Archives

  • [—]2022 (756)
  • [+]2021 (678)
  • [+]2020 (461)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (248)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

その他

MINEサーキット存続へ向けての署名活動が行われる

IMG_0503.JPG  フォーミュラニッポン第5戦決勝の開催されたオートポリス、グランドスタンド裏でMINEサーキット存続へ向けて「美祢自動車試験場のサーキット事業参入に関する嘆願」の署名活動をミネ・レーシング・スポーツ・クラブ(MRSC/会長代行:藤永雅雄)が行った。

 MINEサーキットは今年初めタカラからマツダが買い取り、美祢自動車試験場として現在はメーカー専用のテストコースとなっている。フォーミュラニッポン第5戦は年初のカレンダーではMINEサーキットで行われる予定だったが、MINEでのサーキット営業が行われなくなったため、このオートポリスでの開催に変更された。

 MINEは、厚保サーキットとして1972年に開業、その後西日本サーキットとなり、コース改修後はMINEサーキットして33年間、西日本の国際公認サーキットとして多くの全日本格式のレースが開催されてきた。この署名活動を受け、マツダが今後どのような経営判断を行うのか、注目していきたい。

Text & Photo: Yoshinori OHNISHI



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース