Archives

  • [—]2020 (99)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

Formula Nippon

FN_Rd8:Mooncraft決勝リリース

2000年 全日本フォーミュラ・ニッポン選手権 第8戦
                        富士スピードウェイ
                          9月3日(日曜日)

                              決   勝

カラッと晴れあがった気持ちの良い朝、決勝日のウォームアップが始まる。昨
日不調だったエンジンを載せ替え、シゲカズも気持ちを切り替えて走り始めた。
しかし、エンジンが回る分、ギア費が合わず、今回1.2秒落ち、16番手。午後
までにギアを交換して決勝に臨む。

スタートで飛び出したシゲカズはポジション12で1周目を戻り、これからの期
待を膨らませる。
その後1分20秒台で8周目まで走り、前方のスピンなどで10位にポジションを上
げた。
11周目の最終コーナー、シゲカズはアウト側にタイヤをはみ出させてスピン。
それを避けようとした金石選手がコース上でクラッシュし、パーツが飛び散っ
たために赤旗中断となる。
スピンの影響でパンクをしたタイヤを交換するが、赤旗中のため、義務交換は
別途必要。

インターバルの後、残り37周で再スタート。グリッドは10番から。
再スタートの後の1周目でタイヤ交換を行ない13位でコース復帰し、前車のリ
タイヤなどで10位まで順位を上げた。再スタート10周目以降シゲカズは1分19
秒8から0.1~2秒の誤差で20周以上走り、トップグループと同レベルの安定感
を見せた。
その間、トップを走る選手のペースが上がらず、トップ差は30秒台前半にまで
縮まるがポジションは変わらない。残り5周で1台リタイヤしたために、順位は
9位となり、そのままフィニッシュ。シゲカズ全力を出しきった秋の富士は終
わった。

由良監督:間接的に赤旗の原因になるスピンをしてしまって残念です。金石選
手に大きな怪我がなく幸いでした。赤旗前のレースのペースはとても良く、か
なり上位に食い込める予感がしていたのですが、スピン時にデフューザーを大
きく破損してしまい、セカンドヒートのポテンシャルは大きく下がってしまし
た。それにもかかわらず、その後今年1番の走りを見せることが出来たのは、
良かったと思います。結果こそ入賞はなりませんでしたが、次に向けて大きな
収穫となりました。

シゲカズ:エンジンを交換した甲斐があり、課題であったスタート直後のペー
スが良く、順位を上げてタイヤ交換の予定周回になったのですが、1セット目
のタイヤが良かったため僕の独断で後半を考えて引っ張りました。最終コー
ナーで前車を抜こうとした時タービュランスでバランスを崩しスピンしてしま
いました。デフューザーを壊して後半はリアのグリップがなくペースが上がり
ませんでした。
次戦MINEは頑張ります。


情報提供:Mooncraft

        *** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(SDI00685@nifty.com) ***



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース