Archives

  • [—]2020 (195)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

JSPC

PR :日産自動車 菅生リリース 11/3

 《日産自動車 リリース》
                         11月 3日
 全日本スポーツプロトタイプカー選手権・最終戦
【SUGOインターナショナル500マイルレース大会】
       日産チーム、公式予選を6・7位で終了
       ------------------
  1月2日(土)の午前と午後の2回に分けて行なわれた公式予選には、合計15台
 のマシンが参加した。 この日は気象条件にも恵まれ、上位8台までがコースレコー
 ドを記録するという熱のこもった予選となったが、昨年に続いてシリーズ2連覇を狙
 う日産チームは、手堅い走りで、予選第6・7位を得た。
 予選第6位 #23カルソニック・ニッサンR91CP 星野一義/鈴木利男組 1'09.489
 予選第7位 #1YHP・ニッサンR91CP  長谷見昌弘/オロフソン組 1'09.839
 注:従来のコースレコードは1分11秒910
☆ 日産チーム水野和敏監督コメント:
  今日は、最初から午前中はタイムアタック、午後は決勝のためのセッティングと
  決めていた。
  タイム的には1分10秒を切ることが一応の目的だったので、予想通りだった。
  2台とも、マシンの状態はベストだ。
☆ 星野一義選手コメント:
  マシンの状態はパーフェクト、サスはセッティングも決まっている。
  一応コース新だから、よしとしなくっちゃね。
  明日のレースは、ファンの皆さんの期待に沿うよう頑張りたい。
☆ 長谷見昌弘選手コメント:
  テストの時と同じタイムだから、予定通りだよ。
  最終戦でタイトルが決まるというのは、走る方も見る方も興奮するよね。
  決勝は相手もあることだし、様子を見ながらということになるだろうが、ファン
  の皆さんに満足してもらえるレースをしたいね。
                提供:日産自動車 広報部
              * FMOTOR4_SysOp 新倉芳夫 (PBA00065) *


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース