Archives

  • [—]2017 (37)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

1999年12月

その他

ルマン2位トリオ、最優秀選手賞受賞

《モータースポーツニュース》 12月17日
☆ ルマン2位表彰台トリオ、最優秀選手賞を受賞
  17日(金)、東京運動記者クラブモータースポーツ分科会は
 1999年度の最優秀選手賞に今年6月のルマン24時間レースで2
 位入賞と健闘した片山右京、鈴木利男、土屋圭市の3人を選出
 した。
  片山右京ら3人は日本車(トヨタTS020)を駆った日本人ドラ
 イバーとして、過去最高の成績を収めている。
  なお、同会は40年以上に渡り日本の2輪、4輪レースで活躍
 し今年限りで現役を引退した高橋国光選手を特別賞に選出した。
       * FMOTOR4_SysOp 新倉芳夫 (SDI00686)-RIJ *

Formula Nippon

FN:鈴鹿公式走行会結果(12/8・9総合)

99-12-09 
フォーミュラ・ニッポン公式走行会                                          
フォーミュラ・ニッポン        TOTAL(SESSION 1~4)                   
国際レーシングコース
P. N.Driver                 Team Best Time       S1       S2       S3       S4
------------------------------------------------------------------------------
1  9ラルフ・ファーマン      SHIONOGI NOVA 1'45.845 1'47.226・1'45.845 1'47.736 1'48.974
2  1本山  哲   UNLIMITED Le Mans 1'46.222・1'46.222 1'47.728          
3 10加藤 寛規      SHIONOGI NOVA 1'47.511 1'47.689・1'47.511      1'47.678
4 62山西 康司             LEYJUN 1'47.611                           ・1'47.611
5 56土屋 武士               ARTA 1'47.684                  ・1'47.684     
6 65松田 次生      PIAA NAKAJIMA 1'48.054           1'48.169・1'48.054
7 56金石 年弘               ARTA 1'48.124 1'48.580 1'48.254     ・1'48.124
8 62立川 祐路             LEYJUN 1'48.222                  ・1'48.222     
9  1アレックス・ユーン  UNLIMITED Le Mans 1'48.281                  ・1'48.281     
10 11五十嵐 勇大 COSMO OIL CERUMO 1'48.389      1'49.663・1'48.389     
11 12飯田  章    COSMO OIL CERUMO 1'48.523・1'48.523 1'49.135          
12 10伊藤 大輔      SHIONOGI NOVA 1'49.242                  ・1'49.242     
13 ,1五十嵐 勇大UNLIMITED Le Mans 1'49.285                           ・1'49.285
14 65アレックス・ユーン      PIAA NAKAJIMA 1'49.470 1'49.787・1'49.470          
15 11服部 尚貴   COSMO OIL CERUMO 1'49.522                   1'51.669・1'49.522
16 11近藤 真彦   COSMO OIL CERUMO 1'49.769 1'51.200・1'49.769          
17 68ルベン・デルフラー DoCoMo DANDELION 1'51.241 1'52.995 1'51.866 1'53.375・1'51.241
18 62OSAMU                 LEYJUN 1'51.749・1'51.749 1'52.210          
19 68脇阪 薫一   DoCoMo DANDELION 1'52.503 1'53.312 1'53.818 1'52.603・1'52.503
20 12浅井 亮博   COSMO OIL CERUMO 1'53.082      1'56.554・1'53.082 1'53.426
21 63守屋 英利             LEYJUN 1'57.155 1'57.596     ・1'57.155 1'58.344
                           提供:鈴鹿サーキットランド

Formula Nippon

FN:鈴鹿公式走行会結果(12/9総合)

99-12-09 
フォーミュラ・ニッポン公式走行会                                          
フォーミュラ・ニッポン        12/9 総合                              
国際レーシングコース
Pos. No. Driver     Type                   Team Best Time        S3          S4
-------------------------------------------------------------------------------
1  62 山西 康司   レイナード99L            LEYJUN  1'47.611             ・1'47.611
2  10 加藤 寛規   GフォースGF03     SHIONOGI NOVA  1'47.678         ・1'47.678
3  56 土屋 武士   レイナード99L              ARTA  1'47.684 ・1'47.684        
4   9 ラルフ・ファーマン   GフォースGF03     SHIONOGI NOVA  1'47.736 ・1'47.736    1'48.974
5  65 松田 次生   レイナード99L     PIAA NAKAJIMA  1'48.054  1'48.169   ・1'48.054
6  56 金石 年弘   レイナード99L              ARTA  1'48.124         ・1'48.124
7  62 立川 祐路   レイナード99L            LEYJUN  1'48.222 ・1'48.222        
8   1 アレックス・ユーン   レイナード99L UNLIMITED Le Mans  1'48.281 ・1'48.281        
9  11 五十嵐 勇大 レイナード99L  COSMO OIL CERUMO  1'48.389 ・1'48.389        
10  10 伊藤 大輔   GフォースGF03     SHIONOGI NOVA  1'49.242 ・1'49.242        
11   1 五十嵐 勇大 レイナード99L UNLIMITED Le Mans  1'49.285             ・1'49.285
12  11 服部 尚貴   レイナード99L  COSMO OIL CERUMO  1'49.522  1'51.669   ・1'49.522
13  68 ルベン・デルフラー ローラB99/51  DoCoMo DANDELION  1'51.241  1'53.375   ・1'51.241
14  68 脇阪 薫一   ローラB99/51  DoCoMo DANDELION  1'52.503  1'52.603   ・1'52.503
15  12 浅井 亮博   レイナード99L  COSMO OIL CERUMO  1'53.082 ・1'53.082    1'53.426
16  63 守屋 英利   ローラB99/51            LEYJUN  1'57.155 ・1'57.155    1'58.344
                           提供:鈴鹿サーキットランド

Formula Nippon

FN:鈴鹿公式走行会結果(12/9PM)

99-12-09    
フォーミュラ・ニッポン公式走行会                           WEATHER  : Fine
フォーミュラ・ニッポン SESSION-4(13:30~15:35)  COURSE   : Dry
国際レーシングコース
Pos. No. Driver      Type                         Team      Time   Delay    Lap
-------------------------------------------------------------------------------
1  62 山西 康司   レイナード99L MF308            LEYJUN  1'47.611          22/26
2  10 加藤 寛規   GフォースGF03 MF308     SHIONOGI NOVA  1'47.678   0.067  25/30
3  65 松田 次生   レイナード99L MF308     PIAA NAKAJIMA  1'48.054   0.443  25/32
4  56 金石 年弘   レイナード99L MF308              ARTA  1'48.124   0.513  30/33
5   9 ラルフ・ファーマン    GフォースGF03 MF308     SHIONOGI NOVA  1'48.974   1.363   8/16
6   1 五十嵐 勇大 レイナード99L MF308 UNLIMITED Le Mans  1'49.285   1.674  30/31
7  11 服部 尚貴   レイナード99L MF308  COSMO OIL CERUMO  1'49.522   1.911  32/32
8  68 ルベン・デルフラー  ローラB99/51 MF308  DoCoMo DANDELION  1'51.241   3.630  14/21
9  68 脇阪 薫一   ローラB99/51 MF308  DoCoMo DANDELION  1'52.503   4.892   5/ 7
10  12 浅井 亮博   レイナード99L MF308  COSMO OIL CERUMO  1'53.426   5.815  14/19
11  63 守屋 英利   ローラB99/51 MF308            LEYJUN  1'58.344  10.733  16/16
<赤旗提示時刻>    
14:45~15:00  No. 1 五十嵐 勇大 選手  スプーンカーブ  コースアウト
                          提供:鈴鹿サーキットランド

Formula Nippon

FN:鈴鹿公式走行会結果(12/9AM)

99-12-09    
フォーミュラ・ニッポン公式走行会                          WEATHER  : Cloudy
フォーミュラ・ニッポン   SESSION-3(9:30~11:30)COURSE   : Dry
国際レーシングコース
Pos. No. Driver     Type                         Team      Time   Delay    Lap
-----------------------------------------------------------------------------
1  56 土屋 武士   レイナード99L MF308              ARTA  1'47.684          28/33
2   9 ラルフ・ファーマン   GフォースGF03 MF308     SHIONOGI NOVA  1'47.736   0.052   7/46
3  65 松田 次生   レイナード99L MF308     PIAA NAKAJIMA  1'48.169   0.485  11/34
4  62 立川 祐路   レイナード99L MF308            LEYJUN  1'48.222   0.538  31/36
5   1 アレックス・ユーン   レイナード99L MF308 UNLIMITED Le Mans  1'48.281   0.597  20/31
6  11 五十嵐 勇大 レイナード99L MF308  COSMO OIL CERUMO  1'48.389   0.705  23/26
7  10 伊藤 大輔   GフォースGF03 MF308     SHIONOGI NOVA  1'49.242   1.558  37/38
8  11 服部 尚貴   レイナード99L MF308  COSMO OIL CERUMO  1'51.669   3.985   9/ 9
9  68 脇阪 薫一   ローラB99/51 MF308  DoCoMo DANDELION  1'52.603   4.919  26/26
10  12 浅井 亮博   レイナード99L MF308  COSMO OIL CERUMO  1'53.082   5.398  10/18
11  68 ルベン・デルフラー ローラB99/51 MF308  DoCoMo DANDELION  1'53.375   5.691   5/ 6
12  63 守屋 英利   ローラB99/51 MF308            LEYJUN  1'57.155   9.471  31/39
                          提供:鈴鹿サーキットランド

Formula Nippon

FN:鈴鹿公式走行会結果(12/8総合)

99-12-08     
フォーミュラ・ニッポン公式走行会                           WEATHER  : Fine
フォーミュラ・ニッポン        12/8 総合               COURSE   : Dry
国際レーシングコース
Pos. No. Driver     Type                   Team Best Time       S1           S2
-------------------------------------------------------------------------------
1   9 ラルフ・ファーマン   GフォースGF03     SHIONOGI NOVA  1'45.845  1'47.226   ・1'45.845
2   1 本山  哲    レイナード99L UNLIMITED Le Mans  1'46.222 ・1'46.222    1'47.728
3  10 加藤 寛規   GフォースGF03     SHIONOGI NOVA  1'47.511  1'47.689   ・1'47.511
4  56 金石 年弘   レイナード99L              ARTA  1'48.254  1'48.580   ・1'48.254
5  12 飯田  章    レイナード99L  COSMO OIL CERUMO  1'48.523 ・1'48.523    1'49.135
6  65 アレックス・ユーン   レイナード99L     PIAA NAKAJIMA  1'49.470  1'49.787   ・1'49.470
7  11 五十嵐 勇大 レイナード99L  COSMO OIL CERUMO  1'49.663             ・1'49.663
8  11 近藤 真彦   レイナード99L  COSMO OIL CERUMO  1'49.769  1'51.200   ・1'49.769
9  62 OSAMU       レイナード99L            LEYJUN  1'51.749 ・1'51.749    1'52.210
10  68 ルベン・デルフラー ローラB99/51  DoCoMo DANDELION  1'51.866  1'52.995   ・1'51.866
11  68 脇阪 薫一   ローラB99/51  DoCoMo DANDELION  1'53.312 ・1'53.312    1'53.818
12  12 浅井 亮博   レイナード99L  COSMO OIL CERUMO  1'56.554             ・1'56.554
13  63 守屋 英利   ローラB99/51            LEYJUN  1'57.596 ・1'57.596            
                          提供:鈴鹿サーキットランド

Formula Nippon

FN:鈴鹿公式走行会結果(12/8PM)

99-12-08    
フォーミュラ・ニッポン公式走行会                        WEATHER  : Fine
フォーミュラ・ニッポン SESSION-2(13:30~15:30)COURSE   : Dry
国際レーシングコース
Pos. No. Driver      Type                         Team     Time  Delay   Lap
----------------------------------------------------------------------------
1   9 ラルフ・ファーマン    GフォースGF03 MF308     SHIONOGI NOVA 1'45.845        24/35
2  10 加藤 寛規   GフォースGF03 MF308     SHIONOGI NOVA 1'47.511  1.666 33/34
3   1 本山  哲   レイナード99L MF308 UNLIMITED Le Mans 1'47.728  1.883  6/40
4  56 金石 年弘   レイナード99L MF308              ARTA 1'48.254  2.409 24/36
5  12 飯田  章   レイナード99L MF308  COSMO OIL CERUMO 1'49.135  3.290  5/12
6  65 アレックス・ユーン    レイナード99L MF308     PIAA NAKAJIMA 1'49.470  3.625 22/27
7 .11 五十嵐 勇大 レイナード99L MF308  COSMO OIL CERUMO 1'49.663  3.818 10/17
8  11 近藤 真彦   レイナード99L MF308  COSMO OIL CERUMO 1'49.769  3.924  9/11
9  68 ルベン・デルフラー  ローラB99/51 MF308  DoCoMo DANDELION 1'51.866  6.021  5/ 5
10  62 OSAMU  レイナード99L MF308            LEYJUN 1'52.210  6.365  4/21
11 .68 脇阪 薫一   ローラB99/51 MF308  DoCoMo DANDELION 1'53.818  7.973 19/23
12 .12 浅井 亮博   レイナード99L MF308  COSMO OIL CERUMO 1'56.554 10.709 17/18
                         提供:鈴鹿サーキットランド 

Formula Nippon

FN:鈴鹿公式走行会結果(12/8AM)

99-12-08     
フォーミュラ・ニッポン公式走行会                          WEATHER  : Fine
フォーミュラ・ニッポン  SESSION-1(9:30~11:30) COURSE   : Dry
国際レーシングコース
Pos. No. Driver       Type                        Team     Time  Delay   Lap
------------------------------------------------------------------------------
1   1  本山  哲   レイナード99L MF308  UNLIMITED Le Mans 1'46.222        22/30
2   9  ラルフ・ファーマン    GフォースGF03 MF308      SHIONOGI NOVA 1'47.226  1.004 18/28
3  10  加藤 寛規   GフォースGF03 MF308      SHIONOGI NOVA 1'47.689  1.467 21/21
4  12  飯田  章   レイナード99L MF308   COSMO OIL CERUMO 1'48.523  2.301 31/33
5  56  金石 年弘   レイナード99L MF308               ARTA 1'48.580  2.358 30/33
6  65  アレックス・ユーン    レイナード99L MF308      PIAA NAKAJIMA 1'49.787  3.565 30/31
7  11  近藤 真彦   レイナード99L MF308   COSMO OIL CERUMO 1'51.200  4.978 19/23
8  62  OSAMU  レイナード99L MF308             LEYJUN 1'51.749  5.527 22/23
9  68  ルベン・デルフラー  ローラB99/51 MF308   DoCoMo DANDELION 1'52.995  6.773  7/ 7
10 .68  脇阪 薫一   ローラB99/51 MF308   DoCoMo DANDELION 1'53.312  7.090 21/21
11  63  守屋 英利   ローラB99/51 MF308             LEYJUN 1'57.596 11.374 15/18
<赤旗提示時刻>    
10:52~11:02 No.11 近藤 真彦 選手  逆バンク  クラッシュ
                          提供:鈴鹿サーキットランド

全日本GT選手権

GTインサイドレポートAllStar/8

■ NICOS CUP GT ALL STAR RACE'99 in AUTOPOLIS
■ GT INSIDE REPORT                          FMOTOR4 EDITION
   GT INSIDE REPORT     インサイドレポート特集       99/11/28
 -------------------------------------------------------------------------
NICOS CUP GTオールスター戦'99 オートポリス(11/27,28)
■コンストラクター、チームに2000年シーズンの構想を訊く
TRD 木村芳郎部長(スープラ コンストラクター)
「99年のスープラは98年に比べて大幅に戦闘力が上がったと言われて、われわれも
それを認めていたんですが、細かいトラブルが多くて後退してしまうことが多かっ
たですね。それはわれわれの反省すべき点です。(GTCは)完全な耐久レースとは言
えないまでも距離が長いわけですから、安定して走れるということがだいじですよ
ね。今、来年のクルマを開発している段階ですが、そこにそうとう力を入れてます。
今年の性能を維持したままで、つまらないトラブルをなくすことを目指しています。
98年型から99年型のときのように、ガラッと変えてしまうということはないですね。
 チーム体制についてはほぼ今年と同じとお考えいただいていいと思います。台数
的には、増やしたいという話が持ち上がっているチームもあるんですが、エンジン
を供給するのがウチだけですから物理的に可能かどうかということと、チーム側の
スポンサーなどの問題で、確定はしていません。それは新規チームではなくて、既
存のチームが台数を増やすという話が出ているということです。
 2000年モデルは、開幕に何台間に合うかということとトータルで何台作るかとい
うことがありますんで、99年型をモディファイして混走させることも考えています。
まだ2000年モデルの戦闘力もわかりませんから、そのへんのようすも見ながら、と
いうことになるでしょう。明らかに戦闘能力が違えば全部2000年モデルになるんで
しょうけど、逆に99年モデルのほうが速かったら…どうしたらいいかわからないで
すね(笑)。今のところは2000年モデルは5台は作ろうと考えています。
 GT300については、基本的にはプライベートのために空けておこうという考え方な
んですが、できれば新しい車型で動きたいものですから、今年走っているセリカが
新しいセリカになるとか、MR2がMR-Sになるとか、そういうかたちで新しい車種を投
入することは考えていますし、現実にそれで動いてもいます。今はMR-Sのほうが先
行してますね。今までのユニットがそのまま使えてスタイルが新しい車両になると
いうことを考えています。エンジンは3Sターボです。オープンボディで不利な面も
あるんですが、ディーラーオプションでハードトップがあるんで、そんなものも活
用しようかなと考えています。とりあえずは1台、A'PEXチームが名乗りを上げてい
ますので、われわれとの共同開発ということで動いています。あとから増やしても
いいな、と思っています。
 セリカのほうはFFでターボというのはむずかしいので、NAの2リッターの新型セリ
カということが考えられます。今年セリカでやっているチームが2チームあります
が、それがそのまま新型に移行するかどうかはまだわからないんですが、われわれ
としてはできれば新型でやっていただきたいとは思っています。それ以外にはFRで
やりたいという話もあるんですが、GT500で使っているスープラをGT300でも走らせ
るのもおかしいですし、ほかに適当なFRのクルマもありませんしね…。ハチロ
ク(AE86トレノ)に関しては、チームのほうでは来年もやりたいと考えているよう
です」
NISMO 岡 寛監督(スカイラインGT-R コンストラクター)
「来年のことは今検討中です。でも、GTはやりますし、R34のニューマシンも、少し
遅れてはいますが、現在開発しています。どういうクルマになるかということです
が、今年の結果を見ていただければわかるように、スカイラインは一発の速さが足
りなかったですよね。だから、来年型では一発のタイムを出せるクルマにするよう、
開発陣にネジを巻いているところです。予選でもっと上のポジションにいければ今
までよりもラクに戦えますから。コスト、効率などを考えなければいけないので台
数などはまだわかりません。1号車は早ければ1月に仕上がると思います。今年より
もちょっと遅れ気味ではありますが、ちゃんとしたものができてくれば、その遅れ
はカバーできると思いますよ。
 GT300のシルビアについてもやる方向で検討中ですが、今はっきりしたことは言え
ないですね。スポンサー活動を含めて活動中なので、年末には、はっきりするんじゃ
ないでしょうか。
 会社としてはドライバーラインナップも検討中です。今年ももちろん速かったん
ですが、来年も速いドライバーを乗せたいですね」
無限 技術部 永長 真マネジャー(NSX コンストラクター)
「クルマを供給する側としては、来年も現在の4台という規模は維持したいと考え
ています。ただ、その中身はチーム側の体制作りですとかスポンサーさんの意向な
どもある話ですので、今のところはなんとも言えません。ドライバー構成も含めて、
このオールスター戦が終わって、シーズンが終了してから考えるということになる
と思います。今あるチーム以外からもNSXでやりたいという話をいただいています
が、われわれのキャパシティとしては台数を増やすのはむずかしいですね。
 クルマのほうですが、設計にはもう取りかかっています。来年のレギュレーショ
ンは空力的ダウンフォースを減らす方向になっています。NSXは、ターボ勢に対する
エンジンパワーの不利を足回りや空力などでおぎなってきたわけです。つまり来年
のレギュレーションでは空力面での影響を一番大きく受けることになりますから、
その影響をいかに減らすかということがひとつのテーマですね。足回りについても、
98年から99年と基本的に同じクルマでやってきたなかで『ここをこうしたい』とい
うことが出てきていますから、それを改良していきます。それから、来年はABSが禁
止になるわけですが、その点に関してはわれわれ(NSX勢)はABSがある状態とない
状態の両方を経験していますから、アドバンテージがあると思います。エンジンの
ターボ化は選択肢のひとつとしてありうるとは思います。ですが、ひとまずは手持
ちの(技術の)なかで見きわめようということですね。
 今年は昨年同様、4チームに対してまったく同じクルマを供給しデータも共有す
る、またチャンピオンシップポイントについて各チーム間にオーダーは出さないと
いう方針でやってきました。結果的には3チームが1勝ずつ挙げるかたちになり、
タイトルはコンスタントにポイントをかせいだところが獲得しました。ある意味で
(この結果は)なるべくしてなったと言えると思います。われわれとしてもニスモ
さんを見習わなければならない点はあります。ただ、(ニスモと)同じことをでき
るかと言われれば、できないでしょう。われわれもタイトルを獲ることを第一にす
るのならこれまでと違ったアプローチのしかたもあるとは思います。ですが、すべ
てのチームが同じアプローチをするのではなく、チームごとに特色を出していくこ
とでシリーズがおもしろくなるという面もあると思います。
 今のレギュレーションについては、お客さんが満足してくれているのだったら、
いいと思います。技術的にはハンディなしでやりたいという気持ちはありますけれ
どね。
 (S2000がGT300クラスに出る可能性は)個人的にはたいへん興味はあります。た
だ、今のGT300でトップを争うのはむずかしいでしょう。小排気量のNAでは勝ちにく
い状況にありますからね。仮にターボをつけてパワー面をクリアにしても、オープ
ンボディですから空力面でのむずかしさがある。お客さんから期待されているクル
マであることは理解していますが、だからこそ簡単には出ていきにくいでしょう」
No.26/55 チーム・タイサン 千葉泰常監督
「来年はGT500はやめ、GT300クラスを2台態勢でやることになるでしょう。1台は
ポルシェGT3Rで、もう1台はシーズン序盤の3戦はRSR、ル・マンのあとは新車の
GT3Rということになると思います。ドライバーは、1台は松田秀士とドミニク・シュ
ワガーの予定ですが、シュワガー選手はあくまでフォーミュラ・ニッポンが最優先
ですので、そちらの動向しだいになるでしょう。もう1台は、ポルシェから『若手
を育ててください』と言われていることもあって、若手組になると思います。こち
らの人選についてはまだ白紙です。今回(オールスター戦で)乗る本庄康幸も候補
の一人ですが、いずれにしてもスポンサーしだいという部分があります。スポン
サーについてもまだわかりません。
 ル・マンは、来年はポルシェ・ワークスが出場しないので、これと組んで出場で
きるよう話し合っていきます。いずれにしても組んでやらないと、日本から全部持っ
ていくというのはできませんからね。やるからにはクラス優勝したいですね。ドラ
イバーは、今のところ松田秀士と近藤真彦を予定しています。あともう一人はポル
シェとの話し合いで決めることになると思います」
No.81 チーム・ダイシン 大八木信行代表
「今年使ったクルマそのもので、もう1年やる予定です。ただ、来年はレギュレー
ションが少し変わりますから、エンジンもシャシーもそれに合わせた改良をして、
そのテストをオフのあいだにやるようになるでしょう。ドライバーも今年と同じで
す。カラーリングも、これから大きいスポンサーでもつけば別ですが、今のところ
はそのままの予定です。GTC以外には例年どおり鈴鹿1000kmなどをやりたいな、と
思ってます」(福山英朗「まだ大八木さんとそういう話はしていないんですけど、
ボクの感じではチームとしてのスキルアップを考えているのかな、と感じていま
す。スタッフも、ドライバーも、施設も、少しずつステップアップしていかないと
ね」)
No.19 RACING PROJECT BANDOH 坂東正明監督
「来年のことはカネしだいということでまだはっきりは決まっていないが、スポン
サーが集まればGT500クラスに出たいと思う。スポンサーがちょっとだったらGT300
クラスだけど、車種変更の可能性はあるね。来年はレギュレーションが変更になる
から、その内容しだい。NAが今より50kg重くなってセリカでも925kgから975kgにな
るけど、ターボは重量も積まれたうえにリストリクターの径も絞られる。どちらが
戦闘力があるのか考えて、セリカからMR-Sに変える可能性があるね。ドライバー
は、織戸は今年でウチのチームを卒業。だから12月8~9日にTIであるヨコハマの
テストでは何人か乗せる予定にしている。今言える範囲では脇阪薫一、青木孝行、
藤原靖久が乗ることになってるよ」
No.77 クスコレーシング 加勢裕二代表
「このままGT300クラスで、インプレッサのニューマシンを投入します。このマシ
ンは、重量配分や基本のレイアウトを詰めて、今年型をいい方向に進化させていこ
うと思っています。マシンの仕上がりは開幕1ヶ月前をメドにしています。テスト
など細かい予定はまだ決まっていませんが、チャンスがあればいっぱい走りたいで
すね。来シーズンの目標は全戦表彰台。高い目標を持たないとね。ターボは来年リ
ストリクターが小さくなるんですが、それがウチのマシンのエンジンにとってはい
い方向だと思うので、期待していてください。ドライバーは今のところ未定です。
チームとしては今年と同じメンバーでいきたいんですが、ドライバーのほうにもい
ろいろ都合があると思いますし。いずれにしても、年明けの早いうちに決めたいで
すね」
No.7 RE雨宮レーシング 雨宮勇美代表
「マツダスピードはサポートしてもらったわけじゃなくて、おカネを払ってたお客
さんの立場だから。パーツは来年できるぐらい十分ある。N1(スーパー耐久)も考
えたけど、お客さんがあれぐらいの入り方だしね…。プライベートでがんばりたい
気持ちはあるけど、予算の状況からいって現状では(来年もGTをできるかどうか)
五分五分ぐらい。来年はきびしいかもしれないなあ。今のところはわからない」
No.25 MOMOCORSE Racing Team with Tsuchiya 土屋春雄監督
「まだ、正式にはなにも決まってない。(シーズン途中での新車投入の話があった
が)MR2は新車を作っても速くなる可能性が見込めなかったからやめた。TIは予定外
だったけれど、タイトルは獲れたから。現状では、MR2のパーツがそっくりそのまま
使えるのでMR-Sをやろうかと、とりあえず思っている。GT500の可能性はゼロではな
いけど、2~3%かな…」
@99年のGTインサイドレポートは以上です。1年間ありがとうございました。
                       GTアソシエイション事務局
                         GTインサイドレポート班
                        古屋 知幸 = QYB04322 =

全日本GT選手権

GTインサイドレポートAllStar/7

■ NICOS CUP GT ALL STAR RACE'99 in AUTOPOLIS
■ GT INSIDE REPORT                          FMOTOR4 EDITION
   GT INSIDE REPORT      インサイドレポート4       99/11/28
 -------------------------------------------------------------------------
NICOS CUP GTオールスター戦'99 オートポリス(11/27,28)
■朝のフリー走行後のコメント
*81ダイシンシルビア
福山英朗「タイヤの温度が低すぎてセッティングが出てこないし、合ってない。コ
ンディションがまた変わちゃって、詰めている時間がないんですよ。ここ(オート
ポリス)はグループA、F3000で5、6回走っていて、いいコースだと思う。嫌いじゃ
ないですね。でもホントはちゃんとセッティングしてからじゃないと言えないんだ
けどね。決勝ですか? オールスターに選ばれたんですから、来てくれたお客さん
によろこんでもらえる走りをしたいですね」
*26 STPアドバンタイサンGT3R
松田秀士「(予選を走れなかったのは)外人さんがぶつかっちゃったみたい(笑)。
クルマにけっこう大きいダメージがあって、メカは寝てないんですよ。でも、おか
げで今朝に間に合いました。ウェットに関しては状況しだいだからなんとも言えま
せん。でも、今のタイムはあと2、3秒は縮まるでしょう。今朝はクルマの状態を
把握するために走ったというレベルですから。うちはドライだときびしいと思う。
このあと仮に晴れても、雪解け水でウエットになるだろうし。そういえば、大昔に
鈴鹿でそんなことがあったね。スタートはボクです」
*25 モモコルセ・アペックスMR2
新田守男「今朝は(高木)真一がセッティングを担当した。スタートも彼がいくこ
とになってる。でもね、実はさっき真一がピットサインを見逃して、ボクは乗れな
かったんだよ(苦笑)。決勝レース? ちょっとわからないな。MR2にとってはきつ
い状況。クルマがピーキーで、ウエットだとちょっと辛いね。予選はタイヤを温存
して決勝を考えてセッティングしていたんだけど、今日のこの天気で意味なし。裏
目に出たちゃったな」
*15 ザナヴィARTAシルビア
井出有治「クルマがコースに合ってないみたいですね。ここは免許取ったころにス
クールで来て以来です。レースカーで走るのは初めて。クルマのバランスは悪くな
いんだけど、タイムに結びついていない。朝は2番手ですが、土屋さんが路面状況
のよくなった終盤に出したタイムです。スタートはボクです。決勝は粘りづよい走
りをして、ゴールに入ったときに前にいられるようにしたいですね」
#18 TAKATA童夢NSX
脇阪寿一「クルマはアンダーが少し強すぎましたね。たぶんほかのクルマのほうが
決まってると思います。トップタイムが出せたのは、走ったタイミングだけじゃな
いかな。でも、決勝はアンダーを直せば大丈夫だと思います。今は雨も降ってない
し、決勝ではがんばります」
#64 Mobil 1 NSX
光貞秀俊「出ていこうとしたらなかなかエンジンがかからなくて、セッションの半
分ぐらいしか走れませんでした。でも、たいした問題ではなかったし、クルマは雨
でもバランスがいいから大丈夫。決勝は微妙なコンディションになると思うので、
作戦はぎりぎり直前になってから決めますけどね」
☆決勝スタート直前情報
 天候:曇り時々雨  路面状況:ウェット  気温:5度  路面温度:6度
 決勝日(28日)入場者数:4万8800人(予選日:1万4800人)
■レース中のコメント
#18 TAKATA童夢NSX
金石勝智「(スピンアウトし、ピットに戻るもリタイア)カットスリックで出ていっ
て、けっこう(雨が)降ってきたときにいきなり足許をすくわれたという感じでス
ピンしてしまった」
#16 Castrol無限NSX
道上龍「ドライバー交替のときにシートベルトの爪が1個外れなくて、それで時間
がかかって抜かれてしまいました。あれがなければトップだったんだけど…」
*26 STPアドバンタイサンGT3R
松田秀士「エンジンが壊れちゃったみたいね。(シュワガーに)交替してピットア
ウトするときにスピード違反しちゃったみたいで1回ペナルティで入って、そのあ
とインプレッサ(*77)の後ろに入ってテール・トゥ・ノーズになっていたんだけ
ど…」
No.32 cdmaOne セルモスープラ
木下隆之「みんなタイヤで悩んだようだけど、オレはインターミディしかないと思っ
てた。ドーンと降ることも晴れることもないだろうし。心配だったのはスープラは
タイヤが温まるのに時間がかかるから、それだけだった。99(年型)でレースがで
きて、上位でやれるのはほんと楽しいよ」
*リタイア(GTインサイドレポート班調べ)
No.   原因            周回数
---------------------------------------------
72    接触によるダメージ      14L
18    コースアウトによるダメージ  23L
37    コースアウトによるダメージ  24L
26    エンジントラブル       39L(完走扱い)
■レース終了後のコメント
#100 RAYBRIG NSX(GT500 2位)
飯田章「(#64に)追いつくかと思ったけど甘かったですね。国さんに表彰台の一
番高いところをプレゼントしたかったんで、目いっぱい追ったんですけど…。出て
いってすぐ、みんななんでこんなに速いんだろうって思いましたよ」
#2 ARTAゼクセルスカイライン(GT500 3位)
ミハエル・クルム「スタートでレインを選んだら序盤はペースが上がらなかったん
だけど、雨が降ってきたのでこのタイヤでできるだけ引っぱろうと決めて、そうし
た。アグリに交替してからはインターミディエイトに換えたが、ABSが効かなくなっ
た。それでもラップタイムが速くてペンズオイル(#1)を抜くことができた。今年
最後のレースで表彰台に乗ることができてうれしい」
鈴木亜久里「ピットアウトするときホイールスピンさせてしまってABSのスイッチが
切れてしまった。入れ直すには1回エンジンを切んなきゃなんないんで、しょうが
なくABSなしで走った。今回は予選がよくなかったし、レース自体を楽しもうと思っ
てたから、楽しむことができて、よかったよ」
*15 ザナヴィARTAシルビア(GT300 2位)
土屋武士「コンディションがむずかしかったレースでした。これが1年の最後なん
で、また来年がんばります」
井出有治「最後に、土屋さんが(順位を)上げられてよかったです。ほんとうに最
後だったんで、1年いろいろ教えてもらって、できれば勝ちたかったです」
*7 RE雨宮マツモトキヨシRX7(GT300 3位)
松本晴彦「2ヘア(第2ヘアピン)でつまったんです。ESSO(#6)が失速して、そ
の時に*15ザナヴィに(先に)いかれてなかなかパスできなくて、1コーナーで1回
スピンしました。そこから追い上げたけど、リアタイヤがズルズルで、また雨が降っ
てきて思うような走りもできなかった。できれば勝ちたかったんで、くやしいです」
山野哲也「ラップは安定して重ねるしかなかった。リアタイヤが横Gがかかるとズ
ルズル滑って、ペースを上げられなかった。自分たちにとってよかったのは天候が
味方をしてくれたこと。クルマにとっては得意なコンディションだった。いい気分
で1年が終われた。あとは、やっぱり雨さんはいい人だった(笑)」
#16 Castrol無限NSX
中子修「タイヤ交換なしでいったのがウラ目に出てしまったかな…。ぜんぜんタイ
ムが上げられなかった。ピットでもベルトで時間くっちゃったし…。練習でも出な
かったトラブルが出ちゃうんだね」
#37 カストロール・トムス・スープラ
片山右京「NSXが速いから、ついついつられてミスっちゃった。序盤でタイヤが温ま
りきってなかったのもあるかもしれないけど、自分のミスなんで…。またがんばり
ます。ピットロードの手前でクルマを止めたのは、タイロッドが曲がっていたので
ピットロードに入ってから止まっちゃうとみんなに迷惑をかけると思ったからです」
#36 カストロール・トムス・スープラ
黒澤琢弥「BSにやられちゃったね。今回は(ミシュラン勢は)3台じゃなくて2台
か…。それしかやってないからしょうがない」
*81 ダイシンシルビア
福山英朗「タイヤは柔らかめのレインを選んだんだけど、早めにブローしちゃった
から、それが失敗といえば失敗だったかな。(*72との接触は)まさに譲ったところ
でぶつけられちゃったからね。あとで謝りに来てたみたいだけどね。そのあとはア
ライメントが狂っちゃったみたいで、クルマがカニ走りをしてました」
#3 ユニシアジェックススカイライン
田中哲也「長谷見さんのときインターミディエイトでいって、ボクに交替してレイ
ンに換えたんですが、最後のほうはけっこう路面状況がよくなってきたので、ウラ
目に出ちゃった格好ですね。最悪ですよ。ウーン、おもしろくない」
長谷見昌弘「ボクが走っているときはワイパー使うくらいだったんだけど、田中に
交替してピットアウトしたら日が射してきたんだよ。田中はつらかっただろうね。
まあ、あの状況はまったく読めないからしょうがない。クルマはまったく問題なかっ
たんだけどね。今年はR33とR34とではクルマがまったく違ったからね。来年はレギュ
レーションが変わって、ズバ抜けたクルマはなくなると思うから、なんとかウチも
いい方向で話が決まってくれればいいけどね。あと1週間ちょっとで決まってくる
んじゃないかな」
#12 カルソニックスカイライン
星野一義「ケンカになんなかったね。雨が上がると思ってスリックにかけたんだけ
ど、路面がよくならなかった。我慢して走ってたけど、ガードナー(#6)と二人で
ツルツルやってたね。レインに換えてからも、朝と同じでアンダーがひどくてやん
なっちゃったよ」
*19ウェッズスポーツセリカ
織戸学「タイトルがかかってないし、おもしろいレースができるかなと思ってスリッ
クを選んだんです。5周もすればラインができると思ったんですが、まったく逆に
なっちゃった。コースにいるのがやっとで、よくスピンしなかったと思う。ちょっ
と失敗でしたね」
#1ペンズオイル・ニスモGT-R
エリック・コマス「インターミディエイトを選んで、20周くらいまではよかったん
だけど、そこで雨が降ってきてペースを上げられなくなったので早めにピットに入っ
てレインに換えて、モトヤマに交替した。そのレインタイヤが温まらなくて、グリッ
プがなくてペースが上がらなかった」
■優勝者インタビュー
#64 Mobil 1 NSX(GT500優勝)
光貞秀俊「まずは、ほんとうに1年間お疲れさまでした。スタート前のタイヤの選
択はとてもむずかしかった。トムとじっくり考えて決めたのがうまくいったという
ことですね。スタートもうまくいって、序盤は道上(#16)とペースを作れました。
いいレースの流れができたことが勝利につながったと思います。選んだタイヤはレ
インだったんですが、途中でブロー気味になってアンダーが出たんですが、ちょう
どそのころに霧雨が降り出して、ストレートでも水のあるところを走るなど、タイ
ヤをいたわって走りました。道上とは抜きつ抜かれつってバトルではなかったけど、
緊張感ある戦いができたかな。自分としてはリラックスできていて、間合いを見な
がら走れていました」
トム・コロネル「今日のような展開では、レースをコントロールすることがだいじ
で、それがうまくいきました。ボクとしては、コースに出て最初の2、3周を速く
走れたことがよかったですね。ウェットタイヤだったので、途中からコースが乾き
出したのは苦労しました。それと終盤にクラッチがおかしくなってシフトダウンが
スムーズにできなくなって、スロットルを使ってごまかしました。飯田選手が追い
上げてきたのは中嶋さんから無線で聞いていまして、その差をつねに伝えてもらい
ました。最後にまた優勝できて、今年はたいへんいい年でした。来年はステップアッ
プするつもりでいますので、日本では走らないと思います。でも、現実はむずかし
い。まだF1が少し可能性がありますし、インディも検討しています。でも、1年も
したらまた日本が恋しくなりそうで、中嶋さんには、来年のオールスターのときは
電話をくれって言っておきました(笑)」
*77 クスコスバルインプレッサ(GT300優勝)
谷川達也「セリカ(*19)がスリックを選んだのを見て、これは大丈夫だと思ったん
ですが、今朝RX7(*7)やシルビア(*15)が速かったんで、抜かれるかなってそっ
ちが心配でした。ポルシェ(*26)はぜんぜん考えていなかった(笑)。クルマのほ
うは朝はぜんぜんダメだったんですが、サスのセットを変えたらガラッと変わりま
して、これが当たりました。チームのみんなのおかげですね。スタートで前へ出ら
れたので、最初は思いきってプッシュしていきました」
小林且雄「今年はもう勝てないかと思いましたよ。このクルマのボディは2シーズ
ン使って疲れているんです。だからこれが最後で、それで勝てたのはよかったです。
ボクに替わってから、すでにトップのポルシェ(*26)には差をつけられていたの
で、後ろのRX7(*7)との差だけを(無線で)聞いていました。だから、自滅しない
程度にいこうと。そしたら、ピットの出口で突然ポルシェが目の前に現れて。彼ら
のペナルティのことは聞いていなかったんで、びっくりしましたよ。でも、これ抜
けばトップかって『よしっ!』って攻めました。それで、抜いて2、3周したら来
なくなっちゃったんで、また気が抜けちゃいました。あとはタイヤをいたわってい
きました。クルマは完璧でしたね。ドライバーとしてはだいじにいく部分が多かっ
たんで、ちょっとつまらなかったですね」
*特別インタビュー
#100 RAYBRIG NSX(GT500 2位、このレースで現役引退を表明)
高橋国光「今日はもうみなさんに感謝する気持ちでいっぱいです。今日は天候が微
妙だったので、急遽ボクが先にいくことに変わりました。走る前に見上げたスタン
ドには観客がいっぱいで『ああ、よかった』って思いました。スタートしたときは、
ひょっとしたらおいていかれちゃうかなと思ったんですが、なんとか3、4番手を
キープできました。自分としては、力いっぱいいくと言うよりあまりむりしないで
いったんです。チェッカーは受けたいと思ったから。でも表彰台に、2位にまでな
れてほんとうにうれしかった。これはアキラ(飯田章)とチームのおかげです。ア
キラと交代するとき(の気持ち)は…。一言では言えないですね。2輪のホンダ時
代、ニッサン、プライベート、またホンダで走れて…。自分で言うのもなんですが、
世界を見回してもこれだけ走ったのはいないだろうな、と。走り屋としてドライバー
として、職人になれた。そして、チームを持ってケイちゃん(土屋圭市)やアキラ
を走らせて…。現実を見つめると、歳を取ったなって。それで、降りるんです。で
も、野球の長嶋さんじゃないけど、チーム国光は永遠で、これからもモータースポー
ツをエンジョイして、楽しむモータースポーツには関わっていきたいです。もて耐
(もてぎ7時間耐久)とか出たいですね。(鈴鹿1000kmは?)そうですねぇ、また
出たいですねぇ。あとル・マンとか…(場内笑)」
*GTインサイドレポート特集に続く
                       GTアソシエイション事務局
                         GTインサイドレポート班
                        古屋 知幸 = QYB04322 =

全日本GT選手権

GTインサイドレポートAllStar/6

■ NICOS CUP GT ALL STAR RACE'99 in AUTOPOLIS
■ GT INSIDE REPORT                          FMOTOR4 EDITION
   GT INSIDE REPORT      インサイドレポート3       99/11/27
 -------------------------------------------------------------------------
NICOS CUP GTオールスター戦'99 オートポリス(11/27,28)
■予選終了後のコメント
#88 ノマドディアブロGT-1
和田久「エンジンがバラバラいっちゃって3500rpm以上回らなくなってしまった。燃
料系なのか電気系なのか、原因はこれから調べます。牛がミルクロードで放牧に出
てしまったのかも(笑)」
*19 ウェッズスポーツセリカ
織戸学「赤旗でリズムが狂った。1分52秒台は絶対に出る予定だった。じょうずに
タイヤを温めていたのに、フロント・リアのバランスが狂っちゃったんで、くやし
い。初のポールなんでよろこんでもいいんだけど、ちょっとくやしかった。ここは
昨日初めて走ったコース。それでポールが獲れたから、まあいいかなあ。満タンで
もクルマのバランスは問題ないんで、勝ちたい。シルビアはハンドルが重くてダメ
みたい。MR2がライバルかな…。ウチらは2人そろって速いから。オールスター戦と
いっても、メカニックも気合い入ってるし、いい結果になるんじゃないかな? コー
スはおもしろい。攻め甲斐、走り甲斐がある感じ。箱根のターンパイクの下りを全
開で走ってる雰囲気。ただ、レースだと抜くポイントが限られて苦しそう」
原貴彦「基準タイムクリアだけの予選でした。コースは好きですよ。グループAで
勝ってるし、JTCCでも走ってる。明日は勝ちたいですよね。タイトルには関係ない
けど」
*77 クスコスバルインプレッサ
小林且雄「明日は雪でしょう。スタッドレスタイヤ用意しないと(笑)。最終戦ぐ
らいまともにいきたいよね。ウチがリストリクターの救済措置をオールスターまで
やってもらってるということはあるけど、ほかが意外と来なかった。シルビアもい
つもほどはやってないのかなあ? アタックは、ニュータイヤでオレも1回やった
けど、GT500と一緒だったんでクリアがとれなかった。コースはテクニカルだけどハ
イスピードのコーナーもあっておもしろい」
谷川達也「気温が低くてタイヤがちゃんと働いてないせいもあるかもしれないけど、
クルマがすごくはねるんですよ。バランス自体はそんなに悪くないんだけど。選手
権はかかってないんで、楽しみながら、お客さんの顔を見ながらレースをしたいで
す。チーム、ドライバーみんなで楽しくラストを飾れればと思います。(このコー
スは)FJで走ったのは7年前で、今朝久しぶりに走ったら、全然コースが違うんで
あせりました。以前は、もうちょっと路面もよかったんですが、思い出しながら楽
しんで走れました」
*7 RE雨宮マツモトキヨシRX7
松本晴彦「計測1周のアタックをしてきました。クルマのバランスはだいぶいいん
で、決勝もいい結果を出せると思うんで、がんばります。スタートはたぶん自分な
んで、ミスしないように山野くんに渡したいです。最後はいいところにいたいです
ね。コースは、昨日一発目は先が見えなくてどこを走っていいかわかんなかったけ
ど、今は楽しく走っています。峠みたいでおもしろいですね」
山野哲也「くやしいなあ…。昨日はけっこう調子がよかった。最初からよかっただ
けに伸び悩んだかな。といっても、今季の予選最上位。シルビアをやっつけたし、
上位メンバーは変わらないなかでやってるからね。明日はいつものようにハルピー
(松本晴彦)がスタートでいくと思うけど、ロング(レース)なんで安定して速く
走っていいところ見せたい。立ち上がり加速で苦しいところのないRX-7のよさが生
かせるコースなんで、トップ集団を走れる。ラストは表彰台の真ん中に立ちたいね」
#16 Castrol無限NSX
道上龍「練習走行はレース用のセッティングでずっと走っていましたが、午後は予
選用にしてタイムが出ました。でも、トムに負けたのはくやしいですね。一体トム
はどこが速いのかなあ? あとでデータを見て研究してみます。昨日はGT300に当て
られたりしてあんまり走れなかったんですけど、今日は走りはじめからクルマがす
ごくはねていました。それをダンパーとスタビなどで調整して、午前中はタイヤを
いたわるセットにしてたんです。それで45~46秒台をコンスタントに出せていたの
で、レースではがんばります」
#6 ESSO Tiger Supra
野田英樹「セッション前半では2番手だったので、後半で4番手に落ちてしまった
のはくやしいですね。でも、NSXが速すぎる。スープラもストレートでは負けてい
ないけど、右に左にとクネクネ曲がってるコーナーではNSXのほうがよく曲がってい
ますね。ボクとしては、今日の予選ではウチのクルマのポテンシャルを120%出せた
と思います。目いっぱいでした。とりあえずNSXが速いのは昨日からわかっていたこ
とだけど、その一角に食い込めたのはよかったですね。明日はまた違うセットを試
して表彰台に乗れるようにがんばります」
#100 RAYBRIG NSX
飯田章「(予選は)今年、最悪の失敗。最初のアタックではスピンしちゃうし、最
後はアタックをやめていたヤツに引っかかってしまった。結果に残っちゃうからな
あ…」
高橋国光「アキラにとっては不満足だったかもしれませんが、チームとしてはまあ
まあじゃないでしょうか。(レースは)結果はわかりませんが、九州のファンのみ
なさんの前で精いっぱいやるしかないでしょう。天気がちょっと心配ですが、なん
とかいい状況になってほしいです。お客さんに『いいレースを見た』と思ってもら
えるレースになってほしいですね。ここはグループAでケイちゃん(土屋圭市)と
勝ったコースなんですよ。でも、(久しぶりに走って)あれ、こうなっていたのか
な、という感じですね。やはりいいサーキットだなと感じました」
#30 NICOS McLaren
岡田秀樹「やることはやっているので、とにかく明日雪が降らないことを祈ってま
す。レースは天気がわからないし、みんなデータがないし、それはわれわれも同じ
なんですが、予測がつかないけれど、ドライならステディにミスなくやることです。
それはいつも同じなんですけどね」
■ポールポジションインタビュー
#64 Mobil 1 NSX
トム・コロネル「昨日昼に初めてこのサーキットに来たんです。あまりコースを見
る時間がなかったんですが、アップ&ダウンもあるし、ハードなブレーキングポイ
ントもあるし、さまざまなコーナーがあって、非常にすばらしいサーキットだと思
いました。自分が今まで見たなかで、どこよりもすばらしいと思います。(10%のダ
ウンヒルは)登りならサーキットでも一般道でもありますけどね。明日、雪が降っ
たらスキーができますね(笑)。今日はとても寒いということがわかっていたので、
コースに出て最初の3周のあいだはタイヤを温めることに専念しました。その後の
2周でアタックをかけたんです。ですが、クルマがコーナーで止まりにくいんです。
明日も同様でしょうから、スタート直後はドライバーは注意しないといけませんね。
ボクらはどちらがスタートを担当するのかはまだ決まっていません。(ウェイトハ
ンディの有無は)ウェイトが積まれていればたしかにクルマが遅く感じますし、ブ
レーキを踏んでから止まるまで時間がかかります。でもブレーキがすぐかかるわけ
で、ブレーキングポイントを遅くできるということもある。軽いときは非常にクイッ
クでフォーミュラカーに近い感じになりますね。今回はシリーズではありませんし、
ドライバーたちも冗談を言い合ったりと楽しげですが、でもやはり意義のあるレー
スですし、去年のオールスターでも勝ったんですが、1年をしめくくるという意味
でいいレースにしたいなと思います」
光貞秀俊「一応オートポリスは2回目、(初めては)JTCCの一番初めのレースなん
ですけど、そのときはレース出るつもりで乗り込んだんですが、土曜日に帰ったと
いう…(笑)。初めてじゃあないんですけど、2回目でもないような(笑)。でも、
わりと好きなコースです。(タイムは)予定としてはこのへんかなと思ってました
から、チームの作戦どおりですね。タイヤのことですか? トムが言ったとおり。
完璧なコメントです(笑)。ウェイトに関しても、トムの言うとおり、完璧で
す(笑)。今回、NSXはみな調子いいですね。ですから、来てくれたお客さんたち
がやっぱりNSXがいいクルマだなと、よそさんには負けないなと思ってもらえるよ
うに、決勝はブッちぎりで勝ちたいです。…壊れなければ(笑)」
*19 ウェッズスポーツセリカ
織戸学「今回クルマがすごく調子がいい。最終戦を終わってウェイトを下ろせたこ
とで、軽くなったのがいいですね。このコースはスロットルワークを使うので、NA
でFFというのがクルマ的にあっていたかな。タイム的には52秒台に入れるつもりだっ
たんですが、赤旗でリズムが狂ってしまいました。ボクもこのコースは初めてです
し、セリカとしては最後になると思うので、このポールはよかったなと思います。
気温とタイヤのことですか? ボクらのはFFですから、リアタイヤが温まるまで時
間がかかって、それまでは怖いんです。それで、今日の予選のときも十分に温めて
アタックにいこうとしたら赤旗になっちゃって、タイヤが冷えてフロント・リアのバ
ランスが狂ってしまって、失敗したんです。(タイヤが)温まってしまえば気温が
低いのは気にならない。逆にエンジンパワーが上がりますから、乗ってて涼しくて
気持ちいいですよ(笑)。(ウェイトについては)ボクらのクルマはNAでトルクも
ないんで、シリーズ中は最大70kgまで積んだんですが、今回は最終戦の50kgから下
ろせたのでかなり違いますね。クルマが軽く感じるし、ステアリングにしても、ア
クセル、ブレーキにしても、すごくレスポンスがよくなってます。50kgというと女
の子1人分ですからね。あ、でもそう想像するといないのは寂しいですね(笑)。
(光貞秀俊「うちはこの前90kg積んだからお相撲さんだね」)お相撲さんはやだ
なぁ(笑)。だから、やっぱり軽いほうがぜんぜんいいですね。
 オールスターはやるほうも雰囲気いいんですが、でも走り出しちゃうとみんな本
気になっちゃうんですよね。見てもらいたいポイントとしては、GT300はGT500に抜
かれることになるんで、抜かせるポイントというのも見てほしい。ここはむずかし
いからヘタに抜かれるとタイムが大きく落ちてしまう。だから、GT500がどう抜く
か、GT300がどう抜かさせてあげるかというところ、そしてそのときのラップタイム
差なんかもおもしろいと思う。あと、ボクらとしてはFFでもここまでがんばれると
いうのを見てほしいですね。二人とも満タンでも速く安定したペースで走れている
んで、ぜひ勝てるように応援してほしいです」
原貴彦「オートポリスはJTCCとグループAで走っています。グループAのシビックで
は勝ってますのでゲンのいいサーキットというか、好きなほうですね。予選は織戸
選手ががんばってくれてポールを獲れて、決勝(想定)のラップタイムも2人とも
いい感じで走れているので、勝ちたいと思います。ウェイトに関してですか? 織
戸選手の言うとおり、完璧です(笑)。このレースは(シリーズ)ポイントには関
係ないんですが、だからこそなおさら勝ちたいです。それと、寒いのは逆にタイヤ
の消耗が少なくなることになって、思いっきり走ってもタイヤが最後まで保ちそう
なんで、最初から最後まで常に全力で走れると思いますので、そこも見てほしいで
すね」
*GTインサイドレポート4に続く
                       GTアソシエイション事務局
                         GTインサイドレポート班
                        古屋 知幸 = QYB04322 =

全日本GT選手権

GTインサイドレポートAllStar/5

■ NICOS CUP GT ALL STAR RACE'99 in AUTOPOLIS
■ GT INSIDE REPORT                          FMOTOR4 EDITION
   GT INSIDE REPORT      インサイドレポート2       99/11/27
 -------------------------------------------------------------------------
NICOS CUP GTオールスター戦'99 オートポリス(11/27,28)
■GTオールスター戦'99 全ドライバーに訊く(2)
「今年、GTCで一番印象に残っていることは?」
#36 カストロール・トムス・スープラ
関谷正徳「惜しかった1年ですね。ちゃんとまとめないといけないなと思ったし、
ミスしちゃいけないなと思った1年でした。スピンしたりABSが壊れたり、ドライ
バーとしてもクルマとしてもポイントを落としているのが大きいですね。コンビを
組んだ琢弥は、経験も豊富だし速いし、なにも心配することはありませんでした。
二人とも身長、足の長さ、体重も似たようなもんだし、乗り方も似ているし、非常
にやりやすかった。先輩を立ててくれて。シリーズ2位になれたのもそういう部分
だと思う。もちろん来年もできることなら琢弥とパートナーを組んでタイトルをね
らいたいね」
黒澤琢弥「前半の4戦で取りこぼしが多かったのが痛かったと思います。9位、10
位がそれぞれ1回あるんですが、あれが4位、5位なら…。それを言い出したらみ
んな同じですけどね。トムスは実家に戻ったような気持ちで、精神的にはラクだっ
たと思います。クルマが軽くていい状態のときにアタッカーを任せてもらって、ポー
ルを2回獲ることもできましたし優勝も2回できました。カムバックサーモン1年
目としては上デキじゃないでしょうか? できれば来年もこのまま関谷さんと組ん
で、取りこぼしのないようにしたいですね。そのために重要なのがオフのテスト。
いっぱい走り込んで悪いところを洗い出すのがたいせつですね。そうすればタイト
ルを獲れると思います」
#37 カストロール・トムス・スープラ
鈴木利男「勝てそうで勝てない。GTはむずかしいとあらためて思った1年でした。
シーズンを通して下ろせなかった50kgのウェイトがとても大きかったですね。もち
ろん勝てなかったのはそれだけが原因じゃないですよ。今のGTはレベルがすごく高
くなってる。だからワンミスがあればダメだし、クルマがちょっと決まらなくても
ダメ。いいときと悪いときの波がありました。1回も勝てなかったのはショック
だったな」
片山右京「自分が悪いんですが、今年はまだGTに出ることをどこかで割りきれてい
なくて、努力しきれていなかったと思います。でも最終戦のもてぎで、マシンの調
子が悪い状態のなか一生懸命走ったらすごくおもしろかった。少しずつクルマを作っ
たり、セッティングを煮詰めたり、マジメにやろうと思ったら、気持ちよかったで
すね。まだハコのクルマはヘタだし、もう一度雑草のようにがんばろうと思いまし
た。だからGTに勝つまでは趣味の山(登山)は断ちます。今は恥も外聞もなく一生
懸命練習して、"絶対勝ってやる"って気持ちですね」
#38 FK/マッシモセルモスープラ
竹内浩典「1回も勝てなかったという意味で最悪のシーズンでした。レースまでに
セッティングを煮詰められないこともあったし、自分たちのミスもあったし、ピッ
トでの失敗もありましたしね。立川とはいいコンビでコミュニケーションもとれて
いたと思います。GTは二人で乗るカテゴリーなので、セッティングの好みが違って
いないことが重要なんですけど、その部分でも立川とは好みが近くてよかったと思
います」
立川祐路「ハコのレース自体、本格的に参戦したのはスーパーツーリングに続いて
2年目なので、いろいろ勉強になりました。GTはハイレベルなカテゴリーで、タイ
ヤやマシンの開発もしなければならないし、そういう部分でも学んだことは多いと
思います。今のフォーミュラは決まったタイヤ、決まったパーツのなかでのセッ
ティングになりますからね。シーズン序盤はスープラが初めてということもあり、
竹内さんの作ったクルマに乗るだけでしたが、後半はセッティングもやらせてもら
えるようになったし、できることが増えました。多くのことを吸収した1年でした
ね。ただ、テストでよくてもその結果をレースに生かせなかったのは残念でした。
タイヤ選択などの判断をミスしたこともありましたし。でもそれも、同じことを何
回も繰り返さないようにということで、勉強になりました」
#39 デンソーサードスープラGT
土屋圭市「GTで1年間1度も入賞できなかったのは初めてだよ。だからレースをして
ないんだよね。これじゃあいいも悪いもないよ。とにかく争いに参加できなかった
のがくやしいよね。今回も与えられたものでベストをつくす。それだけ」
影山正彦「第2戦の富士でタケちゃん(#38 竹内浩典)とポール争いをしたことで
すかね。たしか100分の何秒って差だったでしょ(0.044秒差)。タケちゃんが先に
タイム出してて、ボクが後から追いかけたんだけど、100Rをすぎたところからタワー
の電光掲示を見たら2位のまんま。くやしかったなぁ。その後のシーズンは、ツキ
もなくて全体的に波に乗れなかったですね」
#55 ECLIPSEタイサンバイパー
田嶋栄一「結果うんぬんは別にして、自分としては最後まできっちりと走りきった
という意味で、(第5戦の)富士とTIですかね。(GT300の)ポルシェに替わってか
らのこの2戦は、自分のなかでは納得のいく走りができました」
本庄康幸「今回がGTCデビュー戦になります。94年にここ(オートポリス)のフォレ
スト・モータースポーツクラブの1期生としてFJを始めたのがレースキャリアのス
タート。95年にはオートポリスのFJチャンピオンになって、96年には鈴鹿F4にステッ
プアップしました。開幕戦では予選、決勝とも2位になっています。この年は5ZIGEN
からF3にもスポット参戦しています。97年は鈴鹿F4でシリーズ4位。98年は鈴鹿F4
シリーズをメインにシビックインターなどに参戦、F3の最終戦にもスポット参戦し
ています。そして今年はフォーミュラ・ドリームとスーパー耐久シリーズに参戦し
ました。S耐では開幕はインプレッサだったんですが、シリーズ終盤でkg/mmアルテッ
ツァに田嶋選手と一緒に乗りまして、今回もその縁でGTデビューできました。出身
は京都で、74年生まれの25歳です。とりあえずはトップクラスの人たちと一緒の
レースをすることが目標。今回はデビュー・サーキットであるオートポリスで、
きっちりと走りきりたいです」
#64 Mobil 1 NSX
トム・コロネル「最初のころは、予選は悪くなかったけど決勝は結果が残せず、ど
うもかみ合ってなかった。でも、ミツサダが来て2レース目(第6戦TI)で勝てた
ことはうれしかったね。『これなんだよ!』て思ったよ。しかもウエイトハンディ
を積んでいたんだから、これは意義があると思う」
光貞英俊「やっぱりTI(第6戦)で勝てたことはうれしかったですよ。ボクもまだ
GTで2レース目だったし、自分をアピールできたと思えましたしね。でもそれ以上
に、完璧なレース運びで勝てたことがうれしかった。そういう意味ではその次のも
てぎも誇れるレースです。成績としては予選10位だし決勝も5位だったけど、90kg
のウエイトを積んで、レース中は3、4番手で走れましたから。もちろん、これは
自分がっていうわけではなく、トムやチームのみんなの実力があってできたことで
すから、チームに恵まれたことに感謝してます」
#88 ノマドディアブロGT-1
和田久「1戦目。うまくいけば前にいけたのに、予選でタイヤ選択を失敗して、
もったいなかった」
古谷直広「去年はポイントが獲れたのに、(今年は)タイムは上がったんだけどGT
500のビリが多い。さらなる飛躍をしないとレースにならないですね」
#100 RAYBRIG NSX
高橋国光「第2戦の富士で勝ったのはうれしかったですよ。とても多くのお客さん
が入っていたなかで、いただきって感じで、これは感動できましたね。それなりに
エンジョイできた1年間でした。ただついガンガン行くってかたちになっちゃっ
て…。GTは1年間を通した作戦を立てて戦っていかないといけないと反省しました
ね。あと、TI(第6戦)では、エキサイティングな走りができなかったのも反省で
すね」
飯田章「よかったレースっていえば、やっぱ勝った富士(第2戦)でしょう。悪かっ
たって意味では第3戦のSUGOかな。予選はすごくうまくいった(予選2位)けど、
決勝は自分の判断ミスからちょっと早めに(ピットへ)入っちゃって、それで勝利
を逃したかたちになったから。シーズン全体でいえば、もうひと踏んばり足りなかっ
たかなぁ」
*7 RE雨宮マツモトキヨシRX7
松本晴彦「チームワーク、クルマとすごくいいレベルに来てますから、シリーズは
4位でしたが、最後に力を発揮できれば」
山野哲也「GT1年生としては直線が速いのでビックリした。加速が止まらないんだ
よ! N1レベルだと200km/hで頭打ちになるのに、永遠に加速し続けるクルマだね。
あとは、雨さんがいい人だった。もっと怖い人だと思ってた(笑)」
*15 ザナヴィARTAシルビア
土屋武士「思いっきりできたんで、このチームで一緒にやれてよかった。全戦一生
懸命やって、やり残したこともなくて、『こうすればよかった』ということもなく
て、こういう体制を作ってくれたニスモに感謝しています」
井出有治「ドライバーとして成長できたことを実感できるような1年でした。GTCで
もフォーミュラ・ドリームのほうでも、集中のしかたとか、いい方向にいってたん
でよかったです。GTCで印象に残っているのはやっぱり最終戦かな。結果はタイトル
を獲れませんでしたけれど、チーム全員が一生懸命になって、気持ちよくレースが
できましたから」
*19 ウェッズスポーツセリカ
織戸学「最終戦。順位うんぬんじゃなくて、チーム、メカ、ドライバー、監督とみ
んなが気持ちいいレースが最後にできた。それが一番」
原貴彦「第1戦で優勝できたこと。繰り上げでも勝ちは勝ちでしょう。GTでの初優
勝でしたから」
*25 モモコルセ・アペックスMR2
新田守男「いろんなかたちで接近戦になって、ファンの方からみてもドキドキした
レースができたと思う。ピット作業での接戦になったり、そこで入れ替わりがあっ
たり、ボクらにとってはきついシーズンだったけど、おもしろいレースになったん
じゃないかな」
高木真一「第2戦から助っ人としてわけもわからない状態で出て、その後も2位、
2位と順調にいったんですけど、ウェイトを積んできびしい状態になって、そのな
か最終戦はセカンドドライバーとしてチャンピオン争いのお手伝いができて、いい
レースができた。チャンピオンが獲れてよかった」
*26 STPアドバンタイサンGT3R
松田秀士「やっぱり新車でデビューウィンしたことかな。このときはウチの子ども
が見に来てたんですよ。初めて優勝をみせることができたんで、子どもにとっても
印象に残ったんじゃないかな」
ドミニク・シュワガー「富士で初めて勝ったことはもちろん印象に残っています
が、TIも勝てなかったけれどいいレースでした。GTC以外ではちょっと残念な1年で
した」
*72 オークラRX7
石川朗「クルマは満タンにするといつも調子がよかった。TI、富士、もてぎと、決
勝でトラブルなければ、上に上がってるんだけど…。しょうもないトラブルが出て
しまった」
平野功「トラブルが多かったこと。TIがけっこう普通にレースできたんで、おもし
ろかった」
*77 クスコスバルインプレッサ
小林且雄「SUGOで3番手を走っていて、再スタートでギアが割れたのがくやしかっ
たね」
谷川達也「MINEで2位を走ってて、シフトリンケージがグラグラになったこと」
*81 ダイシン シルビア
福山英朗「S15は速いクルマです。全戦ポールでしょう。こんなに速いクルマに乗
れてありがたい。いろいろ活躍できてよかったですね」
大八木信行「今年は新型マシンで序盤から速かった。クルマとしては成功したかな」
*GTインサイドレポート3に続く
                       GTアソシエイション事務局
                         GTインサイドレポート班
                        古屋 知幸 = QYB04322 =

全日本GT選手権

GTインサイドレポートAllStar/4

■ NICOS CUP GT ALL STAR RACE'99 in AUTOPOLIS
■ GT INSIDE REPORT                          FMOTOR4 EDITION
   GT INSIDE REPORT      インサイドレポート1       99/11/27
 -------------------------------------------------------------------------
NICOS CUP GTオールスター戦'99 オートポリス(11/27,28)
◎カーナンバー前の記号"#"はGT500、"*"はGT300です
■GTオールスター戦'99 全ドライバーに訊く(1)
「今年、GTCで一番印象に残っていることは?」
#1 ペンズオイル・ニスモGT-R
エリック・コマス「チャンピオンを獲れたことです。2年連続でチャンピオンに
なったのは初めてです。これまで、F3でもF3000でも、1回ずつしかチャンピオンに
なっていません。でも、ホントはモトヤマと二人でチャンピオンになりたかった。
GTは二人でするレースで、去年はマサミと二人でチャンピオンになれましたから。
MINEのレースでは、ホントにたいへんだったけど、優勝できてホントにうれしい。
雨の鈴鹿も、ウェイトハンディが軽かったので、楽しかった」
本山哲「MINEで優勝できたことです。クルマに致命的なトラブルがあったのに、全
員の力で勝つことができたから。ボクにとってはGT初優勝でしたしね。コマスが
チャンピオンを獲るためにチームに貢献できたし、いい1年でした」
#2 ARTAゼクセルスカイライン
鈴木亜久里「そんな急に訊かれてもね、すぐには出てこないよ」(といって、ス
ケートボードに熱中。「20年ぶりくらいだけど、けっこう体が覚えてるもんだね」)
ミハエル・クルム「TIのレースで2位になれたことです。今年初めて完璧なレース
ができました。勝ちたかったけど、予選が13番手だったからそれはムリでした。も
てぎもいいレースができましたが、やはり勝つことはできませんでした。だから今
回は勝ちたいけど、NSXは速すぎるね」
#3 ユニシアジェックススカイライン
長谷見昌弘「7戦全部、完璧に走りきったことかな。オレも田中もミスなく走れた
し、スタッフにもミスはなかったし、トラブルもなかった。それであの成績だから
ね(苦笑)。R33の限界だね」
田中哲也「MINEの4位ですかね。どのレースも自分の仕事はできたと思うんですけ
ど、やはり結果を出せたレースが一番印象に残りますから。今年は、メカも運転手
もなんもミスはなかったし、どのサーキットでも去年よりタイムは上がっているん
ですけどね…」
#6 ESSO Tiger Supra
野田英樹「トヨタとTRDがサポートしてくれていい体制を作ってくれたし、ESSOがい
いかたちでスポンサードしてくれたと思います。開幕前にアクシデントがあったん
ですが、それを乗り越えてチームとスタッフみんながよくがんばりました。今年一
番印象深かったのはSUGOのレース。あのときはみんな勝てると思っていたのに、最
後に燃えてしまった。その結果、泣き出してしまうメカもいて、みんなが一生懸命
やってくれているんだな、というのが伝わってきました。あのSUGO戦があったから
こそ次の富士での優勝のよろこびもひとしおでした。全体的にはトラブルが多く
て、予選がよくても結果につながらないことが多かったけれど、来年はチーム体制
もチームメイトも今年と同じということなので、タイトルをねらいたいです」
ワイン・ガードナー「印象という意味では、SUGO(第3戦)がいちばん思い出深い
ね。クルマもよかったし、レースももう勝ったと思っていたから。それで、いきな
りクルマから火を噴いたんだからね。でもベストなのは、やっぱり勝ったとき(第
5戦富士)だ」
#12 カルソニックスカイライン
星野一義「意欲的にタイトルをねらっていったシーズンだけど、獲れなかったのは
残念だった。正美とのコンビはぜんぜん問題なかったけど、鈴鹿の第1戦で結果を
残せなかったのが尾を引いたと思う。その点、同じGT-Rのなかでもコマスのところ
(#1)はうまくまとめたよね。ピット作業をはじめ、すべての点でトータルにニス
モが勝っていたんだと思うよ。そういう意味では、これからやることがいっぱいあ
ると思う。来年もタイトルを獲るつもりでがんばるよ」
影山正美「今年はカッコ悪い1年でした。タイムが出ないときでも自分でなんとか
しようという気持ちがあって、リズムを崩してしまったと思います。その原因は自
分のなかでは解析できているつもりなんですが、言葉にするのはむずかしいですね。
オレがもっとしなければいけないことがあったのにできていなくて、星野さんに迷
惑をかけてしまった部分もありました。でも、星野さんと初めて組んだことで勉強
になったことも多かったと思います。意欲、それからレースに対してのシミュレー
ションは、星野さんから学びました。星野さんは、セッティングにしても、レース
での自分でのパートでの走りにしても、すべてシミュレーションができている。そ
れが一番学んだことですね」
#16 Castrol無限NSX
中子修「今年のシリーズは1回も勝てなかったのが心残りですね。とくに最後のも
てぎではマシンが新車になったんですが、あれだけいいものをもらっていただけに
勝てなかったのが余計にショックです。それまでのマシンは長く使っていてセッ
ティングをしても敏感に反応してくれない部分もあったのですが、新車に変わって
セッティングも出たし、ちょっと触ってもすごく変化してくれました。それなのに
結果につなげることができなくて辛かったですね」
道上龍「ボクにとってはGTもフォーミュラ・ニッポンも去年に比べると苦労したき
びしい1年でした。でも、フォーミュラでもGTでも、マシンの開発をしたり勉強に
なったこともありました。どっちのレースも優勝がなくてくやしくはありましたが、
こういう1年もあると思います。来年のことはまだ決まっていませんが、(GTCで
は)たぶん無限で乗ると思います。来年はレギュレーションが変わってダウンフォー
スが抑えられる分マシンは遅くなると思いますが、12月から早速テストがあるので、
また一からやって、来年は勝ちたいと思います」
#18 TAKATA童夢NSX
脇阪寿一「チャンピオンが獲れなくて残念でしたね。リタイアが多かったのがくや
まれます。もっと速く走ろうと思ってプッシュした結果が中盤戦のリタイアにつな
がりました。でも、ミノルさん(林ミノル童夢社長)から『クルマなりに走ればい
い』と言われてふっきれたので、後半戦は安定したと思います。去年は表彰台に乗っ
ていませんが、今年は何回も乗れたし、役割は果たせたと思います」
金石勝智「1回勝ててよかったなというシーズンでした。チャンピオンになれなかっ
たのでくやしいシーズンでもありましたよ。ドライバーズタイトルもチームタイト
ルも持っていかれましたからね。でも、いつもいい闘いはできていたと思います。
寿一とのコンビは、オレが大人だからうまくいったと思っています(笑)。バラン
ス的に他チームよりよかったのかなとは思います。セッティングの好みも似ていま
したしね。来年、同じコンビでGTをやるなら、もちろんタイトルを獲りたいです」
#30 NICOS McLaren
岡田秀樹「GTCのシーズンとしては、成績が残らなかったからね。たしかにクルマ
的にはちょっと辛かったけど、もう少しがんばりたかった。個人的、チーム的には
鈴鹿1000kmがよかったね。ボクもチームもミスなくうまくいったし、2位になれた
から」
山田洋二「辛かったっていえば最後のもてぎかな。けっこう暑かったでしょ。レー
ス中にクールスーツが壊れちゃって、蒸し風呂状態になっちゃったんだ。ラスト7
周くらいはもう酸欠っていうか、意識もうろうとなってきて。なんとか完走できた
けど、クルマから降りたときは一人で歩けなかったから。シーズン全般としては、
やはり国産勢と差がありすぎたね。ライバルがディアブロしかいない(笑)。もう
少しこのクルマで戦えるよう考えてほしいね」
#32 cdmaOneセルモスープラ
木下隆之「旧型のナンバー1を目指して(笑)、苦しい思いもしてきたが、このオー
ルスター戦からは99年型になったので、田中(哲也)選手(#3 ユニシアジェックス
スカイライン)さようなら(笑)。今年のシーズンはすべて初めてづくしで、自分
のチームとしてやったのも初めてでしたが、そのわりにはまとまっていたと思いま
す。初年度チームとしては上デキだと思うし、スポンサーにも恩返しできたんじゃ
ないでしょうか? 来年もこのままスポンサーさんが継続してくれる可能性は大だ
と思っているので、そうなればニューシャシーで上位争いをしたいですね」
近藤真彦「勉強になった1年だと思います。短い時間で木下選手のセッティングを
把握して、そのマシンに慣れなきゃいけなかったので。とくにシリーズ前半はスター
トドライバーを務めたのでたいへんでした。初めてのパートナーだし、二人ともスー
プラが初めてということで、お互いの好みの違いもわからなかったけど、後半はお
互いのセッティングを近づけてクルマを作ってくれたのでラクになりました。でも、
クルマが98年型なので、後半になるとトラブルが出始めてしまいました。来年のこ
とはまだ決まっていませんが、このままの体制でニューマシンになるのがベストだ
と思います」
*GTインサイドレポート2に続く
                       GTアソシエイション事務局
                         GTインサイドレポート班
                        古屋 知幸 = QYB04322 =

Formula Nippon

FN:12/8-9特別走行会(鈴鹿)

     '99フォーミュラ・ニッポン特別走行会 鈴鹿で開催
 11月14日の最終戦で今シーズンの幕を閉じたフォーミュラ・ニッポンだが、
早くも来シーズンに向けてのテストが行われる。
 今回の走行会は、来季ドライバーのオーディションが主目的で、新たな顔ぶ
れとして今季F3を戦った金石年弘、松田次生、そして、マレーシアからFニッ
ポン参戦を目指すアレックス・ユーンなどが走る。
日  時:12月8日(水)  9:30~11:30/13:30~15:30
12月9日(木)  9:30~11:30/13:30~15:30
 当日は遊園地入場料(大人1600円、小中学生800円)で見ることができます。
****1999年フォーミュラ・ニッポン特別走行会参加予定リスト****
チーム                  ドライバー        車両
------------------------------------------------------------------------
UNLIMITED Le Mans        1 本山 哲(12/8) レイナード99L/無限MF308(東名)
1 A.ユーン(12/9) レイナード99L/無限MF308(東名)
------------------------------------------------------------------------
5ZIGEN                   5 未定           レイナード99L/無限MF308(尾川)
6 未定           レイナード99L/無限MF308(尾川)
------------------------------------------------------------------------
SHIONOGI TEAM NOVA       9 R.ファーマン   GフォースGF03/無限MF308(尾川)
10 加藤寛規       GフォースGF03/無限MF308(尾川)
------------------------------------------------------------------------
COSMO OIL CERUMO        11 近藤真彦       レイナード99L/無限MF308(尾川)
------------------------------------------------------------------------
ARTA                    56 金石年弘       レイナード99L/無限MF308(松浦)
------------------------------------------------------------------------
LEYJUN                  62 OSAMU     レイナード99L/無限MF308(シエラ)
63 未定           ローラB99-51 /無限MF308(シエラ)
------------------------------------------------------------------------
PIAA NAKAJIMA           65 A.ユーン(12/8) レイナード99L/無限MF308(尾川)
65 松田次生(12/9) レイナード99L/無限MF308(尾川)
------------------------------------------------------------------------
DoCoMo DANDELION        68 R. デルフラー  ローラB99-51 /無限MF308(東名)
68 脇坂薫一       ローラB99-51 /無限MF308(東名)
------------------------------------------------------------------------
(最終的なエントリーは12月3日に確定)
情報提供:株式会社日本レースプロモーション(JRP)
** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(sdi00685@nifty.com) **

全日本GT選手権

GTインサイドレポートAllStar/3

■ NICOS CUP GT ALL STAR RACE'99 in AUTOPOLIS
■ GT INSIDE REPORT                          FMOTOR4 EDITION
Race Report                      決勝日レポート               99/11/28
 -------------------------------------------------------------------------
NICOS CUP GTオールスター戦'99 オートポリス(11/27,28)
Mobil 1 NSXが完璧なレース運びでGTオールスター戦連覇!!
RAYBRIG NSX2位で、国さんのラストランを飾る
 今シーズンを締めくくるビッグイベント、NICOS CUP GTオールスター戦'99 in 
AUTOPOLISの決勝レースが11月28日、大分県・上津江オートポリスで開催された。
 昨晩から早朝までは小雪がちらつくあいにくの天候だったが、決勝レースが始ま
る昼過ぎには時折雨が降るもののおおむね曇りという状況となった。
 とは言え、やはり気温は5度程度。路面温度も6度。しかもレース前に一端、雨
は止んだもののコースはウエットのまま。初開催のサーキットだけに天候の変化の
予測が出来ず、各チームタイヤ選択に頭を悩ませた。
 そして、定刻の13時30分にフォーメーションラップがスタート。気温の低さを考
慮してフォーメーションは2周行われた。そして、スタートではポールポジション
のNo.64 Mobil 1 NSX(光貞秀俊)が好スタート。これに予選2位のNo.16 Castrol
無限NSX(道上龍)がピタリと付ける。この2台は浅溝のレインタイヤ。ところが、
予選3位のNo.18 TAKATA童夢NSX(金石勝智)はカットスリックを選択したのだが、
これが裏目に出て2周目にスピンし大きく出遅れる。また、予選4位のNo.6 ESSO 
Tiger Supra(ワイン・ガードナー)、No.12 カルソニックスカイライン(星野一
義)はスリックタイヤを使うというギャンブルに出たが、思うように路面は好転せ
ずに、一気に最後尾まで順位を下げてしまった。しかもNo.6 ESSOは10周目にスピン
アウトし、コースに復帰するもののレースからは脱落した。
 トップNo.64、No.16は僅差で、ともに1分55秒から54秒のハイペースで後続に差
を付けていく。予選で中段に付けたNo.38 FK/マッシモセルモスープラ(竹内浩
典)、No.36 カストロール・トムス・スープラ(黒澤琢弥)らスープラ勢は低い路
面温度にタイヤがマッチせず、順位をさげ、代わって3番手を争うのはNo.100 
RAYBRIG NSX(高橋国光)とNo.1 ペンズオイル・ニスモGT-R(エリック・コマ
ス)。そして、予選12位のNo.2 ARTAゼクセルスカイライン(ミハエル・クルム)、
No.3 ユニシアジェックススカイライン(長谷見昌弘)が一気にジャンプアップして
この後ろに付けた。
 レース序盤は雨が降ったり止んだりと、微妙な状況。雨がおさまった序盤はイン
ターミディエイト・タイヤのNo.1 ペンズオイルが、No.100 RAYBRIGを抜き、トップ
2台のNSXに1秒差程度までグッと迫るが、また雨が強く降り出すと、引き離されて
しまう。このような天候に悩んだ、No.1 ペンズオイルは思い切って20周で早くも
ピットイン。ドライバーは本山哲に、タイヤもレインに代えた。24周目には3番手
走行のNo.100 RAYBRIG NSXもピットイン。今季で引退する高橋は、ステアリングを
飯田章に譲り、最後の走りを終えた。
 一方、トップを行くNo.64 Mobilと2番手No.16 Castrolはピットインを先に延ば
す作戦に出た。No.64は31周目にピットイン。ドライバーはトム・コロネルに代わ
る。追い上げるNo.16 castrolは規定ギリギリの34周目にピットイン。タイヤを換
えずにピット作業時間短縮を狙った。だが、ドライバーが中子修に代わる時に、シー
トベルトのバックルが不調になり時間を使ってしまい、せっかくの作戦がムダにな
る。コースに戻ったときにはすでに、トップNo.64 Mobilは6秒以上前を行ってし
まった。とは言え、後半の追い上げに期待を掛けたが、なんとこの頃から雨が完全
に上がって日差しも出てくるなど、無交換のタイヤには一気に不利となり、追うど
ころかペースはどんどん落ちてしまう。
 ペースが2分1秒程度と上がらないNo.16 Castrolに対して、No.100 RAYBRIGと
No.1 ペンズオイル、No.2 ARTAゼクセルスカイラインは1分56~57秒と急激に差が
詰まる。中でもNo.100 RAYBRIG NSXは55秒台を連発し、43周目にはNo.16をかわし
て、トップのNo.64に迫っていく。とは言え、この時点でNo.100に20秒以上の差を
付けていたNo.64だったため、簡単に逃げ切るかと思えた。だが、No.64はシフトに
トラブルを抱え、思うようにペースは上がらない、なんとかNo.100との間を考えな
がらコロネルが残りを走りきろうと頭脳戦に出る。そして、ラストラップには3.5秒
差まで迫られたが、なんとか逃げ切って、No.64 Mobil 1 NSXそしてコロネルにとっ
ては2年連続のGTオールスター戦勝利となった。3位には終盤No.16とNo.1をかわ
したNo.2 ARTAゼクセルスカイラインが入った。
クスコスバルインプレッサがオールスター初勝利!
STPアドバンタイサンGT3Rはペナルティとトラブルに沈む
 GT300クラスでは、クラスポールのNo.19 ウエッズスポーツセリカが、スリック
タイヤを選択するというギャンブルに出たが、見事に裏目に出て、最後尾に落ち
る。代わってトップに出てきたのは予選2番手のNo.77 クスコスバルインプレッサ
だった。しかし、土曜日午前の練習走行でクラッシュし、予選に出走出来なかった
ために最後尾スタートとなったNo.26 STPアドバンタイサンGT3Rが驚異的なスピー
ドで追い上げ、2番手No.7 RE雨宮マツモトキヨシRX7、そしてトップのNo.77 クス
コスバルインプレッサを相次いでかわしてトップに立つ。このまま逃げ切ると思わ
れたNo.26だったが、なんとピットでの制限速度違反でペナルティを受け、さらに
エンジントラブルでコース上にストップし、勝利を逃してしまった。これでNo.77 
クスコスバルインプレッサは一気に楽になり、そのまま逃げ切ってGTオールスター
戦初勝利を挙げた。2位には序盤にスピンして、一度は順位を大きく下げながらも
追い上げたNo.7 RE雨宮マツモトキヨシRX7が入り、3位にはねばり強く走りきった
No.15 ザナヴィARTAシルビアが入った。
GT500優勝
No.64 Mobil 1 NSX
光貞秀俊「スタート前のタイヤの選択はとてもむずかしかった。トムとじっくり
考えて決めたのがうまくいったということですね。スタートもうまくいって、序盤
は道上(#16)とペースを作れました。いいレースの流れができたことが勝利につ
ながったと思います。選んだタイヤはレインだったんですが、途中でブロー気味に
なってアンダーが出たんですが、ちょうどそのころに霧雨が降り出して、ストレー
トでも水のあるところを走るなど、タイヤをいたわって走りました」
トム・コロネル「今日のような展開では、レースをコントロールすることがだいじ
で、それがうまくいきました。ボクとしては、コースに出て最初の2、3周を速く
走れたことがよかったですね。ウェットタイヤだったので、途中からコースが乾き
出したのは苦労しました。それと終盤にクラッチがおかしくなってシフトダウンが
スムーズにできなくなって、スロットルを使ってごまかしました。飯田選手が追い
上げてきたのは中嶋さんから無線で聞いていまして、その差をつねに伝えてもらい
ました」
GT500優勝
No.77 クスコスバルインプレッサ
小林且雄「最後はドライになってきて、タイヤを保たせるのを気にした走りになっ
て、走りはつまらなかったけど、結果はオーライだったね」
谷川達也「午前中も雨だったんですが、ぜんぜんダメでした。本気で走ってもタイ
ムでちぎられていました。でも決勝に向けてセットを変えたら楽しく走れるように
なった。これだけコロッと変えてくれたんで、チームのおかげです。金曜にエンジ
ンが壊れて載せ換えてるんで、壊れないことを祈って、最後までヒヤヒヤしてみて
いました。シリーズでいいことなかったんで、(今回の優勝は)来年にもつながる
結果になったと思います」
以上
                       GTアソシエイション事務局
                        GTインサイドレポート班
                        古屋 知幸 = QYB04322 =

全日本GT選手権

JGTC:GTオールスター戦'99 レース結果

NICOS CUP GTオールスター戦'99 -RIJ- (1999-11-28) Provisional Race-Results
For NICOS CUP GT-Allstar '99 オートポリス(JPN) : 4.674km
P No.Cl Car---------------------- Driver(s)------ Lap GoalTime--- -km/h--
1  64 5 Mobil1 NSX                コロネル/光貞    54 1:46'04.232 142.771
2 100 5 RAYBRIG NSX               国光/飯田        54 1:46'07.756 142.692
3   2 5 ARTAゼクセルスカイライン  亜久里/クルム    54 1:46'42.610 141.915
4   1 5 ペンズオイル・ニスモGT-R  コマス/本山      54 1:46'52.637 141.693
5  16 5 Castrol無限NSX            中子/道上        54 1:47'41.328 140.625
6  36 5 カストロールTOM'Sスープラ 関谷/黒澤        54 1:48'00.059 140.219
7  38 5 FK/マッシモセルモスープラ 竹内/立川        54 1:48'00.449 140.210
8  32 5 cdma Oneセルモスープラ    木下/近藤        53    -  1Lap         
9   3 5 ユニシアJECSスカイライン  長谷見/田中      53    -  1Lap         
10  55 3 ECLIPS タイサンバイパー  田嶋/本庄        52    -  2Laps        
11  12 5 カルソニックスカイライン  星野/影山正美    52    -  2Laps        
12  88 5 ノマドディアブロGT1       和田久/古谷      52    -  2Laps        
13  39 5 デンソーサードスープラGT  土屋圭市/正彦    51    -  3Laps        
14  30 5 NICOS McLaren GTR         山田/岡田        51    -  3Laps        
15  77 3 クスコスバルインプレッサ  小林/谷川        50    -  4Laps        
16   7 3 RE雨宮マツモトキヨシRX7   松本/山野        50    -  4Laps        
17  15 3 ザナヴィARTAシルビア      土屋武士/井出    49    -  5Laps        
18  81 3 ダイシンシルビア          福山/大八木      49    -  5Laps        
19  19 3 ウェッズスポーツセリカ    織戸/原          49    -  5Laps        
20  25 3 モモコルセ・アペックスMR2 新田/高木        49    -  5Laps        
21   6 5 ESSO Tiger Supra          野田/ガードナー  49    -  5Laps        
22  26 3 STPアドバンタイサンGT3R   松田/シュワガー  39    - 15Laps       
---------------------------------- DNC -----------------------------------
37 5 カストロールTOM'Sスープラ 鈴木利男/右京    24    - 30Laps       
18 5 TAKATA童夢NSX             脇阪/金石        23    - 31Laps       
72 3 オークラRX7               石川/平野        14    - 40Laps       
**************************************************************************
* Fastest Lap : 1'54.037 (147.552 km/h) #16 道上 龍  On 28/54 Lap
         提供:竹下 恵一郎(JCG00146)/オートポリス
         * FMOTOR4_SysOp 新倉芳夫 (SDI00686)-RIJ *

全日本GT選手権

GTインサイドレポートAllStar/2

■ NICOS CUP GT ALL STAR RACE'99 in AUTOPOLIS
■ GT INSIDE REPORT                          FMOTOR4 EDITION
   Qualify REPORT         予 選             99/11/27
 -------------------------------------------------------------------------
NICOS CUP GTオールスター戦'99 オートポリス(11/27,28)
初開催のコースでNo.64 Mobil 1 NSXが魅せた!
GT300はNo.19 ウェッズスポーツセリカが最後を締める
 1999年を締めくくる国内モータースポーツ最後のイベント、NICOS CUP GTオールス
ター戦'99の公式予選が、11月27日に大分県・上津江オートポリスで行われた。GT500
クラスではNo.64 Mobil 1 NSXのトム・コロネルが1分43秒235でGTオールスター戦2
年連続のポールポジションを獲得。GT300クラスはNo.19 ウェッズスポーツセリカが
僅差の戦いを制してクラスポールを手にした。
■NSX勢同士のポール争いはMobilに軍配
 シリーズ戦では午前と午後に1回ずつ計2回の予選が行われるが、今回のGTオール
スター戦では、午後に1時間の予選1回でスターティンググリッドが決定されること
になった。
 この日は朝からどんよりとした曇り空で気温も4~7度と非常に冷え込んだ。午前
中2時間に渡って行われた練習走行では、No.18 TAKATA童夢NSXが1分44秒258でトッ
プタイム。これにNo.64 Mobil 1 NSX、No.100 RAYBRIG NSXと上位をNSXが独占。これ
にNo.6 ESSO Tiger Supraが4番手、6番手にNo.1 ペンズオイル・ニスモGT-Rと続い
た。
 そして、いよいよ迎えた予選。午後2時15分からスタート。この予選時間は20分ず
つ3つのセッションに分けられ、最初がGT500、GT300両クラス混走、次がGT300クラ
ス占有、最後がGT500占有となる。これは通常のシリーズ戦と逆のパターンになって
いる。
 予選最初の混走セッション。路面温度が6度程度と非常に低かったために、開始序
盤はみなタイヤを温めるために慎重な走行となる。そうして7分過ぎにまずは、No.6 
ESSO Tiger Supraが最初に1分44秒台に入れトップに立つ。だが、それもつかの間
No.18 TAKATA童夢NSXが44秒401でトップを奪う。しかし、次のラップではNo.6 ESSO
がさらに44秒268とタイムを詰めて再度トップに。No.100 RAYBRIG NSXも44秒342で2
番手に。15分過ぎになるとこの2台を上回る43秒963でNo.16 Castrol無限NSXがリー
ダーへと駆け上る。この混走セッション終了2分前にNo.38 FK/マッシモセルモスー
プラが44秒403、No.1 ペンズオイル・ニスモGT-Rが45秒265を記録し4、5番手とな
る。このままこの混走セッションは終了し、トップはNo.16 Castrol無限、続いて
No.6 ESSO Tiger、No.100 RAYBRIG、No.38 FK/マッシモセルモ、No.1 ペンズオイル
と強豪が接戦を繰り広げた。
 そして、最後のGT500占有タイムに入る。ここでも序盤はタイヤを温めるために静
かな滑り出しとなる。そして10分経過時点で、No.64 Mobil 1 NSXのトム・コロネル
が1分43秒789を叩き出してトップに立つ。トムはさらに43秒235までタイムを刻んで
くる。これに対してNo.18 TAKATA童夢NSXの脇阪寿一も43秒216、No.16 Castrol無限
NSXの道上龍も43秒573まで迫るが、No.64 Mobilには届かず、このまま予選時間が終
了した。これでNo.64 Mobil 1 NSXとコロネルはGTオールスター戦2年連続のポール
ポジション獲得となり、この勢いでオールスター連覇を目指す。予選2位はNo.16 
Castrol無限NSX、3位はNo.18 TAKATA童夢NSXと上位3位をNSXが独占。4番手には
No.6 ESSO Tiger Supraが、スカイライン最上位は99ドライバーズ・チャンピオンの
エリック・コマスの率いるNo.1 ペンズオイル・ニスモGT-Rの9位となった。
■GT300はコンマ265秒差に上位3台の大接戦
 GT300クラスでは、今季クラスチャンピオンとなったNo.25 モモコルセ・アペック
スMR2(新田守男)が混走セッションを終始リード。1分53秒626までタイムをアップ
する。これにNo.77 クスコスバルインプレッサ、No.15 ザナヴィARTAシルビアが続く。
そしてGT300占有セッションに入ろうとしたとき、コース施設にトラブルが発生し、
約20分間の中断があった。そして、再開後に一気にアタックに入ったのがNo.19 ウェ
ッズスポーツセリカの織戸学だった。10分経過時点で1分53秒358を出してNo.25 モ
モコルセ・アペックスからトップを奪う。そしてNo.77 クスコスバルも53秒546まで
タイムアップし2番手に飛び込む。そして混走セッションをほとんど走らずに満を持
してこの占有セッションに賭けたNo.7 RE雨宮マツモトキヨシRX7の山野哲也が53秒
623まで迫るが上位2台にわずかに届かず3番手。このままこのセッションは終了し、
No.19 ウェッズスポーツセリカがクラスポールを獲得した。上位3台の差はわずかに
コンマ265秒。明日の決勝でGT300クラスはシリーズ戦同様に接近した戦いを繰り広げ
そうだ。
GT500 POLE POSITION
No.64 Mobil 1 NSX
トム・コロネル(1'43.235)
「このサーキットは自分が走ったなかで一番いいコースだと思います。アップダウン
もあって高速低速といろいろなコーナーもありますからね。今日は気温が低かったの
でコースに出て3周のあいだはタイヤを温めることを心がけました。明日も同様でし
ょうから、スタート直後はみんな大変でしょう。ボクらはどちらがスタートを担当す
るのかまだ決まっていません。決勝レースはオールスターらしく楽しいレースにした
いです。でも、今年を締めくくるレースですから、やっぱり勝ちたいですね」
光貞秀俊「このオートポリスは2回目なんですけど、前は金曜日だけで帰っちゃいま
したから、初めてみたいなもんですよ。でも、わりと好きなコースです。タイムは43
秒台になると思ってましたから予定通りです。NSXはみな調子いいですね。ファンの
みなさんに『やっぱりNSXはいいクルマだな』と思ってもらえるように、決勝はブッ
ちぎりで勝ちたいです」
GT300 POLE POSITION
No.19 ウェッズスポーツセリカ
織戸学(1'53.358)
「1分52秒台は絶対に出る予定でしたが、セッション早々の赤旗で、温めていたタイ
ヤを冷やしてしまい、フロント・リアのバランスが狂ってしまい、僕にとっては初の
ポールなんでよろこんでもいいんだけど、ちょっとくやしかった。ここは昨日初めて
走ったコースだし、まあいいかな。満タンでもクルマのバランスは問題ないんで、勝
ちたいですね。僕らは2人そろって速いし、オールスター戦といっても、メカニック
も気合い入ってるし、いい結果になるんじゃないかな?」
原貴彦「僕は基準タイムクリアだけの予選でした。このコースはグループAのシビッ
クで勝っているし、JTCCでも走っています。だから好きなコースです。気温が低いか
らタイヤの心配もなさそうだし、最後まで思いっきり行きますよ。そして、勝ちたい
ですよね」
以上
                       GTアソシエイション事務局
                        GTインサイドレポート班
                        古屋 知幸 = QYB04322 =

全日本GT選手権

JGTC:GTオールスター戦'99 予選結果

NICOS CUP GTオールスター戦'99 -RIJ- (1999-11-27) Qualifying-Session
For NICOS CUP GT-Allstar '99 オートポリス(JPN) : 4.674km
P No. Cl. Car-------------------- Driver(s)------ Best-LapT -Behind -km/h--
1  64 5 Mobil1 NSX                コロネル/光貞    1'43.235         162.991
2  16 5 Castrol無限NSX            中子/道上        1'43.573   0.338 162.459
3  18 5 TAKATA童夢NSX             脇阪/金石        1'43.592   0.357 162.430
4   6 5 ESSO Tiger Supra          野田/ガードナー  1'44.268   1.033 161.376
5 100 5 RAYBRIG NSX               高橋国光/飯田    1'44.343   1.108 161.260
6  38 5 FK/マッシモセルモスープラ 竹内/立川        1'44.403   1.168 161.168
7  36 5 カストロールTOM'Sスープラ 関谷/黒澤        1'44.561   1.326 160.924
8  32 5 cdma Oneセルモスープラ    木下/近藤        1'44.755   1.520 160.626
9   1 5 ペンズオイル・ニスモGT-R  コマス/本山      1'45.035   1.800 160.198
10  30 5 NICOS McLaren GTR         山田/岡田        1'45.296   2.061 159.801
11  39 5 デンソーサードスープラGT  土屋圭市/正彦    1'45.561   2.326 159.400
12   2 5 ARTAゼクセルスカイライン  亜久里/クルム    1'45.693   2.458 159.201
13   3 5 ユニシアJECSスカイライン  長谷見/田中      1'45.731   2.496 159.143
14  12 5 カルソニックスカイライン  星野/影山正美    1'45.963   2.728 158.795
15  37 5 カストロールTOM'Sスープラ 鈴木利男/右京    1'46.735   3.500 157.647
16  55 3 ECLIPS タイサンバイパー  田嶋/本庄        1'49.209   5.974 154.075
17  19 3 ウェッズスポーツセリカ    織戸/原          1'53.358  10.123 148.436
18  77 3 クスコスバルインプレッサ  小林/谷川        1'53.547  10.312 148.189
19   7 3 RE雨宮マツモトキヨシRX7   松本/山野        1'53.623  10.388 148.090
20  25 3 モモコルセ・アペックスMR2 新田/高木        1'53.625  10.390 148.087
21  15 3 ザナヴィARTAシルビア      土屋武士/井出    1'54.075  10.840 147.503
22  81 3 ダイシンシルビア          福山/大八木      1'54.102  10.867 147.468
23  72 3 オークラRX7               石川/平野        1'57.662  14.427 143.006
------------------------------- DNQ ----------------------------------------
88 5 ノマドディアブロGT1       和田久/古谷      1'55.553  12.318 145.616
26 3 STPアドバンタイサンGT3R   松田/シュワガー  -------- 
****************************************************************************
         提供:竹下 恵一郎(JCG00146)/オートポリス
         * FMOTOR4_SysOp 新倉芳夫 (SDI00686)-RIJ *

全日本GT選手権

GTインサイドレポートAllStar/1

■ NICOS CUP GT ALL STAR RACE'99 in AUTOPOLIS
■ GT INSIDE REPORT                          FMOTOR4 EDITION
 PREVIEW REPORT         プレビュー           99/11/20
 -------------------------------------------------------------------------
NICOS CUP GTオールスター戦'99 オートポリス(11/27,28)
今年最後のビッグイベントだ!!
GTオールスターズが九州初上陸!舞台はオートポリス
未知のコースでどんなドラマが待っているのか…
 熱戦の続いた1999年のAUTOBACS CUP 全日本GT選手権もGT500のエリック・コマス
(No.1 ペンズオイル・ニスモGT-R)、GT300の新田守男(No.25 モモコルセ・ア
ペックスMR2)がチャンピオンを獲得して終了した。国内のビッグレースもほとん
どが終了したが、GTファンのお楽しみはまだまだある。
 そう、今年もNICOS CUP GTオールスター戦が開催されるのだ。今年はついにGT
オールスターズが九州の地に上陸する。時は11月27、28日。場所は大分県上津江村
のオートポリス・サーキットだ。F1開催も可能な施設を持ちながら、諸般の都合か
ら95年以来ビッグレースから遠ざかっていたオートポリスだったが、今回のGTオー
ルスター戦で久々にビッグマシンの爆音が帰ってくることになる。
■実力と人気で選ばれた25チームが真剣勝負
 今年、GTオールスター戦に参加できるのは、まずは実力&実績組として、GTCシ
リーズ戦の各クラスの勝利経験チームとスペシャル・ステージのPokka鈴鹿1000km
レースでのGT500/GT300クラスの勝利者が選ばれる。そして、ファン投票で支持を
集めた上位チームを合わせて全25チーム50人のドライバーたちが選抜された。今
季、ドライバーズタイトルを獲ったコマス、新田をはじめ、惜しくも涙を呑んだ関
谷正徳/黒澤琢弥組(No.36 カストロール・トムス・スープラ)、土屋武士/井出
有治(No.25 ザナヴィARTAシルビア)など有力チームがシリーズ戦での屈辱を晴ら
すべく、全力で来るだろう。
 また、GTオールスター戦では、シリーズ戦で義務づけられているウエイトハン
ディ制は採用されない。このため、各マシンのパワーが掛け値なしで発揮されるだ
ろう。ハンデによって苦戦を強いられたNo.18 TAKATA童夢NSX(脇阪寿一/金石勝
智組)などNSX勢にとっては、その実力を見せつけるチャンスかもしれない。
 とは言え、このオートポリスはかなり長いメインストレート(904m)と低速のヘア
ピン2カ所にいくつかの高中速コーナーが巧みに組み合わされ、適度なアップダウ
ンもあるなかなかの難コースだ。こういった、総合力が問われるコースはスープラ
の得意とするところだ。また、ここでは最近ビッグマシンでのレースが行われてい
ないし、もちろんGTマシンで走るのは初めてだけにGTドライバーズたちにとっては
未知のコースといえる。27日午前の公式練習後、午後に1回だけの予選というスケ
ジュールだけに、マシンのセッティングに手間取ると下位に埋もれてしまう可能性
だってある。この辺を考えるとスピードではやや不利なスカイラインGT-Rでも、操
縦性の良さを考えると、決して侮れない存在になるだろう。
 GT300クラスでは、ウエイトがないだけにシリーズ戦で絶対的な速さを見せたシル
ビア勢が有利に感じられる。特にシリーズ戦で勝ちを逃しているNo.81 ダイシンシ
ルビアは一発を狙ってきそうだ。さらにシリーズ後半に速さを発揮したNo.26 STPア
ドバンタイサンGT3R(松田秀士/D.シュワガー組)、No.7 RE雨宮マツモトキヨシ
RX7(松本晴彦/山野哲也組)なども注目だ。
 シリーズ戦において、皆が勝手知ったるサーキットですら勝者の予想がつかない
GTCだ。まったく未知のコースといえるオートポリスでは、勝者どころか、どのマシ
ンが有利かも正直予測もつかない。ただ言えるのは、今年のモータースポーツ・
シーズン最後のビッグレースだけに各チーム、ドライバー思いっきり攻めてくるは
ずだから、とんでもなく迫力ある、激しいレースになることだけは請け合おう。
■国さん、ついに本当のラストランに
 そして、もう一つ忘れてはならないことがある。それは日本、いや世界のレーシ
ング・シーンで41年間に渡り活躍してきた、日本の誇るレーサー、高橋国光がこの
GTオールスター戦をもって、ビッグレースから引退するということだ。引退レース
であるのだが、国さんと飯田章のNo.100 RAYBRIG NSXは、きっと勝利を狙って激走
を見せてくれるはず。我らが愛すべき"国さん"のラストランをその目に焼き付けて、
この偉大なる"レースの鉄人"に大いなる拍手を送って欲しい。
■GTオールスター戦ならのお楽しみも盛りだくさん
 メインイベントのレースは真剣勝負だけど、NICOS CUP GTオールスター戦はファ
ンのための夢の祭典だ。このオールスター戦だからこそというイベント、アトラク
ションも数多く用意されている。さらに、シーズン最後ということもあって、ドラ
イバー、チームスタッフ、キャンギャルたちもとっておきの大サービスをしてくれ
るかも。ともあれ、1日中GT漬けになって楽しめること請け合いだから、レース・
マニアはもちろん、クルマ好きからその家族、友達に彼女までみんなで楽しめるぞ!
27、28日はオートポリスへGOだ!
Report by GTインサイドレポート班
以上
☆予想エントリーリスト
NICOS CUP GTオールスター戦'99 オートポリス(11/27,28)
[GT500] 17台
No. マシン              ドライバー                     チーム           タイヤ *
------------------------------------------------------------------------------
1  ペンズオイル・ニスモGT-R     エリック・コマス(F)  本山 哲         NISMO             BS *4
2  ARTAゼクセルスカイライン      鈴木亜久里   ミハエル・クルム(D)      NISMO             BS  6
3  ユニシアジェックススカイライン     長谷見昌弘   田中哲也         ハセミ・モータースポーツ     BS  9
6  ESSO Tiger Supra     野田英樹     ワイン・ガードナー(AUS) 
ESSO Tiger Team LeMans   BS *
12  カルソニックスカイライン         星野一義     影山正美         TEAM IMPUL        BS  2
16  Castrol無限NSX       中子 修     道上 龍        無限×童夢プロジェクト BS+12
18  TAKATA童夢NSX        脇阪寿一     金石勝智        無限×童夢プロジェクト BS*10
30  NICOS McLaren GTR    山田洋二     岡田秀樹         TEAM TAKE ONE     BS 19
32  cdma Oneセルモスープラ     木下隆之     近藤真彦
cdma One TOYOTA TEAM CERUMO with Key's BS  7
36  カストロール・トムス・スープラ     関谷正徳   黒澤琢弥   TOYOTA Castrol TEAM TOM'S MI*16
37  カストロール・トムス・スープラ     鈴木利男   片山右京   TOYOTA Castrol TEAM TOM'S MI  5
38  FK/マッシモセルモスープラ      竹内浩典   立川祐路         TOYOTA TEAM CERUMO  BS 14
39  デンソーサードスープラGT     土屋圭市   影山正彦           TOYOTA TEAM SARD  YH  3
55  CLIPSEタイサンバイパー     田嶋栄一   本庄康幸     TEAM TAISAN with ADVAN  YH 17
64  Mobil 1 NSX          トム・コロネル(NL)  光貞秀俊    Mobil1 NAKAJIMA RACING BS*13
88  ノマドディアブロGT-1      和田 久   古谷直広           JLOC              TY  8
100 RAYBRIG NSX          高橋国光   飯田 章     チーム国光 with MOONCRAFT  BS *1
[GT300] 8台
No. マシン              ドライバー                     チーム           タイヤ *
------------------------------------------------------------------------------
7  RE雨宮マツモトキヨシRX7     松本晴彦   山野哲也           RE雨宮レーシング      YH 11
15  ザナヴィARTAシルビア      土屋武士   井出有治           NISMO             YH*15
19  ウエッズスポーツセリカ        織戸 学   原 貴彦      RACING PROJECT BANDOH  YH *
25  モモコルセ・アペックスMR2      新田守男   高木真一
MOMOCRSE Racing Team with Tuchiya YH *
26  STPアドバンタイサンGT3R    松田秀士  D.シュワガー(D) TEAM TAISAN Jr. with ADVAN YH *
72  オークラRX7          石川 朗   平野 巧           オークラロータリーレーシング   YH 20
77  クスコスバルインプレッサ       小林且雄   谷川達也           クスコレーシング         YH 18
81  ダイシンシルビア           福山英朗   大八木信行         TEAM DAISHIN      YH +
○略号
*)最後の数字はファン投票順位(20位まで)、*はシリーズ戦勝利、+は鈴鹿1000km優勝
※タイヤ BS:ブリヂストン、MI:ミシュラン、TY:トーヨー、YH:ヨコハマ
※国 籍 AUS:オーストラリア、D:ドイツ、F:フランス、NL:オランダ
※このエントリーはGTインサイドレポート班調べによるもので、
 公式の発表ではありません。エントリーは直前に変更される場合もあります。
 GTオールスター戦ではシリーズ戦のウエイトハンディは反映されません。
☆タイムスケジュール
 11月26日(金) 練習走行
  N1/カート フリー走行   9:00~12:00
 ☆GTフリー走行      14:00~16:00
 11月27日(土) 公式予選
  カート予選        8:15~ 8:30
  N1予選          8:40~ 9:10
 ☆GT練習走行        9:35~11:35
 ☆ピットウォーク     11:45~12:45(ガードナー・バイクデモラン)
  N1-1決勝        13:10~14:00 20周
 ☆GT予選         14:15~15:15
 11月28日(日) 決勝レース
 ☆GTフリー走行       9:00~ 9:30
  N1-2決勝         9:55~11:00 20周
  カート決勝       11:20~11:50  7周
 ☆ピットウォーク     11:55~12:40
   (ガードナー・バイクデモラン、スパーカー・デモラン、高橋国光セレモニー)
  スターティングセレモニー      13:00~
 ☆GT決勝スタート     13:30~    54周(終了予定15:15)
☆観戦チケットのご案内
【チケット】
■入場観戦券(中学生以下は無料)
◎前売入場観戦券(27、28両日有効):4,500円
◎当日販売チケット
28日(決勝)入場観戦券:5,500円、27日(予選):2,500円、26日(練習):1,500円
※観戦場所は制限エリア(パドック、ピットエリア、タワー、ロイヤルルーム他)
 以外は第1、最終コーナースタンドと、どこでも自由に観戦可能。
■前売ロイヤルルーム入場観戦券(限定2,000枚)は完売致しました。
■パドックエリアパス(パドックパス):6,000円(27、28両日用、当日売りのみ)
  ※パドックエリア券はピットウォークの入場もできます。
■ピットウォークパス:2,000円(1日有効、当日売りのみ)
  ※パドックパス、ピットウォークパスには、観戦券が別途必要です。
【チケット発売所】
●ローソンチケット(ダイエー内ローソンも含む)●チケットぴあ
●ファミリーマート●JTB●オートバックス(中国、四国、九州地区各店)
●その他最寄りのチケットショップでお買い求め下さい。
☆チケットのお問い合わせ先:
 ローソンチケット 092-844-5945、チケットぴあ 092-708-9999、
 JTB海外旅行九州支店 092-712-0700
☆現地宿泊及び各地区からのツアーをご希望の方:
 JTB海外旅行虎ノ門支店 03-5512-0530、JTB海外旅行九州支店 092-712-0700
 (熊本駅、大分駅からの当日日帰りツアーもあります。お申し込みはお早めに)
【お問い合わせ】
●オートポリスサーキット  TEL:0973-55-1111/FAX:0973-55-1113
●GTオールスター実行委員会  TEL:03-3461-9893/FAX:03-3461-9882
【TV放送】
12月4日(土) 16:00~17:15
テレビ東京系全国6局ネット
放映局:テレビ東京/テレビ大阪/テレビ愛知/テレビ北海道/
テレビせとうち/ティーエックスエヌ九州 
大分放送(OBS):12月11日(土) 25:40~/長崎放送(NBC):12月18日(土) 25:40~/
熊本放送(RKK):12月22日(水) 25:50~/宮崎放送(MRT):12月18日(土) 26:10~/
南日本放送(MBC):12月12日(日) 25:20~
※放映日時は予定です。 
以上
                       GTアソシエイション事務局
                        GTインサイドレポート班
                        古屋 知幸 = QYB04322 =

Japanese F3

'99_JF3 ドライバーズ ポイント(10/10)

(全戦終了)
1999                      3   4   5   5   6   7   8   8  10  11
Japan                    /   /   /   /   /   /   /   /   /   /
Formula 3              21  18  02  23  06  04  01  29  03  14
Championship          鈴  筑  富  美  富  鈴  菅  T  茂  鈴
Drivers-point        鹿  波  士  祢  士  鹿  生  I  木  鹿
Po-No-Driver------------Rd -1 --2 --3 --4 --5 --6 --7 --8 --9 -10-総合P-有効P
1  1   D.マニング         (3)  9   9   9   9   9   9  (4)  6   -    67    60
2  55  金石 年弘            4   0   1   2   0   6   3   -   9   9    34    34
3  3   S.フィリップ        2   0   4   0   6   0   0   6   0   6    24    24
4  15  R.ビルタネン        0   3   2   1   2   -   0   9   2   4    23    23
5  64  松田 次生            0   0   6   0   3   4   4   2   4   -    23    23
6  77  伊藤 大輔            0   1   0   6   1   3   6   3   0   0    20    20
7  7   荒 聖治              9   0   3   0   4   0   0   -   3   -    19    19
8  2   W.エプラヒム        6   4   0   3   0   0   2   - DNS   -    15    15
9  17  黒澤 治樹            0   6   0   0   0   2   0   -   0   0     8     8
10 9   谷川 達也            1   2   0   4   0   0   0   -   0   0     7     7
11 87  M.メディアーニ      0   0   0   0   0   1   1   1   1   3     7     7
12 16  五味 康隆            0   0   0   0   0   0   0   -   0   2     2     2
13 18  密山 祥吾            0   0   0   0   0   0   0   -   0   1     1     1
71  内山 清士            0   0   0   0   0   0   0   -   0   0     0     0
8   井上 智之            0   0   0   0   0   0   0   -   0   0     0     0
5   滑川 健              0   0   0   0   0   0   0   -   0   0     0     0
6   中嶋 廣高            0   0   0   0   0   0   -   -   -   -     0     0
33  小早川 受黎          0   -   0   0   0   0   -   -   -   -     0     0
4   P.バン.スクート     -   0   0   -   -   0   -   -   -   -     0     0
53  富澤 勝              -   0  -    -   0   -   -   -   0   -     0     0
4   酒井 浩              -   0   0   -   -   -   -   -   -   -     0     0
20  伊藤 健二            -   -  -    -   0   -   -   -   -   -     0     0
20  平野 功              -   -   -   -   -   -   -   -   0   -     0     0
4   高原 智一            -   -   -   -   -   -   -   - DNS   -     0     0
*****************************************************************************
*  1位から6位までに9-6-4-3-2-1のポイント
*   10戦中ベスト7戦(70%)有効ポイント
///// PDD01523 伊東  昭雄 /////

Formula Nippon

'99F_NIPPON ドライバーズポイント(10/10戦

(全戦終了)
1999                  4   5   5   6   7   8   9   9  10  11
Japan                /   /   /   /   /   /   /   /   /   /
Formula Nippon     18  09  23  06  04  01  05  19  03  14
Championship      鈴  茂  美  富  鈴  菅  富  美  富  鈴
Drivers-point    鹿  木  祢  士  鹿  生  士  祢  士  鹿
Po -No --Driver -------Rd.-1 --2 --3 --4 --5 --6 --7 --8 --9--10- 総合P
1  64   T.コロネル       6   0   4  10   6  10  10   0   4   0    50
2  1    本山 哲          10   6  10   0   0   6   4   0  10   0    46
3  65   光貞 秀俊         4  10   0   0   2   0   3  10   2   0    31
4  9    R.ファーマン     0   4   6   0   0   1   0   0   0  10    21
5  6    M.クルム         0   2   0   4   0   3   0   3   0   6    18
6  19   影山 正美         0   0   1   0  10   0   0   0   3   3    17
7  56   脇阪 寿一         0   0   0   0   0   2   6   4   0   4    16
8  62   P.ダンブレック   3   1   2   6   0   0   2   2   0   0    16
9  18   黒澤 琢弥         0   0   0   2   4   4   -   -   -   -    10
10  14   道上 龍           1   0   0   0 DNS   0   0   0   6   2     9
11  20   野田 英樹         0   0   0   0   1   0   0   6   0   0     7
12  2    山西 康司       DNS DNS   3   3   0   0   0   0   0   0     6
13  11   立川 祐路         2   3   0   0   0   0   0   0   1   0     6
14  6    田中 哲也         0   -   -   -   3   0   0   0   0   0     3
15  17   D.シュワガー     0   0   0   1   0   0   -   -   -   -     1
15  55   金石 勝智         0   0   0   0   0   0   1   0   0   0     1
15  15   影山 正彦         0   0   0   0   0   0   0   1   0   0     1
15  10   加藤 寛規         0   0   0   0   0   0   0   0   0   1     1
12   飯田 章           0   0   0   0   0   0   0   0   0   0     0
3    川本 篤           0   0   0   0   0   0   0   0   0   0     0
68   R. デルフラー    0   0   0   0   0   0   0   0   0   0     0
36   玉中 哲二         0   -   0   0   0   0   0   0   0   0     0
63   柴原 眞介             -   -   -   -   0   0   0   0   0     0
5    脇阪 薫一         0   0   0   -   -   -   -   -   -   -     0
32   近藤 真彦         0   0   0   -   -   -   -   -   -   -     0
63   OSAMU             0   0   0   -   -   -   -   -   -   -     0
***********************************************************************
* 1位から6位までに10-6-4-3-2-1のポイント
* 全10戦総ポイント制
* 予選通過基準タイム(110%)
///// PDD01523 伊東  昭雄 /////

Formula Nippon

FN_Rd.10:FN鈴鹿(東コース)決勝

1999全日本選手権フォーミュラ・ニッポン第10戦                       99-11-14    
'99フォーミュラ・ニッポン第10戦 鈴鹿サーキット ミリオンカードカップレース          WEATHER  : Fine
フォーミュラ・ニッポン                  決勝正式結果表             COURSE   : Dry
鈴鹿サーキット東コース
P. N.Driver         Type                             Team  L       Total  Delay
-------------------------------------------------------------------------------
1  9ラルフ・ファーマン      Gフォース GF03 MF308        SHIONOGI NOVA 90 1:07'34.833       
2  6ミハエル・クルム       レイナード 99L MF308               5ZIGEN 90 1:07'37.117  2.284
3 56脇阪 寿一      レイナード 99L MF308                 ARTA 90 1:07'38.274  3.441
4 19影山 正美      レイナード 99L MF308      BE BRIDES IMPUL 90 1:07'39.026  4.193
5 14道上  龍       ローラ B99/51 MF308 SPEEDMASTERMOONCRAFT 90 1:07'40.677  5.844
6 10加藤 寛規      Gフォース GF03 MF308        SHIONOGI NOVA 90 1:07'41.177  6.344
7 55金石 勝智      レイナード 99L MF308                 ARTA 90 1:07'41.766  6.933
8 11立川 祐路      レイナード 99L MF308     COSMO OIL CERUMO 90 1:07'42.861  8.028
9 65光貞 秀俊      レイナード 99L MF308        PIAA NAKAJIMA 90 1:07'44.530  9.697
10 62ピーター・ダンブレック レイナード 99L MF308               LEYJUN 90 1:07'44.995 10.162
11 20野田 英樹      レイナード 99L MF308      BE BRIDES IMPUL 90 1:07'56.079 21.246
12 12飯田  章       レイナード 99L MF308     COSMO OIL CERUMO 90 1:08'21.107 46.274
13 15影山 正彦      ローラ B99/51 MF308 SPEEDMASTERMOONCRAFT 88 1:07'48.708  2Laps
14 63柴原 眞介      ローラ B99/51 MF308               LEYJUN 88 1:07'57.777  2Laps
15 68ルベン・デルフラー    ローラ B99/51 MF308     DoCoMo DANDELION 87 1:07'51.582  3Laps
16  3川本  篤       レイナード 99L MF308           ASAHI KIKO 87 1:07'52.307  3Laps
17 36玉中 哲二      レイナード 99L MF308           TAKAGI B-1 85 1:08'15.877  5Laps
18  5田中 哲也      レイナード 99L MF308               5ZIGEN 82 1:02'03.554  8Laps
以上 規定周回数完走:
2山西 康司      レイナード 99L MF308     UNLIMITED LeMans  3    2'55.217 87Laps
64トム・コロネル        レイナード 99L MF308        PIAA NAKAJIMA  0             90Laps
1本山  哲       レイナード 99L MF308     UNLIMITED LeMans  0             90Laps
開始時刻: 14:52'29      
終了時刻: 16:00'03      
Fastest Lap  
No.11 立川 祐路 COSMO OIL CERUMO  44.212   73/90   182.69Km/h
規定周回数 81
                          提供:鈴鹿サーキットランド

スーパー耐久

S・ENDU:スーパー耐久菅生:レース結果

スーパー耐久シリーズ第6戦 -RIJ- (1999-11-14) Provisional Race-Results
For Super Endurance Series Rd.6 スポーツランド菅生(JPN) : 3.704km
P No. Cl. Car------------------------------------ Lap GoalTime--- -km/h--
1  23 C-1 プリンス東京フジツボ・GT-R          135 3:39'42.358 136.557
2   1 C-1 日産アルティアGT-R                  135 3:39'47.672 136.502
3  32 C-1 日産プリンス千葉GTRファルケン           135 3:40'45.934 135.902
4  10 C-1 エンドレス アドバン GTR            134   -   1Lap         
5  11   2 三菱プーマランサーターボ VI             133   -   2Laps        
6  33 C-3 BPビスコガンマRX-7                131   -   4Laps        
7   9 C-2 MICIザマ三菱ランサーRC            131   -   4Laps        
8  25 N   ADVAN ALTEZZA              131   -   4Laps        
9  27 C-2 WAKO’S BMW M3              130   -   5Laps        
10   8 C-1 ダイシンアドバンGTR                  130   -   5Laps        
11   2 C-2 アイフェル DUNLOP インプレッサ  130   -   5Laps        
12  16 C-2 ハローズ仙台ロータスエボ               129   -   6Laps        
13  20 C-2 RSオガワADVANランサー            129   -   6Laps        
14  30 C-2 RSオガワADVANランサー            129   -   6Laps        
15  14 C-3 レーシングスパルコFD3S              129   -   6Laps        
16  36 N   ネッツカスカトロールアルテッツァ        129   -   6Laps        
17  28 N   道新スポーツ CWEST WAKO’S    128   -   7Laps        
18  54 C-4 BPビスコベータアンクルシビック        128   -   7Laps        
19  22 N   BP ADVAN INTEGRA        128   -   7Laps        
20  77 C-4 ギャザズ・ドライダー・シビック          127   -   8Laps        
21  53 C-4 5ZIGENシビック                    127   -   8Laps        
22  35 C-2 インギングMONZAセリカ              127   -   8Laps        
23   7 N   TOYOTA CELICA              126   -   9Laps        
24  38 N   エスペリア・ジアラ・アルテッツ          125   -  10Laps       
25  71 C-4 PMC・Sパルサー                      125   -  10Laps       
26  45 C-3 FKマッシモアドバンインテグラ          125   -  10Laps       
27  34 C-3 SPOON S2000                  125   -  10Laps       
28  26 N   エンドレスアドバンGMSランサー        125   -  10Laps       
29  31 C-2 ジャラーナアドバンシルビア              125   -  10Laps       
30  88 C-4 神奈川日産パルサー                   125   -  10Laps       
31   3 C-3 杉戸宿BPポルシェクラブ関西            124   -  11Laps       
32   6 C-2 ファルケン・マジョーラEVO IV      121   -  14Laps       
33  89 C-4 アウトプットRCシビック                121   -  14Laps       
34  39 N   ウエスティン INTEGRA            119   -  16Laps       
------------------------------ DNC --------------------------------------
87 C-4 FALKEN★パルサー                  111   -  24Laps       
37 N   ネッツカストロールアルテッツァ          108   -  27Laps       
21 C-3 アートアゼックスMR2                   91   -  44Laps       
17 C-2 ファルケン渡辺商会インプレッサ           43   -  92Laps       
55 C-4 TUBE.DC.CIVIC               38   -  97Laps       
4 N   ケージーエム アルテッツァ               35   - 100Laps      
**************************************************************************
           提供:竹下 恵一郎(JCG00146)/菅生
         * FMOTOR4_SysOp 新倉芳夫 (SDI00686)-RIJ *

スーパー耐久

S耐最終戦決勝速報

 スーパー耐久シリーズ'99第8戦(最終戦)
 SUGOスーパー耐久レース
「プリンス東京がTI以来の今季3勝目」
 スーパー耐久最終戦の決勝レースが午後12:25分にローリングスタートを
開始した。気温16度、路面温度25度で晴天というコンディションだ。
 オープニングラップは#32 プリンス千葉,#23 プリンス東京、#10 エンドレ
ス、#1アルティア、#8ダイシンと順当にGTR勢が続き、#11プーマランサー
も6番手につける。以下、#9 MTCIランサー、#25 アルテッツア、#33 RX-7、
#14 RX-7というオーダー。
 22周目の1コーナーで、#23 プリンス東京が#32プリンス千葉をとらえトッ
プに。30周目、その差が10秒ほどまで開いた#32は早めと思われるピットス
トップで竹内から近藤にドライバー交替。タイヤ交換も行い戦列に復帰する。
 43周目、3コーナーで#53 5ZIGEN CIVICの脇坂が他車との接
触からスピンし、ライン上をふさいでストップしてしまい、SCカーランとな
りこの間に各車はピットイン。この前の段階では、#23 プリンス東京、#10 エ
ンドレス、#1 アルティア、#11 プーマ、#8 ダイシン、#9 MTCI、#33 RX-7、
#32 プリンス千葉のオーダーだった。
 49周目に再スタートとなり、60周を過ぎたところでは、#23 プリンス東京
がトップ。#8、#1、#10、#32、#11と言う展開。
 76周目、トップは#8ダイシンにかわり、#23プリンス東京、#1アルティア、
#10エンドレスという順位に。
80周を過ぎ、#32 プリンス千葉が再びピットイン。
 88周目、2位を走行の#23 プリンス東京がピットストップ。
 95周目に#1アルティアが、96周目にはトップの#8ダイシンもピットイン。
これで、トップは#8ダイシン、2番手は#23 プリンス東京、3位に#1アル
ティア、
 100周目、23秒のマージンを持っていた#8ダイシンがピットイン。
 101周目、これで#23プリンス東京がトップ、#1アルティアが18秒差の2位、
11秒後方に#8ダイシン、2秒差で#11プーマランサー、54秒差で#32プリンス
千葉という状況になった。
 116周目、#8ダイシンが再びピットへ。
 117周目、トップ#23 16秒差で#1、57秒後方に#32、
 一方、クラス4で#77ギャザズドライダーシビックと1ポイント差でタイトル
争いを行っていた#87 ファルケンパルサーが白煙を上げてスローダウン!
 これで、クラス4のシリーズチャンピオンは#77ギャザズに。
 クラス2は、#20 RSオガワの手にタイトルが渡った。
 135周のレースは#23プリンス東京が総合優勝。2位には#1アルティアが、
3位はプリンス千葉が入った。
----------------------------------------------------------------------------
----
暫定決勝結果
#23 C1 プリンス東京フジツボGT-R      砂子智彦/山田英二    135L
# 1  C1 日産アルティアGT-R       粕谷俊二/桧井保孝    135L  5.
314
#32 C1日産プリンス千葉GT-R ファルケン 竹内浩典/近藤真彦    135L   58.
262
#10  C1エンドレス アドバンGT-R         木下みつひろ/土屋武士    134L   47.
369
#11 C2ミツビシプーマランサーエボVI  木下隆之/中谷明彦     133L
#33 C3 BPビスコガンマRX-7       三好正巳/村松康生    131L 
# 9 C2 MTCI座間三菱ランサーARC     市村秀明/川崎俊英    131L 
#25 N ADVAN ALTEZZA    織戸学/新田守男     131L 
#27 C2 WAKO'S BMW M3                牧口規雄/志村久         131L
# 8 C1ダイシンアドバンGT-R       福山英朗/大八木信行   130L
----------------------------------------------------------------------------
---
# 2 C2 アイフェル・DUNLOPインプレッサ 渋谷勉/荒川雅彦           130L
#16  C2 ハローズ仙台ロータス阿部エボV 中村啓/小原健一/上田五郎  129L
#20 C2 RSオガワADVANランサー        小川日出生/細野智行/伊藤 129L      
#7   N  TOYOTA CELICA                   鈴木利男/荒聖治           129L
----------------------------------------------------------------------
JCG00146 竹下 恵一郎@SUGO

Formula Nippon

FN_Rd.10:鈴鹿決勝レポート

          ファーマン&Gフォース、初優勝!
      タイトルはスタート直後の接触でコロネルの手に!
 Fニッポン最終戦のスタート時刻が近づくにつれ、気温も上昇、暖かくなっ
てきた。
 サポートレースの赤旗中断で、予定よりやや遅れて午後2時52分スタート。
東ショートコース90周、未知のレースが始まった。
 スタートを制したのは#9ファーマンだが、何とその後方でタイトルを争う2
人、#64コロネルと#1本山が接触★☆■△!!2台は絡むようにグラベルへ。譲れ
ない2人の意地が悪い形で出てしまった。
 今シーズンのタイトルはスタート直後僅か10秒で決まってしまった。
1周目 9-6-19-56-14-10-5-55-65-11……
5周目 スタートでエンジンストールした#2山西ピットでレースを終える。
クラッチトラブルのようだ。
9-6-19-56-14-10-5-55-65-11……
10周目 #9ファーマン-(2.5秒)-#6クルム-#19影山-#56脇阪-#14道上-#10加藤-#5田中
#9ファーマンが後続を引き離している
20周目 #9ファーマン-(4.4秒)-#6クルム-#19影山-#56脇阪-#14道上-#10加藤-#5田中
やはり順位変動はない。期待は車も人も疲れてくる後半か?
25周目 #9ファーマン-(3.3秒)-#6クルム
トップ2車の差が縮まってきたが、これは周回遅れの処理によるもの。
30周目 #9ファーマン-(4.5秒)-#6クルム-#19影山-#56脇阪-#14道上-#10加藤-#5田中
37周目 #5田中ミスを犯し9位にドロップ
40周目 #9ファーマン-(4.5秒)-#6クルム-#19影山-#56脇阪-#14道上-#10加藤-#55金石
60周目 #9ファーマン-(6.7秒)-#6クルム-#19影山-#56脇阪-#14道上-#10加藤-#55金石
レース三分の二を経過したが、順位変動は殆どない。淡々と周回数を
消化している。サポートレースで見られたバトルもFニッポンでは難
しいようだ。
80周目 #9ファーマン-(4.1秒)-#6クルム-#19影山-#56脇阪-#14道上-#10加藤-#55金石
ここで一句「ファーマン快調、レースは単調」
#6クルム、#19影山、#56脇阪が接近。2位争いを展開
83周目 #5田中がピットイン。エンジントラブルでリタイア
87周目 #56脇阪が1コーナーアウトから#19影山をパス。初めての?パッシング
シーンだ。
FINISH #9ファーマン-#6クルム-#56脇阪-#19影山-#14道上-#10加藤-#55金石
 「スタートしたらそのままだろう」というドライバーの予想どおりの順位変
動の少ない展開となり、ポールスタートのファーマンが逃げきって初優勝を果
たした。Gフォースにとっても待ち望んだ優勝だ。
 新たな試みとなった東ショートコースによる開催は、関係者の思惑とは裏腹
にバトルを生み出すことはなかった。コロネルと本山がお互いに引けなかった
訳も判るというものだが、それにしれも何か物足りなさの残ったレースだった。
■決勝暫定結果
P.-No.Driver---------Team------------------Car---------------Laps-Goal Time--
1  9 R.ファーマン   SHIONOGI NOVA         G.ForceGF03/MF308  90  1:07'34.833
2  6 M.クルム       5ZIGEN                Reynard 99L/MF308  90  -     2.284
3 56 脇阪寿一       ARTA                  Reynard 99L/MF308  90  -     3.441
4 19 影山正美       BE BRIDES IMPUL       Reynard 99L/MF308  90  -     4.193
5 14 道上 龍       SPEEDMASTER MOONCRAFT Lola B99-51/MF308  90  -     5.844
6 10 加藤寛規       SHIONOGI NOVA         G.ForceGF03/MF308  90  -     6.344
7 55 金石勝智       ARTA                  Reynard 99L/MF308  90  -     6.933
8 65 光貞秀俊       PIAA NAKAJIMA         Reynard 99L/MF308  90  -     8.028
9 11 立川祐路       COSMO OIL CERUMO      Reynard 99L/MF308  90  -     9.697
10 62 P.ダンブレック LEYJUN                Reynard 99L/MF308  90  -    10.162
                  ・
                  ・
-----------------------------------------------------------------------------
          *** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(SDI00685@nifty.com) ***

スーパー耐久

RE:S・ENDU:スーパー耐久菅生:予選結果

スーパー耐久シリーズ第6戦 -RIJ- (1999-11-13) Qualifying-Session
For Super Endurance Series Rd.6 スポーツランド菅生(JPN) : 3.704256km
P No. Cl. Car------------------------------------ Best-LapT -Behind -Km/h--
1  32 C-1 日産プリンス千葉GTRファルケン            1'29.747R        148.588
2  23 C-1 プリンス東京フジツボ・GT-R           1'30.042R  0.295 148.101
3  10 C-1 エンドレス アドバン GTR             1'30.436   0.689 147.456
4   8 C-1 ダイシンアドバンGTR                   1'31.040   1.293 146.478
5   1 C-1 日産アルティアGT-R                   1'31.388   1.641 145.920
6  11   2 三菱プーマランサーエボ VI               1'32.336R  2.589 144.422
7   9 C-2 MTCI座間三菱ランサーRC             1'32.670R  2.923 143.901
8  33 C-3 BPビスコガンマRX-7                 1'33.501R  3.754 142.622
9  25 N   ADVAN ALTEZZA               1'33.710   3.963 142.304
10  14 C-3 レーシングスパルコFD3S               1'33.809R  4.062 142.154
11   4 N   ケージーエム アルテッツァ               1'34.298   4.551 141.417
12  38 N   エスペリア・ジアラ・アルテッツァ         1'34.613   4.866 140.946
13  27 C-2 WAKO’S BMW M3               1'34.895R  5.148 140.527
14   2 C-2 アイフェル DUNLOP インプレッサ   1'35.313R  5.566 139.911
15  26 N   エンドレスアドバンGMSランサー         1'35.398R  5.651 139.786
16  20 C-2 RSオガワADVANランサー             1'35.457R  5.710 139.700
17  16 C-2 ハローズ仙台ロータス阿部エボV           1'35.694R  5.947 139.354
18  28 N   CWEST WAKO’S DC2           1'36.073   6.326 138.804
19  37 N   ネッツカストロールアルテッツァ           1'36.393   6.646 138.343
20  31 C-2 ジャラーナアドバンシルビア               1'36.422   6.675 138.302
21  39 N   ウエスティン INTEGRA             1'36.462   6.715 138.244
22  35 C-2 インギングMONZAセリカ               1'36.464   6.717 138.241
23  30 C-2 RSオガワADVANランサー             1'36.590   6.843 138.061
24  22 N   BP ADVAN INTEGRA         1'36.631   6.884 138.003
25  54 C-4 BPビスコベータアンクルシビック         1'36.975   7.228 137.513
26  36 N   ネッツカスカトロールアルテッツァ         1'37.130   7.383 137.294
27  77 C-4 ギャザズ・ドライダー・シビック           1'37.190   7.443 137.209
28  17 C-2 ファルケン渡辺商会インプレッサ           1'37.322   7.575 137.023
29  53 C-4 5ZIGENシビック                     1'37.489   7.742 136.788
30   3 C-3 杉戸宿BPμDLオールージュ7               1'37.529   7.782 136.732
31   7 N    TOYOTA CELICA                          1'37.757   8.010 136.413
32  87 C-4 FALKEN★パルサー                   1'37.986   8.239 136.094
33   6 C-2 ファルケンマジョーラEVO IV               1'38.027   8.280 136.037
34  55 C-4 TUBE.DC.CIVIC               1'38.074   8.327 135.972
35  45 C-3 FKマッシモアドバンインテグラ          1'38.350   8.603 135.590
36  88 C-4 神奈川日産パルサー                1'38.397   8.650 135.526
37  34 C-3 SPOON S2000              1'39.401   9.654 134.157
38  89 C-4 アウトプットRCシビック              1'39.563   9.816 133.939
39  71 C-4 PMC・Sパルサー                 1'39.583   9.836 133.912
40  21 C-3 オートアゼックスMR2                   1'42.348  12.601 129.222
------------------------------------以上予選通過---------------------------
18 C-3 クーガーマスター・セルラーRX-7                                      
・
5 C-3 TAC-BRIG・チェイサー                                       
****************************************************************************
   竹下 恵一郎(JCG00146)/菅生
     

スーパー耐久

S耐最終戦SUGO予選レポート

 スーパー耐久シリーズ'99第8戦(最終戦)
 SUGOスーパー耐久レース
「チャンプ・プリンス千葉がポールポジションからスタート」
 スーパー耐久第8戦(最終戦)は、第2戦のハイランドや、第4戦TI
などと同様に日曜日の1デイイベントとして開催された。
 公式予選は、午前8時45分から1時間で行われ、9:30過ぎの時点での
トップタイムは前戦の富士で久々のPPを奪取した#10エンドレスアドバン
GTR(木下みつひろ/土屋武士組)が、1分33秒438をラップモニター
の最上部に記録していた。だが、残り5分ほどでタイヤ規制のあるこのレ
ースではいつものように、GTR勢がコースイン。#23プリンス東京フジ
ツボGTR(砂子智彦/山田英二組)が30秒042のコースレコードで暫定
ポール。だが、さらにタイムを更新してきたのは既にシリーズタイトルを
前回の富士で決定している#32 日産プリンス千葉GTRファルケン(竹内
浩典/近藤真彦組)の竹内で、1分29秒747というレコードタイムで堂々
のポールポジションを獲得した。#10エンドレスもタイムを更新したが、
30秒436で3位。4位には#8 ダイシンアドバンGTR(福山英朗/大八木
信行組)の31秒040、5位に#1日産アルティアGTR(粕谷俊二/桧井保
孝組)の31秒388、6位はクラス2のPPで#11 三菱プーマランサーエボ
VI(木下隆之/中谷明彦組)の1分32秒336というこちらもコースレコー
ド。7位に前回の富士のクラス2のウイナー、MTCI座間三菱ランサー
ARC(市村秀明/川崎俊英組)の32秒670、とこれまたレコードタイム。
 8位にはクラス3のチャンプ#33 BPビスコガンマRX-7(三好正巳
/村松康生組)が33秒501とコースレコードのPP。9位にはNプラスク
ラスのPPで、#25 ADVAN ALTEZZA(織戸学/新田守男組)の
33秒710、総合25位には#54 BPビスコベータアンクルシビック(山内伸
弥/浅見武組)が36秒975でクラス4のPPというグリッドになった。

Formula Nippon

FN Rd.10:F3決勝

1999年全日本F3選手権シリーズ第10戦               99-11-14
'99フォーミュラ・ニッポン第10戦 鈴鹿サーキット ミリオンカードカップレース          WEATHER  : Fine
F3                          決勝正式結果表             COURSE   : Dry
鈴鹿サーキット東コース
P. No. Driver         Type                    Team/Car Lap     Total      Delay
-------------------------------------------------------------------------------
1  55 金石 年弘      F399 MF204B          ARTA399無限  41 33'12.753 166.18Km/h
2   3 セバスチャン・フィリップ F399 3S-GE    カストロール富士通テンF399  41 33'24.970     12.217
3  15 リスト・ビルタネン     F399 3S-GE       5ZIGEN  DALLARA  41 33'31.868     19.115
4  87 マウリシオ・メディアーニ  F399 GDI    阪急交通社 HKSラリーアート  41 33'35.570     22.817
5  38 五味 康隆      F399 3S-GE  プロキダイ芙蓉実業 F399  41 33'41.935     29.182
6  18 密山 祥吾      F399 3S-GE           イエローハット 399  41 34'02.212     49.459
7  17 黒澤 治樹      F399 MF204B    ライアン 戸田無限ホンダ  40 32'52.790       1Lap
8  71 内山 清士      F399 3S-GE       NIHONKIZAIダラーラ  40 33'21.903       1Lap
以上 規定周回数完走:
8 井上 智之      F398 3S-GE            ESSO TOM'S  20 16'31.771     21Laps
77 伊藤 大輔      F399 MF204B   スピードマスターF399ホンダ   0               41Laps
9 谷川 達也      F399 3S-GE             ThreeBond   0               41Laps
5 滑川  健       F397 3S-GE      INGING  トステムF398   0               41Laps
開始時刻: 10:47'25      
終了時刻: 11:20'37      
Fastest Lap  
No.55  金石 年弘   ARTA399無限      48.245   5/41   167.42Km/h
規定周回数 36
                           提供:鈴鹿サーキットランド

スーパー耐久

S・ENDU:スーパー耐久菅生:予選結果

スーパー耐久シリーズ第6戦 -RIJ- (1999-11-13) Qualifying-Session
For Super Endurance Series Rd.6 スポーツランド菅生(JPN) : 3.704km
P No. Cl. Car------------------------------------ Best-LapT -Behind -Km/h--
1  32 C-1 日産プリンス千葉GTRファルケン            1'29.747         148.578
2  23 C-1 プリンス東京フジツボ・GT-R           1'30.042   0.295 148.091
3  10 C-1 エンドレス アドバン GTR             1'30.426   0.679 147.462
4   8 C-1 ダイシンアドバンGTR                   1'31.040   1.293 146.467
5   1 C-1 日産アルティアGT-R                   1'31.398   1.651 145.894
6  11   2 三菱プーマランサーターボ VI              1'32.234   2.487 144.571
7   9 C-2 MICIザマ三菱ランサーRC             1'32.576   2.829 144.037
8  33 C-3 BPビスコガンマRX-7                 1'33.501   3.754 142.612
9  25 N   ADVAN ALTEZZA               1'33.710   3.963 142.294
10  14 C-3 レーシングスパルコFD3S               1'33.804   4.057 142.152
11   4 N   ケージーエム アルテッツァ               1'34.298   4.551 141.407
12  38 N   エスペリア・ジアラ・アルテッツ           1'34.613   4.866 140.936
13  27 C-2 WAKO’S BMW M3               1'34.895   5.148 140.517
14   2 C-2 アイフェル DUNLOP インプレッサ   1'35.313   5.566 139.901
15  26 N   エンドレスアドバンGMSランサー         1'35.396   5.649 139.779
16  20 C-2 RSオガワADVANランサー             1'35.457   5.710 139.690
17  16 C-2 ハローズ仙台ロータスエボ                1'35.692   5.945 139.347
18  28 N   道新スポーツ CWEST WAKO’S     1'36.073   6.326 138.794
19  37 N   ネッツカストロールアルテッツァ           1'38.393   8.646 135.522
20  31 C-2 ジャラーナアドバンシルビア               1'38.422   8.675 135.482
21  39 N   ウエスティン INTEGRA             1'38.462   8.715 135.427
22  35 C-2 インギングMONZAセリカ               1'38.464   8.717 135.424
23  30 C-2 RSオガワADVANランサー             1'38.540   8.793 135.320
24  22 N   BP ADVAN INTEGRA         1'36.831   7.084 137.708
25  54 C-4 BPビスコベータアンクルシビック         1'36.975   7.228 137.503
26  36 N   ネッツカスカトロールアルテッツァ         1'37.136   7.389 137.276
27  77 C-4 ギャザズ・ドライダー・シビック           1'37.180   7.433 137.213
28  17 C-2 ファルケン渡辺商会インプレッサ           1'37.322   7.575 137.013
29  53 C-4 5ZIGENシビック                     1'37.489   7.742 136.779
30   3 C-3 杉戸宿BPポルシェクラブ関西             1'37.757   8.010 136.404
・
・
****************************************************************************
* FAX不鮮明のため、一部タイム誤りの可能性があります
           提供:竹下 恵一郎(JCG00146)/菅生
         * FMOTOR4_SysOp 新倉芳夫 (SDI00686)-RIJ *

Japanese F3

F3_Rd.10:F3鈴鹿決勝レポート

        金石、連勝でシーズンを締めくくる!
 スタートでPP#77伊藤がエンジンストール。この影響で77伊藤、9谷川、
5滑川が接触。コース脇にストップ。77伊藤も1コーナーでストップ。戦わず
して3台が戦列を去る。
1周目 55金石-17黒澤-15ヴィルタネン-3フィリップ-87メディアーニ
10周目 55金石-3フィリップ-17黒澤-15ヴィルタネン-87メディアーニ-38五味
15周目 55金石-(6.2)-フィリップ-17黒澤-15ヴィルタネン-87メディアーニ-38五味
48秒台前半を刻み続ける#55金石は独走状態へ。
20周目 55金石-(7.3)-フィリップ-17黒澤-15ヴィルタネン-87メディアーニ-38五味
21周目 7位#8井上、2コーナーでコースアウト。これで走行しているのは8台。
25周目 55金石-(8.1)-フィリップ-17黒澤-15ヴィルタネン-87メディアーニ-38五味
各車の間隔が空き、パレードランになってしまった。
30周目 55金石-(9.5)-フィリップ-17黒澤-15ヴィルタネン-87メディアーニ-38五味
35周目 55金石-(10.1)-フィリップ-17黒澤-15ヴィルタネン-87メディアーニ-38五味
37周目 17黒澤突如ペース落ち、4位にドロップ。その後持ち直す
40周目 17黒澤またもペースダウン。1周残してストップ。
FINISH 55金石-フィリップ-15ヴィルタネン-87メディアーニ-38五味-18密山
 前戦もてぎで初優勝を飾った金石が、マカオGP参戦組の抜けたちょっと寂しい
レースをきっちり制してシーズンを締めくくった。
■決勝暫定結果
P.-No.Driver------------- Car---------------------Laps---Goal Time-
1 55 金石 年弘     (JPN) Dallara F399/Mugen       41    33'12.753
2  3 S.フィリップ  (FRA) Dallara F399/Toyota      41    -  12.217
3 15 R.ヴィルタネン(FIN) Dallara F399/Toyota      41    -  19.115
4 87 M.メディアーニ(ITA) Dallara F399/HKS         41    -  22.817
5 38 五味 康隆     (JPN) Dallara F399/Toyota      41    -  29.182
6 18 密山 祥吾     (JPN) Dallara F399/HKS         41    -  49.459
               ・
               ・
         *** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(SDI00685@nifty.com) ***

Formula Nippon

FN_Rd.10:FN鈴鹿(東コース)フリー走行

1999全日本選手権フォーミュラ・ニッポン第10戦                      99-11-14    
'99フォーミュラ・ニッポン第10戦 鈴鹿サーキット ミリオンカードカップレース         WEATHER  : Fine
フォーミュラ・ニッポン                  フリー走行結果表          COURSE   : Dry
鈴鹿サーキット東コース
Pos. No. Driver        Type                             Team   Time      Delay
------------------------------------------------------------------------------
1   1 本山  哲       レイナード 99L MF308     UNLIMITED LeMans 43.103 187.39Km/h
2  62 ピーター・ダンブレック レイナード 99L MF308               LEYJUN 43.177      0.074
3  64 トム・コロネル        レイナード 99L MF308        PIAA NAKAJIMA 43.351      0.248
4   2 山西 康司      レイナード 99L MF308     UNLIMITED LeMans 43.404      0.301
5   9 ラルフ・ファーマン      Gフォース GF03 MF308        SHIONOGI NOVA 43.439      0.336
6  11 立川 祐路      レイナード 99L MF308     COSMO OIL CERUMO 43.474      0.371
7  56 脇阪 寿一      レイナード 99L MF308                 ARTA 43.475      0.372
8  65 光貞 秀俊      レイナード 99L MF308        PIAA NAKAJIMA 43.508      0.405
9  55 金石 勝智      レイナード 99L MF308                 ARTA 43.518      0.415
10  20 野田 英樹      レイナード 99L MF308      BE BRIDES IMPUL 43.550      0.447
11   6 ミハエル・クルム       レイナード 99L MF308               5ZIGEN 43.590      0.487
12  10 加藤 寛規      Gフォース GF03 MF308        SHIONOGI NOVA 43.630      0.527
13  19 影山 正美      レイナード 99L MF308      BE BRIDES IMPUL 43.683      0.580
14  14 道上  龍       ローラ B99/51 MF308 SPEEDMASTERMOONCRAFT 43.813      0.710
15  12 飯田  章       レイナード 99L MF308     COSMO OIL CERUMO 43.846      0.743
16  15 影山 正彦      ローラ B99/51 MF308 SPEEDMASTERMOONCRAFT 43.892      0.789
17   5 田中 哲也      レイナード 99L MF308               5ZIGEN 43.967      0.864
18  63 柴原 眞介      ローラ B99/51 MF308               LEYJUN 44.024      0.921
19   3 川本  篤       レイナード 99L MF308           ASAHI KIKO 44.342      1.239
20  36 玉中 哲二      レイナード 99L MF308           TAKAGI B-1 44.619      1.516
21  68 ルベン・デルフラー    ローラ B99/51 MF308     DoCoMo DANDELION 45.760      2.657
開始時刻: 08:30'00    
                         提供:鈴鹿サーキットランド 

Formula Nippon

FN_Rd.10:鈴鹿フリー走行レポート

 Fニッポン最終戦、決勝日朝、やや雲は多いものの鈴鹿の天候は晴れ。いい
天気になりそうだ。
 8時30分から始まった朝のフリー走行では、昨日の予選で17位と低迷した#62
ダンブレックが好調。#1本山に次ぐ2番手のタイムをマークした。
 各ドライバー、ピットインを繰り返してセッティングを確認しながらの走行と
なったが、予選上位陣はほぼ安泰。
 セッション終了間際に#56脇阪が2コーナーでコースアウト。リアをスポンジ
バリアにヒットしたが、ダメージは小さいと思われる。
■フリー走行結果
P.-No.Driver---------Team------------------Car----------------Time-----
1  1 本山 哲       UNLIMITED Le Mans     Reynard 99L/MF308  43.103 
2 62 P.ダンブレック LEYJUN                Reynard 99L/MF308  43.177
3 64 T.コロネル     PIAA NAKAJIMA         Reynard 99L/MF308  43.351
4  2 山西康司       UNLIMITED Le Mans     Reynard 99L/MF308  43.404
5  9 R.ファーマン   SHIONOGI NOVA         G.ForceGF03/MF308  43.439
6 11 立川祐路       COSMO OIL CERUMO      Reynard 99L/MF308  43.474
7 56 脇阪寿一       ARTA                  Reynard 99L/MF308  43.475
8 65 光貞秀俊       PIAA NAKAJIMA         Reynard 99L/MF308  47.508
                ・
                ・
        *** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(SDI00685@nifty.com) ***

Formula Nippon

FN_Rd.10:FN鈴鹿(東コース)総合予選

1999全日本選手権フォーミュラ・ニッポン第10戦                      99-11-13   
'99フォーミュラ・ニッポン第10戦 鈴鹿サーキット ミリオンカードカップレース         WEATHER  : Fine
フォーミュラ・ニッポン                  公式予選総合正式結果表    COURSE   : Dry
鈴鹿サーキット東コース
Pos.  No. Driver        Type                      Team BestTime    1st     2nd
------------------------------------------------------------------------------
1   9 ラルフ・ファーマン      Gフォース GF03        SHIONOGI NOVA   41.913 42.920 ・41.913
2  64 トム・コロネル        レイナード 99L        PIAA NAKAJIMA   41.951 42.883 ・41.951
3   1 本山  哲       レイナード 99L     UNLIMITED LeMans   42.033 42.375 ・42.033
4   6 ミハエル・クルム       レイナード 99L               5ZIGEN   42.106 42.749 ・42.106
5 * 2 山西 康司      レイナード 99L     UNLIMITED LeMans   42.124 42.530 ・42.124
6 *56 脇阪 寿一      レイナード 99L                 ARTA   42.133 42.593 ・42.133
7  14 道上  龍       ローラ B99/51 SPEEDMASTERMOONCRAFT   42.152 43.245 ・42.152
8  19 影山 正美      レイナード 99L      BE BRIDES IMPUL   42.165 42.791 ・42.165
9  10 加藤 寛規      Gフォース GF03        SHIONOGI NOVA   42.200 42.763 ・42.200
10  55 金石 勝智      レイナード 99L                 ARTA   42.226 42.705 ・42.226
11  11 立川 祐路      レイナード 99L     COSMO OIL CERUMO   42.348 43.193 ・42.348
12   5 田中 哲也      レイナード 99L               5ZIGEN   42.350 43.199 ・42.350
13  65 光貞 秀俊      レイナード 99L        PIAA NAKAJIMA   42.457 42.916 ・42.457
14  15 影山 正彦      ローラ B99/51 SPEEDMASTERMOONCRAFT   42.500 43.329 ・42.500
15  20 野田 英樹      レイナード 99L      BE BRIDES IMPUL   42.564 42.991 ・42.564
16  12 飯田  章       レイナード 99L     COSMO OIL CERUMO   42.653 43.060 ・42.653
17  62 ピーター・ダンブレック レイナード 99L               LEYJUN   42.923 42.988 ・42.923
18   3 川本  篤       レイナード 99L           ASAHI KIKO   43.174 43.871 ・43.174
19  63 柴原 眞介      ローラ B99/51               LEYJUN   43.329 43.641 ・43.329
20  36 玉中 哲二      レイナード 99L           TAKAGI B-1   44.312 45.624 ・44.312
21  68 ルベン・デルフラー    ローラ B99/51     DoCoMo DANDELION   44.359 44.505 ・44.359
以上 予選通過車両:
予選通過基準タイム ( P.P. 107 % )   44.847
ペナルティ No.2,56 
黄旗表示区間の黄旗無視により、予選2回目の同時間内のラップタイムを全て抹消し、
更にベストラップタイムを削除した。
                         提供:鈴鹿サーキットランド 

Formula Nippon

FN_Rd.10:FN鈴鹿(東コース)公式予選2回目

1999全日本選手権フォーミュラ・ニッポン第10戦                      99-11-13    
'99フォーミュラ・ニッポン第10戦 鈴鹿サーキット ミリオンカードカップレース         WEATHER  : Fine
フォーミュラ・ニッポン                  公式予選 2回目結果表     COURSE   : Dry
鈴鹿サーキット東コース
Pos. No. Driver        Type                             Team   Time      Delay
------------------------------------------------------------------------------
1   9 ラルフ・ファーマン      Gフォース GF03 MF308        SHIONOGI NOVA 41.913 192.71Km/h
2  64 トム・コロネル        レイナード 99L MF308        PIAA NAKAJIMA 41.951      0.038
3   1 本山  哲       レイナード 99L MF308     UNLIMITED LeMans 42.033      0.120
4   6 ミハエル・クルム       レイナード 99L MF308               5ZIGEN 42.106      0.193
5   2 山西 康司      レイナード 99L MF308     UNLIMITED LeMans 42.124      0.211
6  56 脇阪 寿一      レイナード 99L MF308                 ARTA 42.133      0.220
7  14 道上  龍       ローラ B99/51 MF308 SPEEDMASTERMOONCRAFT 42.152      0.239
8  19 影山 正美      レイナード 99L MF308      BE BRIDES IMPUL 42.165      0.252
9  10 加藤 寛規      Gフォース GF03 MF308        SHIONOGI NOVA 42.200      0.287
10  55 金石 勝智      レイナード 99L MF308                 ARTA 42.226      0.313
11  11 立川 祐路      レイナード 99L MF308     COSMO OIL CERUMO 42.348      0.435
12   5 田中 哲也      レイナード 99L MF308               5ZIGEN 42.350      0.437
13  65 光貞 秀俊      レイナード 99L MF308        PIAA NAKAJIMA 42.457      0.544
14  15 影山 正彦      ローラ B99/51 MF308 SPEEDMASTERMOONCRAFT 42.500      0.587
15  20 野田 英樹      レイナード 99L MF308      BE BRIDES IMPUL 42.564      0.651
16  12 飯田  章       レイナード 99L MF308     COSMO OIL CERUMO 42.653      0.740
17  62 ピーター・ダンブレック レイナード 99L MF308               LEYJUN 42.923      1.010
18   3 川本  篤       レイナード 99L MF308           ASAHI KIKO 43.174      1.261
19  63 柴原 眞介      ローラ B99/51 MF308               LEYJUN 43.329      1.416
20  36 玉中 哲二      レイナード 99L MF308           TAKAGI B-1 44.312      2.399
21  68 ルベン・デルフラー    ローラ B99/51 MF308     DoCoMo DANDELION 44.359      2.446
開始時刻: 15:10'00      
ペナルティ No.2,56 黄旗表示区間の黄旗無視により、同時間内のラップタイムを全て抹消し、
更にベストラップタイムを削除した。
                           提供:鈴鹿サーキットランド

Formula Nippon

FN_Rd.10:鈴鹿予選2回目レポート

         ファーマン+Gフォース初ポールゲット!
        本山、コロネル2、3番手から一騎討ちへ!
 午後3時10分、予選2回目が始まった。
 日は傾き、かなり涼しくなってきた。風も最終コーナーから1コーナー方向
へ吹いている。条件は1回目より良さそうだ。
 ターゲットタイムは、1回目に本山がマークした42秒375。
(以下、順位、タイムは1回目からの通算タイムです)
10分経過 #1 本山  (42.375)-#2 山西  (42.530)-#56脇阪  (42.593)-
#55金石  (42.705)-#6 クルム(42.749)-#10加藤  (42.763)
(1回目順位のまま変わらず)
16分経過 なかなかタイムアップならない#64コロネル、ショートカットで曲が
り切れずコースアウト。ピットに戻る。順位は8位のままだ。
25分経過 ここまで目立った動きはない。そろそろ各チーム、ニュータイヤに
換装して本格的なアタックに入る模様。
29分経過 #55金石       42.391  2位へ
31分経過 #55金石       42.226  トップ!!
35分経過 残り10分となって、本山、コロネル相次いでコースイン
#5 田中       42.564  4位へ
36分経過 #5 田中       42.350  2位へ
37分経過 #10加藤       42.200  トップへ
#14道上       42.394  4位へ
38分経過 #2 山西       42.270  3位へ
#9 ファーマン 41.913  トップ
#14道上       42.200  3位へ
39分経過 #2 山西       42.046  2位
#1 本山       42.033  2位
40分経過 #64コロネル   42.048  4位へ
42分経過 #5 クルム     42.106  5位
#64コロネル   41.951  2位へ
45分経過 #2 山西       41.888  トップへ
#56脇阪       41.923  3位へ
 ファーマン&GフォースのPPが確定かと思ったが、最後の最後で山西が
大逆転。脇阪も最後でジャンプアップし、チャンピオンを争う2人を押し下
げた……が、この最終ラップでは最終コーナーでデルフラーがクラッシュし
て黄旗が出ていたため、山西、脇阪の黄旗提示時間内のタイムは抹消。さら
にペナルティとしてベストタイムも抹消になった。
 この結果、ファーマンがPP、コロネル2位、本山3位となり、スタート
次第では本山にもチャンスが出てきた。
 コロネル、本山とも、勝てばチャンピオンだけに、決勝は両者のスタート
に注目だ。
■予選結果
P.-No.Driver---------Team------------------Car----------------Time-----
1  9 R.ファーマン   SHIONOGI NOVA         G.ForceGF03/MF308  41.913
2 64 T.コロネル     PIAA NAKAJIMA         Reynard 99L/MF308  41.951
3  1 本山 哲       UNLIMITED Le Mans     Reynard 99L/MF308  42.033 
6  6 M.クルム       5ZIGEN                Reynard 99L/MF308  42.106
4  2 山西康司       UNLIMITED Le Mans     Reynard 99L/MF308  42.124
5 56 脇阪寿一       ARTA                  Reynard 99L/MF308  42.133
7 14 道上 龍       SPEEDMASTER MOONCRAFT Lola B99-51/MF308  42.152
8 19 影山正美       BE BRIDES IMPUL       Reynard 99L/MF308  42.165
                ・
                ・
        *** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(SDI00685@nifty.com) ***

Formula Nippon

FN Rd.10:F3公式予選

1999年全日本F3選手権シリーズ第10戦              99-11-13    
'99フォーミュラ・ニッポン第10戦 鈴鹿サーキット ミリオンカードカップレース         WEATHER  : Fine
F3                          公式予選正式結果表        COURSE   : Dry
      鈴鹿サーキット東コース
Pos. No. Driver        Type                             Team   Time      Delay 
-------------------------------------------------------------------------------
1  77 伊藤 大輔      ダラーラF399 MF204B   スピードマスターF399ホンダ  47.337 170.63Km/h
2  55 金石 年弘      ダラーラF399 MF204B          ARTA399無限  47.340      0.003
3   9 谷川 達也      ダラーラF399 3S-GE             ThreeBond  47.511      0.174
4   3 セバスチャン・フィリップ ダラーラF399 3S-GE    カストロール富士通テンF399  47.655      0.318
5  15 リスト・ビルタネン     ダラーラF399 3S-GE       5ZIGEN  DALLARA  47.679      0.342
6  17 黒澤 治樹      ダラーラF399 MF204B    ライアン 戸田無限ホンダ  47.836      0.499
7  87 マウリシオ・メディアーニ  ダラーラF399 GDI    阪急交通社 HKSラリーアート  47.894      0.557
8  38 五味 康隆      ダラーラF399 3S-GE  プロキダイ芙蓉実業 F399  48.104      0.767
9   8 井上 智之      ダラーラF398 3S-GE            ESSO TOM'S  48.454      1.117
10  71 内山 清士      ダラーラF399 3S-GE       NIHONKIZAIダラーラ  48.688      1.351
11  18 密山 祥吾      ダラーラF399 3S-GE           イエローハット 399  48.985      1.648
12   5 滑川  健       ダラーラF397 3S-GE      INGING  トステムF398  49.509      2.172
以上 予選通過車両:
開始時刻: 14:30'00      
予選通過基準タイム ( 110 % )    52.136
                          提供:鈴鹿サーキットランド

Japanese F3

F3_Rd.10:F3鈴鹿予選レポート

      今季初優勝に向け伊藤がポール奪取!
 マニング、松田、荒が1週間後に行われるマカオGPのため欠場。参加台数
も12台と寂しくなってしまったF3だが、連勝で締めくくりたい金石、2勝目
を目指すヴィルタネン、今季初勝利が欲しい伊藤など、今シーズンをリードし
てきた顔ぶれも健在だ。
 特に伊藤は、この後マカオに飛ぶことになっているため、優勝して弾みをつ
けたいところだ。
 午後2時30分から行われた東コースでの予選は、各チームタイヤ温存のため
なかなかコースインせず、静かな幕開けとなった。
 開始7分、ようやく1台がコースに出るが後は続かず、開始10分を過ぎて本
格的なアタックが始まった。
14分経過 #55金石、最終コーナーでスピン
15分経過 #9谷川(47.511)-#77伊藤-#55金石-
#87メディアーニ-15ヴィルタネン-17黒澤
26分経過 #55金石がトップに躍り出た(47.353)
28分経過 #77伊藤がトップへ(47.337)
29分経過 #55金石 47.340をマークするも#77伊藤には届かず
 伊藤が、金石とのアタック合戦を制してポールを奪った。伊藤は借り物のマ
シンだが気合十分だ。
■予選暫定結果
P.-No.Driver------------- Car--------------------Time-----
1 77 伊藤 大輔     (JPN) Dallara F399/Mugen     47.337
2 55 金石 年弘     (JPN) Dallara F399/Mugen     47.340
3  9 谷川 達也     (JPN) Dallara F399/Toyota    47.511
4  3 S.フィリップ  (FRA) Dallara F399/Toyota    47.655
5 15 R.ヴィルタネン(FIN) Dallara F399/Toyota    47.679
6 17 黒沢 治樹     (JPN) Dallara F399/Honda     47.836
             ・
             ・
       *** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(SDI00685@nifty.com) ***

Formula Nippon

FN_Rd.10:FN鈴鹿(東コース)公式予選1回目

1999全日本選手権フォーミュラ・ニッポン第10戦                      99-11-13 
'99フォーミュラ・ニッポン第10戦 鈴鹿サーキット ミリオンカードカップレース         WEATHER  : Fine
フォーミュラ・ニッポン                  公式予選 1回目結果表     COURSE   : Dry
鈴鹿サーキット東コース
Pos. No. Driver        Type                             Team   Time      Delay
------------------------------------------------------------------------------
1   1 本山  哲       レイナード 99L MF308     UNLIMITED LeMans 42.375 190.61Km/h
2   2 山西 康司      レイナード 99L MF308     UNLIMITED LeMans 42.530      0.155
3  56 脇阪 寿一      レイナード 99L MF308                 ARTA 42.593      0.218
4  55 金石 勝智      レイナード 99L MF308                 ARTA 42.705      0.330
5   6 ミハエル・クルム       レイナード 99L MF308               5ZIGEN 42.749      0.374
6  10 加藤 寛規      Gフォース GF03 MF308        SHIONOGI NOVA 42.763      0.388
7  19 影山 正美      レイナード 99L MF308      BE BRIDES IMPUL 42.791      0.416
8  64 トム・コロネル        レイナード 99L MF308        PIAA NAKAJIMA 42.883      0.508
9  65 光貞 秀俊      レイナード 99L MF308        PIAA NAKAJIMA 42.916      0.541
10   9 ラルフ・ファーマン      Gフォース GF03 MF308        SHIONOGI NOVA 42.920      0.545
11  62 ピーター・ダンブレック レイナード 99L MF308               LEYJUN 42.988      0.613
12  20 野田 英樹      レイナード 99L MF308      BE BRIDES IMPUL 42.991      0.616
13  12 飯田  章       レイナード 99L MF308     COSMO OIL CERUMO 43.060      0.685
14  11 立川 祐路      レイナード 99L MF308     COSMO OIL CERUMO 43.193      0.818
15   5 田中 哲也      レイナード 99L MF308               5ZIGEN 43.199      0.824
16  14 道上  龍       ローラ B99/51 MF308 SPEEDMASTERMOONCRAFT 43.245      0.870
17  15 影山 正彦      ローラ B99/51 MF308 SPEEDMASTERMOONCRAFT 43.329      0.954
18  63 柴原 眞介      ローラ B99/51 MF308               LEYJUN 43.641      1.266
19   3 川本  篤       レイナード 99L MF308           ASAHI KIKO 43.871      1.496
20  68 ルベン・デルフラー    ローラ B99/51 MF308     DoCoMo DANDELION 44.505      2.130
21  36 玉中 哲二      レイナード 99L MF308           TAKAGI B-1 45.624      3.249
開始時刻: 12:35'00      
                          提供:鈴鹿サーキットランド 

Formula Nippon

FN Rd.10:F3公式練習

1999年全日本F3選手権シリーズ第10戦               99-11-13    
'99フォーミュラ・ニッポン第10戦 鈴鹿サーキット ミリオンカードカップレース          WEATHER  : Fine
F3                          公式練習結果表             COURSE   : Dry
鈴鹿サーキット東コース
Pos. No. Driver        Type                         Team/Car   Time      Delay 
------------------------------------------------------------
1  77 伊藤 大輔      ダラーラF399 MF204B   スピードマスターF399ホンダ 47.285 170.82Km/h 
2  55 金石 年弘      ダラーラF399 MF204B          ARTA399無限 47.490      0.205 
3   9 谷川 達也      ダラーラF399 3S-GE             ThreeBond 47.618      0.333 
4   3 セバスチャン・フィリップ ダラーラF399 3S-GE    カストロール富士通テンF399 47.919      0.634 
5  87 マウリシオ・メディアーニ  ダラーラF399 GDI    阪急交通社 HKSラリーアート 48.066      0.781 
6  15 リスト・ビルタネン     ダラーラF399 3S-GE       5ZIGEN  DALLARA 48.072      0.787 
7  17 黒澤 治樹      ダラーラF399 MF204B    ライアン 戸田無限ホンダ 48.299      1.014 
8  38 五味 康隆      ダラーラF399 3S-GE  プロキダイ芙蓉実業 F399 48.338      1.053 
9   8 井上 智之      ダラーラF398 3S-GE            ESSO TOM'S 48.883      1.598 
10  71 内山 清士      ダラーラF399 3S-GE       NIHONKIZAIダラーラ 49.030      1.745 
11  18 密山 祥吾      ダラーラF399 3S-GE           イエローハット 399 49.031      1.746 
12   5 滑川  健       ダラーラF397 3S-GE      INGING  トステムF398 49.852      2.567 
開始時刻: 10:15'00    
                          提供:鈴鹿サーキットランド 

Formula Nippon

FN_Rd.10:FN鈴鹿(東コース)公式練習

1999全日本選手権フォーミュラ・ニッポン第10戦                      99-11-13     
'99フォーミュラ・ニッポン第10戦 鈴鹿サーキット ミリオンカードカップレース         WEATHER  : Fine
フォーミュラ・ニッポン                  公式練習結果表            COURSE   : Dry
鈴鹿サーキット東コース
Pos.No. Driver         Type                            Team    Time      Delay 
-------------------------------------------------------------------------------
1  9 ラルフ・ファーマン      Gフォース GF03 MF308        SHIONOGI NOVA   42.547 189.84Km/h
2  1 本山  哲       レイナード 99L MF308     UNLIMITED LeMans   42.611      0.064
3 65 光貞 秀俊      レイナード 99L MF308        PIAA NAKAJIMA   42.635      0.088
4 55 金石 勝智      レイナード 99L MF308                 ARTA   42.781      0.234
5 64 トム・コロネル        レイナード 99L MF308        PIAA NAKAJIMA   42.803      0.256
6 10 加藤 寛規      Gフォース GF03 MF308        SHIONOGI NOVA   42.814      0.267
7  6 ミハエル・クルム       レイナード 99L MF308               5ZIGEN   42.849      0.302
8  2 山西 康司      レイナード 99L MF308     UNLIMITED LeMans   42.904      0.357
9 62 ピーター・ダンブレック レイナード 99L MF308               LEYJUN   42.925      0.378
10 14 道上  龍       ローラ B99/51 MF308 SPEEDMASTERMOONCRAFT   42.954      0.407
11 56 脇阪 寿一      レイナード 99L MF308                 ARTA   43.030      0.483
12 20 野田 英樹      レイナード 99L MF308      BE BRIDES IMPUL   43.236      0.689
13 11 立川 祐路      レイナード 99L MF308     COSMO OIL CERUMO   43.244      0.697
14 19 影山 正美      レイナード 99L MF308      BE BRIDES IMPUL   43.279      0.732
15  5 田中 哲也      レイナード 99L MF308               5ZIGEN   43.297      0.750
16 15 影山 正彦      ローラ B99/51 MF308 SPEEDMASTERMOONCRAFT   43.409      0.862
17 63 柴原 眞介      ローラ B99/51 MF308               LEYJUN   43.533      0.986
18  3 川本  篤       レイナード 99L MF308           ASAHI KIKO   43.717      1.170
19 68 ルベン・デルフラー    ローラ B99/51 MF308     DoCoMo DANDELION   44.541      1.994
20 36 玉中 哲二      レイナード 99L MF308           TAKAGI B-1   44.565      2.018
21 12 飯田  章       レイナード 99L MF308     COSMO OIL CERUMO 4'18.285   3'35.738
開始時刻: 09:01'00      
                          提供:鈴鹿サーキットランド 

Formula Nippon

FN_Rd.10:鈴鹿予選1回目レポート

    本山、貫祿の暫定ポール!コロネルは苦しい8位
 11月14日、鈴鹿は朝から絶好のレース日和。
 タイトルの決する最終戦は、日本のトップフォーミュラ史上初開催となる
東ショートコースレース。1周40数秒のコースは、当然のことだが従来に増
して予選グリッドの重要性が唱えられている。
 午後1時35分、45分間の公式予選1回目が始まった。
10分経過 #2山西(42.641)-#56脇阪(42.924)-#9ファーマン(42.926)-
#19影山(43.042)-#64コロネル(43.165)-#10加藤(43.361)
20分経過 #2山西(42.641)-#9ファーマン(42.920)-#56脇阪(42.924)-
#10加藤(43.002)-#55金石(43.038)-#19影山(43.042)
タイトルを争う#1本山は思うようにタイムが伸びず、マシンの再チ
ェックを行っている。一方の#64コロネルも12位まで沈んでいる。
30分経過 #2山西(42.641)-#56脇阪(42.743)-#6クルム(42.749)-
#10加藤(42.763)-#19影山(42.791)-#55金石(42.908)
40分経過 #1本山 42.375! ようやく山西のタイムが更新された。
40分経過 #1本山(42.375)-#2山西(42.641)-#56脇阪(42.743)-
#6クルム(42.749)-#10加藤(42.763)-#19影山(42.791)
42分経過 #56脇阪 42.593 2位に浮上
43分経過 # 2山西 42.530 再び2位へ
45分経過 #55金石 42.705 4位へ
予選1回目暫定結果
1位 #1 本山     42.375
2位 #2 山西     42.641
3位 #56脇阪     42.743
4位 #55金石     42.705
5位 #6 クルム   42.749
6位 #10加藤     42.763
7位 #19影山     42.791
8位 #64コロネル 42.883
     ・
     ・
 前半は冴えなかった本山だが、ディフェンディングチャンプの貫祿を見せ
一発のアタックで暫定ポールを奪取。チームメイト山西がこれに続いた。
 本山とタイトルを争うコロネルは、セッティングに苦しんでいるようで8
位がやっと。
        *** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(SDI00685@nifty.com) ***

FUJI 1000km

ル・マン富士1000km 1999 レース正式結果表

*******************************************************************************
*                                        Fuji International Speedway(4.400km) *
*                          ル・マン富士1000km                           *
*                       ル・マン富士1000Km レース正式結果表                       *
* 1999.11.07    天候 : 曇り       コース状況 : ドライ         SEIKO TIMING *
*******************************************************************************
位車番クラス ドライバー  1         ドライバー  2         ドライバー  3
車      名                    周回    所要時間 トップ差    km/h   ベストタイム
-------------------------------------------------------------------------------
1 23 P   エリック・コマス        (F)    本山  哲        (J)    影山  正美      (J)   
NISSAN R391                    228 5:32'56.125          180.745  1'19.665
2  1 GTP 片山  右京      (J)    鈴木  利男      (J)    土屋  圭市      (J)   
TOYOTA GT-One                  227 5:34'02.789   1 Lap  179.353  1'18.806
3 61 P   加藤  寛規      (J)    脇阪  寿一      (J)   
BMW V12 LM                     222 5:34'13.169   6 Laps 175.311  1'20.872
4 35 500 ピエール・アンリ・ラファネル (F)    山路  慎一      (J)    土屋  武士      (J)   
マツモトキヨシ・トムススープラ 211 5:34'00.836  17 Laps 166.724  1'27.763
5  6 500 野田  英樹      (J)    ワイン・ガードナー   (AUS)   
RMK冷凍めんスープラ            209 5:32'56.726  19 Laps 165.674  1'28.191
6 32 500 木下  隆之      (J)    近藤  真彦      (J)    竹内  浩典      (J)   
cdma One セルモスープラ        208 5:33'05.306  20 Laps 164.810  1'27.483
7 60 GTS 荒  聖治        (J)    岡田  秀樹      (J)   
CHRYSLER VIPER GTS-R           203 5:34'24.076  25 Laps 160.216  1'29.416
8 11 500 和田  孝夫      (J)    木下みつひろ    (J)    菊地  靖        (J)   
エンドレス アドバンGT-R        200 5:33'56.204  28 Laps 158.067  1'29.344
9 16 GTS 羽根  幸浩      (J)    アーンスト・パルムバーガー(D)   
PORSCHE 911 GT2                198 5:33'41.377  30 Laps 156.601  1'31.324
10 81 GT  松田  秀士      (J)    ドミニク・シュワガー    (D)   
STPアドバンタイサンGT3R        197 5:33'29.301  31 Laps 155.904  1'34.011
11 69 GTS ゲロルド・リード     (D)    クリスチャン・リード     (D)    マンフレッド・ユラス     (A)   
PROTON PORSCHE 911 GT2         185 5:33'41.893  43 Laps 146.313  1'34.679
12 15 GTS ウォルフガング・カウフマン (D)    ボブ・ウォレック      (F)   
PORSCHE 911 GT2                180 5:33'10.857  48 Laps 142.578  1'29.834
13 91 300 石原  将光      (J)    高橋  規一      (J)    砂子  智彦      (J)   
ダイヤモンドポルシェ           178 5:33'18.265  50 Laps 140.941  1'37.693
14 65 GT  織戸  学        (J)    鈴木  隆司      (J)    吉川とみ子      (J)   
PORSCHE 993 RSR                176 5:33'23.460  52 Laps 139.321  1'40.171
15 17 GTS 池谷  勝則      (J)    野地  廣行      (J)   
PORSCHE 911 GT2                167 5:33'39.632  61 Laps 132.087  1'31.714
----------------------------- *** 以上 完走 *** -------------------------------
24 P   寺田陽次郎      (J)    フランク・フレオン       (F)    サトウ カイチ         (J)   
am/pm AUTOEXE                  158              70 Laps          1'24.883
70 300 石橋  義三      (J)    パトリック・バン・スクート (B)    原田  淳        (J)   
外車の外国屋アドバンポルシェ   157 5:33'59.483  71 Laps 124.052  1'39.144
80 GT  田嶋  栄一      (J)    須賀  宏明      (J)    新田  守男      (J)   
アドバンタイサンポルシェRSR    155 5:33'29.397  73 Laps 122.655  1'37.169
21 GTP 飯田  章        (J)    一ツ山  康      (J)    一ツ山幹雄      (J)   
パーパスPCマクラーレンGTR      147              81 Laps          1'25.095
28 500 西澤  和之      (J)    黒澤  琢弥      (J)    ピーター・ダンブレック (GB)   
MTCIポルシェGT-II              115 5:33'42.253 113 Laps  90.932  1'31.730
10 GTS 麻生  英彦      (J)    桧井  保孝      (J)    余郷  敦        (J)   
アビリティ・マリオポルシェ      74             154 Laps          1'33.522
64 GTS ステファン・オルテリ      (F)    和田  久        (J)   
PORSCHE 911 GT2                 40             188 Laps          1'30.008
56 GTS ビンセント・ボッセ     (B)    ザビエ・ポンピドー  (F)   
CHRYSLER VIPER GTS-R            40             188 Laps          1'28.429
-------------------------------------------------------------------------------
スタート  10:56'00     フィニッシュ  16:28'56.125
参加台数 : 23 台    出走台数 : 23 台    完走台数 : 15台
ベストタイム  No. 1 ( 片山  右京 )   1'18.806  191/227  201.000 km/h
-------------------------------------------------------------------------------
☆☆☆ 提供 : Fuji International Speedway ☆☆☆

FUJI 1000km

富士1000km決勝記者会見

決勝レース終了後の記者会見のコメント(要約)
LMGTPクラスウイナー
#23 NISSAN R391
エリック・コマス「レースで勝てる自信はあった。R391はルマン以来素晴ら
しい進化をエンジンでも、クルマでもシャシーでもルマンの時とは比較に
ならないぐらい素晴らしい進化を遂げていた。ルマンでは5位だった予選
が今回は2位だったので、追いつけると考えていた。タイヤも2スティン
トで良いラップタイムで絶対に勝てると思っていた。スタートはウエット
で、タイヤの選択がハードだったので暖まるまでグリップがなく苦労した
けれど、乾いてきてから長いラップを走るので、ソフトよりも展開を考え
れば正しい選択だった」
影山正美「エリックさんの2スティント用のセットだったので、タイムや
ペース配分考えながらガソリンが重かったけど2スティント行くんで、タ
イヤをいたわりつつピットと交信しながら大事に走りました。今回のレー
スはNISMOの社長から『絶対勝て』というプレッシャーがあったけれど、
予備予選が免除になったのであとは、社長が(日産に)プッシュするんじ
ゃないでしょうか」
本山哲「今回取りあえず391のクルマがルマンの本戦よりポテンシャルが
上がったしルマンの時でも接戦だったのが、ストレート速くなったし、決
勝ラップも良かった。結果的には、ペースカーも入って燃費も良かった。
そつなくこなした仕事になってしまったけれど、今回は自信がありました」
#1 TOYOTA GT-One
片山右京「スタートは急に雨が降り出したので気をつけようと思っていた
んですが、ミシュランタイヤは暖まりが良いので前半逃げました。クルマ
はダウンフォースをつけていたので、アンダーステアが出るようになった。
セーブした時にくだらないミスをしてしまった。クルマが低いんで黄旗が
見えなかったんです。また、最後にスタート・フィニッシュラインを間違え
て穴を埋めようと頑張ったんです。フォーミュラニッポンの3倍の距離は、
長いなあって感じましたね。クルマは速いんだけど…。土屋さんや利男さ
んやチームのがんばりをボクが台無しにしたんで申し訳ないです」
鈴木利男「クルマはすごく良かったです。すごく悔しいし日産には楽にさせ
過ぎちゃった。まあ、レースなんで黄旗とかしちゃいけないけど、しょっち
ゅうあること…。3人でまた思う存分走れたんで、ドライバーとしては楽し
めました」
土屋圭市「スタートはボクと利男さんはモニター見てたけど、右京のがんば
りでこのまま行ければなって言う流れはあった。ポルシェやスープラの陰に
なると(黄旗は)見えない。右京の責任ではないしボクが乗っている時もポ
ルシェの陰になると旗を振っていても見えない。もっと高い位置でないと…。
日産の作戦見つつウチも何パターンか2,1スティントにするか動きを見て
いく感じでした。朝のブリーフィングで毎回フレッシュに交換して攻めると
いう作戦だったけど、日産はタイヤ交換しないでそのまま行くんで、30秒や
られたなっていうのが本音。スタートラインのミスしょうがないし、バッテ
リーの電圧が下がって2分チョイのロス。それにしても日産のレース展開に
は素晴らしいものがあったかな」
GTSクラスウイナー
#60 CHRYSLER VIVER GTS-R
岡田秀樹「序盤のウチにライバルと思われるクルマが後退して、もともと自
分たちの範囲でやろうという中でミスなくやって楽が出来た。充分期待に応
えてくれた」
荒聖治「バイパーでは3回目のレースで、クルマも一番まともな、あすごく
良い(苦笑)のに乗せていただいて良いレース展開が出来て良かった。他が
ペナルティで脱落する中で、無理する必要もなく燃費やブレーキをセーブし
ました」
LMGTクラスウイナー
#81 STPアドバンタイサンGT3R
松田秀士「敵があんまり居なくて緊張感もなかった。とにかく燃費良く走る
のがテーマだったんで、50周ノーチャージなど心がけていた。目標タイムも
あったし、その中で燃費良く走るのがテーマだったので、ほとんど完璧なレ
ースだった。来年ルマンに行って美味しいもの食べて、良い結果を残せるよ
うこれから良い夢を見ます」
ドミニク・シュワガー「当然、勝てたのは嬉しいけれど何よりチームのために
よかった。強烈なライバルも居なくて完走を心がけていた。ミスもなく、タ
イヤも良く、ポルシェも完全なサポートをしてくれた。耐久性が切れたエン
ジンを積み換えてのが良かった。ルマンに来年出れる手伝いが出来て良かっ
た」
GT500クラスウイナー
#35 マツモトキヨシ・トムススープラ
山路慎一「路面が濡れていた危ない状況でのスタートだったので、大事に行こ
うとまわりに翻弄されることなくペースを落として、予選から調子が良かった
クルマをあわてずに自分たちのペースを見つければと思っていました。耐久用
のクルマじゃなく、GTのシリーズでもトラブルはあって、不安材料はあった。
パーフェクトでビックリするぐらい完璧なレースでした」
土屋武士「初めてのスープラで、初めてのチームですべて初めてでした。絶対
ミスしないって言い聞かせてセーブしました。プッシュするのは仕事じゃない
のでピエールと山路さんに渡すことを考えました」
GT300クラスウイナー
石原将光「富士で表彰台なんて夢のようで、皆さんにたくさん迷惑をかけてしま
いました。クルマのセッティングは非常に良かった走りやすくして下さいました」
高橋規一「昨日、ミッションがいかれて予選は走れていない。嘆願書でも出せば
というところで出走させていただいて勝ったんで申し訳ない。3人のノーミスで
2人で砂子さんの貯金をつぶして勝たせてもらいました(笑)」
-------------------------------------------------------------------
JCG00146 竹下 恵一郎

FUJI 1000km

ルマン富士1000km決勝レポート(3)

ニッサン、ルマン24時間の雪辱なる!
トヨタ一人相撲のペナルティ、トラブルで自滅
■ルマン富士1000km決勝レポート(3)
レースは三分の二を迎え、快調に周回をこなす#23ニッサンがペナルティ
ストップと不測のトラブルで後退した#1トヨタに大量リードを築いている。
決勝のペースも、当初#1トヨタが速いと思われていたが、#23ニッサンも遜
色ないペースを維持している。この速さがトヨタの作戦を狂わせたようだ。ト
ヨタのトラブルがなかったとしても、両者互角の勝負だったと思われる。
ニスモは全日本GT選手権でも見事なピットワークを見せるが、今回もドラ
イバー交代、タイヤ交換を最小限にしロスタイムを極力抑えている。
150周目 順位 23-1-61-35-32-60-21-11-81-16-24-69-91-65
153周目 #61BMWピットイン。脇阪のままピットアウト。
157周目 #23ニッサンの背後に#1トヨタが迫る。
158周目 1コーナー手前で#1トヨタ(鈴木)が#23ニッサン(正美)の前に出る。
これで2ラップ遅れに。
160周目 #1トヨタは、またしても1分19秒台を叩き出す。
161周目 #23ニッサン、ピットイン。給油、タイヤ交換。影山→本山。
162周目 #1トヨタ、ピットイン。給油、タイヤ交換。鈴木→片山。
164周目 レース開始から4時間を経過。
167周目 6位走行中の#6スープラがスロー走行……と思うと、ペース戻る。
駆動系のトラブルか。
#21マクラーレンはガレージへ。リアの足回りトラブルでリタイア。
170周目 #1トヨタ(右京)1'19.472 ほとんどベスト(1'19.467)に近いタイムだ。
180周目 順位 23-1-61-35-6-32-60-11-16-81-24-21-69-91-65
#1トヨタ(右京)は時折1'19秒台をマークするなど、相変わらずハイペ
ースで追い上げるが、トップ#23ニッサン(本山)は大量リードに支えら
れ余裕の走行(1'22~23秒台)。周回遅れの処理も丁寧だ。
185周目 #24AUTOEXEが最終コーナーでストップ。
187周目 セーフィティカーラン。
188周目 セーフティカーランを利用し、#1トヨタ、ピットイン。給油、タイヤ
交換。
189周目 #23ニッサンもピットイン。給油、タイヤ交換。本山→コマス。最後は
エース・コマスに託すようだ。
190周目 セーフティカーラン解除。
192周目 #1トヨタ(右京)1'18.904 前がクリアになりファステスト!!
193周目 #1トヨタ(右京)1'18.806 ファステスト更新!!
195周目 #23ニッサン-(1周+58秒)-#1トヨタ
200周目 順位 23-1-61-35-6-32-60-11-16-81-69-24-91-65-15
201周目 #1トヨタにまたしてもペナルティの黒旗。セーフティカーラン解除の
際にコントロールライン前に前車を抜いてしまったようだ。
204周目 #1トヨタ、ペナルティピットストップ。20秒。
トラブルフリーで1000kmを走りきったニッサンR391が完勝。下馬評で有利と
言われていたトヨタGT-Oneはペナルティで自滅してしまった。BMW V12 LMは安
定した速さを見せたものの、前2車には届かず。
 また、全日本GTを戦うスープラ3台がルマンスペシャルマシンに続き、耐
久性を含めた完成度の高さを窺わせた。
レース暫定結果(Top15)
P-No.Cls----Car--------------------------Drivers--------------Laps-Goal Time-
1 23 P      NISSAN R391                  コマス/本山/影山      228
2  1 GTP    TOYOTA GT-One                片山/鈴木/土屋            -  1 Lap
3 61 P      BMW V12 LM                   加藤/脇阪                 -  6 Laps
4 35 500    マツモトキヨシトムススープラ ラファネル/山路/土屋      - 17 Laps
5  6 500    RMK冷凍めんスープラ          野田/ガードナー           - 19 Laps
6 32 500    cdma One セルモスープラ      木下/近藤/竹内            - 20 Laps
7 60 GTS    CHRYSLER VIPER GTS-R         荒/岡田                   - 25 Laps
8 11 500    エンドレス アドバンGT-R      和田孝夫/木下/菊地        - 28 Laps
9 16 GTS    PORSCHE 911 GT2              羽根/パルムバーガー       - 30 Laps
10 81 GT     STPアドバンタイサンGT3R      松田/シュワガー           - 31 Laps
11 69 GTS    PORSCHE 911 GT2              Gリード/Cリード/ユラス    - 43 Laps
12 15 GTS    PORSCHE 911 GT2              カウフマン/ウォレック     - 48 Laps
13 91 300    ダイヤモンドポルシェ         石原/高橋/砂子            - 50 Laps
14 65 GT     PORSCHE 993 RSR              織戸/鈴木/吉川            - 52 Laps
15 17 GTS    PORSCHE 911 GT2              池谷/野地                 - 61 Laps
*** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(SDI00685@nifty.com) ***

FUJI 1000km

ルマン富士1000km決勝レポート(2)

■ルマン富士1000km決勝レポート(2)
ルマン富士1000kmレースは、ペナルティストップで後退した#1トヨタが#23
ニッサンを追う展開となっている。70周を過ぎてその差1分30秒。コースでは
速い#1トヨタだが、ピットイン時間はタイヤの消耗が少ない#23ニッサンが有
利。互角の勝負だ。
天候は落ち着き、曇ってはいるものの時折陽も射して雨の心配はなさそうだ。
79周目 #23ニッサンピットイン。コマス→正美へ。
これで一時的に#1トヨタがトップへ。
83周目 #1トヨタ-(8.3秒)-#23ニッサン
85周目 #1トヨタピットイン。鈴木→土屋へ。40秒程度の素早いピット作業で
#23ニッサンと同一周回のままコース復帰。
86周目 #23ニッサン-(1'13.6)-#1トヨタ
90周目 #61BMWピットイン。加藤→脇阪へ。
92周目 #23ニッサン-(1'16.8)-#1トヨタ
#23ニッサン(正美)のペースが速く#1トヨタ(土屋)は逆に差を開かれている
95周目 #23ニッサン-(1'17.4)-#1トヨタ
ほぼ1周の差がある両者。#1トヨタの背後に#23ニッサンが迫る恰好だ。
100周目 順位23-(1'15.4)1-61-35-32-6-60-11-21-81-15-16-17-24-91
105周目 #23ニッサン-(1'13.9)-#1トヨタ
110周目 #23ニッサン-(1'12.0)-#1トヨタ
111周目 クラッシュから復活して12位を走行していた#24AUTOEXEがピットロー
ド入口でストップ。ガス欠か?なんとかピットへ戻ることに成功。
114周目 レース折り返しを迎えた。スタートから2時間49分20秒を経過。
晴れ間が出て穏やかな天候になった。気温17度。路面温度22度。
115周目 #61BMWピットイン。
#23ニッサン-(1'12.0)-#1トヨタ
120周目 #23ニッサン-(1'13.8)-#1トヨタ
121周目 #23ニッサン、ピットイン。給油のみ。#1トヨタに抜かれることなく、
トップでコース復帰。
122周目 #23ニッサン-(8.8秒)-#1トヨタ
125周目 #23ニッサン-(8.5秒)-#1トヨタ
126周目 #1トヨタ、ピットイン。給油、タイヤ交換。土屋→鈴木
ピットアウトしようとしたが、エンジン始動せず!助手席に搭載され
たバッテリーを交換してピットアウト。作業時間3分50秒。
#23ニッサンはこの間に3周のリードを築く。勝負あったか?!
134周目 #1トヨタ(鈴木)は何と1'19秒台を連発。必死の追い上げを敢行。
140周目 順位(Top10)
P-No.Cls----Car--------------------------Drivers--------------Laps-Goal Time-
1 23 P      NISSAN R391                  コマス/本山/影山      140
2  1 GTP    TOYOTA GT-One                片山/鈴木/土屋            -  3 Lap
3 61 P      BMW V12 LM                   加藤/脇阪                 -  5 Laps
4 35 500    マツモトキヨシトムススープラ ラファネル/山路/土屋      - 10 Laps
5 32 500    cdma One セルモスープラ      木下/近藤/竹内            - 12 Laps
6  6 500    RMK冷凍めんスープラ          野田/ガードナー           - 12 Laps
7 60 GTS    CHRYSLER VIPER GTS-R         荒/岡田                   - 15 Laps
8 11 500    エンドレス アドバンGT-R      和田孝夫/木下/菊地        - 16 Laps
9 21 GTP    パーパスPCマクラーレンGTR    飯田/一ツ山康/幹雄        - 16 Laps
10 81 GT     STPアドバンタイサンGT3R      松田/シュワガー           - 19 Laps
決勝レポート(3)につづく
*** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(SDI00685@nifty.com) ***

FUJI 1000km

ルマン富士1000km決勝レポート(1)

■ルマン富士1000km決勝レポート(1)
11月7日ルマン富士決勝日、富士スピードウェイ上空は雲が垂れ込め、スタ
ート前には雨が降ってきた。強い降りではないが、コースを僅かに濡らす。
コースコンディションが変わったため、1周のフォーメイションの後、午前
11時セーフティカーランのままスタートが切られた。やや拍子抜けのスタート
だが、とりあえず1000km(228周)レースが始まった。
 この状態が2周続いた後、セーフティカーランが解除。本格的なレーススタ
ートとなった。トップは#1トヨタだ。
 昨日クラッシュした#24AUTOEXEは徹夜の作業をスタート直前まで行い、何と
かマシンをスタートに間に合わせたが、完全とは言えない状態のようだ。
4周目 #21マクラーレンが2位に浮上
5周目 #1トヨタが早くも5秒のマージンを築く。2位#21マクラーレン、3位
#23ニッサン、以下#61BMW、#11GTR、#6スープラと続く
6周目 #32スープラピットイン。タイヤをウェットからドライに交換して復帰。
#23ニッサンが2位に浮上。#1トヨタを上回るペースで追い上げる。
上位のオーダーは予選順に戻った。
9周目 #21マクラーレンPIT。タイヤレイン→スリック。#11GTRもタイヤを交換。
10周目 順位 1-(5秒)-23-61-6-56-35-15-60-64-17
15周目 路面が乾くにつれ、#1トヨタ、#23ニッサンの差が広がる。
20周目 #1トヨタ-(17.5秒)-#23ニッサン-(32.6秒)-#61BMW
24周目 7位走行中の#15ポルシェの左リアタイヤがバースト。ゆっくりとコー
スを回りピットへ。
25周目 #1トヨタ-(19.8秒)-#23ニッサン-(45秒)-#61BMW
#1,#23は1'20~21秒台、#61は1'22秒台。4位#6スープラは1'28秒台。
29周目 #35スープラが#6スープラを抜きN-GT500クラストップへ。
30周目 1-(21.7秒)-23-61-35-6-56-60-21-64-17
36周目 ストレートで#1トヨタが#61BMWを周回遅れに。これで同一周回は
#1トヨタ、#23ニッサンの2台のみ。
39周目 #23ニッサンピットイン。給油のみ。ドライバーはコマスのまま。
42周目 #61BMWピットイン。給油、タイヤ交換。加藤のまま。
43周目 #1トヨタピットイン。給油、タイヤ交換。右京→鈴木へ。
ピットストップ時間の差で#23ニッサンがトップに立った。
45周目 #23ニッサン-(14.8秒)-#1トヨタ
48周目 ダンロップコーナーで#64ポルシェがストップ。セーフィティカーが入る。
50周目 順位23-1-61-35-6-32-21-60-81-11-17-16-15-28-91-65-69-64-56-10
51周目に入るところでセーフィティカーラン解除
55周目 #23ニッサン-(5.0秒)-#1トヨタ
56周目 #1トヨタにペナルティストップの黒旗提示。黄旗追い越し。
トヨタのピットでは納得がいかない様子。
61周目 #1トヨタ、ペナルティのピットイン(1分)。これは痛い。
#23ニッサンとの差は1周+20秒
70周目 順位(Top10)
P-No.Cls----Car--------------------------Drivers--------------Laps-Goal Time-
1 23 P      NISSAN R391                  コマス/本山/影山       70
2  1 GTP    TOYOTA GT-One                片山/鈴木/土屋            -  1 Lap
3 61 P      BMW V12 LM                   加藤/脇阪                 -  3 Laps
4 35 500    マツモトキヨシトムススープラ ラファネル/山路/土屋      -  5 Laps
5 32 500    cdma One セルモスープラ      木下/近藤/竹内            -  6 Laps
6  6 500    RMK冷凍めんスープラ          野田/ガードナー           -  6 Laps
7 60 GTS    CHRYSLER VIPER GTS-R         荒/岡田                   -  7 Laps
8 21 GTP    パーパスPCマクラーレンGTR    飯田/一ツ山康/幹雄        -  8 Laps
9 11 500    エンドレス アドバンGT-R      和田孝夫/木下/菊地        -  8 Laps
10 81 GT     STPアドバンタイサンGT3R      松田/シュワガー           -  9 Laps
決勝レポート(2)につづく
*** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(SDI00685@nifty.com) ***

FUJI 1000km

ル・マン富士1000km 1999 公式予選正式結果表

*******************************************************************************
*                                        Fuji International Speedway(4.400km) *
*                          ル・マン富士1000km                           *
*                      ル・マン富士1000Km 公式予選正式結果表                      *
* 1999.11.06                                                SEIKO TIMING *
*******************************************************************************
位車番クラス ドライバー  1         ドライバー  2         ドライバー  3
形    式         車     名                      ベストラップ 周  km/h
-------------------------------------------------------------------------------
1  1 GTP 片山  右京      (J)    鈴木  利男      (J)    土屋  圭市      (J)   
T/GT-ONE /TOYOTA TOYOTA GT-One                  1'16.349 58 207.468
2 23 P   エリック・コマス        (F)    本山  哲        (J)    影山  正美      (J)   
N/R391   /NISSAN NISSAN R391                    1'16.814 53 206.212
3 61 P   加藤  寛規      (J)    脇阪  寿一      (J)                          
B/V12LM     /BMW BMW V12 LM                     1'18.941 69 200.656
4 24 P   寺田陽次郎      (J)    フランク・フレオン       (F)    サトウ カイチ         (J)   
A/LMP99/X-TUNING am/pm AUTOEXE                  1'22.176 21 192.757
5 21 GTP 飯田  章        (J)    一ツ山  康      (J)    一ツ山幹雄      (J)   
M/F1GTR     /BMW パーパスPCマクラーレンGTR      1'22.795 41 191.316
6 35 500 ピエール・アンリ・ラファネル (F)    山路  慎一      (J)    土屋  武士      (J)   
T/JZA80  /TOYOTA マツモトキヨシ・トムススープラ 1'25.012 79 186.327
7 32 500 木下  隆之      (J)    近藤  真彦      (J)    竹内  浩典      (J)   
T/JZA80  /TOYOTA cdma One セルモスープラ        1'25.749 69 184.725
8  6 500 野田  英樹      (J)    ワイン・ガードナー   (AUS)                          
T/JZA80  /TOYOTA RMK冷凍めんスープラ            1'26.404 11 183.325
9 56 GTS ビンセント・ボッセ     (B)    ザビエ・ポンピドー  (F)                          
C/VIPER/CHRYSLER CHRYSLER VIPER GTS-R           1'27.105 59 181.849
10 11 500 和田  孝夫      (J)    木下みつひろ    (J)    菊地  靖        (J)   
N/BCNR33 /NISSAN エンドレス アドバンGT-R        1'27.581 34 180.861
11 60 GTS 荒  聖治        (J)    岡田  秀樹      (J)                          
C/VIPER/CHRYSLER CHRYSLER VIPER GTS-R           1'27.825 42 180.359
12 15 GTS ウォルフガング・カウフマン (D)    ボブ・ウォレック      (F)                          
P/993GT2/PORSCHE PORSCHE 911 GT2                1'28.726 23 178.527
13 64 GTS ステファン・オルテリ      (F)    和田  久        (J)                          
P/993GT2/PORSCHE PORSCHE 911 GT2                1'30.244 42 175.524
14 16 GTS 羽根  幸浩      (J)    アーンスト・パルムバーガー(D)                          
P/993GT2/PORSCHE PORSCHE 911 GT2                1'30.516 42 174.997
15 28 500 西澤  和之      (J)    黒澤  琢弥      (J)    ピーター・ダンブレック (GB)   
P/993GT2/PORSCHE MTCIポルシェGT-II              1'31.144 60 173.791
16 17 GTS 池谷  勝則      (J)    野地  廣行      (J)                          
P/993GT2/PORSCHE PORSCHE 911 GT2                1'31.496 37 173.122
17 81 GT  松田  秀士      (J)    ドミニク・シュワガー    (D)                          
P/996GT3/PORSCHE STPアドバンタイサンGT3R        1'32.664 44 170.940
18 69 GTS ゲロルド・リード     (D)    クリスチャン・リード     (D)    マンフレッド・ユラス     (A)   
P/993GT2/PORSCHE PROTON PORSCHE 911 GT2         1'34.430 71 167.743
19 80 GT  田嶋  栄一      (J)    須賀  宏明      (J)    新田  守男      (J)   
P/993RSR/PORSCHE アドバンタイサンポルシェRSR    1'37.323 20 162.757
20 70 300 石橋  義三      (J)    パトリック・バン・スクート (B)    原田  淳        (J)   
P/993GT2/PORSCHE 外車の外国屋アドバンポルシェ   1'38.499 58 160.814
21 10 GTS 麻生  英彦      (J)    桧井  保孝      (J)    余郷  敦        (J)   
P/993GT2/PORSCHE アビリティ・マリオポルシェ     1'31.418 29 173.270
22 65 GT  織戸  学        (J)    鈴木  隆司      (J)    吉川とみ子      (J)   
P/993RSR/PORSCHE PORSCHE 993 RSR                1'39.170 42 159.726
23 91 300 石原  将光      (J)    高橋  規一      (J)    砂子  智彦      (J)   
P/993RSR/PORSCHE ダイヤモンドポルシェ           1'39.884 16 158.584
-------------------------------------------------------------------------------
☆☆☆ 提供 : Fuji International Speedway ☆☆☆

FUJI 1000km

富士1000km記者会見要約

予選終了後の記者会見のコメント(要約)
LMGTPクラス
#1 TOYOTA GT-One
片山右京「結果ポールポジションで本当に良かった。チームのみんな全スタ
ッフに感謝したいです。前評判でトヨタは楽だろうって言われてましたけど、
日産も一生懸命だしBSもテストしてきたんで、かなりハードにやらなきゃい
けないと思いました。クルマもルマン用し、レースラップはコンマいくつか
の差だし、1回目の予選は行ったらオイル出て、後半にリカバーしました。
午後も、オイルが出たし日差しもあったんで。(1回目と2回目の流れにつ
いては)1回目に本当はもっとクルマのバランスをつくって1回で予選を終
わる予定だったんですが、オイルがいっぱい出ていたんでみんなでクオリフ
ァイしようということで、利男さんに代わってもらって土屋さんにその後、
乗ってもらいました。午後は、BSとNISMOのコンビが来ると予想して戦闘態
勢を取っていました。ダウンフォースを減らして15.9秒がターゲットタイム
だったんですが、シュミレーションは16.5秒だったのでコンマ2秒は速かっ
た。ただ、1コーナーからヘアピン立ち上がりまでオイルが出ていたのと、
太陽がまぶしくて100Rの立ち上がりは誰もいないことを祈って、アクセルを
踏んでいました」
土屋圭市「4周ぐらいしか乗っていないですから決勝で慣れたい(笑)ピット
ストップは向こうに合わせたいし、ルマンみたいな余裕は全くないですよ」
GTSクラスPP
#56CHRYSLER VIVER GTS-R
ビンセント・ボッセ「今日は良い結果だったけれどレースは長いんで…。ザビ
エが良いタイムを出してくれてチームとしても喜んでいる。チームの2台の
クルマがカテゴリーの上位2台なのでレースもこの2台の勝負になりそうだ」
ザビエ・ボンビドー「アタックラップはトラフィックもなくて良いラップだっ
たが、1つ2つのミスがあったからもうちょっと良いタイムが出たと思うが、
満足している。27.1秒が出せると昨日のシュミレーションと合っていた。ビ
ンセントと組んで3回目なので、良いコンビネーションでレースができるだ
ろう」
LMGTクラスPP
#81 STPアドバンタイサンGT3R
松田秀士「朝はちょっとトラブルがあって、走り始めてエンジンを新しいのに
載せ換えてたんですが、コースにオイルがいっぱい出ていてライン上の危ない
ところにあって『誰だ?危ないな』って思ってピットに入ってきたら自分だっ
た(笑)赤旗の原因になって申し訳なかったんですが、気づかなかった。予選
タイヤ履いて出ていったら飛び出したりして、午後は切り替えていったらGT
300で勝てたその流れに戻ったかなと思ってる。タイヤも心配ないので、後は
自分たちのミスがなければいける。是非勝ってルマンにいきたい」
GT500クラスPP
#35 マツモトキヨシ・トムススープラ
山路慎一「僕たちは今回GTで使っているタイヤとクルマと同じ体制で、武士
君に加わってもらって昨日今日とみんなでやってきた結果です。今回初めて予
選担当して昨日から今日にかけては個人的には楽しい時間を過ごしています。
アタックの経験は全くないんで、不安材料もあって様子を見ようと行ったら意
外と良い結果でした。スープラの耐久性は鈴鹿1000kmのデータぐらいしかない
し、気温も低いのでコンディションは楽だと思います。長いスタンスの中での
耐久性を証明したい」
土屋武士「まったく初めてのスープラですが、乗りやすいです! 今回、声を
かけていただいてチャンスと思うんでミスをせずに自分のベストを尽くします。
障害は全くないです。チーム国光で鈴鹿1000km、今回もトムスで乗せていただ
いて自分のベストを尽くすのが大事とわかっています」
-------------------------------------------------------------------
JCG00146 竹下 恵一郎

FUJI 1000km

富士1000km予選2回目速報

 予選2回目は、14時50分から70分で予定通り開始された。晩秋の午後
の日差しは、コース上に長い影を落としている。最終コーナーから立ち上
がってくるマシンは逆光になる状況だ。
 #23 NISSAN R391(エリック・コマス/本山哲/影山正美組)の影山が1分19
秒252を今回も開始早々にマークし、ラップモニターの最上部につける。
これに対して#1 TOYOTA GT-one(片山右京/鈴木利男/土屋圭市組)の鈴木が
まずは1分21秒283を出す。10分後には19秒976と20秒を切る。この
2台に続くのは、#61 BMW V12 LM(加藤寛規/脇坂寿一組)の20秒955だ。
開始20分#23が19秒158とタイムを更新。すると直後に#1 TOYOTA GT-
oneも片山が18秒840と午後のセッションのトップタイムを更新する。
だが、その後に#23も17秒643を出し、再び逆転する。
 30分経過時点での順位は
#23 1'17.643 NISSAN R391
# 1 1'18.427 TOYOTA GT-one
#61 1'20.955 BMW V12 LM
#24 1'22.176 am/pm AUTOEXE
#32 1'25.749 マツモトキヨシ・トムススープラ
# 6 1'26.441 RMK冷凍めんスープラ
残り半分となった段階で、#23 コマスが17秒049と午前中のベストタイ
ムに迫る。これを見ていたかの様に#1 片山も17秒600と更新。
 15時30分少し前に#24 am/pm AUTOEXEのフランクフレオンが1コーナー
でブレーキロックからクラッシュ、タイアバリアへ右フロントを直撃する形
で大破し、コース上は赤旗中断。ドライバーは救急車で搬送される。
 回収作業後に残り32分でセッションは再開されることとなった。
 15:45から32分間で残りの予選セッションが再開される。
10分後、タイヤ交換を行い出ていった#1 TOYOTAの片山が1分16秒349とこ
れまでの最速ラップをマークし、午前中のタイムも更新してのトップタイム
をマークする。15分後#23コマスも16秒814と自らの午前中のトップタイム
を更新。#61 BMW V12 LM の加藤も18秒941とベストラップを更新し3位の座
を不動のものにする。残り10分あまり、アタックに出た#23コマスが1コーナ
ーでコースアウト。大した影響はないようで再びコースに復帰。
 残り7分、コース上では再びアタックに出た#1 TOYOTAと#23 R391の熾烈な
戦いが続く。#1 片山は16秒370とタイム更新にはわずかに及ばず。
 この結果、総合トップは#1 TOYOTAが、2番手に#23 NISSAN、3位は
#61 BMW、4位は AUTOEXEだが明日の出走は不可能の模様。5番手は午前中に
タイムをマークしている#21 マクラーレンGTR、6番手は#35 スープラ、7位に
#32 スープラ、8位は#6 スープラとなる。
(2回目予選暫定結果/トップ10)
# 1 TOYOTA GT-one                1'16.349
#23 NISSAN R391                    1'16.814
#61 BMW V12 LM                 1'18.941
#24 am/pm AUTOEXE                1'22.176
#35 マツモトキヨシ・トムススープラ  1'25.074
#32 cdma One セルモスープラ        1'25.749
# 6 RMK冷凍めんスープラ            1'26.441
#21 パーパスPCマクラーレンGTR     1'26.655
#11 エンドレスアドバンGTR          1'27.581
#56 CHRYSLER VIPER GTS-R            1'28.483
----------------------------------------------------------------------------
---
JCG00146@nifty.ne.jp
竹下 恵一郎

FUJI 1000km

富士1000km予選1回目速報

 国内初のル・マンレギュレーションによる「ル・マン富士1000km」
の予選1回目が11時10分から予定通り開始された。天候には恵まれ、冠
雪の富士山も正面に見える晴天。だが、この季節にしては気温は高めのコ
ンディションだ。注目の#23 NISSAN R391(エリック・コマス/本山哲/影山正
美組)が1分17秒822を開始早々にマークし、ラップモニターの最上部に
つける。これに対して#1 TOYOTA GT-one(片山右京/鈴木利男/土屋圭市組)が
片山のドライブで10分後にまずは1分18秒518をマークし、直後に17秒
391のトップタイムをマーク。だが、意地の#23 NISSAN R391のコマスも開
始15分過ぎで16秒988。この後、Aコーナーで#81STPアドバンタイサン
GT3Rからオイルが出たため赤旗中断。
 ここまでの順位は
#23 1'16.988 NISSAN R391
# 1 1'17.391 TOYOTA GT-one
#61 1'20.773 BMW V12 LM
#21 1'22.795 パーパスPCマクラーレンGTR
#35 1'25.012 マツモトキヨシ・トムススープラ
# 6 1'25.893 RMK冷凍めんスープラ
 11:45から54分間で残りの予選セッションが再開。開始20分ほどで1分
16秒846に#1 TOYOTA が更新。さらに16秒574の暫定トップタイムをマー
クし、#23 R391のタイムアップはならず。
(1回目予選暫定結果/トップ10)
# 1 TOYOTA GT-one                1'16.574
#23 NISSAN R391                    1'16.988
#61 BMW V12 LM                 1'19.224
#21 パーパスPCマクラーレンGTR     1'19.795
#35 マツモトキヨシ・トムススープラ  1'25.012
#32 cdma One セルモスープラ        1'25.883
# 6 RMK冷凍めんスープラ            1'25.893
#56 CHRYSLER VIPER GTS-R            1'27.015
#60 CHRYSLER VIPER GTS-R            1'27.825
#15 PORCHE 911 GT2                  1'28.726
----------------------------------------------------------------------------
---
JCG00146@nifty.ne.jp
竹下 恵一郎

検索

最新ニュース