Archives

  • [—]2018 (543)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

SUPER FORMULA

SF:第2回合同テスト富士 春の陽気の中、スーパーフォーミュラ2回目の合同テストが富士スピードウェイで開催、関口雄飛(TEAM IMPUL)がトップタイムで初日を終えた

第2回公式合同テスト富士1日目: 関口雄飛(TEAM IMPUL)

第2回公式合同テスト富士1日目: 関口雄飛(TEAM IMPUL)

第2回公式合同テスト富士1日目: 国本雄資(INGING MOTORSPORT)

第2回公式合同テスト富士1日目: 国本雄資(INGING MOTORSPORT)

第2回公式合同テスト富士1日目: 中嶋一貴(VANTELIN TEAM TOM’S)

第2回公式合同テスト富士1日目: 山下健太(KONDO RACING)

第2回公式合同テスト富士1日目: 福住仁嶺(MUGEN)

第2回公式合同テスト富士1日目: 千代勝正(B-MAX RACING TEAM)

第2回公式合同テスト富士1日目: 石浦宏明(INGING MOTORSPORT)

第2回公式合同テスト富士1日目: 塚越広大(REAL RACING)

第2回公式合同テスト富士1日目: ピエトロ・フィッティパルディ(UOMO SUNOCO TEAM LEMANS)

 前回の鈴鹿公式テストから約2週間のインターバルを経て、今シーズン2回目のスーパーフォーミュラ合同テストが3月28・29日の二日間の日程で富士スピードウェイで行われる。

 テスト初日は快晴の下、午前9時30分から1回目のセッションがスタート、マシンが続々とコースインしていく。

 また未定だった7号車(UOMO SUNOCO TEAM LEMANS)にはピエトロ・フィッティパルディが乗車、これで開幕戦に向けて、全19台のドライバーが確定する事となった。

 セッション終盤までは各車淡々とテストメニューを消化していくが、残り20分となる頃に国本雄資(INGING MOTORSPORT)がコース上にマシンを停めたため赤旗が提示される。

 セッション再開後、残り15分余りという事で各車がアタックラップに入り、1分21秒861と唯一21秒台を叩き出した関口雄飛(TEAM IMPUL)が午前中のトップに。2番手にジェームス・ロシター(VANTELIN TEAM TOM’S)が、3番手に最後のアタックで1分22秒767とタイムを伸ばした千代勝正(B-MAX RACING TEAM)が続き、4番手に石浦弘明(INGING MOTORSPORT)と、国本までがトップ5となり、午前のセッションは終了した。

 お昼のインターバルを挟んで少し風が出たものの気温も20℃まで上がり、14時から午後のセッションが開始された。

 午後は多くのチームがロングラン主体のテストメニューをこなしていき、トラブルもなくセッションは終えるかと思われたが残り30分を切るタイミングで山本尚貴(MUGEN)が100Rにマシンを停めたため、赤旗が提示された。

 車両回収後にセッションは再開、このセッションは10分間の延長もアナウンスされた。残り10分を切るタイミングで各車がこの日最後のアタックラップに入り、まずは山下健太(KONDO RACING)が1分22秒681とタイムを伸ばし一旦はトップに立つものの、最後のアタックで国本が1分22秒168と山下のタイムを逆転し、午後のセッションのトップタイムとなった。

 結果、山下は2番手、3番手に福住仁嶺(MUGEN)、4番手に石浦、5番手に塚越広大(REAL RACING)までがトップ5となり、総合トップタイムは関口が午前中に出した1分21秒861でスーパーフォーミュラ合同テスト初日を終えた。

Text: Motorsports Forum
Photo: Hiroyuki MINAMI


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース