Archives

  • [—]2020 (102)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

全日本F3000

コスモオイルRT美祢予選レポート

COSMO OIL RACING TEAM CERUMO
'94全日本F3000選手権第3戦 予選
滑りやすい路面に悩まされる
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
1994年5月7日 美祢サーキット
天気(午前/午後):晴/晴
気温(午前/午後):23゚C/25゚C
 ゴールデンウィークの最後の週末となった5月7日、全日本F3000選手権第3戦の予
選が山口県・美祢サーキットで開催された。COSMO OIL RACING TEAM CERUMOのドライバ
ー、黒澤琢弥は、午前中の予選で1分13秒832を記録。路面コンディションの悪化やス
ローカーに悩まされ、午後はタイムアップを果たせず、予選総合5位となった。これに
よって8日の決勝レースは3列目からスタートすることとなった。
■予選1回目(10:40~11:40)
コース上の埃と前座レースでレーシングカートが走ったために、コースは非常に滑りや
すい状態となった。コース状況が落ちつく、30分過ぎまでピットで待機し、33分に最初
のアタックに入った。ここで早くも1分13秒917の好タイムを記録し、この時点でのトッ
プタイムとなった。路面の影響かオーバーステアが強く出たので、リアウィングにガー
ニーフラップを追加して終了15分前に再度のアタック。さらにタイムを詰め、1分13秒
832の2番手で予選を終了した。
■予選2回目(14:40~15:40)
午後も強い風が吹き、コースは埃っぽいく、滑りやすい。黒澤は、1回目に使用したタ
イヤのまま、20分過ぎにコースイン。まず、1分15秒464とこの時点のトップタイムを記
録。マシンにオーバーステアの兆候があったため、リアウイングを若干立て、サスペン
ションを調整した。そしてラスト10分でニュータイヤを履き、最後のアタックに出た。
このアタックで、1分14秒000と午後の自己最高を記録するが、午前中のタイムを更新す
ることは出来きず、この予選を5番手で終了した。
◆黒澤琢弥選手のコメント
午前も午後もコースコンディションが非常に悪い状態でした。このためか、マシンは終
始オーバーステア気味で、走りのリズムが狂ってしまいました。もっと、状況に合わせ
たセッティングをしたかったのですが、上手くいきませんでした。決勝では、スタート
に全神経を集中して行きます。後は粘り強い走りをして表彰台に狙っていきます。
◆チーム監督のコメント
このコンディションには悩まされました。混んでいるときにコースに出てしまったなど、アタックのタイミングも良くなかったと思います。しかし、マシンにトラブルがあった
わけではないので、決勝レースには不安を持ってはいません。このコースは抜きにくい
ので、スタートさえ上手く行けば、いい結果が得られると確信しています。
●予選結果
No.11 黒澤 琢弥  コスモオイル ローラT94 無限 BS
予選1回目:1'13.832(2位) 予選2回目:1'14.000(5位)
予選総合5位  決勝スタート:3列目の5番グリッド


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース