Archives

  • [—]2019 (224)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

S-FJ鈴鹿シリーズ

SFJ:第2戦鈴鹿公式予選 澤龍之介が開幕から2戦連続ポールポジション

 スーパーFJ地方選手権鈴鹿シリーズは16日、鈴鹿クラブマンレースで第2戦の公式予選を行い、澤龍之介(TPS・KK-SⅡ・制動屋)が2分14秒306でポールポジションを獲得した。

ポールポジションは澤龍之介(TPS・KK-SⅡ・制動屋) 予選2位は岩佐歩夢(Rn-sports制動屋DプロKK-S) 予選3位は菊池宥孝(ラインアップKRS KKS-Ⅱ)

 クラブマン第2戦は2デーレース。この日は各クラスとも公式予選が行われ、スーパーFJの予選は前プログラムのVitz予選で転倒車両があったため5分遅れの午後3時40分から20分間で行われた。

 気温は10度と平年並みだが、鈴鹿は強風注意報が発令中で、ストレート斜め後ろから吹き付ける風のため体感温度は低く感じられる。

 予選は開始早々から開幕戦優勝の澤龍之介(TPS・KK-SⅡ・制動屋)がタイミングモニターのトップに顔を出す。澤は2周目に1分16秒490を記録すると、3周目にはそのタイムを15秒353まで縮めた。

 ここで澤のタイムを上回ってきたのが開幕戦2位の岩佐歩夢(Rn-sports制動屋DプロKK-S)。1分15秒312で澤を逆転しトップに立った。

 しかし澤は5周目には1分14秒680と岩佐のタイムを大きく上回り再びトップに立つと、7周目には14秒309まで縮めポールポジションを確定した。岩佐は同周14秒739を記録したが澤のタイムには及ばず、17歳対決は澤に軍配が上がった。

 澤と岩佐が14秒台でのハイレベルな攻防を繰り広げる中、3位以下は混戦。菊池宥孝(ラインアップKRS KKS-Ⅱ)、普勝崚(FTK・レヴkks2)入山翔(giddy up KKSⅡ yamasyo)、荒川鱗(Drago CORSE 10V)らが15秒台での争いを演じたが、終盤1分15秒775で3位に付けていた入山を、チェッカーラップで菊池が15秒720と僅差で逆転、3位をもぎ取った。

 4位は入山、5位荒川、6位普勝の順で予選は終了した。

 決勝は明日17日、午後2時10分から10周で行われる。天候は下り坂、雨が落ちれば予断を許さないレース展開になりそうだ。

Text: Yoshinori OHNISHI
Photo: Motorsports Forum


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース