Archives

  • [—]2020 (93)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

全日本GT選手権

JGTC-Rd.1:決勝レースレポート(1/2)

         1994年全日本GT選手権シリーズ第1戦
        全日本富士GTレース大会 決勝レースレポート
        --------------------------------------------
 94年全日本GT選手権の開幕レースを、ディフェンディング・チャンピオ
ン影山正彦の駆る#1カルソニックスカイラインが、300kmのサバイバルレ
ースを制した。
 心配された雨も降らず、グランドスタンドを文字どおり埋め尽くした観客が
見守る中、13時30分にフォーメーション・ラップが開始された。
 ペースカーのシボレー・カマロに引き連れられて、ゆっくりと周回をしたマ
シンがグリッドに着く。
 13時34分、シグナルがグリーンに変わり、300kmのセミ耐久レースの幕が
切って落とされた。ポールポジションの#50タイサン・ADVAN・962C
が出遅れて、大きく順位を落とす。それを後目に、#1カルソニックスカイラ
インと#2ZEXELスカイラインが猛スパートを見せて1コーナーに並走状
態で飛び込んだ。
 混乱の1コーナーでは、#10Johnson SKYLINEがコース外へ
飛び出すが、すぐにコース復帰を果たす。
 1周終了時のオーダーは、#1カルソニックスカイライン - #2ZEX
ELスカイライン - #24コクピット館林GT-R - #3ユニシアジェ
ックススカイライン - #14CCIあめんぼうシルビア - #50タイサン
・ADVAN・962C - #5BLITZ SUPRA - #40タイサ
ン・ADVAN・F40 - #9acom ポルシェ RSR - #33ミ
ューズオイル OW RX-7 - #29KORG KEGANI ポルシェ
 - #25FEDEX NISSAN GT-Z - #10Johnson
SKYLINE - #11ハンターレーシングチーム - #70欧州車販売の
外国屋スカイライン - #37グレコレーシング スープラ - #88レイン
X・アート・カウンタック。
 2周目、#2ZEXELスカイラインが#1カルソニックスカイラインを交
わしてトップに立つ。
 今朝のウォームアップがシェイクダウン走行だった#25FEDEX NIS
SAN GT-Zが、ヘアピンでストップ。
 5周目、挽回を見せはじめていた#50タイサン・ADVAN・962Cがピッ
トイン。長いドック入りが始まる。
 トップ4台のスカイラインGT-Rは、それぞれ 1.5~ 1.8秒の間隔で走行、
5位の#40タイサン・ADVAN・F40とは約10秒の差が開いているため、
早くもGT-Rによる優勝争いの様相を呈する。
 後方では、#29KORG KEGANI ポルシェ、#33ミューズオイル
OW RX-7、#10Johnson SKYLINEによる6位争い、
#5BLITZ SUPRA、#14CCIあめんぼうシルビア、#9acom
ポルシェRSRの9位争いが行われている。
 6周目、トップを行くスカイライン勢はペースを緩めず、早くも周回遅れが
出始める。
10周目、#1カルソニックスカイラインが#2ZEXELスカイラインに追い
つき、1コーナーでテール・ツー・ノーズ状態になるが、#2ZEXELスカ
イラインの方がダンロップ・コーナーの立ち上がりで優っているため、スリッ
プに入ることが出来ない。
 12周目、#37グレコレーシング スープラがピットイン。ピットアウトした
後もエキゾーストノートはよくない。この後もピットイン、ピットアウトを度
々繰り返すことになる。
 18周目、トップ争いの#2ZEXELスカイラインと#1カルソニックスカ
イラインが、6位争いの3台を周回遅れにして行く。
 21周目:#1カルソニックスカイラインが#2ZEXELスカイラインをス
トレートで交わしてトップに立つ。#2ZEXELスカイラインはペースが上
がらないのか、ピットインを行いボンネットを開ける。原因は解明出来ずに燃
料補給とタイヤ交換のみでピットアウト。この間に1周遅れとなるが、ピット
アウト後は、激しい追い上げを見せる。
 23周目、レースの3分の1が経過した。この時点の順位は、#1カルソニッ
クスカイライン - #3ユニシアジェックススカイライン - #24コクピッ
ト館林GT-R - #40タイサン・ADVAN・F40 - #5BLITZ
SUPRA - #14CCIあめんぼうシルビア -、#9acomポルシェ
RSR。
 トップグループのスカイラインを脅かすものはなさそうな状況である。追い
上げの期待された#40タイサン・ADVAN・F40は、#24コクピット館林
GT-Rとほぼ同じペースで周回しており、約6秒の差は縮まりそうにない。
 25周目、スタート直後から激しく争っている#5BLITZ SUPRAと
#14CCIあめんぼうシルビア。#14CCIあめんぼうシルビアがダンロップ
コーナーの進入で半ば強引に抜くが、26周目のサントリーコーナーで#5BL
ITZ SUPRAが抜きかえす。この2台が争っているあいだに、一時は離
されかけた#9acomポルシェRSRが接近して、3台による5位争いにな
る。
 27周目、#5BLITZ SUPRAが白煙を上げてスローダウン。オレン
ジボール旗が用意されるが、掲示される前に自らピットインしてレースを終え
た。
 #29KORG KEGANI ポルシェと#70欧州車販売の外国屋スカイラ
インの争いが一段と激しくなる。この争いは、レースが終わるまで続けられた。
 33周目、レギュレーションで義務付けられている燃料補給を行うためのピッ
トインが始まる。この周回は、#88レインX・アート・カウンタック、#3ユ
ニシアジェックススカイライン、#2ZEXELスカイラインがピットインを
行う。#88レインX・アート・カウンタックはトラブルらしく、ピットに張り
付いたままになる。
 34周目、レースは残り半分。トップを走る#1カルソニックスカイラインが
ピットイン。燃料補給と左前後輪を交換して、30秒ほどかかるが、十分なリー
ドを保っているため、トップのままでピットアウトする。
(パート2へ続く)
                    レポート:進藤 泰昭(GEA00555)


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース