Archives

  • [—]2020 (101)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

全日本GT選手権

ドリキン土屋、JGTC最終戦を最後に現役を引退!


26年の選手生活にピリオドを打つことになった土屋圭市(Photo:Motorsports@nifty)

「ドリキン」の愛称で親しまれた土屋圭市選手が、今月15~16日に鈴鹿サーキット
で行われる全日本GT選手権最終戦を最後に引退することが明らかになった。

土屋選手は、1956年生まれの47歳。1978年に富士フレッシュマンレースでデビュー。
B110サニー、KP61スターレット、AE86トレノなどを乗り継いだ後、グループA、GT
レースへとステップアップ。ルマン24時間レースにも5年連続で参戦し、1999年には
ワークスのトヨタTS020で総合2位に入った。

全日本F3に参戦した時期もあり表彰台にも登ったが、「フォーミュラは向かない」
と一貫してハコのレースにこだわった。AE86時代からの華麗なドリフト走行は観客
を魅了し、またレース以外でもテレビやラジオのパーソナリティを務める多才ぶり
を発揮していることから、多くのファンを抱えている。


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース