Archives

  • [—]2020 (102)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

全日本F3000

F3000Rd.3予選レポ(1回目)

全日本F3000選手権 第3戦 F3000 MINE ALL STAR
予選取材メモから
予選1回目 10:40-11:40
天候は晴れ。気温は23゚C。半袖のポロシャツでも平気なくらいの暑さ。
風は強い。メインストレートで追い風。
日石インパルの星野一義は、このレースからLOLA T93/50にシャシーを変更。
しかしマシン名はNISSEKI LOLA T92のまま。
ステラインターナショナルでは、昨年のチーム・メイト、
ラッツェンバーガーの不幸を悼みに、チーム・スタッフの腕には黒い喪章が。
アコム・ノバのM.マルティニも、親友ラッツェンバーガーの話は、気が沈むようだ。
鈴木利男はエントリーされていたが、美祢にその姿を見つけることは出来ない。
コースは、強い風によってホコリだらけの状態。前座のカートのオイルも
それに輪をかけ、滑りやすいコンディションに
予選開始10分
 20G.スコットが1分15秒029。この時点トップ。
 1星野が1分14秒928。
20分経過
 20スコットが14秒718でトップを奪い返す。
 9マルティニはギアトラブル。ピット内が騒がしい。
 11黒澤、8アピチェラ、25チーバーらは動く気配なし。
 1星野、20G.スコット、18ダニエルソン、24服部は激しく出入り。
30分経過
 3金石が14秒352でトップに
 3-20-18-1-2-24-9-15
 11黒澤がアタック。初の13秒台の1分13秒917でトップに
 2クリステンセンが14秒716で3番手に
40分経過
 24服部が14秒398で3番手に
 11-3-24-18-2-20
1星野が14秒191。2番手に
ラスト15分
 各ピットが動き出す。
 11-1-3-24-18-9-8-2-20
ラスト7分
 20G.スコット14秒230で4番手に
 25チーバーがようやくピットアウト
 11黒澤がリアウィングをいじってアタック。13秒832とトップタイムを更新
 20G.スコットが14秒176で2番手
 11-20-1-3-24-9-18-8
 25チーバーが14秒421で7番手
ラスト3分
 9マルティニが1分14秒385で4番手
ラスト1分
 トップに9マルティニが立つ。1分13秒640
 3金石が14秒096で3番手。立て続けに25チーバーが14秒144で4番手に
 20G.スコットは14秒176でわずか届かずに5番手
 9-11-3-25-20-1-24-2-18-8-15-16-17-6-27-5
主なトラブル
各チームとも滑りやすい路面に手を焼く。
24服部はギアを選択ミスし、ストレートで頭打ちに
6光貞は電気系トラブル。8アピチェラはエンジン回転が上がらず
2クリステンセンは、アンダー・オーバーで苦労
MINE サーキットにて
古屋 知幸   = MGG01235 =


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース