Archives

  • [—]2021 (547)
  • [+]2020 (461)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (248)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

スーパー耐久

S耐:オーバルバトルもてぎ PETRONAS SYNTIUM BMW Z4M COUPE(ハイムラン/柳田/吉田組)が初のオーバルレースを制す!

 雨で迎えた朝、8時からの練習走行はオンタイムで行われたが、その後霧により視界不良となり、予選は1時間遅れの10時から開始された。

st_spl_q_28 st_spl_q_13 st_spl_q_333 st_spl_q_51

 ポールポジションは#28 PETRONAS SYNTIUM BMW Z4M COUPE(谷口信輝/片岡龍也組)、ST2クラスは#13 ENDLESS ADVAN CS-X(峰尾恭輔/山田英二組)、ST3クラスは#333 エクセディH.I.SイングスZ(冨桝朋広/関豊組)、ST4クラスは#51 AGY ings インテグラ(井尻薫/黒木英春組)がそれぞれクラスのポールを獲得した。

st_spl_start1  12時15分、ハーフウエットのコンディションで50周の第1ヒートがスタートをきった。#28が先行するものの、16周目に#50 PETRONAS SYNTIUM BMW Z4M COUPE(F.ハイムラン/柳田真孝/吉田広樹組)がトップに立つ。32周目にピットインするがそのまま第1ヒートは#50PETRONASが43秒差をつけてトップでチェッカー。2番手には#1 ENDLESS ADVAN Z(藤井誠暢/荒聖治組)が入った。ST2クラスは#13 ENDLESS ADVAN CS-X(峰尾恭輔/山田英二組)に。ST3クラスは#39 TRACY SPORTS eeiA NSX(井入宏之/赤鮫オヤジ/宮城光組) 。ST4クラスは#51 AGY ings インテグラ(井尻薫/黒木英春/黒木健次組)がそれぞれ第1ヒートを制した。

 14時30分から第2ヒートがスタート。この頃にはいったん上がっていた雨が再びポツポツとコースを濡らす。オープニングラップの第1ターンで#13がストップ。このためイエローフラッグが提示され、フルコースコーション。このためSCカーランが続き7周目の終了時にようやくグリーンフラッグが振られてスタート。9周目2番手を走行していた#1の荒がシケインでスピン。再スタートの後ピットインしタイヤ交換を行う。これで再び#50と#28の1-2体制となった。32周目にトップの#50がピットインし、翌周に#28もピットイン。2台は順位を落とすことなくコースに復帰し、50周のレースを1-2でフィニッシュ。

st_spl_r_50 st_spl_r_37 st_spl_r_29 st_spl_r_51

 レースは1、2ヒートの結果を合算して順位が決定される。1,2ヒートの合算でも優勝は#50、2位に#28が入った。3位には#1Z。ST2クラスは#37 シーケンシャルエンドレスアドバンランサー(和田久/大瀧賢治組)がクラス優勝。ST3クラスは#39NSX、ST4クラスは#51インテグラという結果となった。

st_spl_st1_podium st_spl_st2_podium st_spl_st3_podium st_spl_st4_podium

Text & Photo: Keiichiro TAKESHITA



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース