Archives

  • [—]2021 (547)
  • [+]2020 (461)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (248)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

Inter Proto e Series

IPeS:【リアルに最も近いeスポーツ】2020インタープロトeシリーズ特別戦が富士スピードウェイで開催

 ドリームレーシングプロジェクトは19日、富士スピードウェイの特設会場で29日にeスポーツのインタープロトeシリーズ特別戦を開催すると発表した。以下、プレスリリース。


 eスポーツというワードが世間一般に認知し始められ「eスポーツは本当にスポーツなのか?」という議論も当初はありましたが、エレクトリック・スポーツ(競技)として、国体では競技種目の一つとして採用され、オリンピックでも競技候補となっています。

 これら活況となりつつあるeスポーツのメインは“ゲーム”でありますが、リアルのスポーツを仮想空間で限りなく再現した新しいカタチのeスポーツがこのインタープロトeシリーズ(IPeS)です。

 2019年に初めてシリーズとして年間5大会開催し、延べ130名のプレイヤーが参加しました。この初代チャンピオンは、リアルプロレーサーと仮想空間で対戦し惜しくも敗れました。

 リアルプロレーサーが勝利を収めたということは、IPeSが現実に限りなく近いという証明にもなりました。

 この結果により、2020年は参加者は減ったものの競技レベルはさらに上がり、年間8大会開催しリアルプロレーサーとの対決権利を3名のプレイヤーが獲得しました。

この内1名はリアルでもレースに参戦しているリアルレーサーです。

徐々にリアルとバーチャルの境目がなくなりつつあるIPeSは、プロeスポーツを目指します。

*開催概要*

  • 【日時】2021年1月29日(金)17:00~18:00
  • 【場所】富士スピードウェイ内特設会場
    • 【参戦選手】
    • - OKADA選手(2020 IPeSチャンピオン)
    • - KIMURA選手(2020 IPeS 2位)
    • - MUTO選手(Access Racing Simulator Cup 2020チャンピオン)
    • - TSUBOI選手(インタープロトシリーズプロドライバー代表・ディフェンディングチャンピオン)
  • 【シミュレータ筐体】Accessレーシングシミュレータ
  • 【シミュレータソフト】アセットコルサ日本語PC版
  • 【マシンMOD】IPS kuruma 202X
  • 【コースMOD】富士スピードウェイ2020
  • 【予選】スーパーラップ方式
  • 【決勝レース】ローリングスタート+8周
  • 【賞典】インタープロトkuruma実車テスト走行+¥100,000-(プロレーサーが買った場合は、賞金¥500,000-)

 当日は富士スピードウェイ特設会場よりYouTubeライブ配信予定です。
 https://youtu.be/UBhYOgrwdV0

 また予選のスーパーラップは、Twitterでの投票で出走順を決定いたします。
 https://twitter.com/xyzstaff

 リアルプロドライバーとトップシムレーサーの対決をお楽しみに!!

IPeSオフィシャルサイト
https://ipes.xyz-one.jp/
Dream Racing Project (DRP)


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース