Archives

  • [—]2019 (468)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

スーパー耐久

スーパー耐久第2戦 鈴鹿300マイル 決勝


優勝したエンドレスアドバンGT-Rとそのクルー、木下みつひろと青木孝之 (Photo: K.Takeshita)

 11日、鈴鹿サーキットで行われたスーパー耐久第2戦は、予選2位からスタートした#1 エンドレスアドバンGT-Rが、ポルシェ勢より1回多いピットストップのため一時は2位に後退するものの終盤74周目に#25 アドバンポルシェを逆転。トップに立つと執拗な#25 アドバンポルシェの追撃を振り切ってそのまま82周を走り切り優勝、開幕から2連勝を飾った。

(観衆12,500人、気温17度、路面温度18度)

 一時、小康状態だった雨足は、FD決勝レースの終盤から本降りとなり、スタート進行を終え、スーパー耐久決勝の始まる午後2時には、コースは完全にウエット状態となった。

 レースはローリングスタート。トップで1コーナーに飛び込んだのはポールスタート、#25 アドバンポルシェの織戸学、2位に予選2位の#1 エンドレスアドバンGT-R。3位は#109 ランドリーアドバンGT3。#25 アドバンポルシェは、1周目を終わって2位に6秒の大差をつけ逃げにかかる。やはり雨でのポルシェは速い。一方、浅溝レインタイヤを選択した#1エンドレスアドバンGT-Rは苦しい。2周目には3位に上がった#33ファルケンポルシェにかわされ3位まで後退。5周を終わっての順位は、トップ#25 アドバンポルシェ、2位#33 ファルケンポルシェ、3位#1 エンドレスアドバンGT-R、4位#109 ランドリーアドバンGT3、5位#19 JMCダンロップGT-R、6位#99 CRTピレリポルシェ。

 10周を終わって、2位に上がった#33 ファルケンポルシェをドライブする田中哲也がトップとの差を徐々に詰め始める。その差は5秒8。その後ろ3位の#1 エンドレスアドバンGT-Rとは20秒以上の差が開いている。4位を走っていた#109 ランドリーアドバンGT-Rはミッションにトラブルをかかえピットイン、上位戦線から脱落した。

 17周を終える頃から、雨足が弱まり、#1 エンドレスアドバンGT-Rの反撃が始まった。トップ2台と2秒弱速いラップタイムでその差を縮め始めた。20周を終わって、トップ#25 アドバンポルシェと#33 ファルケンポルシェの差は1秒を切った。その後ろ20秒弱まで差をつめた#1 エンドレスアドバンGT-Rが3位。4位は#19 JMCダンロップGT-R、5位はクラス2のトップ#22 avexインプレッサ、6位は#99 CRTピレリポルシェ。

 24周目、#33 ファルケンポルシェがついに1コーナー進入でアウトから#25 アドバンポルシェを捕らえてトップに出た。#25 アドバンポルシェは2位に。2位に落ちた#25はタイヤがきついのか徐々に遅れ始める。そして、27周目に入るストレートで猛追の#1 エンドレスアドバンGT-Rがついに前に出た。そして、28周を終わって#1 エンドレスアドバンGT-Rがピットイン。タイヤを替えずに給油のみでドライバーを木下みつひろから青木孝之にチェンジ。

 40周を前後して、クラス1のポルシェ勢が続々とピットイン。どうやらポルシェ勢は1ストップ作戦のようだ。37周を終わって#24 PCJ アドバンポルシェが、39周を終わって2位の#25 アドバンポルシェが、41周を終わってトップの#33 ファルケンポルシェがピットイン、給油、タイヤ交換、ドライバーチェンジをしてピットアウトした。

 ここでトップに踊り出たのが#1 エンドレスアドバンGT-R。43周を終わっての順位は、トップ#1 エンドレスアドバンGT-R、1分以上の差で2位#33 ファルケンポルシェ、さらに30秒以上遅れて3位#25 アドバンポルシェ。4位はクラス2トップの#2 FUJITSUBOインプレッサ、5位は#19 JMCダンロップGT-R、6位はクラス2 2位の#22 avexインプレッサ。

 雨足が再び強くなってきた。そして、ピットアウト後、2位の#33 ファルケンポルシェのペースが上がらない。47周目の1コーナーで3位の#25 アドバンポルシェが#33 ファルケンポルシェを捕らえて2位に、#33 ファルケンポルシェは3位に後退。

 54周を終わって2位#25 アドバンポルシェとの差が1分13秒のトップ走行の#1 エンドレスアドバンGT-Rがピットイン。給油、タイヤを深溝レインに交換、ドライバーチェンジをしてピットアウト。しかし、その間2位の#25 アドバンポルシェががストレートを通過してトップに立つ。#1 エンドレスアドバンGT-Rは2位に落ちた。

 56周を終わってトップは、#25 アドバンポルシェ、2位は26秒遅れて#1 エンドレスアドバンGT-R、3位はさらに8秒差で#33 ファルケンポルシェ、4位にはなんとクラスN+トップの#5 5ZIGENインテグラが上がってきた。5位に#24 PCJアドバンポルシェ、6位にクラス2トップの#22 avexインプレッサ。

 ラップタイムは、トップの#25 アドバンポルシェより2位の#1 エンドレスアドバンGT-Rのほうが3秒弱速い。57周を終わってトップ#25 アドバンポルシェと2位#1 エンドレスアドバンGT-Rの差は23秒、60周で16秒、64周を終わってついにその差は10秒を切った。

 69周を終わっても雨足は強いまま。ひたひたとトップ#25 アドバンポルシェに迫る#1 エンドレスアドバンGT-Rとの差はついに5秒を切り、74周目の1コーナーでついに#1 エンドレスアドバンGT-Rは#25 アドバンポルシェの背後に迫った。そしんてなんとこの周のシケイン進入でで#25が痛恨のブレーキングミス、ショートカットを通る間についに#1 エンドレスアドバンGT-Rがトップを奪い返した。

 78周目、残り5周、トップに立ち一時は2位との差を3秒以上と開いた#1 エンドレスアドバンGT-Rのペースが上がらない。2位、#25 アドバンポルシェが1秒を切る差で背後に迫ってきた。しかし79周目の1コーナーで、#25 アドバンポルシェは周回遅れの処理をミス、グラベルに飛び出し追撃もここまでとなった。

 レースはこのまま終了。優勝は、#1 エンドレスアドバンGT-R、2位はチェッカー1周前にガス欠給油のためピットインしたものの順位をゆずることなかった#25 アドバンポルシェが、3位は#33 ファルケンポルシェ、4位は#99 CRTピレリポルシェ、5位は#24 PCJアドバンポルシェ、6位はクラスN+トップの#5 5ZIGENインテグラが入った。

 なお、クラス2優勝は#2 FUJITSUBOインプレッサ、クラス3優勝は#83 BPアドバンNSX、クラス4優勝は#8 ACID英進館S2000、クラスN+優勝は#5 5ZIGENインテグラとなった。

木下みつひろ(クラス1優勝エンドレスアドバンGT-R ドライバー)のコメント
「序盤は浅溝のタイヤで行ったんですけれど、路面が良くならずに雨量の少ない路面コンディションの時間が短かったんです。2ストップでしたから青木君につないで終盤また乗ったんですが、最後はヘビーウエットで鈴鹿で初めて履くタイヤでとまどいがありました。思ったよりは持ちこたえてくれて前(のポルシェ)に追いつけることができました。後半はタイヤの摩耗に対して雨量が多くコントロールが難しかったです。追いつくのも、タイムを出して相手にプレッシャーかけるのも有効でしたね。ヒヤヒヤの2連勝でしたが、レースやってる実感はありましたね。次戦に向けてタイヤもセッティングもよりシビアなところを探って速くしたいですね」

2003年5月11日 鈴鹿サーキット(三重県) 決勝 天候:雨/コース:ウェット
鈴鹿300マイル -RIJ- (2003/05/11) Weather:Rainy Course:Wet
2003 Super Taikyu Series Round 2 鈴鹿サーキット 5.807km
PosNoClsP DriverCar/TypeLapTime/Bihind
1111 木下 みつひろ
 青木 孝行
エンドレス アドバン GT-R
BNR34
823:32'15.542
22512 織戸 学
 羽根 幸浩
ADVAN PORSCHE
996
82-43.753
33313 竹内 浩典
 田中 哲也
FALKEN☆PORCSHE
996
81-1 Lap 
49914 砂子 塾長
 壷林 貴也
CRT-PIRELLIポルシェ
996
81-1 Lap 
52415 井上 貴志
 堤 明彦
PCJ ADVAN PORSCHE
996
81-1 Lap 
65N+1 道上 龍
 服部 尚貴
5ZIGEN INTEGRA
DC5
81-1 Lap 
7221 吉田 寿博
 清水 和夫
FUJITSUBOインプレッサ
GH-GDB
80-2 Laps
82222 村山 智之
 松田 晃司
avex・Impreza
GH-GDB
80-2 Laps
91916 輿水 敏明
 阪口 良平
JMCダンロップGT-R・ED
BNR34
80-2 Laps
1036N+2 黒澤 琢弥
 佐々木 孝太
MAZIORA Kosei SXE
SXE10
79-3 Laps
115623 松本 達哉
 日部 利晃
NUTEC ランサー エボⅧ
CT9A
79-3 Laps
128331 古橋 譲
 玉木 秀幸
 小林 正吾
BP ADVAN NSX
NA2
79-3 Laps
135724 大橋 正澄
 松浦 俊之
 松井 猛敏
グラムライツ ランサーエボⅧ
CT9A
79-3 Laps
14325 村田 信博
 サトウ カイチ
エンドレスアドバン座間エボ
CT9A
79-3 Laps
152732 古谷 直広
 長島 正興
FINA BMW M3
E36
79-3 Laps
1637N+3 影山 正彦
 井入 宏之
SPIRIT Kosei SXE
SXE10
78-4 Laps
171326 原田 一政
 脇田 一輝
 山本 和正
KSAUTO-LANCER
CP9A
78-4 Laps
1854N+4 山内 伸弥
 浅見 武
ADVANアンクルインテグラ
DC5
78-4 Laps
193933 八木 宏之
 植田 正幸
DELPHI ADVAN NSX
NA2
78-4 Laps
2055N+5 田ヶ原 章蔵
 片岡 龍也
ARTA FOS アルテッツア
SXE10
78-4 Laps
212027 橋澤 宏
 小林 且雄
 伊藤 勝一
RSオガワADVANランサー
CT9A
77-5 Laps
22841 筒井 克彦
 谷川 達也
ACID英進館YH S2000
AP1
77-5 Laps
23*6942 梅本 淳一
 長野 賢也
J'S RACING S2000 YH
AP1
77-5 Laps
241434 今村 大輔
 山崎 学
 小松 一臣
REDLINEダイトウRX-7
FD3S
77-5 Laps
25*8243 西村 元希
 高橋 しげる
 津川 偉章
KTパサージュベルノ宮城FK
DC5
77-5 Laps
267344 山本 すばる
 高良 匡紀
ロイヤルハウスA-ONE無限μ
DC5
76-6 Laps
277028 三上 和美
 藤沢 哲也
 福田川 優
リニューカーTCPROアドバン
CP9A
76-6 Laps
287735 吉岡 一博
 池田 克久
TRUST ADVAN RX7
FD3S
76-6 Laps
292145 三船 剛
 和田 久
 袖山 誠一
クムホ・エクスタ・S2000
AP1
75-7 Laps
30629 冨桝 朋広
 関 豊
ファルケン☆ランサーEVOⅧ
CT9A
75-7 Laps
311846 浅野 武夫
 笠原 智行
FK/マッシモADVAN DC5
DC5
74-8 Laps
325847 佐藤 衛
 富沢 勝
 斎藤 多聞
モンド スピードDL 2000
AP1
74-8 Laps
332336 尾本 直史
 星野 一樹
C-WEST アドバン Z33
UA-Z33
73-9 Laps
34*6048 小幡 弘
 成澤 隆二
 枡田 雄幸
RCB・DL・インテグラ
DC5
73-9 Laps
359849 田嶋 栄一
 海老澤 紳一
 千田 隆平
Mooncraft S2000
AP1
73-9 Laps
3666410 福田 よしのぶ
 たになか むねあき
EXEDY シグナルオート DC5
DC5
72-10 Laps
3710411 菊地 靖
 渡辺 明
RED LINEベルノ東海DL
DC5
69-13 Laps
38*12210 田中 壮一郎
 筒井 紀美子
 寺下 昌宏
クイーンスクエア.ネットエボⅧ
CT9A
69-13 Laps
39*28037 大城 一
 前嶋 秀司
 川越 賢二
PIRELLI花博I&Plus
NA2
68-14 Laps
4029412 谷口 美穂
 谷口 いずみ
オベロン読売江東理工専DC5
DC5
67-15 Laps
4117N+6 田中 篤
 テツ・清水
 山本 信
キーパー★ingsカワサキDL
DC5
63-19 Laps
4234413 川口 正敬
 岡 滋人
 浅野 哲夫
タイヤガーデンBP-DC5
DC5
59-23 Laps
------- < 以上 認定順位 > --------
-96N+7 藤田 孝博
 山口 明
 大村 亜津子
ネッツ大分アドバンアルテッツア
SXE10
71-11 Laps
-*11211 中谷 明彦
 木下 隆之
ジアラランサー
CT9A
44-38 Laps
-1538 長島 正明
 山田 英二
 入口 秀輝
ORCアドバンRX-7
FD3S
15-67 Laps
-*10917 飯田 章
 西澤 和之
 落合 俊之
ランドリーOGBアドバンGT3
996
9-73 Laps
  • Fastest Lap: No.1 エンドレスアドバンGT-R 2'27.470 18/82 141.76km/h
  • 規定周回数 C1: 57Laps / C2: 56Laps / C3: 55Laps / C4: 53Laps / N+: 56Laps
  • ペナルティ No.11 スーパー耐久シリーズ規則第10条(10)違反(反則スタート)により、ペナルティストップ10秒を課した。
  • ペナルティ No.109 スーパー耐久シリーズ規則第11条(9)違反(ピット作業違反)により、ペナルティストップ10秒を課した。(リタイアのため未消化)
  • ペナルティ No.12 スーパー耐久シリーズ規則第11条(12)違反(給油中のエンジン未停止)により、ペナルティストップ10秒を課した。
  • ペナルティ No.82 スーパー耐久シリーズ規則第11条(12)違反(給油中のエンジン始動)により、ペナルティストップ10秒を課した。
  • ペナルティ No.280 スーパー耐久シリーズ規則第11条(11)違反(給油中のジャッキ作動)によりペナルティストップ10秒を課した。
  • ペナルティ No.60 スーパー耐久鈴鹿300マイル特別規則書第46条~2)違反(ピットレーン通過速度)により、ドライビングスルーペナルティを課した。
  • ペナルティ No.69 スーパー耐久シリーズ規則第11条(9)違反(ピット作業違反)により、ペナルティストップ10秒を課した。


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース