Archives

  • [—]2021 (114)
  • [+]2020 (461)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (248)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

JAF F4選手権

JAF-F4:第1戦鈴鹿公式予選 鈴木智之がうれしい初ポールポジション

 JAF-F4地方選手権シリーズ第1戦は28日、鈴鹿サーキットクラブマンレース第1戦で公式予選を行い、鈴木智之(テイクファースト★C72制動屋)が2分4秒638でポールポジションを獲得した。

ポールポジションは鈴木智之(テイクファースト★C72制動屋) 予選2位は宮下源都(佐藤製作所★KK-ZS) 予選3位は元嶋成弥(佐藤製作所★TOMEI★ミスト)

 開幕戦となった鈴鹿サーキットには12台とこのシリーズとしては多くのエントラントが集まった。公式予選は午前8時より冷え込んだ曇り空のもと20分で行われた。

 予選は、久しぶりにF4をドライブした鈴木智之(テイクファースト★C72制動屋)が好調。「練習からマシンが決まってた」と4周目に2分5秒925でリーダーに躍り出るとここから周回ごとにタイムを縮め、7周目には4秒638をたたき出す。「ポールは五分五分で取れると思ってた」とうれしい初ポールポジションを獲得した。

 F4初登場の宮下源都(佐藤製作所★KK-ZS)は8周目に2分4秒628とタイムを伸ばすもわずか0秒172届かず2位、3位には元嶋成弥(佐藤製作所★TOMEI★ミスト)が入った。

 決勝は午後12時20分より10周で行われる。「スタートでストールしなければ……」という鈴木が1コーナをトップで抜けられれば優勝が見えてくる。予選2位の宮下との争いに注目したい。

Text: Yoshinori OHNISHI
Photo: Motorsports Forum


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース