Archives

  • [—]2021 (469)
  • [+]2020 (461)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (248)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

PORSCHE CARRERA CUP JAPAN

PCCJ:第2戦岡山決勝 プロクラスは近藤翼が、プロアマクラスは内山清士が、アマクラスはスカイ・チェンが優勝

 4月11日、岡山国際サーキットでPCCJ第2戦が開催された。

 昨日に続き、好天に恵まれるコンディションとなった。

 昨日行われた予選での2ndラップタイムによりスターティンググリッドは決定されている。

 #31上村優太がPPを獲得。2番手に#24近藤翼、3番手に#60小河諒、4番手に#91大草りきとオーバーオールの4台はプロクラスが先頭グループにつける。5番手にプロアマクラストップの#98IKARI、6番手にクラス2位の#25内山清士、7番手にクラス3位の#77浜崎大。8番手はアマクラストップの#62KUMA、9位にクラス2位のMasaTaga、10位に#36Sky Chen、11位に#15神取彦一郎、最後尾はクラス5位の#23滝澤智幸ときれいに3クラスが分かれたグリッドとなった。

 9時45分にフォーメーションラップがスタートし、15周の決勝レースがスタート。

 イン側から#24近藤翼が先行し#31上村、#60小河、#91大草のオーダーで序盤が展開。

 スタートから、プロアマクラスは#98IKARIが2周目の1コーナーでマシンを止めてしまう。これで#25内山が労せずしてクラストップに立ち、#77浜崎との一騎打ちとなる。2台のバトルは続いたが、次第に#25内山はその差を広げていく。

 15周のレースのは#24近藤が制し、#31上村が2位に入るものの走路外走行のペナルティを受け30秒の加算。#60小河が2位に入り、#91大草が3位に入ることとなった。

 プロアマクラスは#25内山が優勝、2位に#77浜崎が入り2人での表彰台となった。

 アマクラスはファイナルラップに逆転の#36Chen,#15神取、#62KUMAまでが表彰台に上がることとなった。

 次戦の第3戦と4戦は5月3-4日に静岡県の富士スピードウェイで今回と同様にSGTのサポートレースとして開催される予定だ。

Text & Photo: Keiichiro TAKESHITA


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース