MEC120 Minutes Enduarance Challenge

第1戦鈴鹿公式予選ドライバーコメント 2位・藤波清斗「本当にいろんな人のおかげ」

■v.Granz

ポールポジション 山口礼/渡会太一組(777号車・seven×seven with KF MOTORSPORT)

v.Granzクラスポールポジションの山口礼/渡会太一組(777号車・seven×seven with KF MOTORSPORT)

 渡会「S-FJで取れなかったので(渡会はS-FJとダブルエントリー)、こちらは取ろうと思っていました。決勝はペースもいいし、チームも1-2なので状況をみながらうまく走りたいと思います。勝てるように頑張ります」

seven×seven with KF MOTORSPORT(BANKCY/藤波清斗)

v.Granzクラス予選2位のBANKCY/藤波清斗組(666号車・seven×seven with KF MOTORSPORT)

 藤波・KFMS代表「ライバルチームも1-2に来るいきおいだったので心配していました。チームを立ち上げて3年目でやっと仕上がってきて1-2を取れました。本当にいろんな人のおかげで、メカニックさんも頑張っているので、あとはぼくらがミス無く生かせればいいかなと思います。台数も多くなり、精度も上がって、データ量も多くなっているので、チームとしていい結果で終れたらと思います」

大阪八郎/猪爪杏奈/荒川麟組(86号車・DrDry☆vGranz)

v.Granzクラス予選3位の大阪八郎/猪爪杏奈/荒川麟組(86号車・DrDry☆vGranz)

 荒川「ベスト周のセクター1で大きなミスをしてしまいました。シェイクダウンしたばかりでセットアップとか、パーツもないですし、そのなかでは最善の結果だと思います。みんなで協力して勝てるように頑張ります」

Text & Photo: Yoshinori OHNISHI


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース