Archives

  • [—]2020 (93)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

全日本F3000

F3000Rd.3予選レポ(2回目)

全日本F3000選手権 第3戦 F3000 MINE ALL STAR
予選取材メモから
予選2回目 14:40-15:40
天候はさらによくなり快晴。気温は日陰でも24゚C。暑いくらい。
風は時折突風混じり。メインストレートで追い風。
このため、コース上は相変わらずホコリだらけ。
予選開始
 9マルティニが早くもコースイン。1分16秒963。
 9-15-8-27-24-5-16
10分経過
 3金石が16秒734でトップに
 すぐに20スコットが16秒646でトップ
19分経過
 9マルティニが最初の15秒台、1分15秒847でトップ
 3金石が16秒060で2番手
 9-3-8-15-20-24-6-1
22分経過
 11黒澤が15秒464でトップ
 15桧井がコースサイドにストップ。マシンを降りる
 9マルティニが1分15秒578だが2番手変わらず
 3金石、15秒755これも3番手変わらず
25分経過
 11-9-3-20-15-8-1
24服部が15秒617で3番手に
30分経過
 3金石が15秒236でトップに
 8アピチェラが15秒343で2番手
 3-8-11-9-24-20-15-1-6-25
ラスト15分
 ほとんどのマシンがニュータイヤでコース上に
ラスト10分
 6光貞が14秒796。初の14秒台で
 トップになったとたんにタイムラッシュ
 9マルティニが,ついに13秒台の13秒846でトップ
 11黒澤が14秒791で2番手
 9-11-6-24-17-20
ラスト5分
 8アピチェラ 13秒722トップ
 11黒澤 14秒000 3番手
 9マルティニがさらに更新 13秒64O 1回目と同タイム
25チーバーが13秒758 2番手
ラスト2分
 8アピチェラがタイム更新 13秒677 2番手 総合でも2位に
 3金石が13秒812で4番手 総合でも4位に
 11黒澤はタイムアップできず。午前のタイムも上回れず総合5位に
 20G.スコットが14秒021で6番手、黒澤の午前タイムを上回れず
 総合でも6位
 9-8-25-3-11-20-17-24-2-18-16-6-1-27-15-5
主なトラブル
滑りやすい路面に苦労しているのはどこも同じ。
星野は午後に想定したセッティングが外れ惨憺たる結果
24服部はまだセッティングを煮詰める段階
15桧井は電気系トラブル。
明日は晴れの予報だが、
午後一時雨という話もある。ここ2年雨にたたられている美祢。
3度目の正直かな? サーキットの広報担当は
本気でテルテル坊主を作ることを考えていた。
午後7時には、ゲート前に十数台の徹夜組が現れていた。
MINE サーキットにて
古屋 知幸   = MGG01235 =


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース