Archives

  • [—]2020 (85)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

Formula Nippon

Fニッポン第10戦 鈴鹿 決勝


スタートを制し、荒れた展開もしのぎきった脇阪寿一。佐々木オーナーも大喜びだ(Photo:Motorsports@nifty)

フォーミュラニッポン最終戦の決勝は、雨やアクシデントにより2回のセーフティーカーが
入る大荒れの展開となったが、スタートからトップに立った#22脇阪寿一が後続を押さえ
切り、鈴鹿に駆けつけた佐々木オーナーの目の前で今季2勝目を挙げた。
2位にはフォーミュラニッポン初表彰台となる#1小暮卓史、3位には一時はトップに立った
ものの無念のコースアウトで後退した#19本山哲がはいった。
(観客数 28,000人)

スタート直後の1コーナーを制したのは2番グリッドから勢いよく飛び出した脇阪。
これに本山、井出、金石が僅差で続く。
序盤は脇阪がトップを維持して順調に周回を重ねるが、2位の本山も次第にペースを
挙げていき、ついに9周目の2コーナーで脇阪を捕らえ、トップを奪う。
しかしスタート直後からぱらついていた雨が徐々に強くなり始め、12周目のスプーン
手前で#12井出有治がスピンアウトしたのに続いて、なんとトップの本山も13周目の
スプーンでコースアウトしてしまい、大きく後退することとなった。更にこのラップ
の最終コーナーで、#7金石年弘がスピン。コース中央にクルマを止めてしまったため、
ここでセーフティーカーが入ることとなった。
このタイミングでピットに飛び込んできた井出、#4ドミニク・シュワガー、#10加藤寛規。
#28野田英樹らはレインタイヤに交換してコースに戻ったが、翌周にピットインした
脇阪、小暮、本山らはスリックをチョイス。結局SCラン中に天候が回復したため、
このタイヤチョイスが命運を分ける結果となった。
レースは19周目に1位脇阪、2位小暮、3位服部、4位本山の順でリスタート。レインを
選択してペースの上がらない服部を本山が1コーナーでパス。更に2位の小暮の追撃に
かかるが、先行逃げ切りを目論んでダウンフォースを多めにつけた本山には、ストレート
スピードに勝る小暮を抜くことは難しく、ブレーキングで間隔を詰めては立ち上がり
で引き離される展開が続き、ついに30周目のヘアピン進入で本山は小暮に軽く追突して
しまう。
そして32周目、スプーンで#3立川祐路と#2アンドレ・ロッテラーが絡んでクラッシュした
ために、ここで2度目のセーフティーカーが入り、37周目に再スタート。相変わらず小暮
と本山の攻防が続くが、ここに#8土屋武士と井出も徐々に接近。一時は4台による2位争い
が展開されるかに見えたが、結局どのドライバーも決め手を欠き、1位脇阪、2位小暮、
3位本山、4位土屋の順でフィニッシュとなった。
2003年11月2日 鈴鹿サーキット(三重県) 決勝 天候:曇り/コース:ドライ
Fニッポン -RIJ- (2003/11/02) Race Result Weather:Cloudy Course:Dry-Wet-Dry
2003 Fomula Nippon Round 10 鈴鹿サーキット 5.807km
PNoDriverTeamLapTime
122脇阪 寿一TEAM 22461:39:04.524
21小暮 卓史PIAA NAKAJIMA460.632
319本山 哲IMPUL461.216
48土屋 武士LeMans461.539
512井出 有冶COSMO OIL CERUMO463.609
65道上 龍5ZIGEN466.294
710加藤 寛規OIZUMI TEAM NOVA466.881
84ドミニク・シュワガーOlympic KONDO4613.473
940リチャード・ライアンDoCoMo DANDELION4615.290
1028野田 英樹CARROZZERIA MOHN4618.290
1141服部 尚貴DoCoMo DANDELION4623.296
129黒澤 治樹PLANEX EBBRO NOVA433 Laps
-------- 以上規定周回(41 Laps)完走 --------
-11松田 次生COSMO OIL CERUMO3610 Laps
-3立川 祐路Olympic KONDO3115 Laps
-2アンドレ・ロッテラーPIAA NAKAJIMA3115 Laps
-6ジェームス・コートニー5ZIGEN2620 Laps
-7金石 年弘LeMans1234 Laps
-20ブノワ・トレルイエIMPUL343 Laps
  • シャーシーは全車Lola B351、エンジンは全車無限MF308、タイヤは全車BSです。
  • FASTEST LAP: No.40 リチャード・ライアン 1'49.190(40/46) 191.46km/h
  • セーフティーカー(1回目) 導入時刻:14:59'31(13Laps) 解除時刻:15:16'28(18Laps)
  • セーフティーカー(2回目) 導入時刻:15:43'34(32Laps) 解除時刻:15:55'09(35Laps)
  • Car No.40は2003年全日本選手権フォーミュラ・ニッポン統一規則第29条11.(ピットレーン通過速度)違反により、ドライビングスルー・ペナルティが課された。
  • Car No.40は2003年全日本選手権フォーミュラ・ニッポン統一規則第32条2.(ピット出口の信号)違反により、ペナルティ・ストップ10秒が課された。


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース