Archives

  • [—]2021 (172)
  • [+]2020 (461)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (248)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

PORSCHE CARRERA CUP JAPAN

PCCJ:ポルシェジャパンジュニアドライバーに大草りきと澤龍之介を選出

プレスインフォメーション 2021年3月31日
2021シーズンにおけるポルシェジャパンのモータ―スポーツアクティビティ

ポルシェジャパン株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長:ミヒャエル・キルシュ)とポルシェカレラカップジャパン (PCCJ) 委員会は、ポルシェジャパンモータースポーツのスカラシッププログラムであるポルシェジャパンジュニアドライバーとして、大草りき(21歳)と澤龍之介(19歳)を選出しました。

大草選手は2001年の初開催から21シーズン目を迎えるPCCJへ911 GT3 Cupで、澤選手はPCCJへのステップアップカテゴリーであるポルシェスプリントチャレンジジャパン(PSCJ)へ718ケイマンGT4クラブスポーツでシリーズ参戦します。

ポルシェジャパンジュニアドライバーの最終審査は、書類選考を経て選ばれた複数名への面接および実車のドライビングを富士スピードウェイにて実施しました。当日はPCCJ委員会およびPCCJドライビングアドバイザー影山 正美によるラップタイム、ドライバーとしての資質や環境、英語力など総合的な審査をして、2021シーズンにおける大草選手および澤選手へのサポートが決定しました。

911 GT3 CupでPCCJにポルシェジャパンジュニアとして参戦する大草選手は、幼少期から父親の影響でカートレースをはじめて国内最高峰の全日本カート選手権 OKクラスではタイヤ開発ドライバーを務めるなど目覚まし活躍を見せました。その後はフォーミュラレースで経験を積み2018年からはスーパー耐久シリーズのST3クラスに参戦。2019年にはシリーズチャンピオンを獲得し2020年はST-TCRに参戦しました。ポルシェジャパンジュニアドライバーに選出された昨シーズンはPSCJのGT4クラスで718ケイマンGT4クラブスポーツをドライブし、シーズン最多勝利を収めました。2021シーズンはPCCJへステップアップし、シリーズチャンピオン獲得を目指して戦います。ポルシェジャパンジュニアとしての活動は2シーズン目となる大草選手は「昨年のPSCJからステップアップしPCCJで戦えることは非常に光栄です。これまで多くのプロドライバーを輩出しているPCCJでタイトルを獲得し、世界で戦えるドライバーに成長することが目標です」と決意を語りました。大草選手は718ケイマンGT4クラブスポーツで2021年のスーパー耐久シリーズのST―Zクラスに参戦しています。

718ケイマンGT4クラブスポーツでPSCJにポルシェジャパンジュニアとして参戦する澤選手は、「マシンに素早く適応してアグレッシブに攻められることができるのが強みだと思っています。GTカーでのレースは初めてですが、自分らしい強気な走りでGT4クラスのタイトルを獲得したいと思います。」と力強く語りました。


ポルシェジャパンジュニア プロフィール

大草 りき(おおくさ りき)
■車両:Porsche Japan Junior Programme(ゼッケン91番)
■生年月日:1999年11月25日(21歳)
■出身地 : 神奈川県
■レース戦歴:
2020年 PSCJ GT4 クラス最多勝利
2020年 スーパー耐久シリーズSTRクラス(シリーズ2位)
2019年 スーパー耐久シリーズST3クラス(シリーズチャンピオン)
2018年 全日本F3選手権スポット参戦 
2017年 菅生、富士シリーズスーパーFJクラス(シリーズチャンピオン)
2016年 全日本カート選手権 KFクラス (シリーズ6位)
■SNS:
Instagram: https://www.instagram.com/riki_okusa
Facebook: https://www.facebook.com/okusa.riki
Twitter: http://twitter.com/riki_okusa

澤 龍之介(さわ りゅうのすけ)
■車両:Porsche Japan Junior Programme(ゼッケン71番)
■生年月日:2002年2月23日(19歳)
■出身地 : 千葉県
■レース戦歴:
2020年 FIA F4(シリーズ6位)
2019年 鈴鹿クラブマン スーパーFJクラス(シリーズチャンピオン)
2018年 鈴鹿サーキットレーシングスクール フォーミュラ卒業 
2017年 全日本カート選手権FS-125クラス(シリーズチャンピオン)
2016年 全日本カート選手権 FPジュニアクラス (シリーズ2位)
■SNS:
Instagram: https://www.instagram.com/ryunosuke.sawa
Twitter: http://twitter.com/Ryunosuke_Sawa

今年で21シーズン目を迎えるPCCJ は911 GT3 Cupで争われる「世界最速のワンメイクシリーズ」として知られ、現在日本国内で行われているワンメイクレース中、もっとも長きに渡り継続開催されています。2021シリーズもSUPER GT 及び F1日本GPといったビッグイベントのサポートレース開催を中心に、6大会11戦によって争われる予定です。

PCCJは厳格なレギュレーションのもと完全なイコールコンディションで争われています。プロフェッショナルを目指すドライバーの登竜門としても知られ、これまでも多くのPCCJ参戦経験者がスーパーGTのGT500 クラスおよびGT300 クラスなどのカテゴリーへ羽ばたいています。ポルシェジャパンでは若手ドライバー育成のため2009年からスカラシッププログラムを実施しています。

PSCJ はPCCJへのステップアップカテゴリーとして2010年にポルシェGT3 カップチャレンジジャパンとして創設されました。2019シーズンにデビューした718ケイマンGT4クラブスポーツのためのGT4クラス導入に伴い、名称もPSCJとなりました。2021シーズンのPSCJは、4大会8戦を開催予定です。今シーズンは新たにポルシェセンター長久手がチーム「NAVUL」を結成し、GT4クラスに参戦することが決定しています。

ポルシェ カレラカップ ジャパン 2021開催カレンダー

ラウンド  

    日程     

  サーキット    

    開催イベント      

レース 

合同テスト

3月2日(火)-3日(水)

富士スピードウェイ

PCCJ オフィシャル 合同テスト

 ー 

第1 - 2戦

4月10日(土)- 11日(日)

岡山国際サーキット

SUPER GT シリーズ 第1戦

2レース

第3 - 4戦

5月3日(月祝)-4日(火祝)

富士スピードウェイ

SUPER GT シリーズ 第2戦

2レース

第5 - 6戦

5月29日(土)- 30日(日)

鈴鹿サーキット

SUPER GT シリーズ 第3戦

2レース

第7 - 8戦

7月24日(土)-25日(日)

スポーツランドSUGO

SUGOチャンピオンカップレース

2レース

第9 - 10戦

9月11日(土)-12日(日)

鈴鹿サーキット

鈴鹿サーキットクラブマンレース

2レース

第11戦

10月8日(金)-10日(日)

鈴鹿サーキット

F1世界選手権 日本グランプリ

1レース

ポルシェスプリントチャレンジジャパン 2021 開催カレンダー

ラウンド 

 日程   

  サーキット    

     開催イベント       

レース 

第1 - 2戦

4月25日(日)

ツインリンクもてぎ

もてぎチャンピオンカップレース

2レース

第3 - 4戦

5月16日(日)

スポーツランドSUGO

SUGOチャンピオンカップレース

2レース

第5 - 6戦

6月13日(日)

岡山国際サーキット

岡山チャレンジカップレース

2レース

第7-8戦

10月17日(日)

富士スピードウェイ

富士チャンピオンカップレース

2レース

開催日程やレース数は変更になる場合があります


また今シーズンはポルシェジャパンの正規販売店ネットワークが結成した2チームが、スーパー耐久シリーズにエントリーします。最上位カテゴリーであるST-Xクラスに911GT3 Rで参戦するポルシェセンター岡崎は2012年のPCCJジェントルマンクラスチャンピオンでスーパーGTのGT300クラスでも活躍する永井宏明選手とGT500クラスに参戦中の中山雄一選手、2017年からPCCJに参戦する上村優太選手を中心にシリーズを戦います。ポルシェセンター岡崎は2020シーズンも911GT3 RでST-Xクラスにスポット参戦し、1勝を挙げています。ポルシェセンター青山、ポルシェセンター目黒、ポルシェセンター銀座などを経営するEBIグループは718ケイマンGT4クラブスポーツを駆り、激戦のST-Zにエントリーします。これまでもPCCJやスーパーGTなどへ参戦してきたEBIグループを母体とする「Porsche Team EBI WAIMARAMA」は、経験豊富な山野直也選手、ポルシェジャパンジュニアの大草選手をはじめとした強力なドライバー陣でタイトル獲得を目指します。同クラスには「バースレーシングプロジェクト」が昨シーズンから引き続き718ケイマンGT4クラブスポーツで参戦します。

スーパーGTのGT300クラスには、つちやエンジニアリングが「HOPPY team TSUCHIYA」として911GT3 Rで2シーズン目を戦います。昨シーズンと変わらず松井孝允選手と佐藤公哉選手のコンビがステアリングを握る同チームは、2016年以来の王座奪還を目標としています。

ポルシェジャパン・プレスリリース



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース