Archives

  • [—]2020 (102)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

全日本F3000

JF3000:Rd.4 NISSEKI IMPUL 決勝リリース

◆決勝結果 1周目リタイア
<決勝状況>
 昨日の予選でのマシンのバランスの悪さを検討したところダンパーにその原因があ
るという結論になった。そこでチームは決勝日の朝のフリー走行でダンパーを交換し
てその違いをチェックすることとした。しかし、フリー走行は昨日の夜に降った雨で
コースコンディションはハーフウエット状況だったために完全に交換した後のチェッ
クはできなかった。
 チェックはできなかったが、フリー走行で交換したダンパーを装着したまま決勝に
望むこととなった。
 決勝のスタート直前、影山選手がエンジンをストップさせたためにスタートがやり
直しになった。そして、2度目のスタートで星野一義はファインスタートを切って1
コーナーまでに順位をあげた。2コーナーに侵入したとき直前で数台のマシンが接触、
それを避けようとして星野はスピン、コースアウトしてストップした。再スタートを
切ろうとしたがエンジンがストップしていた。エンジンをかけようとしたがかからず、
そこでリタイアとなった。
<レース後のコメント>
 監督 金子 豊
 目の前で数台のマシンが接触していたのでそれを避けようとしてスピンしてしまっ
た。マシンにダメージがなかっただけでも幸いだ。しかし、それもスタートの順位が
後ろであった結果だ。もっと前でスタートできていればそれに巻き込まれることもな
かっただろう。予選の結果かすべてだった。今回もハード面で星野を苦しめてしまっ
た。次回までに徹底的にマシンの見直しをしたい。
                 NISSEKI モータースポーツ事務局
FMOTOR4F SUB-SYSOP 大西良徳(SGB01141)


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース