Archives

  • [—]2019 (43)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

F4西日本シリーズ

F4:西日本第3戦鈴鹿決勝 大湯都史樹が開幕から土つかずの3連勝

 F4地方選手権シリーズ西日本第3戦は3日、鈴鹿サーキットで決勝を行い、予選2位の大湯都史樹(TANZEN Rn-s MYST JSS)がスタートでトップに立つとそのまま逃げ切り23周・19分32秒024で優勝。開幕からの連勝を3と伸ばした。

f4w-rd3-r-start1

f4w-rd3-r-start2

f4w-rd3-r-start3

f4w-rd3-r-11vs3

f4w-rd3-r-11

f4w-rd3-r-3

f4w-rd3-r-14

f4w-rd3-r-winner

 レースは夕刻午後4時15分、蒸し暑い中シーケンシャル(S)クラス5台、Hパターン(H)クラス2台、合計7台が参加してフォーメーションラップが始まった。

 スタートはポールポジションの澤田真治(B-MAX・RK01・TODA)が出遅れ、予選2位の大湯都史樹(TANZEN Rn-s MYST JSS)が好スタートを切ったため、2台は並走して1コーナーへ向かう。澤田は大湯を牽制してインに寄せるも大湯も譲らず1コーナーでトップに浮上した。3位には好スタートを切った予選4位の吉田宣弘(佐藤製作所☆MYST☆ガレージヨシダ)が、4位にはホイールスピンが多く、加速が鈍った予選3位の金澤力也(VSRランボルギーニF108)が続く。

 その後もトップ大湯と2位澤田は接近戦。大湯も巧みにブロックしてトップを譲らない。16周目には、大湯の前に周回遅れが現れ、パスするのに手こずったためS字コーナーで大湯と澤田はテールトゥノーズに。ストレートで0秒2差まで迫ったもののこれをしのぎぎった大湯はトップを死守。

 この2台の争いはあっけない幕切れを迎える。18周目の2コーナーで澤田が痛恨のスピンアウト。3位との差が10秒以上あったため澤田は2位のままコースに復帰するも、これで大湯は安泰。23周を走って開幕からの連勝を3と伸ばした。大湯は東日本シリーズでも4連勝ですでにチャンピオンを決めているためJAF F4では負け知らずの7連勝。

 一方、スタートで3位に浮上した吉田だったが、背後から4位の金澤が迫る。テールトゥノーズの争いは5周目の1コーナーでインを押さえた吉田のアウトから金澤が2コーナーでクロスラインを取り3位に浮上。そのまま逃げ切り、鈴鹿初レースで表彰台をものにした。4位には吉田が入りここまでがトップと同一周回。

 5位には周回遅れながらHクラストップの入榮秀謙(フジタ薬局☆アポロ電工☆モーターテクニカ)が入った。

 西日本シリーズ第4,5戦は岡山国際サーキットに舞台を移し、7月30、31日に行われる。大湯が連勝を伸ばすのか、岡山も参加予定の澤田が一矢報いるのか、注目だ。

優勝 大湯都史樹(TANZEN Rn-s MYST JSS)
f4w-rd3-r-oyu  「スタート決まったのがうれしかったです。1コーナーで並べたのでやったと思いました。セッティングが決まってなかったのでいろいろ試しつつ後ろも押さえて走っていました。周回遅れが出てきたときにやばいと思いましたが、案の定、抜かしてくれなくて危なかったです。開幕から3連勝です」
2位 澤田真治(B-MAX・RK01・TODA)
f4w-rd3-r-sawada  「スタートを失敗しましたが、FIA-F4に向けてよい経験ができたと思っています。このレースに関してはスタートとスピンですね。スピンはギアが入らなかったりとかあったんですが、リカバリーできる範囲でした。いつも100%で走っていて気持ち的に余裕がなくて、スピンしてしまいました。余裕が持てれば何かあったも大丈夫だし、スタートも課題ですね」
3位 金澤力也(VSRランボルギーニF108)
f4w-rd3-r-kanazawa  「鈴鹿初遠征で今週末から初めて走ったんですが、少しずつ乗れてきて、マシンのセットアップも向上してトップに近づいていったんですが、コンマ5秒くらいのところで止まってしまいました。まだ壁が残るレースでした。スタートはタイミングは良かったんですが、クラッチミートでホイールスピンさせてしまいました。吉田選手は1コーナーでイン側を閉めていたのでクロスラインで2コーナーアウトから抜きました。このレースは東シリーズでマシントラブルが出たので代替で出ました。VSRの育成なので日本でいい成績を残して海外へ行きたいです」
Text: Yoshinori OHNISHI
Photo: Motorsports Forum
Yoshinori OHNISHI


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース