Archives

  • [—]2020 (166)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

PORSCHE CARRERA CUP JAPAN

PCCJ:第1,2戦岡山 上村優太が両戦で総合のポールポジションを獲得

 当初の4月11~12日の開催予定から2か月半遅れでの開幕戦となったポルシェカレラカップジャパン。PCCJの第1戦と第2戦が、岡山国際サーキットで開催された。

総合で第1,2戦のポールポジションを獲得した上村優太 プロアマクラスで第1,2戦のポールポジションを獲得したIKARI アマクラスで第1,2戦のポールポジションを獲得した高田巧

 土曜日の午前9時50分から梅雨空の曇天のなか、ドライコンディションで30分間の予選セッションが始まった。この日の午後に行われる第1戦と明日の第2戦のスターティンググリッドを1回の予選で決定する。

 ベストタイムが第1戦、セカンドラップが第2戦のタイムとして記録されてグリッドが決定する。

 今季は従来の全ドライバーを対象とするオーバーオール(総合順位)に加えて、プロアマクラスとアマクラスの2クラス制を導入した。

 参加台数は11台とやや寂しいシーズン開幕となったが、セッションは1分30秒356のコースレコードを持つ#31上村優太が1分31秒733のトップタイムをマーク。残り7分で31秒549のトップタイムを更新した。2番手には#60小川諒。プロアマクラスは#98IKARIがトップタイム、アマクラスは#21高田匠がそれぞれトップタイムをマークした。

 開幕戦の決勝レースは午後2時55分から15周あるいは30分間の予定で行われる。

Text & Photo: Keiichiro TAKESHITA


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース