鈴鹿・岡山S-FJ選手権

第6戦鈴鹿公式予選ドライバーコメント PP・小田優「決勝はこのまま優勝」

ポールポジション 小田優(Drago CORSE TAKE)

ポールポジションを獲得した小田優(Drago CORSE TAKE)

 「鈴鹿では初ポールです。練習の段階からスリップを使える状況に持っていきたいと思っていました。でもクリアも取りたいので、最初に出ようと思ってたんですが、シグナルを見ていなくて出遅れ、みんなの後ろで走っていました。それがたまたまよかったみたいです。タイムを出した周はスリップを使えなくてほぼ単独走行でした。それ以降は出る気がしなくて戻ろうかなと思ってましたが、他も上げてくるかも知れないので、コースにとどまりました。決勝はこのまま優勝したいと思います」

2位 迫隆眞(自動車工房ミストKデンタルオフィス)

予選2位の迫隆眞(自動車工房ミストKデンタルオフィス)

 「練習から好調でしたが、毎セッション小田選手よりコンマ1足らなかったです。そこが今回の課題でした。スリップは使いましたが、単独でも2回くらい同じタイムが出ました。ちょっと届かなかったですね。集団で走れば置いて行かれることもなくて、バトルするペースはあるので、あしたは1位で帰ってこられればと思います」

3位 渡会太一(FTKレヴレーシングガレージ)

予選3位の渡会太一(FTKレヴレーシングガレージ)

 「練習の時から前の2台に比べればスピードが劣っていたので、予選も厳しいと思っていました。3位が目標で、自分もクルマのベストも尽くせました。トップ2台にはかなわなかったです。スリップを使ってのタイムだったので、使えなければもっと下だったと思います。タイム差がひどいので、レースになってもこの差は埋まらないし、あしたは耐えるレースになると思います」

Text & Photo: Yoshinori OHNISHI


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース