Archives

  • [—]2019 (6)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

スーパー耐久

S耐:第6戦オートポリスフリー走行 ST-Xクラスの峰尾恭輔/ユーク・タニグチ/飯田章組がトップタイム

st-r6-f2-3 st-r6-f2-37 st-r6-f2-20 st-r6-f2-34 st-r6-f2-93 st-r6-f2-95

 前夜からの雨が降り続く朝を迎えたオートポリス。午前8時30分からウエットコンディションのなか、30分間のフリー走行が行われた。

 このセッションで好調な走りをみせたのは#3B MWZ4だった。2分02秒717のトップタイムをマークし、総合2番手にはST1クラスのポールシッターの#37IPSが02秒948とした。

 ST2クラスはこちらもPPの#20ランサー、ST3クラスもPPの#34Z3、ST4クラスは#93のS2000、ST5クラスは#95のフィット3がそれぞれクラストップのタイムをマークしている。

 決勝レースは、午後1時20分から3時間の予定で行われる。天気予報では、お昼頃で雨は上がるとのことで、今年はレースが予定通りに開催されることに期待したい。

Text & Photo: Keiichiro TAKESHITA


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース