SUPER FORMULA LIGHTS

第7戦、第8戦SUGO公式予選 第7戦は小出峻が、第8戦はケイレン・フレデリックがポールポジション

第7戦ポールポジション、第8戦予選4位の小出峻(HFDP WITH B-MAX RACING)

第7戦予選2位、第8戦ポールポジションのケイレン・フレデリック(Pilot ONE Racing with B-MAX)

 全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権第7戦、第8戦は22日、スポーツランドSUGOで公式予選を行い、第7戦は小出峻(HFDP WITH B-MAX RACING)が、第8戦はケイレン・フレデリック(Pilot ONE Racing with B-MAX)がポールポジションを獲得した。

 第7戦の公式予選は午前11時から10分間で行われた。天候は晴れで、徐々に暑くなってきた。

 真っ先にコースインしたのは小林利徠斗(モビリティ中京 TOM'S 320 TGR-DC)。3周ウォームアップを行い、4周目に1分13秒574を記録しトップに立つ。このタイムを上回ったのは、3周目にアタックした古谷悠河(Deloitte. HTP TOM'S 320)で13秒575で小林をかわしトップに立つ。

 さらに、小出峻(HFDP WITH B-MAX RACING)が、1分13秒260でトップに立つと、2位にはケイレン・フレデリック(Pilot ONE Racing with B-MAX)が13秒260で続く。3位にも荒川麟(B-MAX RACING 324)が13秒336で上がってきた。

 4位には中村仁(モビリティ中京 TOM'S 320 TGR-DC)が上がり、古谷は5位、小林は6位まで順位を落とし予選を終えた。7位には荒尾創大(HFDP WITH TODA RACING)が、ここまで2勝を飾っている野中誠太(PONOS Racing TOM'S 320 TGR-DC)が8位で続いた。

 ポールポジション(PP)小出と2位フレデリックとの差は0秒072、その後ろの3位の荒川は0秒004差、トップから8位荒尾まではなんと0秒490差で、僅差の予選となった。

 マスタークラスは総合9位で今田信宏(JMS RACING TEAM)がPPを獲得した。

 第8戦の公式予選は第7戦終了から10分間のインターバルで午前11時20分より10分間で行われた。

 ここでも小林が真っ先にアタックを敢行。1分13秒290でトップに立つ。古谷が13秒437で2位につけるが、直後、中村が13秒037をたたき出しトップに浮上。

 その中村を上回ったのはフレデリック。1分13秒025でトップに立った。その後、荒川がセクター1で全体ベストを更新しながらアタックを続けるが、コースアウトして万事休す。フレデリックが来日初PPを獲得した。2位には中村が、3位にはタイムを更新してきた荒尾が入った。

 第7戦PPの小出は振わず、4位。5位には小林が、6位には荒川が入った。

 マスタークラスは前戦に続き、総合9位で今田信宏(JMS RACING TEAM)がPPを獲得した。

 第7戦決勝は本日22日午後3時35分より26周で、第8戦決勝は明日23日午前9時より19周で行われる。

第7戦予選3位、第8戦予選6位の荒川麟(B-MAX RACING 324)

第7戦予選4位、第8戦予選2位の中村仁(モビリティ中京 TOM\'S 320 TGR-DC)

第7戦予選7位、第8戦予選3位の荒尾創大(HFDP WITH TODA RACING)

Text: Yoshinori OHNISHI
Photo: Motorsports Forum


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース