Archives

  • [—]2020 (93)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

全日本GT選手権

GTインサイドレポート15

Rd1 富士スピードウェイ                                        Date 5/01
4月30~5月1日
GT インサイド・レポート 15                                 for FMOTOR4
67.#1カルソニック・スカイライン(1クラス:優勝)
 全日本GT選手権第1戦の記念すべき勝者となったカルソニック・スカイラインの
宮坂エンジニアは勝因を、「金曜日の午前中のテスト走行で300kmの耐久テスト
を行うことができたのが大きいです。他のチームはピットインを繰り返していました
から実戦のテストになっていないと思います。うちのチームはタイヤの摩耗やエンジ
ンの耐久性などに問題がないという裏付けがありましたから、勝って当たり前ですよ。
次レースは、30kgのウェイトを積むことになりますが、他チームと激しいレース
をやって勝つつもりです」と語った。
68.#24 コクピット館林GT-R(1クラス:2位)
 2位入賞の瞬間をピットで迎えた山路慎一は、差し出されるメカニックの手を握り
返してうれしさを隠せなかった。「まさか表彰台なんて。スタートした時は上位に付
いていけないことはなかったが、タイヤが保たないのは分かっていたから無理はしま
せんでした。後は袖山さんに任せておけば安心だと思いましたから」
 ベテランの袖山誠一は、シャンペンを飲み干して一言。「うまいなー。でも全然疲
れなかったよ。左のリアを替えなかったから、ちょっと辛かったけど競り合うことも
なかったから、39秒でコンスタントに走ることを心がけたんだ。マシンのセッティ
ングもタイヤのテストも山路くんに任せたし、ホント楽させてもらいました」
69.#40 タイサンADVAN F40(1クラス:3位)
 3位に入賞した#50タイサンADVAN962Cの千葉監督は、「嬉しいですね
え。正直言って、街乗りのクルマでここまでいけるとは思っていませんでした。ドラ
イバーが鈴木恵一に替わってから、ミッションが3速と4速だけになってしまったん
ですが、フェラーリ本社から、ミッションは150kmしかもたないと言われていた
んで、これで上出来です。タイサンADVAN962Cはリタイアになりましたが、
これも筋書き通りです。昨日ポールを取ってレースを賑わすことができただけで良か
ったですよ」と喜びを語った。
70.*29 KORG KEGANIポルシェ(2クラス:優勝)
「イヤー、こんなにうまくいっていいのかな」とは、チーム監督の“ケガニ”こと野
沢氏。「スタートから小幡さんに逃げてもらって何とかしよう思っていたからね。外
国屋チームがタイヤ交換で手間取っていたから助かったよ。タイヤ交換コンテストで
の優勝が効いて、メカニックも張り切っていたからかな」
 小幡栄も気持ちは監督と同様。「作戦通り。マシンも問題なし。でも、このチーム
を組んで最初のレースに勝てて本当に良かった。監督とスタッフ、スポンサーのみな
さんに感謝です」
71.*11 外国屋スカイラインGTS-R(2クラス:2位)
 「あの有名人の小幡さんを追いかけていくのは、本当に良い経験をさせてもらいま
した。でも、やっぱりあんな上手い人を使うのは、反則だよ。僕は素人レーサーなん
だから」と石橋義三。「でも入賞しちゃったから、次は重りを積まなきゃいけないだ
ろ。うーん、減量しなくちゃな」と大きな体を揺すって、楽しそうに笑った。
「楽しいレースだった。こんなに楽しくっていいのかな」とは青柳裕易。小さな体全
体で笑っているかのようだった。
                    提供:GTアソシエーション事務局
古屋 知幸   = MGG01235 =


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース