Archives

  • [—]2019 (6)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

SUPER FORMULA

SF:第6戦SUGO決勝 アンドレ・ロッテラーがぶっちぎりで今季2勝目

 全日本選手権スーパーフォーミュラ第6戦は18日、宮城県のスポーツランドSUGO(1周・3.704km)で決勝を行い、アンドレ・ロッテラー(PETRONAS TOM’S SF14)が68周・1時間17分52秒551で優勝した。

sf-rd6-r-start

sf-rd6-r-1vs2

sf-rd6-r-2vs1

sf-rd6-r-2

sf-rd6-r-16

sf-rd6-r-40

sf-rd6-r-winner

sf-rd6-r-podium-winner

sf-rd6-r-podium

 午後2時30分予定通り秋晴れの下、フォーメーションラップが始まった。

 好スタートを切ったのは予選2位の中嶋一貴(PETRONAS TOM’S SF14)。ポールポジションのアンドレ・ロッテラー(PETRONAS TOM’S SF14)に並びかけ、インから1コーナーでトップに躍り出た。同3位の石浦宏明(P.MU/CERUMO・INGING SF14)は、同4位の山本尚貴(TEAM 無限SF14)にパスされ4位に落ちた。以下、野尻智紀(DOCOMO DANDELION M40S SF14)、ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ(LENOVO TEAM IMPUL SF14)、小林可夢偉(Team KYGNUS SUNOCO SF14)、伊沢拓也(REAL SF14)と続く。

 トップに立った中嶋一貴は2位のロッテラーを引き離しにかかる。6周目には1秒近くまでその差は広がるが、そこからペースアップしたロッテラーが徐々に中嶋一貴に接近。13周目に0秒5まで迫ったロッテラーは14周目の最終コーナー立ち上がりでオーバーテークボタンを利用し15周目の1コーナーでインから中嶋一貴をパス。トップに立った。

 トップに立ったロッテラーは15周目に2位中嶋一貴を1秒2離して戻ってくると、すばらしいペースで2位以下を突き放しにかかる。

 26周終わりには4位の石浦が、27周終わりに3位の山本が、28周終わりに中嶋一貴がピットインするると、ピット時間の短かった山本が中嶋一貴の前に出ることに成功する。

 トップのロッテラーは2位に上がった野尻を大きく離してこの2人は53周を終わって同時ピットイン。ロッテラーはトップでレースに復帰し、野尻は実質2位の山本と同3位の中嶋一貴の間に入ることに成功した。

 このままレースは終了。優勝は2位以下を23秒離してぶっちぎりのロッテラー、2位に山本が、3位に野尻が入った。4位に中嶋一貴。ポイントリーダーの石浦は5位に終わった。6位に小林が、7位にオリベイラが入り、8位が平川亮(ACHIEVEMENT Team KYGNUS SUNOCO SF14)でここまでがポイントゲット。

 この結果、ポイントリーダー石浦は4ポイントを追加し45ポイントでトップのまま。2位には5ポイントを追加し39ポイントの中嶋一貴が続き、オリベイラと今回優勝のロッテラーが31ポイントで並ぶ。この4人がチャンピオンの可能性を残して最終戦を戦うこととなる。

 最終第7戦は三重県の鈴鹿サーキットに舞台を移し11月8日に決勝が開催される。果たしてドライバーズチャンピオンに輝くので誰になるのであろうか?

Text: Yoshinori OHNISHI
Photo: Motorsports Forum


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース