SUPER FORMULA LIGHTS

第7戦、第8戦SUGO公式予選ドライバーコメント 第8戦PP・ケイレン・フレデリック「天と地の差」

第7戦ポールポジション、第8戦予選4位 小出峻(HFDP WITH B-MAX RACING)

第7戦ポールポジション、第8戦予選4位の小出峻(HFDP WITH B-MAX RACING)

 「木曜日の練習から調子自体は悪くなくて、安定して上にいました。ポールを確実にするためにエンジニアと話をして、ドライビングを見直しました。第7戦はうまくはまりましたね。第8戦は、第7戦からの路面の変化を読み切れなくて、ちょっとポールを取れませんでした。決勝ですが、やるべきことは普通にスタートして、そのまま危なげない走りで勝ちたいと思います。第7戦勝てば第9戦のポールなので第7戦の方が重要度は高いので、予選的にはトータルでよかったと思います」

第7戦予選2位、第8戦ポールポジション ケイレン・フレデリック(Pilot ONE Racing with B-MAX)

第7戦予選2位、第8戦ポールポジションのケイレン・フレデリック(Pilot ONE Racing with B-MAX)

 「第7戦が2位、第8戦がポールポジションで、2レースともにフロントローからスタートできることはとても嬉しいです。今回のリザルトはオートポリス大会と比べて天と地の差があります。チームがオートポリスからクルマを見直してくれて、今回のパフォーマンスを示すことができました。チームの持てる力、スピードをアピールすることができて良かったです」

第7戦予選3位、第8戦予選6位 荒川麟(B-MAX RACING 324)

第7戦予選3位、第8戦予選6位の荒川麟(B-MAX RACING 324)

 「第7戦は僅差で、トップが見えたので第8戦は思い切っていったら、セクター2で飛び出してしまいました。タイヤのいいところを使えずに沈んでしまいました。攻めた結果なのでしょうがないです。決勝ですが、オートポリスもここもぜんぜん抜けないので、スタート勝負になると思います。でも、スタートは得意ではないです」

第7戦予選4位、第8戦予選2位 中村仁(モビリティ中京 TOM'S 320 TGR-DC)

第7戦予選4位、第8戦予選2位の中村仁(モビリティ中京 TOM\'S 320 TGR-DC)

 「第7戦はおおきなミスが響きました。第8戦も行けたかも知れないというタラレバがありました。そこが課題です。コースのコンディションとか読んで、一発で合わせきるという力がまだまだなくて未熟だと感じます。第7戦の大きなミスを修正して走れたのはよかったんですが、第8戦はその反面消極的になってしまいました。練習もロングで走りましたが、今日は暑いのでそこはシビアになってくると思います。スタートさえミスしなければ表彰台は乗れると思います」

第7戦予選7位、第8戦予選3位 荒尾創大(HFDP WITH TODA RACING)

第7戦予選7位、第8戦予選3位の荒尾創大(HFDP WITH TODA RACING)

 「第7戦の予選はミスもあっていい形で終れませんでしたが、第8戦の予選ではうまくまとめることができ、まずまずの順位で終れてよかったです。第7戦はトップからコンマ3でしたが、自分のミスでそれ以上落としているのがあるので、それがなければちぎれたのかなと思います。決勝ですが、順位を上げられればいいですが、前回のレースもいいスタートを切れてないので、まずは普通にスタートしたいと思います」

Text & Photo: Yoshinori OHNISHI
Shigeru KITAMICHI


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース