Archives

  • [—]2022 (757)
  • [+]2021 (678)
  • [+]2020 (461)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (248)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

鈴鹿S-FJ選手権

第6戦鈴鹿公式予選上位ドライバーコメント PP・居附明利「終わり良ければすべて良し」

ポールポジションを獲得した居附明利(SAccess Racing Es)

ポールポジション 居附明利(SAccess Racing Es)
 「午前中とはコンディションが違ったので最初の数周はタイムが出なくてびっくりしました。電光掲示板でみんなのタイムを見てるとそんなもんだったので、あとコンマ1か2は縮めようと思い、最後まで走りました。あしたの決勝は、クルマは問題がないので応援してもらってるみんなに感謝しながら、ノートラブルで走るのみです。チャンピオンは厳しいので優勝目指して、有終の美を飾ります。終わり良ければすべて良しですね」
予選2位 森山冬星(DIXCEL/ROYAL/MYST)
 「ずっとポールが欲しかったのに、最終戦なので悔しいです。最後にセクター1が決まった周があったんですが、危ないドライバーがいてアタックをやめました。たらればですが、それがなければ行けたかなと思います。あしたは優勝できるように、いまからチームと改善点を出していきます」
予選3位 八巻渉(中日本自動車短期大学MSE学科KK-SII)
 「クルマはドライでいいところが出ています。アジャストしたいところはありますが、これ以上やると崩れちゃうところもあるので、現状維持で行こうかなと思います。スポット参戦なのでチャンピオン争いをしている2人の後ろで良かったです。あしたは、スタートを無難に決めて、チャンピオン争いを最前席で見ようと思います」
Text & Photo: Yoshinori OHNISHI


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース