Archives

  • [—]2020 (95)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

SUPER GT

SGT:第9戦富士GT300kmレース AWDインプレッサ、3戦連続のポイント獲得を狙う(SUBARU MOTORSPORT EXPRESS)

◇AWDインプレッサ、3戦連続のポイント獲得を狙う

 SUPER GT第9戦(最終戦)は、11月4~5日に静岡県の富士スピードウェイにおいて開催される。SUPER GTで唯一シンメトリカルAWD機構を持つ「クスコ スバルADVANインプレッサ」は、小林且雄と菊地靖のコンビで参戦。3戦連続となるポイント獲得を目指す。

 10年ぶりのAWD GTマシンとして注目された「クスコ スバルADVANインプレッサ」は第5戦SUGOラウンドでデビュー。第6戦の鈴鹿はスキップしてマシンの熟成に時間を費やし、第7戦もてぎでは7位で初ポイントを獲得。さらに第8戦オートポリスでは9位で2戦連続のポイントを獲得した。

 第9戦富士は昨年全面改修され、来年にはF1日本GPが開催される近代的なサーキットに生まれ変わった。ゴールデンウィークの第3戦もこの富士で500kmレースとして開催されたが、インプレッサは新型車両を開発中で参戦しておらず、AWD車としては初のチャレンジとなる。

 予選はスーパーラップ進出をかけてトップ10狙い。そして決勝レースでは、まずは3戦連続のポイント獲得、そして上位入賞を目指すことになる。また路面状況が悪化した場合には、シンメトリカルAWD機構の優れたトラクションをいかして表彰台を狙う。

 今回、GT300クラスのエントリー台数は27台(計42台)。タイムスケジュールは以下のとおり。

4日(土)7:30~8:45公開車検
10:30~11:30予選1回目
14:10~14:40予選2回目
(14:45~スーパーラップ)
5日(日)9:05~9:35フリー走行
14:05~決勝レース(66周)
■小林且雄

「インプレッサは、他の車両に比べて前面投影面積や空気抵抗など の面で不利。特にストレートの長い富士では苦戦を強いられると思 いますが、菊地と共に粘り強い走りでレースを組み立てていきたい ですね。上位入賞のチャンスもあると思うし、来年につながるような レースにしたいです」

◆スバルモータースポーツの詳細は下記WEBサイトをご覧ください。
[スバルモータースポーツマガジン]

Text: スバルテクニカインターナショナル株式会社



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース