Archives

  • [—]2020 (45)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

Formula Nippon

FN_Rd10:鈴鹿FN決勝レポート

       フォーミュラ・ニッポン第10戦 鈴鹿サーキット
             11月5日 決勝

        遅れてきた本命、本山哲今季初優勝!
       ナカジマレーシング、シリーズ全勝ならず!

 11月とは思えない暑い一日となったフォーミュラ・ニッポン最終戦決勝日、
快晴の中行われた決勝レースは、スタートで飛び出したポールポジションの#19
本山がそのまま逃げきって今季初優勝を遂げ、ナカジマレーシングのシリーズ
全勝にストップをかけた。

 午後2時35分スタート!PP#19本山好ダッシュ。トップをキープして1コーナ
ーへ。2位は#2松田、#62柴原。#0高木は4位と出遅れた。シケインで#62柴原
とインを刺した#0高木が接触。#62柴原姿勢を崩し遅れる。

 1周目 #19-2-0-6-62-56-5-11-10-68-14-21-8……
       #7野田Pin
 2周目 #62柴原Pin。接触により傷ついたノーズコーン交換。
 3周目 #19-(2.1)-2-0-6-56-5-11-10-68-14-8-21-9……
       #19本山のペースが速い。#2松田以下との差をどんどん開いていく。
 6周目 #19-(2.8)-2-(2.5)-0-6-56-5-11-10-14-68-8-21-9……
       #8五十嵐、#68道上Pin
 8周目 #62柴原に黒旗提示。フライングのペナルティ。
 9周目 #62柴原ペナルティの10秒ピット
10周目 #19-(4.4)-2-(2.0)-0-6-56-5-11-10-14-21-9-12-3-7-8-68-63-36-62
       #2松田のペースが上がらない。#0高木が追い上げる。
11周目 #9ファーマン、#21ユーンPin
12周目 #5服部、#11立川Pin。#11立川エンジンストール。タイムロス。
13周目 #2松田、#56脇阪、#12ヴエルチュークPin
14周目 #9ファーマン、スロー走行→ピットでリタイア
       #3近藤Pin
15周目 #21ユーン、スロー走行→ピットでリタイア(ギアボックス)
       #19-0-6-14-2-7-56-10-5-8-68-3-21……
       #0高木、#14脇阪Pin
16周目 #19本山Pin。トップのままコース復帰。
17周目 #19-(3.0)-0-2-6-7-56-10-5-8-14-68-3-12……
18周目 #8五十嵐スロー走行→ピットイン、リタイアイ(ギアボックス)
19周目 #68道上スロー走行→コース脇にマシンを止める(燃料系)
20周目 #19-(4.0)-0-2-6-7-56-10-5-14-3-12-11……
       #19本山が#0高木との差を開きつつある。
22周目 #19-(3.6)-0  #0高木が追い上げはじめた
23周目 #19-(3.8)-0  今度は#19本山が引き離した。一進一退の攻防だ。
28周目 #19-(4.7)-0-2-6-7-56-10-5-14-3-12-11……
       6位争い、#56脇阪、#10山西、#5服部、#14脇阪、4台の間隔が詰まっ
       ている。2位#0虎之介は力尽きた感じだ。
34周目 #14脇阪がシケイン立ち上がりで#5服部に並び1コーナーでかわしポジ
       ションアップ
Finish  #19-0-2-6-7-56-10-14-5-3-12-11-63-62

 週末、ずっと好調を維持してきた本山が今季初優勝!
「トラがアメリカ行く前にいいレースができてよかった。嬉しい」と本山。


■決勝暫定結果(TOP10)
P.-No.Driver------------Team-------------Car----------------Lap-
 1 19 本山哲            IMPUL            REYNARD 99L/ML308  35
 2  0 高木虎之介        PIAA NAKAJIMA    REYNARD 2KL/ML308  
 3  2 松田次生          PIAA NAKAJIMA    REYNARD 99L/ML308  
 4  6 M.クルム          5ZIGEN           REYNARD 99L/ML308  
 5  7 野田英樹          LeMans           REYNARD 99L/ML308  
 6 56 脇阪寿一          ARTA             REYNARD 99L/ML308  
 7 10 山西康司          Morinaga NOVA    G FORCE GF03B/ML308
 8 14 脇阪薫一          MOONCRAFT        REYNARD 99L/ML308
 9  5 服部尚貴          5ZIGEN           REYNARD 99L/ML308
10  3 近藤真彦          Olympic KONDO    REYNARD 99L/ML308
              ・
              ・
              ・
---------------------------------------------------------------------------

                    *** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(SDI00685@nifty.com) ***



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース