Archives

  • [—]2020 (93)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

Japanese F3

F3-Rd4:予選2回目レポート

  ★F3第4戦鈴鹿 予選2回目レポート
------------------------------------
 午前中に行われた1回目予選のときよりもさらに強い雨が降りしきる中で2回
目の予選は行われた。このセッションでトップを取ったのは2分23秒181を
記録した#5中野だったが、予選2回目前に予想された通り、タイム的には午前
のセッションよりも約1.5秒遅く、結局午前中のタイムがそのままグリッドを
決定する事になった。
 予選直前の天候は、ストレートでは逆風が吹いている上に雨がかなり強く降る
という最悪のコンディションとなった。
 午後2時、グリーンシグナルが点灯し30分間の予選が始まった。#19マル
セロ・ブグリオッティを先頭に予選が開始されると、まず2分29秒115を記
録する。続いて#11本山が2分28秒597を、#18リカルド・リデルが2
分26秒344をだした。
 タイムはさらに更新され、#7クリステンセンが2分25秒946をたたき出
すと、まけじと#18リデルが2分25秒560で対抗する。ここに割っては
いってきたのが#5中野で2分25秒348を出した。
 予選終了20分前には、以下のようなトップ4となった。
  1 #5  中野 信治      2分25秒348
  2 #18 リカルド・リデル   2分25秒560
  3 #7  トム・クリステンセン 2分25秒946
  4 #11 本山 哲       2分28秒590
 予選が半ばを過ぎたところで#7クリステンセンが2分25秒094を出す
と、それに対抗するかのように#5中野も2分24秒346を記録。しかしクリ
ステンセンも負けじと2分24秒224を返す。さらにクリステンセンは2分
23秒674をたたき出して中野の追撃を振りきった。
 予選終了5分前には#33光貞が2分24秒038を出して2位に食い込み、
中野は3位に転落してしまった。
 4分前には、4位に#29大文字が2分25秒081で入るが、直後に#62
柴原が2分25秒053でその座をむしり取った。
 3分前になると転落していた#5中野が2分23秒181を出し、トップを
ゲット。
 2分前には#18リデルが2分24秒193で4位に復活してきた。
 予選後半の大バトルを制したのは結局中野でチェッカーを迎える事になった。
 2回目の予選トップ6は以下の通りであった。
  1 #5  中野 信治      2分23秒181
  2 #7  トム・クリステンセン 2分23秒674
  3 #33 光貞 秀俊      2分24秒038
  4 #18 リカルド・リデル   2分24秒193
  5 #3  アンソニー・リード  2分24秒947
  6 #62 柴原 眞介      2分25秒058
 しかしこの予選結果は午前中の予選結果には届かず、#25リチャード・
ディーンの初ポールが確定する事になった。
     * FMOTOR4 SUB-SYSOP 山川 順治(PEE00630)/RIJ *


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース