Archives

  • [—]2019 (6)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

スーパー耐久

S耐:第1戦もてぎ決勝 ST-Xクラスの内田優大/藤井誠暢/平峰一貴組が初戦を制す!

st-rd1-r-start-g1 st-rd1-r-start-g2 st-rd1-r-5vs24 st-rd1-r-89vs108 st-rd1-r-62 st-rd1-r-17vs213 st-rd1-r-24vs st-rd1-r-86

 朝の霧雨が嘘のように急速に天候が回復したツインリンクもてぎ。

st-rd1-r-24

st-rd1-r-777

st-rd1-r-59

st-rd1-r-38

st-rd1-r-13

st-rd1-r-69

 62台がコースインし、2グループに分かれてのローリングスタートが1周のフォーメーションラップののちに、12時19分に切られた。

 PPの#5 Mach MAKERS GTNET GT-Rの星野一樹を先頭に、#24スリーボンド日産自動車大学校GT-Rの藤井誠暢、#8 ARN SLS AMG GT3の佐々木孝太のトップ3台の争いで序盤は淡々と進む。

 39周目に#24と#8がピットイン。40周目には4番手の#3 ENDLESS ADVAN-GTRの富田竜一郎もピットへ向かう。41周目には#5もピットインし、トップは#24にかわる。

 70周目に#5が再びトップを奪い返し、79周目に#24が2度目のピットイン。84周目に#5もピットへ入るが、トップを守る。しかし、94周目に#24がトップに立ち、115周目に再度ピットインするまでトップの座をキープする。

 116周目には#5もピットインし、#3がトップに。122周目に#3がピットインしたため、#24がトップに浮上。153周のレースは#24が26秒ほどの差で#5を振り切り優勝。3位には#3と表彰台はGT-Rが独占する結果となった。

 2台のみとさびしいST-1クラスは#777 D’station Porsche 911が、ST2クラスは#59 DAMD MOTUL EDWRX STI、ST3クラスは#38 MUTA Racing TWS IS 350が、ST4クラスは#13 ENDLESS ADVAN86、ST5クラスは#69BRP★J’SRACINGホンダカーズ浜松北みきゃんFITがそれぞれクラス優勝を果たした。

 第2戦は、5月14~15日に宮城県スポーツランドSUGOで行われる予定だ。

st-rd1-r-podium-stx st-rd1-r-podium-st1 st-rd1-r-podium-st2 st-rd1-r-podium-st3 st-rd1-r-podium-st4 st-rd1-r-podium-st5

Text: Keiichiro TAKESHITA
Photo: Keiichiro TAKESHITA
Hiroshi ICHIMURA


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース