Archives

  • [—]2020 (88)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

全日本F3000

F3000-Rd4:予選2回目リポート

  ★F3000第4戦鈴鹿 予選2回目レポート
------------------------------------------
 悪いコンディションの中、鬼神のごとき走りを見せた#19星野が2回目の予
選を制し、総合順位でも2位となってフロントロウを確保する事した。
 東の雲は明るさを取り戻しつつあるが、コース上はいまだ激しく降りしきる雨
のために川が流れている最悪の状態である。
 午後2時50分、グリーンシグナルとともにまず#16和田 久が飛び出して
いった。#19星野もこの最初の集団の中にいるが、今朝の走行とは違いエンジ
ンの調子は快調の様子である。
 #16和田が2分17秒824を、続いて#15桧井が2分17秒621、
#28カーカッシが2分15秒201、#19星野が2分12秒296とあっと
言う間にタイムが更新されていった。
 予選終了51分前には#19がさらにタイムアップをはたし、2分12秒240
を記録。
 予選終了50分前には、トップ6のタイムは以下のようであった。
  1 #19 星野 一義     2分12秒240
  2 #3  黒澤 琢也     2分13秒094
  3 #1  マウロ・マルティニ 2分13秒294
  4 #28 パウロ・カーカッシ 2分13秒525
  5 #15 桧井 保孝     2分14秒050
  6 #14 影山 正彦     2分15秒151
 直後に#25チーバーが2分12秒039を記録。しかしすぐその後に#19
星野が2分10秒006を出し、観客席から拍手が沸き起こった。また美祢で切
れた走りを披露した#10フィレンツェンがここで2番手の2分10分605を記録した。
 予選終了45分前に#19星野はいったんピットイン。入れ違いに#77鈴木
利男がピットアウト。星野もチェックを済ませるとすぐにピットアウト。
 予選終了39分前に#77鈴木 利男が2分11秒890で4位に浮上。
 #19星野がこのアクコンディションの中、2分8秒423を記録。観客から
歓声があがる。しかし、直後にテグナー出口でコースアウトしてしまう。が、オ
フィシャルの努力でコースに復帰、ピットインはせずにスロー走行を続けて
チェックをしていた。
 予選終了35分前、#1マルティニは2分10秒163で2位に進出。
 このころからメインストレートでは強い逆風が吹きはじめ、雨も衰える事がな
かった。
 予選終了30分前には、トップ6のタイムは以下のようであった。
  1 #19 星野 一義     2分08秒423
  2 #1  マウロ・マルティニ 2分10秒163
  3 #10 H・Hフィレンツェン2分10秒277
  4 #77 鈴木 利男     2分11秒890
  5 #25 ロス・チーバー   2分12秒039
  6 #8  マルコ・アピチェラ 2分12秒327
 雨はさらに強くなり、タイムアップが望めないと考えたチームが多いのか、ほ
とんどのチームが様子見を決め込んでいる。
 結局このままだれもタイムアタックをする事がなく、タイムアップとなった。
     * FMOTOR4 SUB-SYSOP 山川 順治(PEE00630)/RIJ *


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース