Archives

  • [—]2019 (577)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

SUPER GT

SGT:第3戦鈴鹿決勝 トムス勢が予選に続いて1-2フィニッシュを達成。#36auが今季初勝利

2019オートバックススーパーGT第3戦「鈴鹿GT300kmレース」の決勝が5月26日、三重県の鈴鹿サーキットで行われ、ポールポジションからスタートした#36中嶋一貴/関口雄飛組(au TOM'S LC500)が今季初優勝。予選2位の#37平川亮/ニック・キャシディ組(KeePer TOM'S LC500)が2位に入り、予選に続いてトムス勢が1-2という結果になった。GT500クラスは#96新田守男/阪口晴南組(K-tunes RC F GT3)が開幕戦岡山に続いて今季2勝目を挙げている。
(天候:晴れ コース:ドライ 観客動員数:予選21,000人/決勝36,000人/大会総入場者数57,000人)

三重県警の白バイ、タクシーでパレードラップが始まった

GT500クラスのスタートシーン

GT300クラスのスタートシーン

KeePer TOM\'S LC500とau TOM\'S LC500の争い

au TOM\'S LC500、KeePer TOM\'S LC500、WAKO\'S 4CR LC500、GT500クラストヨタ同士のトップ争い

GT500クラス優勝は中嶋一貴/関口雄飛組(au TOM\'S LC500)

GT500クラス決勝2位は平川亮/ニック・キャシディ組(KeePer TOM\'S LC500)

GT500クラス決勝3位は大嶋和也/山下健太組(WAKO\'S 4CR LC500)

GT300クラス優勝は新田守男/阪口晴南組(K-tunes RC F GT3)

GT300クラス決勝2位は坂口夏月/平木湧也組(ADVICSマッハ車検MC86マッハ号)

GT300クラス決勝3位は井口卓人/山内英輝組(SUBARU BRZ R&D SPORT)

GT500クラスの表彰式

GT300クラスの表彰式

第3戦決勝は午後2時30分より52周で行われた。開幕戦岡山、第2戦富士と雨に祟られた今年のスーパーGTだが、今回は予選決勝を通じて晴天に恵まれ、スタート時の気温は29℃、路面温度42℃という暑さの中での戦いとなった。

スタートでトップに立ったのはポールの36号車。スタートドライバーの中嶋は序盤から後続を引き離そうと試みたが、2位の37号車はそれを許さず、両者は2周目以降は2秒前後の間隔を保って周回を重ねていく。

すると17周目。10位前後を走行していた#23ロニー・クインタレッリ(MOTUL AUTECH GT-R)の右フロントタイヤが130Rでバースト。23号車はコースを外れフロントからタイヤバリアに突っ込んでしまう。これにより18周目からセーフティーカーが導入され、23周目に入ったところでようやくリスタートとなった。

トップの36号車はこれに合わせて23周終わりでピットイン。3位の#6山下健太(WAKO'S 4CR LC500)もこの周でピットに飛び込み、2位の37号車は次の24周目にピット作業を行なった。その結果25周目の1コーナーで#37ニック・キャシディ(KeePer TOM'S LC500)は#36関口雄飛(au TOM'S LC500)、#6大嶋和也(WAKO'S 4CR LC500)に相次いで抜かれ、一時は3位に後退するが、30周目のシケインで大嶋のインを差して2位を奪いかえす。

キャシディは32周目の130Rでオーバーランを喫し、再び大嶋の先行を許したものの、49周目の2コーナーで6号車が周回遅れに詰まったところを見逃さず2位に再浮上して見せた。

こうした後続の争いをよそに関口は終盤一気にリードを広げ、最後は2位に8.071秒もの大差をつけてフィニッシュ。今季初優勝を手にした。2位は#37平川/キャシディ組、3位に#6大嶋/山下組が入り、トムスが予選に続いて1-2フィニッシュを達成するとともに、レクサスLC500が表彰台を独占するという結果になった。

GT300クラスはポールポジションの#25松井孝允/佐藤公哉組(HOPPY 86 MC)がタイヤ無交換作戦を選択し、一時は12秒以上のリードを築き上げたが、タイヤの消耗が進んだ終盤に一気に失速、42周目のデグナーで#96阪口晴南(K-tunes RC F GT3)が大外から#25松井孝允(HOPPY 86 MC)をかわしてトップに立ち、開幕戦岡山に続いて今季2勝目を挙げた。
松井はその後もファイナルラップのシケインで#5坂口夏月(ADVICSマッハ車検MC86マッハ号)と#61井口卓人(SUBARU BRZ R&D SPORT)らに相次いでかわされ、最終的に5位でレースを終えた。

次戦の舞台はタイのチャン・インターナショナルサーキット。6月30日決勝だ。

Text: Kazuhisa SUEHIRO
Photo: Motorsports Forum


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース