Archives

  • [—]2020 (102)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

全日本GT選手権

JGTC-Rd.1:決勝レースレポート(2/2)

(パート1からの続き)
 35周目、#24コクピット館林GT-R、#11ハンターレーシングチームがピッ
トイン。
 36周目、順位を5位まで挽回していた#2ZEXELスカイラインが3度目
のピットインを行い、そのままドライバーが降りてしまう。
 37周目、#10Johnson SKYLINE#33ミューズオイル OW
RX-7がピットイン。#37グレコレーシング スープラが1コーナーでコー
スの外へマシンを止める。
 スタートから60分を経過した。この時点の順位は、#1カルソニックスカイ
ライン - #40タイサン・ADVAN・F40 - #3ユニシアジェック
ススカイライン - #24コクピット館林GT-R - #14CCI あめん
ぼう シルビア - #9acomポルシェRSR。ただし、#40タイサン・
ADVAN・F40、#14CCIあめんぼうシルビア、#9acomポルシェ
RSRは、規定の燃料補給を終えていない。
 38周目、#40タイサン・ADVAN・F40、#70欧州車販売の外国屋スカ
イライン、#14CCIあめんぼうシルビアが相次いでピットへ飛び込む。#40
タイサン・ADVAN・F40はピット作業が1分30秒以上かかってしまい、
周回遅れとなる。
 42周目、#9acomポルシェRSRがピットイン。燃料補給のみを18秒で
完了する。これで、すべての車両が規定の燃料補給を終えた。
 #33ミューズオイル OW RX-7が1コーナーでスピンするが、すぐに
再スタートを切る。
 45周目、#1カルソニックスカイラインが3位の#24コクピット館林GT-
Rを周回遅れにする。これでトップと同一周回は、2位の#3ユニシアジェッ
クススカイラインのみとなった。
 47周目、#10Johnson SKYLINEが予定外のピットイン。左前
輪のタイロッドのトラブルらしい。しばらくした後、ガレージ内に移動される。
 49周目、#88レインX・アート・カウンタックがピットアウトするが、今に
も止まりそうなスロー走行。1周した後、再びピットに入る。
 #3ユニシアジェックススカイラインがダンロップコーナーでスロー走行し
て、そのままストップ。ドライバーがマシンから離れた。
 55周目、スタートから90分経過、現在コースを走行しているマシンは9台に
なり、サバイバル・レースの様相を見せる。
 56周目、#50タイサン・ADVAN・962Cが長いピットインを終えてコー
スへ復帰。
 #9acomポルシェRSRがピットインして、タイヤ交換を行う。所要時
間は約51秒。
 58周目、#9acomポルシェRSRが白煙を上げてスローダウン。ドライ
バーは、最終コーナー出口でマシンを止めた。
 レースは残り10周、この時点での順位は#1カルソニックスカイライン -
#24コクピット館林GT-R - #40タイサン・ADVAN・F40 -
#14CCIあめんぼうシルビア - #29KORG KEGANI ポルシェ
 - #70欧州車販売の外国屋スカイライン。5位争い以外は大きく間隔が広
がっている。
 66周目、#88レインX・アート・カウンタックがチェッカーを受けるために、
コースイン。トラブルを抱えたままなのか、ゆっくりとしたペースで走行して
いる。
 そしてチェッカー。圧倒的な速さだけでなく、安定した走行を見せた#1カ
ルソニックスカイラインが優勝した。
 ※文中で使用した周回数は、トップを走行していた車両の周回数です。
                    レポート:進藤 泰昭(GEA00555)


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース