Archives

  • [—]2020 (255)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

SUPER GT

SGT:第2戦岡山フリー走行 ここでもNSXが他を圧倒。トップタイムはARTA

2007スーパーGT第2戦、岡山GT300kmの決勝前フリー走行は#8ARTA NSXが1分24秒852でトップタイム。 2位3位もNSXが占め、ここでもまたその速さを見せつける結果となった。

GT300クラストップは#62ウィルコムアドバンヴィーマックで、タイムは1分32秒271だった。

gt_r02_f_arta gt_r02_f_willcom

昨日垂れ込めていた分厚い雲も晴れ、決勝日を迎えた岡山国際サーキットは朝から絶好のレース日和となった。

スーパーGTのフリー走行は、サポートレースをひとつ消化した後、午前9時25分より30分間で行われた。

最初にトップタイムを記録したのは#17リアルNSXで1分25秒760。すぐに#8ARTA、#32EPSONらがそれを上回るタイムを出して1位2位を占める。ドライバーは8号車がラルフ・ファーマン、32号車がロイック・デュバル、17号車は金石勝智だった。さらに#1宝山トムスSC430を挟んで、5位に#100レイブリック、6位にポールシッターの#18TAKATA童夢と続く。

Z勢のトップは7位の#22モチュールオーテック。ここから下はレクサスSC430とZがほぼ交互に続き、決勝でも混戦が予想される。

GT300クラスは、最初に#43ARTAガライヤの新田守男が1分32秒512でトップに立つが、すぐに#62ウィルコムヴィーマックの柴原真介が32秒271までタイムを削ってくる。ポールシッターの#2プリヴェKENZO紫電は3番手。タイムは1分32秒570と、上位3台は僅差でつらなり、勝利の行方は全く予想できない状況だ。

なお、昨日基準タイムをクリアできなかった#67ガイヤルドは、このセッションで1分37秒116までタイムを縮めたが、途中メカニカルトラブルでコース上にストップしてしまった。

スーパーGT第2戦決勝は今日午後2時より、82周で行われる。

Text:Kazuhisa SUEHIRO / Photo:Keiichiro TAKESHITA



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース