Archives

  • [—]2019 (35)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

OK

OK:第7,8戦SUGO 第7戦は三村壮太郎が、第8戦は朝日ターボが優勝

2018年オートバックス全日本カート選手権OK部門の第7・8戦が9月9日、スポーツランドSUGO (宮城県)にて行われ、第7戦は三村壮太郎(Croc Promotion)が、第8戦は朝日ターボ(MASUDARACING)が優勝した。

 灼熱の茂原大会より2ヶ月のインターバルを挟み、いよいよシーズン後半戦へと突入したオートバックス全日本カート選手権OK部門。タイトル争いを占ううえでも重要な位置づけとなる今大会だが、今シーズン初となるウエットコンディションとあってサーキットはいつも以上の緊張感と興奮に包まれた。

【第7戦】三村壮太郎、OK部門初優勝!! ヨコハマタイヤが1,2,3フィニッシュでレースを掌握!

 土曜日に行われたタイムトライアルは、路面コンディションが刻々と変化する中での難しいアタックとなった。トップタイムをマークしたのは、名取鉄平(Team Birel ART)で今季2度目の一番時計。2番手には野中誠太(ALJ Super Winforce RT)が続いた。

 予選ヒートでは、2番手スタートの野中が序盤にトップを奪うと、後続を引き離してトップチェッカー。決勝ヒートのポールポジションを獲得した。タイヤを温存したと言う名取が2位に、3位には8番手スタートから着実に順位を上げてきた、SUGOマイスターの佐々木大樹(TONYKART RACING TEAM JAPAN)が入った。

 決勝日は朝から雨が降り続き、決勝ヒートは今季初のウエットコンディションでのレースとなった。オープニングラップでトップに躍り出たのは三村で、佐藤蓮(Drago Corse)、奥住慈英(TEAM MOTOYAMA)と続き、ヨコハマタイヤ勢が異次元の速さで上位を独占した。三村はそのまま他を寄せ付けぬ速さで28周を走り切り、OK部門での初優勝を飾った。2位には佐藤が、3位には朝日の猛プッシュを抑えきった奥住が入り、ヨコハマタイヤユーザーのワン・ツー・スリーフィニッシュでタイヤ開発ドライバー三村の優勝に華を添えた。

【第8戦】朝日ターボ、独走で決めた!OK部門初優勝!!

 第7戦の決勝に続き、第8戦の予選ヒートもウエットコンディションでのレースとなった。ここでも強かったのは三村で、独走で決勝ヒートのポールポジションを獲得した。2番手には、皆木駿輔(Croc Promotion with EXGEL)が入った。

 迎えた決勝ヒート、降雨こそないものの路面はウエットでのスタートとなった。ホールショットを決めた皆木がオープニングラップを制するも、翌周には三村がトップを奪い返す。そのまま逃げるかと思われた三村だったが、その背後にはピタリと朝日がマークし、5周目にはトップの座を奪う。そのまま朝日は今季の不振を振り払うかのように後続を引き離し、OK部門での初優勝を決めた。2位には三村が入った。3位には、18番手スタートから大きく順位を上げた綿谷浩明(XENON RT&BANZO)が入り、会場を大きく沸かせた。

Text & Photo: Hideshi KIKUYAMA


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース