 スーパー耐久シリーズは、第2戦のゴールデンウィークのSUGOラウンドから5週間、その舞台を静岡県の富士スピードウェイに移した。

 2008年に十勝スピードウェイで開催されて以来、24時間レースは国内では久しく開催されていなかったが、10年ぶりに、そして富士では1968年に開催されて以来50年ぶりに24時間レースが行われることとなった。

 今回は、決勝レースが土曜日午後3時からスタートの24時間で行われるため、公式予選は金曜日に行われた。前夜には、降雪があった富士山は、朝方には太陽が顔を見せていたが、正午からの予選セッションでは残念ながら雲の中に。気温22度、路面温度40度の曇り空のドライコンディションだ。

ST-Xクラスポールポジションはユーク・タニグチ/山内英輝/銘苅翼/峰尾恭輔/砂子智彦/山田真之亮組(ENDLESS GT-R) ST-Zクラスポールポジションは石原将光/細川慎弥/池田大祐/坂本祐也 /余郷敦組(DIAMANGO Cayman) ST-TCRクラスポールポジションは今村大輔/加藤正将/石澤浩紀/吉田寿博組(L&JR Mars Audi RS3 LMS) ST-1クラスポールポジションは星野辰也/織戸学/富田竜一郎/リージョンウ/浜健二/小林賢二組(D'station Porsche cup) ST-2クラスポールポジションは大澤学/後藤比東至/井口卓人/石坂瑞基組(DAMD MOTUL ED WRX STI) ST-3クラスポールポジションは服部尚貴/脇阪薫一/平沼貴之/菅波冬悟/番場琢組(埼玉トヨペットGreen Brave GR SPORTマークX) ST-4クラスポールポジションは松井孝允/坪井翔/中山雄一/蒲生尚弥組(TOM'S SPIRIT 86) ST-5クラスポールポジションは橋本陸/霜野誠友/武地孝幸/西山隆/井出靖司/西岡力組(odula Idia MAZDAデミオ15MB)

 まずはST4とST5クラスのGr-2の公式予選が行われた。予選セッションは今回もA、Bドライバーの15分ずつの公式予選が行われる予定となっていた。ただ、ST-Xクラスだけは別枠の10分間のセッションが設けられ、ST1、ST2、ST3、ST-TCRと今回はST-ZクラスによるGr-1と3つに分けられた。

Aドライバーの予選ではST4クラスの#29 T’s CONCEPT 小倉クラッチ86の佐々木雅弘が1分57秒709をマークしてトップタイム。ST5は#66 odula IdiaMAZDAデミオ15MBの橋本陸が2分06秒712でクラストップとした。

 続くST-Xでは#82 Phoenix Racing Asia R8 のAlex Auが1分40秒877、、#3 ENDLESS GT-R のYUKE TANIGUCHIが40秒996で2番手、#99 Y’s distraction GTNET GT-Rの浜野彰彦が41秒246で3番手につける。

 Gr-1ではST1の#47 D’station Porsche cupの星野辰也が46秒235、ST-TCRは#65 L&JR Mars Audi RS3 LMSの今村大輔が49秒598のコースレコード。ST3クラスは#39 ADVICS TRACY RC 350 TWSの手塚祐弥が52秒799、ST2クラスは#59 DAMD MOTUL ED WRX STIの大澤学が52秒972でそれぞれセッションのトップタイムを記録した。

 約10分のインターバルで行われたBドライバーの予選では、#86の坪井翔が56秒819とトップタイムをマーク、ST5クラスは#2TEM221ロードスターの山西康司が2分06秒230のタイムでクラストップをマークした。

 ST-Xは#3の山内英輝が39秒703のレコードタイムでトップ。#83 Phoenix Racing Asia R8 のMax Hoferが39秒764で2番手、#99の星野一樹が39秒821とすべてレコード更新のトップ3となった。

 ST-1は#47織戸学が44秒811、ST-Zは細川慎弥が49秒450とそれぞれクラス唯一のエントリー。

 ST-TCRは#98 FLORAL CIVIC TCRの加藤寛規が49秒737のレコードラップ。ST-3は#68埼玉トヨペットGreenBraveGRSPORTSマークXの脇阪薫一が52秒351、ST2は#59後藤比等至が52秒524クラストップタイムを記録した。

ABドライバーの予選タイムの合算でグリッドが決定されることとなっているスーパー耐久の公式予選。このため、ST-Xは#3ユーク・タニグチ/山内英輝/銘苅翼/峰尾恭輔/砂子智彦/山田真之亮組(ENDLESS GT-R)、ST-1は#47星野辰也/織戸学/富田竜一郎/リージョンウ/浜健二/小林賢二組(D'station Porsche cup)、TCRは#65今村大輔/加藤正将/石澤浩紀/吉田寿博組(L&JR Mars Audi RS3 LMS)、ST3は#68服部尚貴/脇阪薫一/平沼貴之/菅波冬悟/番場琢組(埼玉トヨペットGreen Brave GR SPORTマークX)、ST2は#59大澤学/後藤比東至/井口卓人/石坂瑞基組(DAMD MOTUL ED WRX STI)、STZは#51石原将光/細川慎弥/池田大祐/坂本祐也 /余郷敦組(DIAMANGO Cayman)、ST4は#86松井孝允/坪井翔/中山雄一/蒲生尚弥組(TOM'S SPIRIT 86)、ST5クラスは#66橋本陸/霜野誠友/武地孝幸/西山隆/井出靖司/西岡力組(odula Idia MAZDAデミオ15MB)がそれぞれのクラスのポールポジションをマークしている。

 決勝レースは、土曜日の午後3時から日曜日の午後3時まで、24時間の予定で行われる。

Text & Photo: Keiichiro TAKESHITA

スーパー耐久

S耐:第3戦富士公式予選総合結果

富士SUPER TEC 24時間レース -RIJ- (2018/06/01) A&B Total Qualify Weather: Course:
2018 PIRELLI Super Taikyu Series Round 3 富士スピードウェイ 4.563km

PosNoClsCls
Pos
DriverCar
Model
WHAdriver
Bdriver
Total
Time
Behind
13ST-X1ユーク・タニグチ
山内 英輝
ENDLESS GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
1'40.996
R1'39.703
3'20.699-
299ST-X2浜野 彰彦
星野 一樹
Y's distraction GTNET GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
301'41.246
R1'39.821
3'21.067 0.368
3*83ST-X3Lim Keong Wee
マックス・ホファー
Phoenix Racing Asia R8
Audi R8 LMS GT3
1'41.639
R1'39.764
3'21.403 0.704
481ST-X4ジェフリー・リー
アンドレ・クート
J-Fly Racing R8
Audi R8 LMS GT3
1'42.547
R1'39.968
3'22.515 1.816
5244ST-X5GoMax
田中 哲也
MAX Racing RC-F
TOYOTA LEXUS RC F GT3
1'43.677
1'42.003
3'25.680 4.981
6777ST-X6星野 敏
荒 聖治
D'station Porsche
Porsche 911GT3R
401'50.751
R1'40.086
3'30.83710.138
747ST-11星野 辰也
織戸 学
D'station Porsche cup
Porsche 911GT3 Cup
501'46.235
1'44.811
3'31.04610.347
865ST-TCR1今村 大輔
加藤 正将
L&JR Mars Audi RS3 LMS
Audi RS3 LMS
10R1'49.598
R1'50.872
3'40.47019.771
997ST-TCR2植松 忠雄
中野 信治
Modulo CIVIC TCR
Honda CIVIC TYPE R
50R1'50.984
R1'50.200
3'41.18420.485
1098ST-TCR3飯田 太陽
加藤 寛規
FLORAL CIVIC TCR
Honda CIVIC TYPE R
R1'51.595
R1'49.737
3'41.33220.633
1110ST-TCR4フィリップ・デベサ
密山 祥吾
Racingline PERFORMANCE GOLF TCR
Volkswagen GOLF GTI TCR
15R1'51.430
R1'50.228
3'41.65820.959
1275ST-TCR5塚田 利郎
蘇武 喜和
m-1 CARFACTORY RS3 LMS
Audi RS3 LMS
R1'51.719
R1'50.782
3'42.50121.802
1345ST-TCR6竹田 直人
白坂 卓也
プリズマ☆イリヤRS3 LMS
Audi RS3 LMS
101'52.292
R1'50.645
3'42.93722.238
1419ST-TCR7ヒロボン
YOSSY
BRP★Audi Mie RS3 LMS
Audi RS3 LMS
15R1'50.993
R1'51.978
3'42.97122.272
1568ST-31服部 尚貴
脇阪 薫一
埼玉トヨペットGreen Brave GR SPORTマークX
TOYOTA Mark X
1'52.892
1'52.351
3'45.24324.544
1659ST-21大澤 学
後藤 比東至
DAMD MOTUL ED WRX STI
SUBARU WRX STI
501'52.972
1'52.524
3'45.49624.797
1714ST-32甲野 将哉
市森 友明
エヴァRT弐号機岡部⾃動⾞Z34
NISSAN Fairlady Z
1'52.902
1'53.269
3'46.17125.472
1862ST-33嵯峨 宏紀
宮田 莉朋
DENSO Le Beausset RC350
TOYOTA LEXUS RC 350
201'53.715
1'52.968
3'46.68325.984
1938ST-34堀田 誠
阪口 良平
muta Racing ADVICS IS 350 TWS
TOYOTA LEXUS IS 350
401'54.103
1'52.684
3'46.78726.088
2039ST-35手塚 祐弥
下垣 和也
ADVICS TRACY RC 350 TWS DPS
TOYOTA LEXUS RC 350
1'52.799
1'54.436
3'47.23526.536
2134ST-36加納 政樹
大草 りき
TECHNO FIRST RC350
TOYOTA LEXUS RC 350
1'54.124
1'53.791
3'47.91527.216
2251ST-Z1石原 将光
細川 慎弥
DIAMANGO Cayman
Porsche CaymanGT4
1'59.349
1'49.450
3'48.79928.100
2315ST-37小松 一臣
檜井 保孝
エヴァRT弐号機岡部⾃動⾞Z34
NISSAN Fairlady Z
401'54.116
1'54.870
3'48.98628.287
246ST-22冨桝 朋広
菊地 靖
新菱オート☆DIXCELエボⅩ
MITSUBISHI LANCER EVOLUTION X
251'55.988
1'54.243
3'50.23129.532
2586ST-41松井 孝允
坪井 翔
TOM'S SPIRIT 86
TOYOTA 86
301'57.917
1'56.819
3'54.73634.037
2655ST-42たしろ じゅん
大井 貴之
Sunoasis田中建築86
TOYOTA 86
101'57.742
1'57.111
3'54.85334.154
2729ST-43佐々木 雅弘
大嶋 和也
T'S CONCEPT小倉クラッチ86
TOYOTA 86
1'57.709
1'57.682
3'55.39134.692
2817ST-23谷川 達也
野上 達也
DXLアラゴスタNOPROアクセラSKY-D
MAZDA AXELA Diesel Turbo
151'57.778
1'59.085
3'56.86336.164
2958ST-44小林 康一
塩谷 烈州
ウィンマックステインワコーズDC5☆KRP
Honda INTEGRA TYPE R
1'58.960
1'58.373
3'57.33336.634
30884ST-45平中 克幸
ヒロ・ハヤシ
林テレンプ SHADE RACING 86
TOYOTA 86
1'57.946
1'59.401
3'57.34736.648
317ST-24八巻 渉
岡崎 善衛
GLocal☆新菱オートDXLエボX
MITSUBISHI LANCER EVOLUTION X
101'59.129
1'58.329
3'57.45836.759
3213ST-46小河 諒
高橋 翼
ENDLESS 86
TOYOTA 86
151'59.036
1'58.551
3'57.58736.888
3327ST-47伊橋 勲
藤田 竜樹
D’station FINAゴーゴーガレージSSR Ings 86
TOYOTA 86
1'58.847
1'58.978
3'57.82537.126
3418ST-48浅野 武夫
井上 雅貴
Wedssport 86
TOYOTA 86
2'00.230
1'58.994
3'59.22438.525
3528ST-49東 徹次郎
DAISUKE
T's CONCEPT86
TOYOTA 86
1'59.235
2'00.224
3'59.45938.760
3677ST-410山田 英二
中島 保典
CUSCO RACING 86
TOYOTA 86
2'01.062
1'58.861
3'59.92339.224
379ST-38JOE SHINDO
井上 恵一
MP RacingワコーズEDニルズ
NISSAN Fairlady Z
2'04.026
1'55.922
3'59.94839.249
38999ST-411天川 翔貴
白石 勇樹
えんとつ町のプペルGLORY FN2
Honda CIVIC TYPE R EURO
302'03.088
1'59.362
4'02.45041.751
39*100ST-412平 優弥
田中 良平
トレーシースポーツwith SPV 86
TOYOTA 86
2'00.394
2'02.185
4'02.57941.880
4026ST-413松尾 充晃
吉岡 一成
WAKO'S TRUST隈元建設field WM HPI Vitz
TOYOTA Vitz GRMN Turbo
2'07.682
2'04.873
4'12.55551.856
4166ST-51橋本 陸
霜野 誠友
odula Idia MAZDAデミオ15MB
COURAGE DEMIO
2'06.712
2'06.819
4'13.53152.832
422ST-52筒井 克彦
山西 康司
TEAM221ロードスター
MAZDA ROADSTER
252'08.200
2'06.230
4'14.43053.731
4388ST-53村上 博幸
雨宮 恵司
村上モータースMAZDAロードスター
MAZDA ROADSTER
52'07.741
2'06.800
4'14.54153.842
4450ST-54岩岡 万梨恵
猪爪 杏奈
LOVE DRIVE RACINGロードスター
MAZDA ROADSTER
2'08.002
2'06.651
4'14.65353.954
4569ST-55梅本 淳一
蘭牟田 政治
J'S RACING Moty's制動屋FIT
Honda FIT 3 RS
2'07.514
2'07.273
4'14.78754.088
46168ST-56藤井 潤
窪田 俊浩
冴えカノレーシングWITH FCA
Honda FIT 3 RS
2'08.354
2'06.550
4'14.90454.205
4737ST-57関 豊
井尻 薫
DXLワコーズNOPROデミオSKY-D
MAZDA DEMIO DIESEL TURBO
2'08.399
2'07.768
4'16.16755.468
484ST-58黒須 聡一
太田 侑弥
THE BRIDE FIT
Honda FIT 3 RS
52'08.701
2'07.766
4'16.46755.768
---- 以上基準タイム予選通過 ----
-*82ST-X-アレックス・オー
ショーン・トン
Phoenix Racing Asia R8
Audi R8 LMS GT3
201'40.877
no time
--
-48ST-59猪股 京介
大賀 裕介
DIJONホンダカーズ野崎エンドレスFIT
Honda FIT 3 RS
10absence
absence
--
  • 'R'マークは従来のコースレコード(ST-X: 1'40.110 / ST-TCR: 1'52.026)を更新しました。
  • CarNo.83,100は、国際モータースポーツ競技規則付則L項第4章2条c)d)(走路外走行4回)違反により、予選結果より4グリッド降格のペナルティーを科す。
  • CarNo.82は、、国際モータースポーツ競技規則付則L項第4章2条c)d)(走路外走行10回)違反により、予選結果より10グリッド降格のペナルティーを科す。

スーパー耐久

S耐:第3戦富士Bドライバー公式予選結果

富士SUPER TEC 24時間レース -RIJ- (2018/06/01) B Driver Qualifying Weather:Cloudy Course:Dry
2018 PIRELLI Super Taikyu Series Round 3 富士スピードウェイ 4.563km

PosNoClsCls
Pos
DriverCar
Maker Model
WhTimeBehindkm/h
13ST-X1山内 英輝ENDLESS GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
R1'39.703-164.757
2*83ST-X2マックス・ホファーPhoenix Racing Asia R8
Audi R8 LMS GT3
R1'39.764 0.061164.657
399ST-X3星野 一樹Y's distraction GTNET GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
30R1'39.821 0.118164.563
481ST-X4アンドレ・クートJ-Fly Racing R8
Audi R8 LMS GT3
R1'39.968 0.265164.321
5777ST-X5荒 聖治D'station Porsche
Porsche 911GT3R
40R1'40.086 0.383164.127
6244ST-X6田中 哲也MAX Racing RC-F
TOYOTA LEXUS RC F GT3
1'42.003 2.300161.042
747ST-11織戸 学D'station Porsche cup
Porsche 911GT3 Cup
501'44.811 5.108156.728
851ST-Z1細川 慎弥DIAMANGO Cayman
Porsche CaymanGT4
1'49.450 9.747150.085
998ST-TCR1加藤 寛規FLORAL CIVIC TCR
Honda CIVIC TYPE R
R1'49.73710.034149.692
1097ST-TCR2中野 信治Modulo CIVIC TCR
Honda CIVIC TYPE R
50R1'50.20010.497149.064
1110ST-TCR3密山 祥吾Racingline PERFORMANCE GOLF TCR
Volkswagen GOLF GTI TCR
15R1'50.22810.525149.026
1245ST-TCR4白坂 卓也プリズマ☆イリヤRS3 LMS
Audi RS3 LMS
10R1'50.64510.942148.464
1375ST-TCR5蘇武 喜和m-1 CARFACTORY RS3 LMS
Audi RS3 LMS
R1'50.78211.079148.280
1465ST-TCR6加藤 正将L&JR Mars Audi RS3 LMS
Audi RS3 LMS
10R1'50.87211.169148.160
1519ST-TCR7YOSSYBRP★Audi Mie RS3 LMS
Audi RS3 LMS
15R1'51.97812.275146.697
1668ST-31脇阪 薫一埼玉トヨペットGreen Brave GR SPORTマークX
TOYOTA Mark X
1'52.35112.648146.210
1759ST-21後藤 比東至DAMD MOTUL ED WRX STI
SUBARU WRX STI
501'52.52412.821145.985
1838ST-32阪口 良平muta Racing ADVICS IS 350 TWS
TOYOTA LEXUS IS 350
401'52.68412.981145.778
1962ST-33宮田 莉朋DENSO Le Beausset RC350
TOYOTA LEXUS RC 350
201'52.96813.265145.411
2014ST-34市森 友明エヴァRT弐号機岡部⾃動⾞Z34
NISSAN Fairlady Z
1'53.26913.566145.025
2134ST-35大草 りきTECHNO FIRST RC350
TOYOTA LEXUS RC 350
1'53.79114.088144.359
226ST-22菊地 靖新菱オート☆DIXCELエボⅩ
MITSUBISHI LANCER EVOLUTION X
251'54.24314.540143.788
2339ST-36下垣 和也ADVICS TRACY RC 350 TWS DPS
TOYOTA LEXUS RC 350
1'54.43614.733143.546
2415ST-37檜井 保孝エヴァRT弐号機岡部⾃動⾞Z34
NISSAN Fairlady Z
401'54.87015.167143.003
259ST-38井上 恵一MP RacingワコーズEDニルズ
NISSAN Fairlady Z
1'55.92216.219141.706
2686ST-41坪井 翔TOM'S SPIRIT 86
TOYOTA 86
301'56.81917.116140.618
2755ST-42大井 貴之Sunoasis田中建築86
TOYOTA 86
101'57.11117.408140.267
2829ST-43大嶋 和也T'S CONCEPT小倉クラッチ86
TOYOTA 86
1'57.68217.979139.586
297ST-23岡崎 善衛GLocal☆新菱オートDXLエボX
MITSUBISHI LANCER EVOLUTION X
101'58.32918.626138.823
3058ST-44塩谷 烈州ウィンマックステインワコーズDC5☆KRP
Honda INTEGRA TYPE R
1'58.37318.670138.772
3113ST-45高橋 翼ENDLESS 86
TOYOTA 86
151'58.55118.848138.563
3277ST-46中島 保典CUSCO RACING 86
TOYOTA 86
1'58.86119.158138.202
3327ST-47藤田 竜樹D’station FINAゴーゴーガレージSSR Ings 86
TOYOTA 86
1'58.97819.275138.066
3418ST-48井上 雅貴Wedssport 86
TOYOTA 86
1'58.99419.291138.047
3517ST-24野上 達也DXLアラゴスタNOPROアクセラSKY-D
MAZDA AXELA Diesel Turbo
151'59.08519.382137.942
36999ST-49白石 勇樹えんとつ町のプペルGLORY FN2
Honda CIVIC TYPE R EURO
301'59.36219.659137.622
37884ST-410ヒロ・ハヤシ林テレンプ SHADE RACING 86
TOYOTA 86
1'59.40119.698137.577
3828ST-411DAISUKET's CONCEPT86
TOYOTA 86
2'00.22420.521136.635
39*100ST-412田中 良平トレーシースポーツwith SPV 86
TOYOTA 86
2'02.18522.482134.442
4026ST-413吉岡 一成WAKO'S TRUST隈元建設field WM HPI Vitz
TOYOTA Vitz GRMN Turbo
2'04.87325.170131.548
412ST-51山西 康司TEAM221ロードスター
MAZDA ROADSTER
252'06.23026.527130.134
42168ST-52窪田 俊浩冴えカノレーシングWITH FCA
Honda FIT 3 RS
2'06.55026.847129.805
4350ST-53猪爪 杏奈LOVE DRIVE RACINGロードスター
MAZDA ROADSTER
2'06.65126.948129.701
4488ST-54雨宮 恵司村上モータースMAZDAロードスター
MAZDA ROADSTER
52'06.80027.097129.549
4566ST-55霜野 誠友odula Idia MAZDAデミオ15MB
COURAGE DEMIO
2'06.81927.116129.529
4669ST-56蘭牟田 政治J'S RACING Moty's制動屋FIT
Honda FIT 3 RS
2'07.27327.570129.067
474ST-57太田 侑弥THE BRIDE FIT
Honda FIT 3 RS
52'07.76628.063128.569
4837ST-58井尻 薫DXLワコーズNOPROデミオSKY-D
MAZDA DEMIO DIESEL TURBO
2'07.76828.065128.567
---- 以上基準タイム予選通過 ----
-*82ST-X-ショーン・トンPhoenix Racing Asia R8
Audi R8 LMS GT3
20no time--
-48ST-5-大賀 裕介DIJONホンダカーズ野崎エンドレスFIT
Honda FIT 3 RS
10absence--
  • 'R'マークは従来のコースレコード(ST-X: 1'40.110 / ST-TCR: 1'52.026)を更新しました。
  • CarNo.83,100は、国際モータースポーツ競技規則付則L項第4章2条c)d)(走路外走行4回)違反により、予選結果より4グリッド降格のペナルティーを科す。
  • CarNo.82は、、国際モータースポーツ競技規則付則L項第4章2条c)d)(走路外走行10回)違反により、予選結果より10グリッド降格のペナルティーを科す。

スーパー耐久

S耐:第3戦富士Aドライバー公式予選結果

富士SUPER TEC 24時間レース -RIJ- (2018/06/01) A Driver Qualifying Weather:Cloudy Course:Dry
2018 PIRELLI Super Taikyu Series Round 3 富士スピードウェイ 4.563km

PosNoClsCls
Pos
DriverCar
Maker Model
WhTimeBehindkm/h
182ST-X1アレックス・オーPhoenix Racing Asia R8
Audi R8 LMS GT3
201'40.877-162.840
23ST-X2ユーク・タニグチENDLESS GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
1'40.996 0.119162.648
399ST-X3浜野 彰彦Y's distraction GTNET GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
301'41.246 0.369162.246
483ST-X4Lim Keong WeePhoenix Racing Asia R8
Audi R8 LMS GT3
1'41.639 0.762161.619
581ST-X5ジェフリー・リーJ-Fly Racing R8
Audi R8 LMS GT3
1'42.547 1.670160.188
6244ST-X6GoMaxMAX Racing RC-F
TOYOTA LEXUS RC F GT3
1'43.677 2.800158.442
747ST-11星野 辰也D'station Porsche cup
Porsche 911GT3 Cup
501'46.235 5.358154.627
865ST-TCR1今村 大輔L&JR Mars Audi RS3 LMS
Audi RS3 LMS
10R1'49.598 8.721149.882
9777ST-X7星野 敏D'station Porsche
Porsche 911GT3R
401'50.751 9.874148.322
1097ST-TCR2植松 忠雄Modulo CIVIC TCR
Honda CIVIC TYPE R
50R1'50.98410.107148.011
1119ST-TCR3ヒロボンBRP★Audi Mie RS3 LMS
Audi RS3 LMS
15R1'50.99310.116147.999
1210ST-TCR4フィリップ・デベサRacingline PERFORMANCE GOLF TCR
Volkswagen GOLF GTI TCR
15R1'51.43010.553147.418
1398ST-TCR5飯田 太陽FLORAL CIVIC TCR
Honda CIVIC TYPE R
R1'51.59510.718147.200
1475ST-TCR6塚田 利郎m-1 CARFACTORY RS3 LMS
Audi RS3 LMS
R1'51.71910.842147.037
1545ST-TCR7竹田 直人プリズマ☆イリヤRS3 LMS
Audi RS3 LMS
101'52.29211.415146.286
1639ST-31手塚 祐弥ADVICS TRACY RC 350 TWS DPS
TOYOTA LEXUS RC 350
1'52.79911.922145.629
1768ST-32服部 尚貴埼玉トヨペットGreen Brave GR SPORTマークX
TOYOTA Mark X
1'52.89212.015145.509
1814ST-33甲野 将哉エヴァRT弐号機岡部⾃動⾞Z34
NISSAN Fairlady Z
1'52.90212.025145.496
1959ST-21大澤 学DAMD MOTUL ED WRX STI
SUBARU WRX STI
501'52.97212.095145.406
2062ST-34嵯峨 宏紀DENSO Le Beausset RC350
TOYOTA LEXUS RC 350
201'53.71512.838144.456
2138ST-35堀田 誠muta Racing ADVICS IS 350 TWS
TOYOTA LEXUS IS 350
401'54.10313.226143.965
2215ST-36小松 一臣エヴァRT弐号機岡部⾃動⾞Z34
NISSAN Fairlady Z
401'54.11613.239143.948
2334ST-37加納 政樹TECHNO FIRST RC350
TOYOTA LEXUS RC 350
1'54.12413.247143.938
246ST-22冨桝 朋広新菱オート☆DIXCELエボⅩ
MITSUBISHI LANCER EVOLUTION X
251'55.98815.111141.625
2529ST-41佐々木 雅弘T'S CONCEPT小倉クラッチ86
TOYOTA 86
1'57.70916.832139.554
2655ST-42たしろ じゅんSunoasis田中建築86
TOYOTA 86
101'57.74216.865139.515
2717ST-23谷川 達也DXLアラゴスタNOPROアクセラSKY-D
MAZDA AXELA Diesel Turbo
151'57.77816.901139.473
2886ST-43松井 孝允TOM'S SPIRIT 86
TOYOTA 86
301'57.91717.040139.308
29884ST-44平中 克幸林テレンプ SHADE RACING 86
TOYOTA 86
1'57.94617.069139.274
3027ST-45伊橋 勲D’station FINAゴーゴーガレージSSR Ings 86
TOYOTA 86
1'58.84717.970138.218
3158ST-46小林 康一ウィンマックステインワコーズDC5☆KRP
Honda INTEGRA TYPE R
1'58.96018.083138.087
3213ST-47小河 諒ENDLESS 86
TOYOTA 86
151'59.03618.159137.999
337ST-24八巻 渉GLocal☆新菱オートDXLエボX
MITSUBISHI LANCER EVOLUTION X
101'59.12918.252137.891
3428ST-48東 徹次郎T's CONCEPT86
TOYOTA 86
1'59.23518.358137.768
3551ST-Z1石原 将光DIAMANGO Cayman
Porsche CaymanGT4
1'59.34918.472137.637
3618ST-49浅野 武夫Wedssport 86
TOYOTA 86
2'00.23019.353136.628
37100ST-410平 優弥トレーシースポーツwith SPV 86
TOYOTA 86
2'00.39419.517136.442
3877ST-411山田 英二CUSCO RACING 86
TOYOTA 86
2'01.06220.185135.689
39999ST-412天川 翔貴えんとつ町のプペルGLORY FN2
Honda CIVIC TYPE R EURO
302'03.08822.211133.456
409ST-38JOE SHINDOMP RacingワコーズEDニルズ
NISSAN Fairlady Z
2'04.02623.149132.446
4166ST-51橋本 陸odula Idia MAZDAデミオ15MB
COURAGE DEMIO
2'06.71225.835129.639
4269ST-52梅本 淳一J'S RACING Moty's制動屋FIT
Honda FIT 3 RS
2'07.51426.637128.824
4326ST-413松尾 充晃WAKO'S TRUST隈元建設field WM HPI Vitz
TOYOTA Vitz GRMN Turbo
2'07.68226.805128.654
4488ST-53村上 博幸村上モータースMAZDAロードスター
MAZDA ROADSTER
52'07.74126.864128.595
4550ST-54岩岡 万梨恵LOVE DRIVE RACINGロードスター
MAZDA ROADSTER
2'08.00227.125128.332
462ST-55筒井 克彦TEAM221ロードスター
MAZDA ROADSTER
252'08.20027.323128.135
47168ST-56藤井 潤冴えカノレーシングWITH FCA
Honda FIT 3 RS
2'08.35427.477127.980
4837ST-57関 豊DXLワコーズNOPROデミオSKY-D
MAZDA DEMIO DIESEL TURBO
2'08.39927.522127.936
494ST-58黒須 聡一THE BRIDE FIT
Honda FIT 3 RS
52'08.70127.824127.635
---- 以上基準タイム予選通過 ----
48ST-5-猪股 京介DIJONホンダカーズ野崎エンドレスFIT
Honda FIT 3 RS
10absence--
  • 'R'マークは従来のコースレコード(ST-TCR: 1'52.026)を更新しました。

SUPER GT

SGT:第3戦鈴鹿フォトギャラリー

公式練習: 花を前景にヘアピンを立ち上がるGTマシン 公式練習: 吉本大樹/宮田莉朋組(SYNTIUM LMcorsa RC F GT3) 公式練習: 松田次生/ロニー・クインタレッリ組(MOTUL AUTECH GT-R) 公式練習: 中嶋大祐(MOTUL MUGEN NSX-GT)
公式練習: 佐藤公哉(リーガルフロンティアランボルギーニGT3) 公式練習: 井出有冶(EIcars BENTLEY) 公式練習: 道上龍(Modulo KENWOOD NSX GT3) 公式練習: 松井孝允(HOPPY 86 MC)
公式練習: 空の下のヘアピン 公式練習: ヘアピンを立ち上がるGTマシン 公式練習: ヘアピンを立ち上がるGTマシン 公式練習: 中山雄一(K-tunes RC F GT3)
公式練習: 大嶋和也(WAKO'S 4CR LC500) 公式練習: ベルトラン・バゲット/松浦孝亮組(Epson Modulo NSX-GT) 公式練習: ヘアピンを立ち上がるGTマシン 公式練習: ヘアピンを立ち上がるGTマシン
公式練習: 大嶋和也/ジェームス・ロシター組(WAKO'S 4CR LC500) 公式練習: 山本尚貴/ジェンソン・バトン組(RAYBRIG NSX-GT) 公式練習: 藤井誠暢/スヴェン・ミューラー組(D'station Porsche) 公式練習: 新田守男/中山雄一組(K-tunes RC F GT3)
公式練習: 国本雄資/山下健太組(WedsSport ADVAN LC500) 公式練習: 平川亮/ニック・キャシディ組(KeePer TOM'S LC500) 公式練習: 井口卓人/山内英輝組(SUBARU BRZ R&D SPORT) 公式練習: 嵯峨宏紀/平手晃平組(TOYOTA PRIUS apr GT)
公式練習: 横溝直輝/木村武史組(CARGUY ADA NSX GT3) 公式練習: 佐々木大樹/ヤン・マーデンボロー組(カルソニックIMPUL GT-R) 公式練習: 大嶋和也/ジェームス・ロシター組(WAKO'S 4CR LC500) 公式練習: 武藤英紀/中嶋大祐組(MOTUL MUGEN NSX-GT)
公式練習: 松井孝允/坪井翔組(HOPPY 86 MC) 公式練習: 城内政樹(R'Qs MOTOR SPORTS) 公式練習: ジェンソン・バトン(RAYBRIG NSX-GT) 公式練習: 小林可夢偉(DENSO KOBELCO SARD LC500)
公式練習: 高木真一(ARTA BMW M6 GT3) 公式練習: 山田真之亮(TAISAN R8 FUKUSHIMA) 公式練習: ジェンソン・バトン(RAYBRIG NSX-GT) 公式練習: ベルトラン・バゲット(Epson Modulo NSX-GT)
公式練習: 坂口夏月/平木湧也組(マッハ車検MC86 Y's distraction) 公式練習: 嵯峨宏紀/平手晃平組(TOYOTA PRIUS apr GT) 公式練習: 黒澤治樹/蒲生尚弥組(LEON CVSTOS AMG) 公式練習: 加納政樹/安岡秀徒組(EXE AMG GT3)
公式練習: 星野一樹/吉田広樹組(GAINER TANAX triple a GT-R) 公式練習: 大嶋和也/ジェームス・ロシター組(WAKO'S 4CR LC500) 公式練習: ヘイッキ・コバライネン/小林可夢偉組(DENSO KOBELCO SARD LC500) 公式練習: 大嶋和也/ジェームス・ロシター組(WAKO'S 4CR LC500)
サーキットサファリ: ARTA BMW M6 GT3とUPGARAGE 86 MC サーキットサファリ: ニック・キャシディ(KeePer TOM'S LC500) サーキットサファリ: 佐々木大樹(カルソニックIMPUL GT-R) サーキットサファリ: 観覧車を背景にダンロップを立ち上がるGTマシン
サーキットサファリ: ニック・キャシディ(KeePer TOM'S LC500) サーキットサファリ: 中嶋一貴(au TOM'S LC500) サーキットサファリ: リチャード・ブラッドレー(植毛GT-R) ピットウォーク: レースクイーン
ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン
ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン
ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン
ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン
ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン
ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: ジェームス・ロシター(LEXUS TEAM LEMANS WAKO'S) ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン
ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン
ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン
ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン
ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン
ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン
ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン
ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン
ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン
ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: 坂東正敬監督(LEXUS TEAM WedsSport BANDOH) ピットウォーク: 富田竜一郎(Audi Team Hitotsuyama)
ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン
公式予選: NISMOチームのピット 公式予選: MOTUL AUTECH GT-R 公式予選: GAINER TANAX GT-R 公式予選: Hitotsuyama Audi R8 LMS
公式予選: WedsSport ADVAN LC500 公式予選: 小林崇志(TEAM UPGARAGE) 公式予選: リチャード・ライアン(Hitotsuyama Audi R8 LMS) 公式予選: 新田守男(K-tunes RC F GT3)
公式予選: 千代勝正(CRAFT SPORTS MOTUL GT-R) 公式予選: 伊沢拓也(ARTA NSX-GT) 公式予選: ジェンソン・バトン(RAYBRIG NSX-GT) 公式予選: 小暮卓史(KEIHIN NSX-GT)
公式予選: ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ(フォーラムエンジニアリングADVAN GT-R) 公式予選: 石浦宏明(ZENT CERUMO LC500) 公式予選: 片岡龍也(グッドスマイル初音ミクAMG) 公式予選: マルコ・マッペリ(マネパ ランボルギーニ GT3)
公式予選: 蒲生尚弥(LEON CVSTOS AMG) 公式予選: 中山友貴(UPGARAGE 86 MC) 公式予選: 山内英輝(SUBARU BRZ R&D SPORT) 公式予選: 塚越広大(KEIHIN NSX-GT)
公式予選: 平川亮(KeePer TOM'S LC500) 公式予選: 松浦孝亮(Epson Modulo NSX-GT) 公式予選: 佐々木大樹(カルソニックIMPUL GT-R) 公式予選: 山本尚貴(RAYBRIG NSX-GT)
GTキッズウォーク: LM corsaの給油バー GTキッズウォーク: 坪井翔(つちやエンジニアリング) GTキッズウォーク: NSXのセーフティーカー GTキッズウォーク: レースクイーン
GTキッズウォーク: レースクイーン GTキッズウォーク: レースクイーン GTキッズウォーク: レースクイーン GTキッズウォーク: レースクイーン
GTキッズウォーク: レースクイーン GTキッズウォーク: 土屋圭市監督(AUTOBACS RACING TEAM AGURI) GTキッズウォーク: レースクイーン GTキッズウォーク: ショーン・ウォーキンショー( AUTOBACS RACING TEAM AGURI)
GTキッズウォーク: レースクイーン GTキッズウォーク: ジェンソン・バトン(TEAM KUNIMITSU) GTキッズウォーク: ジェンソン・バトン(TEAM KUNIMITSU) GTキッズウォーク: レースクイーン
GTキッズウォーク: レースクイーン GTキッズウォーク: レースクイーン GTキッズウォーク: レースクイーン GTキッズウォーク: レースクイーン
GTキッズウォーク: レースクイーン GTキッズウォーク: レースクイーン GTキッズウォーク: レースクイーン GTキッズウォーク: レースクイーン
GTキッズウォーク: 関口雄飛(LEXUS TEAM au TOM'S) GTキッズウォーク: レースクイーン GTキッズウォーク: レースクイーン GTキッズウォーク: レースクイーン
GTキッズウォーク: 大嶋和也(LEXUS TEAM LEMANS WAKO'S) GTキッズウォーク: レースクイーン GTキッズウォーク: ヘイッキ・コバライネン(LEXUS TEAM SARD) GTキッズウォーク: 小林可夢偉(LEXUS TEAM SARD)
GTキッズウォーク: レースクイーン GTキッズウォーク: ロニー・クインタレッリ(NISMO)GT100戦出場 GTキッズウォーク: GTキッズウォーク: ロニー・クインタレッリ(NISMO)GT100戦出場 ピットウォーク: カルソニックIMPUL GT-R
ピットウォーク: 山田真之亮(Team TAISAN)と富田竜一郎(Audi Team Hitotsuyama) ピットウォーク: 石浦宏明(LEXUS TEAM ZENT CERUMO) ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: 人、人、人……
ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン
ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン
ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン
ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン
ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: 脇阪寿一監督(LEXUS TEAM LEMANS WAKO'S) ピットウォーク: ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ(KONDO RACING) 山田真之亮(Team TAISAN)と井口卓人(R&D SPORT)
中山友貴(TEAM UPGARAGE) ジェームス・ロシター(LEXUS TEAM LEMANS WAKO'S) ジェームス・ロシター(LEXUS TEAM LEMANS WAKO'S) 国本雄資(LEXUS TEAM WedsSport BANDOH)
山下健太(LEXUS TEAM WedsSport BANDOH) 加藤寛規(Cars Tokai Dream28) 本山哲(NDDP RACING with B-MAX) 星野一樹(GAINER)
平手晃平(apr) GULF NAC PORSCHE 911 ショーン・ウォーキンショー(AUTOBACS RACING TEAM AGURI) 松浦孝亮(Epson Nakajima Racing)
ジェンソン・バトン(TEAM KUNIMITSU) 松浦孝亮(Epson Nakajima Racing)とジェンソン・バトン(TEAM KUNIMITSU) ジェンソン・バトン(TEAM KUNIMITSU) ウォームアップ走行: ピットアウトするGTマシン
ウォームアップ走行: 本山哲/千代勝正組(CRAFT SPORTS MOTUL GT-R) ウォームアップ走行: ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ/高星明誠組(フォーラムエンジニアリングADVAN GT-R) ウォームアップ走行: 本山哲/千代勝正組(CRAFT SPORTS MOTUL GT-R) スターティンググリッド: レースクイーン
スターティンググリッド: 星野一義監督(TEAM IMPUL) 決勝レース: GT500クラスのスタートシーン 決勝レース: GT300クラスのスタートシーン 決勝レース: 伊沢拓也(ARTA NSX-GT)
決勝レース: ニック・キャシディ(KeePer TOM'S LC500) 決勝レース: ヘイッキ・コバライネン(DENSO KOBELCO SARD LC500) 決勝レース: ヘイッキ・コバライネン(DENSO KOBELCO SARD LC500) 決勝レース: 伊沢拓也(ARTA NSX-GT)
決勝レース: ジェンソン・バトン(RAYBRIG NSX-GT) 決勝レース: 立川祐路(ZENT CERUMO LC500) 決勝レース: 松井孝允(HOPPY 86 MC) 決勝レース: セーフティーカー
決勝レース: 立川祐路(ZENT CERUMO LC500) 決勝レース: 吉田広樹(GAINER TANAX triple a GT-R) 決勝レース: 青空の下、1~2コーナーを駆けるGTマシン 決勝レース: 青空の下、1~2コーナーを駆けるGTマシン
決勝レース: 小林崇志(UPGARAGE 86 MC) 決勝レース: 松田次生(MOTUL AUTECH GT-R) 決勝レース: 吉本大樹(SYNTIUM LMcorsa RC F GT3) 決勝レース: 元嶋佑弥(リーガルフロンティアランボルギーニGT3)
決勝レース: 谷口信輝(グッドスマイル初音ミクAMG) 決勝レース: 国本雄資(LEXUS TEAM WedsSport BANDOH) 決勝レース: 野尻智紀(ARTA NSX-GT) 決勝レース: 坪井翔(HOPPY 86 MC)
決勝レース: 山本尚貴(RAYBRIG NSX-GT) 決勝レース: 国本雄資(LEXUS TEAM WedsSport BANDOH) 決勝レース: 野尻智紀(ARTA NSX-GT) 決勝レース: 国本雄資(WedsSport ADVAN LC500)
決勝レース: 谷口信輝(グッドスマイル初音ミクAMG) 決勝レース: 中山雄一(K-tunes RC F GT3) 決勝レース: 平川亮(KeePer TOM'S LC500) 決勝レース: 谷口信輝(グッドスマイル初音ミクAMG) vs 井口卓人(SUBARU BRZ R&D SPORT)
決勝レース: 横溝直輝(CARGUY ADA NSX GT3) 決勝レース: 松田次生(MOTUL AUTECH GT-R) 決勝レース: 石浦宏明(ZENT CERUMO LC500) 決勝レース: 優勝した野尻智紀を待ち受ける伊沢拓也(AUTOBACS RACING TEAM AGURI)
決勝レース: 野尻智紀と抱き合う伊沢拓也(AUTOBACS RACING TEAM AGURI) 決勝レース: 優勝した野尻智紀/伊沢拓也組と鈴木亜久里監督(AUTOBACS RACING TEAM AGURI) 決勝レース: 優勝した新田守男/中山雄一組と影山正彦監督(K-tunes Racing LM corsa) 表彰式: GT300クラスのトップ3のドライバーが登壇
表彰式: GT300クラスのシャンパンファイト 表彰式: 優勝した野尻智紀と伊沢拓也(AUTOBACS RACING TEAM AGURI) 表彰式: GT500クラスのトップ3のドライバーが登壇
Photo: Katsuhiko KOBAYASHI

検索

最新ニュース