Archives

  • [—]2020 (98)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

全日本GT選手権

GTインサイドレポート14

Rd1 富士スピードウェイ                                        Date 5/01
4月30~5月1日
GT インサイド・レポート 14                                 for FMOTOR4
52.タイヤ交換コンテスト優勝は、チーム・ケガニとハセミ・レーシング
 GT選手権の隠れたメダマイベント、チーム対抗タイヤ交換コンテストがピットウ
ォークに合わせ、ピットで開催された。エントリーは5本のナットを使うコンベンシ
ョナル(5穴)部門には、#10Johnsonスカイラインのニスモ・チーム、#
14CCIあめんぼうシルビアのムーンクラフト、*10KORG KEGANIポ
ルシェのケガニ・レーシングの3チーム。レーシングタイプのセンターロック部門は、
#3ユニシア・ジェックススカイラインのハセミ・モータースポーツ、#50タイサ
ンADVAN962Cのチーム・タイサンの2チーム。
 タイヤに触れるメカニックは2人。これにジャッキ担当の1人の計3人が1組にな
ってメカニックの腕を競った。センターロック部門は、わずか45秒477で4輪を
交換したハセミ・モータースポーツの植野・平・林組に凱歌が上がり、オートスポー
ツ誌から10万円の旅行券が贈られた。コンベンショナル部門は、ケガニ・レーシング
の高須・外崎・高根組が5本ものナットを流れるように外すハイテクニックを披露し、
1分08秒796という脅威的タイムで優勝。こちらにはレーシングオン誌から8万
円の現金が贈られた。
 表彰式は正式の表彰台で行われ、普段は見上げるだけの表彰台に上がったメカニッ
クたちは、とても気持ち良さそうであった。
 「お金にシビアな人間を選んだチームの勝利です」とは、あるKというチーム関係
者のコメントであった。
63.#5 BLITZ SUPRA
 ノバのポルシェとムーンクラフトのシルビアと共に激しい5位争いを行っていた#
5ブリッツは、予想外の高温が原因と思われるターボトラブルで26周目にリタイヤ
した。気温が上がったために吸気温も上がり、ノッキングが起こってしまったようだ。
「服部が追ってくるから、ペースを上げてしまった。次は絶対に負けない」と福山英
朗は、悔しがっていた。
64.#2 ZEXELスカイライン
 21周目にエンジンが吹けないといってピットに入った#2鈴木利男は、32周目
に再びピットに入り、そのままリタイヤした。原因はエンジンと思われていたが、左
フロントのサスペンション・トラブルであった。FRのスカイラインは4/14の菅
生テストの時からフロント・サスペンションの細かなトラブルに悩まされており、#
2ニスモは今朝もトラブルから、タイヤ交換コンテストをパスしなければならなかっ
た。
65.'94全日本GT選手権開幕戦はサバイバル・ゲームに
 #88  レインX・アート・カウンタックは、ミッションとブレーキにトラブルを
抱えて苦しい走行を強いられている。
 #50 タイサンADVAN 962Cはスタート直後に左タービンのトラブルに
みまわれて、25分間の交換作業を行わなければならなかった。修理が終わってピッ
トを離れる時には、回りから思わず拍手が沸き起こった。
 #9 acomポルシェRSRは、#5 BLITZ SUPRAと#14 CC
Iあめんぼうシルビアとの激しい闘いに競り勝ち、3位の座を不動のものとしたかに
思われたが、左リアタイヤのバイブレーションを訴えてピットイン、タイヤを交換し
てコースに復帰したが、フィニッシュを目前に駆動系(ミッションかドライブシャフ
ト)のトラブルから最終コーナーを上り切れずにストップしてしまった。
66.あれ、冗談じゃなくなっちゃった
 4位まで順位を上げてきた#9 acomポルシェRSRが、53周目に緊急ピッ
トイン。左リアタイヤを交換し、ピットを飛び出していった直後、チーム・ノバのピ
ットに走ってきたのは、服部尚貴。知り合いのメカに「まったく、レースを面白くし
ちゃうんだからねっ」と一言。その言葉に対して、言い返そうとしたメカの耳に飛び
込んできたのは「acomポルシェRSRが最終コーナーでストップ」の絶叫。そそ
くさと服部がその場を去ったのは、言うまでもない。
                    提供:GTアソシエーション事務局
古屋 知幸   = MGG01235 =


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース