Archives

  • [—]2021 (128)
  • [+]2020 (461)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (248)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

F4 JAPANESE CHAMPIONSHIP (FIA-F4)

FIA-F4:第12戦富士決勝 #35平良の連勝を止めたのは#62平木!

FIA-F4選手権第12戦の決勝が11月29日、静岡県の富士スピードウェイで行われ、ポールポジションからスタートした#62平木玲次(HELM MOTORSPORTS F110)が今季2勝目を挙げた。これにより#35平良響(TGR-DC RSトムススピリットF4)の連勝記録は10でストップした。

優勝は平木玲次(HELM MOTORSPORTS F110) 決勝2位は平良響(TGR-DC RSトムススピリットF4) 決勝3位は伊東黎明(OTG DL F4 CHALLENGE) インディペンデントカップ優勝は佐藤セルゲイビッチ(結婚の学校フィールドモータースポーツ) トップでゴールする平木玲次(HELM MOTORSPORTS F110) 優勝した平良響(TGR-DC Racing School) インディペンデントカップで優勝した佐藤セルゲイビッチ(フィールドモータースポーツ) 表彰式 インディペンデントカップの表彰式

第12戦決勝は午前8時より14周で行われた。このレースのスタート順は第10戦決勝でのベストラップタイム順となる。ポールは#62平木。2番手には#5小出峻(VEGAPLUS DOME F110)、3番手に#7太田格之進(VEGAPLUS DOME F110)が続いて10連勝中の#35平良は4番手。

この日の天候は晴れ。コースはドライだ。

スタートでの#62平木の動き出しは悪くなかったものの、1コーナーでは#5小出がインに飛び込んできた。しかし平木は2コーナー立ち上がりで再びトップを奪い返す。

この隙に#7太田、#35平良、#80伊東黎明(OTG DL F4 CHALLENGE)、#97澤龍之介(BJ RacingスカラシップJSS)らも次々と小出をかわしていき、小出は一気に6位にまで交代してしまった。

さらに2周目の1コーナーでは#35平良が#7太田のインを刺して2位に浮上。3周目の1コーナーでは#80伊東も#7太田をインから抜いてきた。

5周を終えた時点での#62平木のリードは0.899。7周目には1.014とやや広げるが、10周めには0.854まで縮まった。

しかし#35平良は最後まで62平木を攻略することができず、#62平木が開幕戦に続いて今季2勝目を挙げた。

2位は#35平良。3位には#80伊東が入った。

なお、インディペンデントカップは#3佐藤セルゲイビッチ(結婚の学校フィールドモータースポーツ)が勝ち、同時に今季のタイトルをも手中に収めた。佐藤のチャンピオン獲得は昨年に続いて2度目だ。

シリーズチャンピオンの平良響(TGR-DC Racing School) インディペンデントカップシリーズチャンピオンの佐藤セルゲイビッチ(フィールドモータースポーツ) シリーズ表彰式

FIA-F4の2020シーズンはこれにて閉幕。2021シーズンは2021年4月10日に岡山国際サーキットで開幕する。

Text: Kazuhisa SUEHIRO
Photo: Hiroyuki MINAMI


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース