Archives

  • [—]2020 (92)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

Formula DREAM

Fドリーム第11戦 鈴鹿 アースイングシステム アワードレース


スポット参戦2レース目にして優勝を遂げた伊沢の走り。(Photo:FDO)

                 伊沢、2レース目で優勝

03年度フォーミュラドリームレースも、いよいよシリーズ最終戦を迎えた。鈴鹿サー
キットは薄曇り。第11戦決勝レースは午前11時5分から始まった。ポールポジショ
ンは武藤英紀、その隣には伊沢拓也と、前日のレースと同じフロントローに、坂本
祐也、友森雄一、岡本章平、平出英敏、安田裕のぶが続く。

好スタートをきめたのは、伊沢だった。伊沢はストレートイン側を加速、アウト側
にいた武藤に並びかかった。それを見た武藤はイン側に寄せて伊沢のブロックにか
かる。しかし伊沢の加速は良く、武藤を抜き去る勢いがついていた。そこで武藤が
さらに寄せたため、伊沢は進路を失って第1コーナー手前イン側のダートへ落ちて
姿勢を崩した。

伊沢はペースを落としながら姿勢を制御しコースに復帰したが、巻き込まれる形で
坂本と友森がスピンして第1コーナーでスピンオフ。坂本はコース復帰を果たした
が友森はそのままレースを終えてしまった。この混乱が収まったとき、先頭は伊沢
を大きく引き離した武藤のものになっていた。以下、伊沢、岡本、安田、高崎保浩
という順になってレースは始まった。

2周目、安田が岡本に迫り、130Rのインをさして3番手へ浮上した。このときわずか
な接触が起きて岡本はスピン、大きく順位を落とした。またこれを見てアクセルを
ゆるめた高崎は藤井誠暢に抜かれた。その後高崎は藤井を抜き返そうと攻め立てる
が届かない。この4番手争いに後方から平出が加わり、接戦が始まった。

高崎が4番手を取り戻したのは7周目の1コーナーでのことだった。そして次の周に
入ったとき、先頭を走る武藤に失格裁定が下り、黒旗が提示された。これを受けて
武藤は10周を終えてピットロードへ退いた。この結果、先頭は伊沢となり、安田と
高崎がこれを追いかける展開となった。

後方では、4位の藤井に迫った平出が12周目の2コーナーで姿勢を崩し、次の周には
デグナーでコースオフして大きく順位を落とした。レース終盤、5位にいた武田雄
一、行方由久、追い上げてきた岡本が接戦を繰り広げた。

伊沢は、背後の安田との間に2秒前後の差を維持してレースを走りきった。スポッ
ト参戦2戦目の優勝である。2位には安田、3位には前日に引き続きファステストラッ
プを記録した高崎、以下藤井、武田、岡本が入賞した。

詳しくは公式サイトへ。http://www.f-dream.gr.jp


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース