Archives

  • [—]2018 (417)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

SUPER FORMULA

SF:第6戦岡山決勝会見 「関口選手、可夢偉選手、平川選手が本当のプロの駆け引きを見せてくれたのが素晴らしいと思います」(星野一義監督)

決勝フォトセッション: トップ3と優勝チーム監督

優勝 #19関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)
決勝記者会見: 優勝した関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL) リスタート後の1周目からペースが悪いというか、可夢偉が速すぎて、防戦一方になりましたが防ぎきれず、抜かれてしまいました。そこからなんとかついていこうとしましたが、1周1秒くらいのペースで離されてしまい、これはきついなと思いましたが、そこから展開が変わってこっちが速くなり、差が縮まって来たので、追い上げようと思ったらまたセーフティーカーが入りました。可夢偉のタイヤがたれていたのか、水のあるところを選んで走っていたので、リスタート後の1周めがチャンスかなと思っていたら前でミスをしたので、そこで抜くことができました。僕もミスをしましたが、ギリギリ耐えきれたかなと。最後またセーフティーカーが入ったおかげでなんとか助かった感じでした。
決勝2位 #18小林可夢偉(carrozzeria Team KCMG)
決勝記者会見: 2位の小林可夢偉(carrozzeria Team KCMG) リスタートで前に出られて勝てるかな、と思いつつ、終盤辛いかなという思いもあって、序盤プッシュした結果失敗して抜かれてしまいました。そのあとチャンスあるかなと思って伺っていたんですが、残念ながらセーフティーカーが入って取り返すことができませんでした。チームにとっても僕自身にとっても初優勝のチャンスだったんですけど、こんな形で落としたのは残念ですけど、速さの部分では充分あったし、こういう特異系のサーキットでトップを走っているのは自信にもつながります。こういうレースを続けていけば勝てるんじゃないかと思うので、頑張っていきます。
決勝3位 #20平川亮(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)
決勝記者会見: 3位の平川亮(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL) 今日は前の2台についていけなくて、ちょっと悔しい思いをしました。タイヤを頑張って暖めてもなかなか暖まらなくて、セーフティーカー中も一生懸命暖めていたら今度はブレーキがダメになったりで、あまりうまくいかないレースでした。もうちょっと2台と絡んでトップ争いできたらなと思っていたし、ここ2レース表彰台も獲得できているので、次の鈴鹿の最終戦は優勝目指して頑張りたいです。
優勝チーム監督 星野一義(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)
決勝記者会見: 星野一義監督(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL) オートポリスに続いて2回も走れないんじゃファンの人がかわいそうなので走ったほうがいいのかなと思いましたが、安全面で不安もあり、色々複雑な気持ちでした。でも関口選手、可夢偉選手、平川選手が見えない中で戦って、本当のプロの駆け引きを見せてくれたのは素晴らしいと思うし、ずっとこんなレースをやってたら中身の濃いシリーズになってすごくいいだろうなと。そのためにもうちのチームは攻めの姿勢を続けていきたいと思います。そんな中でチャンピオンが取れれば取り、こういうハングリーなレースをすることで平川選手や関口選手、可夢偉選手にヨーロッパから声がかかったらうちをウチを卒業しもらっていいと思っています。野球の広島カープみたいに若い選手をいっぱい育てていけたらと思います。僕自身の仕事はチーム全体の5%くらいしかないので、あとはスタッフが素晴らしい仕事をしてくれているわけで、スタッフやドライバーに感謝しています。
まとめ: Kazuhisa SUEHIRO
Photo: Yoshinori OHNISHI


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース